大橋院長の為になるブログ

2013.09.30更新

<続、アルドステロン>

アルドステロンの効果は正常や高ナトリウム血症でも心肥大が誘導された。

抗アルドステロン薬のエプレノン(セララ)は心肥大を抑制した。アルドステロンの投与により心筋間質線維化上昇。

心不全におけるアルドステロン:アルドステロンは心筋リモデリングを悪化させる。アルドステロンは心不全の予後を悪化させる。

ACEI(アンジオテンシンーコンヴァーチングーエンザイムー酵素阻害剤)はこの現象を抑制するが、ブレークスルー現象と言って

効果がなくなる。この現象は非RA系でアルドステロンの関与があり、長期間にわたって、ACE1を服用するとアンジオテンシンⅡは

抑制されている。(続く)

岐阜県大垣市の大橋医院は高血圧症、糖尿病、肺炎に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.09.28更新

A:アルドステロンはレニンアンギオテンシン系の副腎が絡むものと、副腎皮質ホルモンによる非RAA系がる。

ミネラルコルチコイド受容体が脳、心臓、血管など腎臓以外にも存在することが分かり、

アルドステロンの多彩な機能がわかった。アンジオテンシンⅡと同様に、アルドステロンは直接的に心血管系に

作用し、繊維化、血管の炎症、心筋肥大、リモデリングや腎機能障害に関わってくる。

アルドステロンの効果は正常や高ナトリウム下でも心肥大が誘導された。

逆に抗アルドステロン薬:セララ心肥大や心筋間線維化を抑制。(続、来週へ)


岐阜県大垣市の大橋医院は高血圧症、糖尿病、心不全に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.09.27更新

心不全には拡張不全と収縮不全がある。

一般に人は心不全といえば、収縮不全だと考え、
心臓の駆出率の低下をもって、心不全という。

ところが駆出率の低下していない心不全がある。
労作時の息切れ、全身倦怠感、肝腫大、頚静脈怒張、
を呈する心不全がある。
ドップラー検査、超音波の壁運動異常、BNP増大などで
拡張心不全が見つかる。

拡張心不全の頻度は40-50%で多い。
左心室が拡張できないので硬さが増大する。
顕微鏡で心筋を見ても横に拡張している。

駆出率が正常といっても、安心できず拡張不全型心不全を忘れてはいけない。

岐阜県大垣市の大垣市の大橋医院は高血圧症、糖尿病や心不全に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.09.20更新

「高脂血症の治療は食事から、、、、、、」

<控えた方がよい食品>
卵黄、たらこ、いくら、ししゃも、しらすぼし、肉の脂身、ベーコン、
バター、生クリーム、
チョコレート、ケーキ、アイスクリーム、アルコール

<積極的に摂りたい食品>
野菜類、海藻類、きのこ、こんにゃく、
大豆製品、青背魚、豆類、鶏ささみ、低脂肪牛乳、植物油(べにばな油、サラダ油、オリーブ油)

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病や心不全に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.09.18更新

アンジオテンシンⅡは血管を収縮し、血圧、心臓に悪影響を与える。
それでアンジオテンシン変換酵素を、服用すると、最終代謝物の
アルドステロンは一旦抑制されるが、再上昇してくる。これを
「アルドステロン.ブレークスルーと呼ばれている。

抗アルドステリオン薬の心不全対策效果は認められている。
それはスピロノラクトンであり、効果もあるが男性の女性化乳房の副作用がある。

「選択的アルドステロン薬の有用性」
エプノレン(セララ)は男性の女性化乳房が発現しにくく、ミネラルコルチコイド受容体への選択制が高い。
心不全に対する、より使いやすい薬がセララである。

岐阜県大垣市の大垣市の大橋医院は高血圧症、糖尿病や心不全に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.09.17更新

「気管支喘息の吸入療法」

"シムビコートタービュヘイラーを追加級する方へ"

朝夕の定期吸入に加えて、
発作が出たときはいつでも追加吸入ガ」可能です。

(定期吸入が1日 2吸入の場合)
朝:1吸入、夜1吸入+6吸入が追加可
(定期吸入が1日 4吸入の場合)
朝:2吸入、夜2吸入+4吸入が追加可能

一日通常8吸入まで

岐阜県大垣市の大橋医院は高血圧症、糖尿病、心不全に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.09.13更新

「気管支喘息発作(症状)が出たときは

"シムビコートタービュヘイラーを使いましょう。

1、喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒューという音)が出る。
2.胸が苦しい。
3.咳き込んでしまう。
4。咳や息苦しさで目が覚める。

<シムビコートタービュヘイラーの吸入方法>
:まず"1吸入してください。それでも発作(症状)が治まらない場合は、数分あけてもう一吸入してください。

:朝、夜の定期吸入に加えて、
発作が出たときはいつでも追加吸入が可能です。

(1)定期吸入が1日2吸入の場合、朝1吸入、夜1吸入+追加吸入(発作が出たとき)1日合計6吸入まで。
(2)定期吸入が1日4吸入の場合、朝2吸入、夜2吸入+追加吸入1日4吸入まで
"最大1日通常8吸入まで"

喘息患者さん気道:気道に炎症があり、刺激に反応して発作が起きます。
シムビコートによる毎日の治療を続けると気道の炎症は治ります。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、心不全治療に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.09.11更新

「拡張不全」
心臓の検査をしても異常が見つからない。
心臓はよく動いているし、特に
超音波では駆出率は正常、

それなのに患者さんは全身倦怠感、動悸、異疲労性を訴える。
それは心臓の拡張不全です。
心臓が拡張できない、よく広がらない、縮むことはできても駆出はできても、
拡張型心不全なのです。

検査にはBNPというものが高くなります。
頚静脈や肝蔵が張れます。胸水が貯まることがあります。
この拡張不全は心不全の50%を占め、予後が悪いのです。
当院へご相談ください。

岐阜県大垣市の大橋医院は高血圧症、糖尿病、心不全に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.09.10更新

「ピロリ菌をやっつける!」

ピロリ菌は「ランサップ800」と言うパッケージ入りのお薬を
、1週間、朝、夕飲んでいただければ除菌できます。

中にはタケプロン(PPI)、アモキシリン、クラリスロマイシンが入っています。
これを1週間飲んでもらいます。これで除菌できます。
パック入りで、1週間分、入っています。

実費で5700円です。薬代だけいただきます。
これは保険でやるより安いくらいです。

内視鏡、血液検査、尿、便検査はしません。
お薬代だけです。


ランサップ1っ週間分、内服、除菌、薬代は実費で5700円ですが、
5700円のみで保険診療より安いです。
ぜひどうぞ!

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、心不全に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.09.09更新

「勃起不全に」

一日一回レビトラを
性行為の約1時間前に経口投与する。
10mgから20mg投与。

海綿体平滑筋及び関連小動脈を弛緩させて陰茎を勃起させる。

食事の影響は受けずに、
性行為の1時間前に内服、
4時間以上3日以上の多少の好影響がある。

1錠:2000円

岐阜県大垣市の大橋医院は高血圧症、糖尿病、心不全に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook