大橋院長の為になるブログ

2014.05.31更新

「金曜日の夜は恐怖がいっぱい」

金曜の夜ともなれば、終末の疲れがどっと出現し、早く休みたいのが信用である。
蹴球二日のお勤めの方は、解放感にしたっているだろう。
小生となると、もう午後5時より、病棟のナースより電話が鳴りっぱなしである。
「嘔吐しています。バイタルは保たれてます。あ!便状のものを嘔吐しました。
看取りとなっていますが、意識清明、先生!往診してください」
母親が亡くなって数年なるが、その車は私の往診車になる。
早速、現場に行ってみると、ナースが必死に88歳の老婆から経口で吸引している。
長は平たんになるが、すぐに腫大する。38-40歳に開腹術を受けている。麻痺性イレウスは忘れたころにやってくる。
救急搬送しかない。中核病院に電話したら、幸いよく知っている副院長につながった。受け入れ"oK"
あとは119番救急搬送、やっと家に帰れたのはごふぉ9時ごろである。疲れを通り越して、癒してくれたのは
冷たいビールと家族である。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.05.30更新

<SGLT2受容体拮抗剤>
糖尿病の新しい薬である。腎臓の基本構造に糸球体がある。
この糸球体を尿細管が取り囲んで、体の栄養素、電解質、水分を再吸収して、
体の、細胞の恒常性を維持している。
SGLT2受容体拮抗剤は、尿細管糸球体の最初の出口で糖の再吸収を阻止する糖尿病である。
しかし、無理やり尿に糖をだし、糖尿病をコントロールするのは、よくない。細胞内代謝を改善しない。
やせるからといって、この薬を選んではいけない。高齢者、やせた人、女性、罹病期間が長い人、
腎機能低下症例には使えない、併用薬を減らせるものではない。やめるとリバウンド(反跳減少)がおこる。
長期成績は一つもない。今年の4月から国内6社が発売競争になる。
唐人では、全身の皮膚発疹、頻尿、脱力感、便秘、口渇、などが発現、しばらく投与を見合わせることにする。
昨日もこのSGLT2受容体拮抗剤の勉強会があったが、よく見ても、糖尿病の3番目から4番目に使う薬だそうである。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.05.29更新

"あなたのような頑張る人の疲れを取りたい"
「体の疲れ」「目の疲れ」「肩こり」「腰痛」
アリナミンが疲れに効くのは「ビタミン日1(フルスチアミン」
が大いに関係しています。
内服、受注、点滴でも投与可能です。保険適応ですのでとても安いのです。
下肢の浮腫、腎臓の保護、脚気予防、
アルコールを過飲しますと、VB1が失われ、大球性貧血になります。
アリナミンの内服、静脈注射、点滴が疲れたあなたを救ってくれます。
アリナミンは当院にご相談ください。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.05.28更新

<内分泌性高血圧症>
「1」原発性アルドステロン症
アルドステロンが過剰に産生される(腎実質性、腎血管性)
高血圧、低K血症、低Mg血症を呈する。
高血圧の頻度は約5%で、これに各種合併症も加わり、高頻度である。
(1)どのような場合に疑うか
近年、正常K値の例が多いことがわかり、頻度が高く、治癒可能、臓器障害が少ない、
(2)スクリーニング法
血症レニン活性と血症アルドステロン濃度の比が大切。
低K血症
若年性の高血圧
治療抵抗性の高血圧症
副腎偶発腫瘍を伴う高決圧
40歳以下で脳血管合併例
「3」局在診断:CT,MRI
「4」一側性病変では摘出術、
両側例はアルドステロン拮抗薬

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.05.27更新

「心不全」は、収縮性が減少した、すなわち駆出能が低下した心不全に、注目されてきた印象がある。
しかし、ここに収縮性(駆出率)が、保たれている心不全が脚光を浴びている。
その特徴は、心臓肥大がある。しかも右室肥大である。駆出能は保たれている。
しかし、明らかな心不全である。BNPも高い。
これからは拡張期をじっくり観察して心機能が保たれているか、減少しているか、
Ejection Preserved Cardiac Heart FailureとEjection Unpreserved Cardiac Heart Failure
に分けて心臓を考えるべきである。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.05.23更新

心房細動(不整脈の名前で、心房の波の出方が不規則)は、血液が固まりやすく、
脳梗塞になりやすい。

<CHARDS2スコア>
心房細動における脳梗塞発症リスクの評価スコア
合計0~6点で評価する。
スコア別の年間脳梗塞発症率は、スコア0点で1.9%、1点で2.8%、3点で5.9%、4点で8.5%,5点で12.5%、
6点で18.2%とされる。最近、スコア0点は低リスク、スコア1-2点は中等度、スコア3-6点は高リスク患者と評価される。

C:Congestive heart failure(心不全)ースコア1
H:Hypertension(高血圧)-スコア1
A:Ages>75-スコア1
D:Diabetes Mellitus(糖尿病)-スコア1
S2:Stroke/TIA(脳卒中/一過性脳虚血発作)-スコア2
合計ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー6

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.05.20更新

<意欲>
脳の中には"内側眼窩前糖皮質"といわれる場所があり、おいし食べ物、いい匂い、うまい味、
に触れると生理的に活性化される。それだけでなく、素晴らしい音楽を聴くとき、金品を獲得するとき、
腑活化される。魅惑的な顔も、ヒトにポジチブな感情を抱かせるという点で、意欲を発現させるシステム
と位置づける。確かに、顔の魅惑度あるいは美しさは、配偶者や恋人を選択する上で重要である。
男の魅惑的な顔と女の魅惑的な顔と、男女に差がある。
"内側眼窩前糖皮質の点で、性の違いにより、差が認められない。
魅力的な顔は、普遍的な美として価値判断される。
魅惑的な顔は、ヒトの心に喜びを与え、エロチックな衝動を与え、芸術家の心を高揚させる。
魅惑的な顔はを認識する"内側眼窩前糖皮質は、美的体験を発現させるだけではなく、
ヒトの行動にも影響を与える。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.05.19更新

<妊娠中に風疹がかかると赤ちゃんに影響が>
風疹抗体価は妊娠初期に検査される項目の一つ。
妊娠20週までの女性が風疹に感染すると、
赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が出る可能性がある。

"働きざかりの男性で風疹が大流行"
風疹が流行し始めたのは2011年の春から、
発症する人の約8割は男性で、20代から40代が多い。

風疹の予防接種が個別接種になったため、母子手帳も親の記憶もあいまい。
<風疹にかからないために>
1)妊娠していない人:予防接種を受ける!
2)すでに妊娠中の人:周りの人(特に夫)が予防接種を受ける。
人が集まるところを避ける。

「今、大垣市では公費で風疹抗体価を調べることができます。
不安な人は積極的に検査を受けましょう」

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.05.19更新

<マイコプラズマ肺炎>
非定型肺炎のなかで最も頻度が高い。
15-30代の若年者に多く、60歳以上の高齢者には少ない。
4年の周期でオリンピックの年に流行するといわれてきたが、
最近は職場や学校内で散発的な流行がみられる。
細気管支炎を伴うため長j気にわたる頑固な乾性咳嗽が特徴である。
診断は血清学的に行う。寒冷凝集反応が上昇する。発病初期と回復期(
2-3週後)のペア血清で4倍以上の抗体価の上昇があれば診断が確定する。
治療にはマクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系が有効である。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2014.05.17更新

皆さん、最近、「炭水化物が人類を滅ぼす」という
医者の国家試験を合格したのかと疑う著者による
でたらめな本が出ています。
皆さんよ-く考えてください。三大栄養素(炭水化物、脂肪、タンパク質)ビタミン、ミネラルなど
バランスよく摂取して人類は病気知らずで生活でいるのです。常識で考えてください。
炭水化物を0にしたら?脳のエネルギー、筋肉のエネルギーはブドウ糖ですよ。
人類が地球上を制覇した、多くの人間ができるのが農耕の歴史と一緒なんです。
炭水化物がまず解糖系に乗ってアセチルCo-AからTCA回路を回し、ATPを出すのが基本代謝です。
脂肪は便乗してβループにより、えねるぎいーを出します。タンパク質もアミノ酸になり、括約します。
炭水化物を"0"にしたら、ブドウ糖が脳、筋肉に行きません。飢餓状態に陥ります。人間は炭水化物が
入ってこないと、自分の筋肉から窒素を外し糖に変えます。筋力脱落です。長く炭水化物を外しますと
動脈硬化が進み、心臓、脳、腎臓を傷めます。骨も壊死します。
皆さん、常識に戻ってください。炭水化物は必需品です。人類が地球を制覇しているのは炭水化物です。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook