大橋院長の為になるブログ

2019.04.22更新

Die shokolade schadenn deine Gesundheight.


大橋医院    大橋信昭

上記のタイトルは私が、医学部に入った、18歳の若い、好青年の時に、比較的に早く学習したドイツ語である。Die Shokolade(ドイツ語は単語に、男性名詞、中性名詞、女性名詞が付いていて、どうしてこの単語が男性名詞で、あの単語が中性名詞か、その単語が女性名詞かは、古いドイツの歴史に聞かねばわからない!)
Schadenn:害する、deine:あなたの、Gesundheight:健康
つまり、日本語に訳すると「チョコレートの食べすぎは、あなたの健康を害する」ということになる。

私は20歳で喫煙をはじめ、24歳で禁煙に成功し、社会人:医師に成り、病院の勤務医になり恐ろしい部長に命令された。仕事が終わった、夕暮れである。
「今から,俺の出すビール瓶3本を、一気に飲め、そうでないと俺の職場では働きにくくなるぞ!」と恐喝された。
しぶしぶ、ビールを一気飲みした。すると、目は回るは、心臓は動悸するは、あわててトイレに飛び込み、飲んだビール全て、嘔吐した。「情けない奴だ!お前!こいつに点滴でもしておけ!」
非情の世界である。ビールぐらい飲めないと病院で気持ちよく働かしてもらえないと理解した。それから、晩酌にはビールを常用し、少しづつ、飲酒量が増えた。そのうち、完全にアルコール中毒になり、酒無しでは眠れなくなった。
 酒の量は増える一方で、驚いたことに、酒が好きで好きで、酒無しではいられなくなった。アルコ―ル依存症である。
 今度は断酒に苦しみだした。いかに酒をやめるか?しかし、車は酒屋へ走り、大量の飲酒を始めるようになった。ひどいときは日曜日の朝7時から夜まで飲むようになった。しあし、体が疲れやすく、ある時、家族に、顔と下肢のむくみを指摘された。採血をした.低たんぱく血症、特にアルブミンが低い!肝硬変だ!
 #断種だ#どうしても断種だ!アルコールの断酒宣言を何度となく繰り返し失敗したが、家族、医師、患者さんのことを考えると断酒は成功した。もう1年は飲んでいないし、酒のことを考えると気分が悪くなるし、酔っ払いを、泥酔した人を軽蔑する様になった。
 しかし、禁煙、断酒は人生をつまらなくする。私には、文学書を読む、随筆を書く、サイクリングに出かけ短歌を作る趣味があるが、何か物足らない。
そこで私は、甘党になった。特にチョコレートの虜になった。毎日、少しづつ食べれば体にいいが、大量にチョコレートを4箱5箱と購入し、推理小説を読みながら、一日で食べてしまうのである。
 そのせいか、一気に肥満がやってきた。特に腹囲増大である。Westが82cmから88cm、91cm、今ではゴム紐のついたジャージしかズボンがはけない。
これに読書三昧の運動不足、これじゃ体にいいわけがない。脳梗塞,心筋梗塞、腎不全、寝たきり、フレイル、ロコモティブ症候群で哀れな老後が見えてきたのである。よし!よし!チョコレートをやめるぞ!今、誓ったのである。運動をして、あっという間にスリムになるのだ。皆さま、私を見ていてください。
最後に「Die Schokolade shaden deine Gesungheight!”」

oohasi

投稿者: 大橋医院

2019.04.19更新

最近、推理小説の読みすぎで、最新医学に遅れをかなりとtった。

もう一度、やり直すのだ。医学書を積み上げて、一から猛勉強だ。おおはし

投稿者: 大橋医院

2019.04.15更新

私は禁酒に成功した。

昨年、低アルブミン血症、低たんぱく血症が発症し、

”酒を飲むことは自殺行為”

禁酒は三文の徳、いつでも患者さんを見れる、いつでも絶好調、車による往診もいつでもOK

今後も一生、禁酒を守り続け、地域医療に全力を尽くしたいと思います。

酒屋で大量の酒を飲むと悪循環です。酒はやめましょう。おおhし

投稿者: 大橋医院

2019.04.06更新

<乃木坂46はかわいい>  
         大橋医院   大橋信昭
2019年4月6日午後9時半、10時30分前、
私はBS放送で乃木坂46に夢中であった。
若い、可愛い、セクシー,ダンスが魅力的、次から次へとシンガーが
変わり、メンバーのダンスが65歳の老人に近い循環器内科医:大橋信昭を
霧中にさせていた。
“そこで、院長室を家内がノックした。”「いつも、かかっているR.0.さんが胸痛で、診察してくれって電話がかかっているの!」
ここは、いつも診察しておおはしるから(もう30年近い)、ご主人が連れてくるというので、白衣に着替え聴診器を持って、老婆を待った。
近いからすぐにやってきた。パット見た印象は重症感がない。
しかし彼女が言うには、「息子が高校生で2年の時、胸が苦しいと言って、様子を見ていたら、朝に昇天、ご遺体に、冷たくなっていた。」とのこと、「私も同じじゃないですか?」それは、神経的にもかなりまいってしまうであろう。
それでひとまずバイタルを確認、sPo298、心拍数70/分、顔色がとてもよく、動作機敏、ECG上、VPC(心室性期外収縮を全誘導で2個認めるのみ、超音波心臓検査では、長年の高血圧で左心室が全周性に壁肥厚を認めるが、壁運動は良好、駆出率(Ejection Fraction)0.85と極めて良好、どこを見ても重症感はない。ご主人を呼んで、私の携帯番号を教え、この大橋医院の3階の書斎で推理小説を夢中に読んでいるし、明日もどこへも行かない、夜中でも携帯を鳴らしてよろしいと指示を与えた。息子さんが17-18歳位で急死しており、そのことが彼女の頭にこびり付いているが、私の40年のキャリアの医師として、このわずかな心室性期外収縮を異常に、敏感に感じているだけ、絶対に問題なし、安定剤とβブロッカーはもう彼女は持っているし、飲み方も教えた。自宅に帰ってよし!何があっても、私を頼りなさい!彼女と夫は安心して帰宅。私も、院長室で推理小説は読み続けるし、乃木坂46は観賞続行である。若い,ピチピチした女性は、65歳の老人になりつつある医師にも元気を与えるものである。涎だけは流さないように、携帯を持っていることを確認し、サー彼女たちの色っぽい歌と踊りを堪能しよう!

投稿者: 大橋医院

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile