大橋院長の為になるブログ

2022.12.26更新

<地球平和憲法>

1:人と人は争そってはいけない。殺人など許されぬ。戦争は許されぬ。

2:独裁者の存在を認めてはいけない!彼らは大量殺人犯人であり、宇宙大気圏の外に追報する。

3:人類は核兵器を武器として持ってはいけない。今持っている、核兵器尾は宇宙大気圏のはるかかなたに放棄すべきである。

4:男と女性は仲良く恋愛し、適齢期には子を設けるべきである。愛情の宝としてである。貧困からくる労働力として、多くの子を作り酷使してはいけない。一人一人が大切なことして育てるべきである。

4:人類は、肌の色、民族、宗教で争ってはいけない。人同士の殺人はゆいされぬ。

5:人の命は尊厳死が望ましい。不自然な医療行為により、楽な昇天を中断し、この世の苦しみを押し付けてはいけない。仏のお迎えはありがたいものである。

6人類は笑いあい、未来に向かってたくましくなり、経済を豊かに、他の動物とも共存しなくてはいけない。

7:地球の大気は、これ以上、上昇させてはいけない。穀物がたっぷり実り、人類で分けあうべきである。

8いかなる民族も争わず、。仲良くし、この地球を住みやすい惑星にするよう全努力を惜しんではいけない。

投稿者: 大橋医院

2022.12.26更新

宇宙の大神様が、地球を観察して激怒された。そしてペナルティーをあたえた。

まず、プーチンをの牢いれて、狼の餌にした。プーチンは苦しみ亡くなった。

習近平は、虎の牢にいれて、えさにした。もがき苦しんだ。

そして、地球上にある核兵器を消した。鉄砲、銃は無くなり人殺しは無くなった。

悪いことを隠している政治家は、無期懲役にした。弱い人を苦しめる暴力団は武器も組織も焼失し、皆大病になった。

北朝鮮の馬鹿総理は認知症になり、日本海向かって打つミサイルは水鉄砲に換えた。

まだ見つからぬ犯罪人は独房に入れた。

宇宙の大神様の力である。地球は良くなるだろうか?

投稿者: 大橋医院

2022.12.24更新

カラオケ病院 病名と曲名をおっしゃって、歌ってください。

1番、風邪:星影のワルツ「咳が出るのはつらいけど、熱のあるのは,尚つらい、寒気のあるのもなお辛く、薬はいくら飲んでも少しも治らない

あんなに丈夫な私なのに、あんなのに丈夫な私なのに、裸で寝たのがまずかった。」

2番、二日酔い:北国の春「飲みすぎ 食べ過ぎ 二日酔い 吐き気して 苦しくて食べ過ぎ飲みすぎのせい 胸がむかむかとじわっと痛い

どうしてあんなに酒飲んだのか もう酒飲むのはやめよかな」やめよかな」

3番:ぎっくり腰、夫婦春秋「ついて来いとは言わぬのに杖をつきつき歩いてきた ぎっくり腰で 歩けぬ女房 仕方がないのでおぶったら、

お尻のめかたがで骨が折れた 重い」

4番、痔:お久しぶりね「お久しぶりね、イボ痔が出るなんて、あれから、もう治っていたと思っていたのに、ちっとも治っていない薬はいくら塗っても治らない

或る外科医が言うことにや、いくら薬を塗っても手術しないと治らない、なんだかこわい もう一度もう一度診察受けて切らないで治してほしい

切らずに治るなら、100万円、200万円、1000万円だしますよ」「ずいぶん金持ちだね、あんたの職業は痔上げ屋です。」

 

 

投稿者: 大橋医院

2022.12.22更新

私はどこのも行かないで書斎にいます。電話、ぴんぽん、下にベンツがあれば、大橋信昭はおります。

気軽に調子の悪い人は、お尋ねください。

病人はいつでも診療します。

投稿者: 大橋医院

2022.12.21更新

パントシン散で、ダイエットしよう!

生体内物質CoAの前駆物質で、血清総コレステロール低下作用、血清中性脂肪低下作用、血清HDL‐コレステロール増加作用、減量、脂肪酸酸化促進作用、血管壁コレステロール代謝促進作用、血小板数改善作用、腸管運動促進作用がありま す。

投稿者: 大橋医院

2022.12.20更新

youtubeで南沙織がデビュー後、昭和50年、20歳になったときのワンマンショーを鑑賞しています。

特に有馬三恵子作詞の「純潔」が。大好きです。舌足らずな彼女の唄は詩が理解困難ですので書いてみます。

「純潔;嵐の中も 彼とならば お家が 飛び出しそうでも 楽しいのよ からだなんて 消えそうな嵐でも

変わるのよ 愛された時 その時が はじめての恋 私 愛している 彼も感じてる 恋は大事ね

女の子も 夢の中で 明日も 生きてゆくのみ 地平線の 彼方でも 仲良く 手に手を取り 生きたいのよ

朝日の出る バラ色のかなたまで

効かないで 過ぎた事など 目の前のハートがすべて 私 愛してる 彼も感じてる 恋は大事ね

変わるのよ 愛された時 その時が はじめての恋 私愛してる 彼も感じてる 恋は大事ね

投稿者: 大橋医院

2022.12.20更新

大家さん:「えー、本日、皆さまに集まってもらったのは、隣に14階建てのマンションができるそうで、日照権と言いますか、

皆さま、ご近所の迷惑はと思いまして、ご意見を聞きたくお忙しいところ集まってもらいました。ところで、そこで、寝ている予太郎君、さっきから居眠りばかりしてりるが、、

あなたは大丈夫いですか・」「はい、私は夜勤ですので、昼間暗くなると、よく眠れるものでありがたいです。」「困りましたね、皆さん、何かいいアイデアはりませんか?」

「向こうが14階建てなら、こちらは38階建てにしたらどうでしょう?」大家さん:「そんな大金どこにありますか?誰かマンションの大家さんと掛け合う威勢のいい人いませんか?」

「はい、」魚屋の魚太郎さんじゃないか」「はい、これから大家に殴り込みをかけます!」「手荒なことは舌らだめだよ!」魚屋の具太郎は14階建ての大家さんと逢う。すると大家さんの方から

「おめでとう!魚屋の暁太郎さんじゃないか!この度はおめでとう!お宅の魚は日本一うまいのだから、ここにの14階建てに300人住人が増えるんだよ。300人、みんながお宅の魚を買ったら、

商売繁盛だね、もうかってしょうがないね。どうだろう?今の家、全部魚やにしたらどうかな?」「あっしは何処に住むのですか」「このマンションに住みななよ、やすくしてやるよ」

げっそりして魚屋の魚太郎がいつもの大家さんと集まりに帰ってきました。大家さん曰く「マンションはまとまったか?」「へい。」。「、私が住むことになりました。」大家さんンとご近所が驚いて

交渉難航です。

 

投稿者: 大橋医院

2022.12.19更新

えー、女性が男子の下着を買いにデパートに行くことは、恥ずかしくないですが、

女房から「私のパンティーを買ってきて」と言われると恥ずかしいですな。

この前、女房から、メモ用紙を渡されまして、彼女のお使いをされました。

まず靴を買ってこいと書いてあったので、靴売り場に行きました。「女房の靴が欲しいのですが?」と言いますと

店員は「ハイヒールですかロ―ヒールですか?と聞きますので「右足がハイヒールで、左足はロ―ヒール」でよいです。「だめです!」としかられまして、

「靴の色は黒になさいますか、茶色になさいますか」「黒茶色でどうでしょう?」「そんな色はありません、」

ワンピースのドレスを買ってこいと書いてあったので、洋服転に行きまして、「身長はどれくらいありますか?」「2メートルを少し超えますが」

「ずいぶん背が高いのですね?色は何色にされますか?」「礼服を兼ねて黒色はどうでしょうか?」「もっと派手にな作ttらどうでしょうか?」「それじゃまぶしいゴールドを買います」

こんな買い物を続けて家に帰れば、女房の逆鱗に触れるでしょう。

投稿者: 大橋医院

2022.12.17更新

プラセンタ療法(更年期障害)について
  「更年期」とは、閉経をはさんだ前後10年のことを指します。
  40歳代になると卵巣の機能が低下していき、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減っていきます。
  エストロゲンの低下により、さまざまな不快な症状がみられるようになります。
  更年期の症状や強さには個人差がありますが、日常生活に支障を感じるものを
 「更年期障害」と呼びます。

 更年期障害の代表的な症状
 ・のぼせ、発汗
 ・冷え
 ・めまい、耳鳴り
 ・手足のしびれ、こわばり
 ・イライラする
 ・抑うつ気分
 ・疲れやすい
 ・動悸、息切れ
 ・肩こり、関節痛

 プラセンタ療法
  ヒト胎盤ホルモン=プラセンタ(メルスモン)は、更年期障害の治療薬として厚生労働省から
  認可されているお薬です。定期的に注射することで治療効果を期待することができます。
  また、病気の治療以外にも、疲労の回復や自己免疫疾患・アレルギー疾患の改善、
  美肌・アンチエイジングなどの美容効果が認められているため、広く活用されています。

 保険適用となるプラセンタ療法(メルスモン注射)
  更年期障害と診断された場合、現行で年齢45歳~59歳の女性の方については
  病気の治療として保険適用になりますので、治療は保険の範囲内で行うことができます。
  プラセンタが保険適用となる病名は限られていますので、厚生労働省が認可した病名の方
  以外は保険でプラセンタ療法を受けることができません。

投稿者: 大橋医院

2022.12.17更新

保湿剤の;

ヒルドイドローション0.3%、ヒルドイドソフト軟膏0.3%、ヒルドイドフォーム0.3%

冬の空気は冷たく、乾燥して、肌を痛めます。

ヒルドイドローション、ヒルドイド軟膏、ヒルドイドフォームにてあなたの肌はしっとりと!

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile