大橋院長の為になるブログ

2014.07.31更新

「小児、高校生の本態性高血圧症の問題点」
小児、高校生の本態性高血圧の問題点として,合併症と成人の本態性高血圧への移行が問題なる。
合併症として、14-42%に左室肥大、頸動脈内膜中膜複合体厚、腎障害、眼底小動脈の変化などが報告されている。
成人の本態性高血圧への移行はさらに大きな問題である。中学時代の血圧と20年後血圧を比較した本邦の成績は、高血圧であった中学生は20.9%が,依然、高血圧であり、正常血圧の中学生は5.5%が高血圧であった。
同様に、大学生を8-26年後に調査した成績では、高血圧は44.6%正常血圧は9.2%が高血圧であった。
5-14歳の1505人を15年以上追跡した海外の研究では、小児期の血圧の上位1/5は、成人後も40%は収縮期血圧、
37%は拡張期血圧が依然として上位1/5に属していた。したがって、小児本態性高血圧は早期から積極的な対策をとる必要がある。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に対して全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.07.31更新

「心筋梗塞と高血圧症」
血圧上昇を伴う狭心症発作には、まず亜硝酸の舌下投与、口腔内噴霧を行う。急性冠症候群に高血圧が合併した場合は、
降圧とともに心筋酸素需要量の減少、冠血流の増加を図る目的で、ニトログリセリンを持続静注する。
ただし、下壁梗塞で右室梗塞合併が疑われる場合には投与を避ける。著明な除脈など禁忌が無ければ、β遮断薬を併用する。
β遮断薬が使用できない場合や、降圧が不十分な場合はジルチアゼムを用いる。
収縮期血圧140mmHg未満を目標とする。なお、心筋梗塞では、急性期からのβ遮断薬や早期のACE阻害剤が予後改善に有用とされている。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.07.31更新

飲酒習慣は血圧上昇の原因となる。大量の飲酒は高血圧症に加えて脳卒中やアルコール性心筋症、心房細動、
夜間睡眠時無呼吸などを引き起こすだけでなく、癌の原因にもなり死亡率を高める。高血圧患者では、少量の飲酒は
むしろ心血管のリスクを改善し、飲酒量と心血管リスクはU型の関係を示す。
アルコール単回投与は数時間持続すると血圧低下に連なるが、長期に続行すると血圧は上昇に転jじる。
飲酒量を80%ほど減ずると1-2週間のうちに降圧を認めるとされる。エタノールで男性20-30ml(おおよそ日本酒一合、
ビール中びん一本、焼酎合、ウィスキー、ブランデーダブル一杯、、ワイン2杯弱)に相当する。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.07.30更新

「心筋梗塞予報」
天気予報と同じように、心筋梗塞について毎日よ付しているサイトがあります。
広島県医師会の方々です。
http://sinkin.hirosima.med.or.jp/index2.html
心筋梗塞と気象の関係を明らかにしたのです。
1993-2002年における救急搬送した心筋梗塞3775例を綿密に検討し、心筋梗塞と気象条件との関係を発表しました。
それによると心筋梗塞の発症は、一日の平均気圧.平均気温と深い関係がありました。
特に平均気圧が1005hPa以下の日に、心筋梗塞が多発する傾向にありました。
広島地区では、温度平均気温が6℃未満で、平均気圧が1013hPa未満で、心筋梗塞が多発していました。
異状より、心筋梗塞予報は、気象庁の天気予報と同様に、地域を限定して、
平均気温が6℃未満で平均気圧1013hpa未満を「警戒」、6℃未満で平均に圧が1013hPa以上を「注意」、
それ以外を「予報なし」、一般的に平均気圧が1012hPa以上で平均気温10℃いかの日が「警戒」「多発」と予報します。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.07.29更新

「禁煙」
1本の紙巻きたばこを吸った場合、15分以上持続する血圧上昇を引き起こすことが知られている。
このため、喫煙者は日中自由行動下上昇するタイプの仮面高血圧を生じやすい。
また、喫煙は上腕血圧の上昇はきたさなくとも、中心血圧を上昇させ、禁煙が成功すればすぐに下がる。
喫煙は腎血管性高血圧の危険因子、冠状動脈リスクを増え、体重増加、禁煙後のさらなる体重増加に注意。
喫煙は癌を発生させ、百害あって一益なし。その被害は周囲の非喫煙者にも影響する。必要に応じて禁煙補助薬(バレクリン、ニコチン補充療法)なども考慮する。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.07.29更新

「医師と患者とのパートナー」
1)高血圧によるリスクと治療の有益性について話し合う。
2)高血圧治療の情報を口頭、紙媒体、視聴覚資材で分かりやすく提供する。
3)患者さんの合意、自主的な選択を尊重して、患者の生活に合った治療方針を決める。
4)処方を単純化し服薬回数、服薬錠数を減らす。[配合剤の使用、一包化なd)
5)家庭血圧の自己測定、記録を励行し、その評価をフィードバックする。
6)医療スタッフ(医師、看護師、薬剤師、栄養士、保健師、介護福祉士など)、患者、家族を含めた治療支援体制を作る。
7)治療の費用について話しあう。
8)服薬忘れの原因、理由について話し合い、特に副作用や心配、気がかりな問題に注意して、必要であれば薬剤の変更を考慮する。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症について全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.07.26更新

「腎神経焼灼術」
カテーテルによる腎神経焼灼とは、大腿動脈から挿入したカテーテルを腎動脈に誘導し、血管内膜側から高周波を
発生させ、外膜に局在する腎神経を焼灼する最新の医療技術である。2009年に初めて治療抵抗性高血圧に応用され、
現在では2年間にわたって降圧効果が持続する症例も補遺工区されている。
腎神経のみを選択的に切断できる利点があるため、以前は実施された内臓神経切断術と異なり、本質的には副作用が認められないのが大きな特徴である。診察室血圧に対する効果に比し、家庭血圧の24時間高血圧測定値に対する効果は小さい。降圧薬の種類や量を必ずしも減らせるものではない。現状の時点では、利尿薬を含む3種類以上降圧薬を服用しても収縮期血圧が160mmHgを超える治療抵抗性に限定されている。腎機能低下や腎動脈狭窄などの解剖学的異状のある症例は適応外である。本邦でも開始されたところであるが、現時点では保険適応はない。
今後の、安全性、さらる研究が俟たれる。

岐阜県の大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.07.25更新

「慢性腎臓病(CKD)」                                                                    1:「慢性腎臓病(CKD)」患者は高血圧、血圧の日内変動の異状などの心血管病(CVD)の危険因子を合併しやすく、危険が高い。
2:CKDの早期発見のため、すべての高血圧患者で、検尿とeGFR(腎機能)を調べる。
3:降圧目標:糖尿病でアルブミン尿の有無にかかわらず、130/80mmHg未満とする。
4:生活習慣では、食塩制限、適応体重の維持、禁煙、腎機能に応じたタンパク質制限を行う。食塩制限は、6gr/日未満を推奨する。
5:第一選択薬:糖尿病あり、アルブミン尿の有無にかかわらずRA系阻害剤を推奨する。
6:尿蛋白の減少は末期腎不全の発症抑制と強く相関し、尿たんぱく尿をできるだけ減少させることが重要である。
7:GFR(腎機能)30ml以下はRA系少量から開始し、血清kの値に注意する。
8多くの場合多剤併用療法が必要となる。GFRが30以上の場合にサイアザイド系利尿剤、それ未満はループ利尿剤を用いる。
CKD患者は急性腎障害を起こしやすい。発汗、嘔吐、下痢、発熱などにより脱水があるときは危険である。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.07.24更新

「外科手術後の血圧管理」
1:高血圧患者の周期的合併症のの発生予防には、褐色細胞腫などの二次性高血圧の鑑別と、
高血圧性臓器障害.合併症の評価を行うことである。
2:待機的手術で血圧が180/110mmHg以上であれば、血圧のコントロールを優先させる。
3:原則として手術当日朝の内服も含めて、周術期を通じた経口または頸静脈的降圧薬の継続的使用により、
血圧のコントロールを測る。
4:冠動脈疾患の高リスク者ではβ遮断薬の使用を検討する。
5:利尿剤、ARB,ACE阻害剤服用者では、術中、術後の低血圧、体液量減少、腎機能低下に注意をする。
6:疼痛.不安や興奮などの除去も血圧上昇を抑えうるうえで重要である。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.07.23更新

「妊娠高血圧症候群における重症、軽症の病型分類」
1:軽症
血圧 次のいずれかに該当する場合
  .収縮期血圧 140mmHg以上、160mmHg未満の場合
  .拡張期血圧 90mmHg以上,110mmHg未満の場合
蛋白尿:>300mg/日  2gr/日

2:重症  次のいずれかに該当する場合
  .収縮期血圧  160mmHg以上の場合
  .拡張期血圧  110mmHg以上の場合

3蛋白尿:蛋白尿が2g/日以上の時は蛋白尿重症とする。なお、随時尿を用いた試験紙法による尿中蛋白の半定量は
24時間蓄尿検体を用いた時の相関性が悪いため、蛋白尿の重症度の判定は24時間尿を用いた定量によることを原則とする。


 
岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook