大橋院長の為になるブログ

2022.06.21更新

カルシウム(Ca)は骨組織を形成し、神経伝達や筋収縮、酵素活性等の生態の恒常性維持に深く関わることから、主に副甲状腺ホルモンと活性型ビタミンDによって厳密に調整されている。

Ca代謝に関与する主な臓器は,小腸、腎、副甲状腺、および骨である。

高Ca血症の原因と鑑別疾患

副甲状腺ホルモン作用過剰

1:原発性副甲状腺機能異常症

2:リチウム

3:PTH関連タンパク(PTH-relatedprotein:PTHrP)による骨浸潤

4:テリパラチド

ビタミンD作用過剰

鉄吸収過剰

尿細管Ca再吸収亢進

Ca過剰摂取:ミルクアルカリ症候群

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile