大橋院長の為になるブログ

2014.03.31更新

「四肢の血圧を同時に測定することで、動脈硬化の程度を数値化します。」
ABI検査とPWV検査に分かれます。
「ABI検査では何がわかるか?」
ABI検査は足首と上腕の血圧を測定し、その比率を計算したものです。
動脈硬化が進行し、内腔が狭くなると、血管の狭窄や閉塞が推定でき動脈硬化の程度がわかります。

動脈硬化が進んでいない場合は、横になった状態で、足首の血圧が上腕の血圧より高くなります。

「PWV検査で何がわかるか?」
PWV検査(脈波伝搬速度)は、心臓の拍動(脈波)が動脈を通じて、手や足にまでに届く速度のことです。
動脈壁が厚くなったり、硬くなったりすると、動脈壁の男性が高くなり脈派が早くなります。
血管の詰まり度、血管の柔らかさが5分でわかります。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.03.31更新

「プラセンタ注射」
プラセンタとは、胎盤から抽出したエキスのことであり、
豊富な栄養素に加え、体細胞を活性化させる成分が含まれています。
プラセンタエキスの注射によって細胞の分裂速度が速まり、全身の組織、
滋養強壮効果や精神安定、肌の改善、が期待できます。
週、1-2回の定期的な注入をお勧めいたします。

<プラセンタに含まれる有効成分>
脂肪燃焼促進、免疫向上、酸化防止、肌のハリ、小じわ、しみ防止、
むくみ防止、貧血予防、骨粗しょう症予防、代謝促進、

是非お試しください。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.03.31更新

「大動脈閉鎖不全症」

心臓が拡張するとき、大動脈弁は、きっちりと閉じてなければなりません。
これが、閉じませんと、まず、1)脈圧の増大「160の0、150の40とか、」下の血圧が下がります。
限りなく0に近づきます。
そして、首を中心に頭を振る兆候が出ます。
手も振るいますし、心臓も肥大し、心不全になります。
冠状動脈が、大動脈のそばですから、狭心症も起こします。
不整脈、突然死を起こします。聴診、心エコーですぐに診断出来ます。
人工弁に置換をするべきです。 怖い病気ですよ。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.03.29更新

<ブルガダ症候群>
器質的疾患は存在しないが、右脚ブロックに加え、
V1、V2,V3のST上昇という特徴のある心電図がみられ、
特殊な心室頻拍賞、心室細動をていし、突然死をきたす。
東南アジアの若者に多く、ポックリ病、とか
悪魔にさらわれたとか言われた。
近年、原因心筋がわかり、それをカテーテルで焼却することにより、
治すことができた。家族性であり、お爺さんが早死にしたとか、
失神、めまいを起こすことがあり、24時間心電図(Holter心電図)が
有効な検査である。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.03.28更新

皆さん、今、炭水化物を限りなく皆無にしてダイエットが出来ると主張する人がいます。

でも皆さん、よく考えてください。
三大栄養素の一つであり、主食というぐらい、ご飯は大切です。
ご飯から、ブドウ糖ができますが、脳、筋肉の大切なエネルギーです。
もし、炭水化物摂取が皆無になりますと、
炭水化物からTCA回路が回らずエネルギーが回りません。
人間はどうしても、ブドウ糖からTCA回路を回さねばなりません。
炭水化物が入ってきませんと、やむを得ずタンパク質の窒素を外して、
炭水化物の代わりにしてTCA回路を回します。
筋肉は失われますし、腎臓を傷めます。
脂肪はβループという代謝回路で効率よくエネルギーを出します。
この時もブドウ糖が必要です。
無炭水化物を進めますと、動脈硬化症、心臓、腎臓を、さらに骨まで脆弱にします。
バランスの良い常識的な食事でお願いします。
奇人のマスコミ登場は困ったものです。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.03.27更新

<急性心膜炎>
胸痛、心膜摩擦音(心膜がこすれあう連続性な音。
原因は主としてウィルス感染(コクサッキーB,エコーウィルス8など)
発症1-2週間前に上気道炎の既往があり、発症3週間で
中和抗体価が4倍に上昇するので診断される。
経過中に心嚢液貯留、心電図の多誘導にわたるSTの上昇や低下、
心筋炎の併発を認める。
予後は多く良好で、かなり後になって、
収縮性心膜炎への移行や心膜炎の再発がみとめられる。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.03.26更新

<肝臓癌>
肝臓に起因する原発性肝癌は、
肝細胞癌(ヘパトーマ)と胆管細胞癌(コランギオ-マ)に分けられる。
肝細胞癌は50-70%歳代の男性に多く、その約80%は肝硬変を伴う。
B型(肝癌の15-20%).C型(肝癌の70-80%)は肝炎ウィルスとの関連が深く、
アジアやアフリカに多い。

全身倦怠感、食欲不振、腹部膨満感、腹痛、体重減少、黄疸、腹水、食道静脈瘤、低血統発作、

AFP,AFP-L3分画、PIVKA-Ⅱ、などの腫瘍マーカーの上昇、肝シンチグラフィー、
超音波検査、CT,MRIにより診断される。

肝機能が良好であれば、肝切除を第一にする。肝切除不能の場合は、ラジオ波焼却、抗がん剤の肝動脈内注入療法、
動脈岐阜の塞栓療法が行われる。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.03.25更新

<原発性肺高血圧症>

原因不明の肺高血圧症、数%に家族症の症例がある。
本例は肺小動脈に何らかの原因で狭窄をきたしたため、
肺動脈圧が上昇し、肺性心になる。女性が多い。

労作時息切れ、胸痛、失神発作、血痰を見る。
肺高血圧症が高度になると右心不全、チアノーゼ、腹水、

肺喚起血流シンチグラム、胸部X-P,心電図、心エコーが検査に使われる。

カルシウム拮抗薬、プロスタグランディン製材の内服、プロスタシクリン持続静中、酸素療法、利尿薬を用いる。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.03.24更新

<過換気症候群>
過換気は、生理的にCO2の排出を促す素因がないにもかかわらず、
CO2の排出が増加した状態で、呼吸性アルカローシス(pH上昇、Paco2の低下)
を引き起こす。発作性の喚起過多、呼吸器、循環器、神経に症状を引き起こす。
25歳以下の若年に多い。
呼吸困難,速くて深い呼吸、胸痛、動悸、四肢末梢のしびれ感、めまい、失神、テタニー
が起こる。発作時のPHの異常上昇が決め手である。
発作時の息こらえ、紙袋による反復呼吸がよい。不安を取り除き、抗不安薬の投与が
有効である。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.03.22更新

<褐色細胞腫>
副腎随筆交換神経節に発生するカテコールアミン賛成腫瘍、
比較的まれな疾患で、0.1-0.2%、

高血圧、高血糖、代謝亢進、頭痛、発汗過多、
著明な高血圧(250/150mmHg)、起立性低血圧、

血中及び尿中のカテコルアミンが高いのと、尿中メタネフリンが高い。

腫瘍の摘出が治療である。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook