大橋院長の為になるブログ

2015.09.30更新

慢性腎臓病とは、腎臓の働きが正常の60%以下で、蛋白尿が持続する状態である。
血液の血清窒素(BUN)とクレアチニン(Crz)から、糸球体tの機能「eGFR」がわかり、
60以上であると正常である。30以下は透析である。腎機能を反映するのである。
eGFRが低下して腎臓が弱り、蛋白尿が低下すると、動脈硬化が進行し、脳梗塞、心筋梗塞、腎不全、
が起きやすくなる。腎臓の機能を、検尿と血中の尿素窒素、クレアチニンで
よく管理することは大切である。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病や動脈硬化症に全力投球します。


投稿者: 大橋医院

2015.09.29更新

大橋医院 院長 大橋信昭です。

今年は、インフルエンザは一人3,000円です。
昨日にも書きましたが、インフルエンザの中のAとBgが、B1とB2に分かれています。
広くインフルエンザ感染防止を抑える効果は大きいです。
ゆえに、納入値は高い。しかし、当院はインフルエンザ予防接種一人分を、3,000円で摂取します。

なお大垣市に在住ご老人は公費が支給され.1700円です。インフルエンザは10月1日より始めます。
今年はインフルエンザ流行が早い予想です。当院へお越しください。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

2015.09.28更新

大橋医院 院長 大橋信昭です。

今年のインフルエンザは、A型、B1,B2とBが2種類含まれています。

よってやむを得ず、一人、(大垣市老人を除く) 3.ooo円で摂取させていただきます。

大垣市に咳のある老人は、公費で1,700円で摂取できます。

一人3,000円はご理解願います。

10月1日より摂取できます。今年はインフルエンザの流行が早いと予想されます。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

2015.09.28更新

9月28日看護学校講義
ポイント
「脂質異常」
1) 動脈硬化の危険因子、CRPが高い、炎症、動脈内腔プラーク形成、
2) プラークで血流悪くなる。表2-4:LDL-コレステロール>140
3) HDL-コレステロール(善玉)中性脂肪(150以上)」
4) 中性脂肪が高く、HDL-コレステロールが低い;リスク

「メタボリックシンドローム」
1) 表2-6:ウェスト周囲径
2) 高トリグレサイド血漿、低HDLJ血漿、
3) 130/85以上  4)空腹時血糖が110以上

「心臓弁膜症」
1) 大動脈狭窄症(AS)(先天性は二尖弁)加齢、動脈硬化、加齢、狭心痛、失神、心不全、大動脈弁の圧格差、弁口面積が狭い、人工弁置換術、経皮的にカテーテルで狭窄を無に
2) 大動脈弁閉鎖不全症(AR):拡張期に第s動脈弁が閉鎖しない。脈圧拡大、拡張期血圧=0人工弁化機械弁置換術、ASもARも、冠状動脈が近いので、狭心痛、失神発作
3) 僧房弁狭窄症(MS):リウマチ性は少なくなった。左房内に血栓、心房細動の合併、GiantLA、218P―図2-5,6
4) 僧帽弁閉鎖不全(MI)心筋梗塞による乳頭筋断裂その他はゆっくり、左室容量負荷、図2-6(ドップラーを使った逆流)

「心筋症」
原因不明:1)肥大型心筋症(非対称性中隔肥大(ASH)、肥大型閉塞性心筋症(HOCM)
図2-7,2)拡張型心筋症:心臓は拡張し収縮能が低下。予後悪い。3)拘束型心筋症
心筋炎(コクサッキーウィルス、アデノウィルス、風邪)の時に、房室ブロックを挿入し、自然治癒する)、急性心膜炎(心膜摩擦音、心嚢水、コクサッキー、エコーなどの風邪ウィルス、ST上昇全誘導、収縮性心膜炎。心臓の外膜が肥厚、癒着、心臓の拡張障害、図2-9に心膜が石灰化している。Dip and plateau、
「感染性心内膜炎」
黄色ブドウ球菌やレンサ球菌が原因、弁破壊、塞栓症を生じる。
血液培養で原因菌を!高熱が何日も続行、体力消耗、心エコーにより細菌の巣;疣贅(vejitation)弁破壊を、免疫学的異常、血管塞栓、血液培養を頻回に起炎菌を探す。
多量の抗生物質を中心静脈より流す。入院、危険、重篤


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.09.18更新

みずむし"白癬症には、
「ゼフィーナ外用薬」クリーム、液
著効です。すぐに効果があります。
びっくりします。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

2015.09.16更新

小児期の先天性心疾患(CHD)では、短絡部位が三尖弁の前後いずれかで肺動脈高血圧症'(PAH)の合併頻度に
大きな差がある。短絡部位が三尖弁の前にある心房中核欠損症欠損や、部分肺静脈還流異常では、PAHが少なく、
三尖弁の後ろにある心室中隔欠損症(VSD)や動脈か依存症(PDA)では、PAHの合併が多い。.


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.09.14更新

最近。結核患者が増加しています。
大垣市でも、小学校生が30人対象となっています。
介護、病棟でも、介護士が5人発症しています。
小学生は、7月5日に発見、排菌(-) 培養(+)
介護士は9月に発見、排菌(+)、培養(+):入院加療中。
発見後、2か月後に、感染者が発生しているか、検査を行います。
結果はゆうっくり発症するのです。そのテストがTスポット検査と言います。
男性が女性より多く、、後期高齢者の70%&異常が超リスクがあります。
免疫抑制剤を始める前に、結核の精査をする必要があります。
情報はオープンにしましょう。マスク、手洗いの徹底、罹患施設はいかないことです。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.09.12更新

「9月11日の勉強会の復習」
CKDのガイドライン2012年によると、
透析導入率は慢性腎不全(CKD)の13%、1330万人になっている。
エリスロポエチン製材はヘモグロビンを10-12mg/dlニコントロ-ルすべきである。
エリスロペチンが低いとCKDは悪化の一途。eGFRが45を切ると貧血が始まる。
CKDStage3b以上腎性貧血、Hbの上昇は1-2g/dl以内にすべき、脳血栓が怖い。
ESAを投じてもHbが上がらないのは予後が悪い。
「日本健康会議」が政府でCKDをはじめ国民の健康データをデジタル管理しようとしている。
蛋白尿が溶性のCKDと陰性のCKDがある。透析導入をいかに防ぐか?
微量アルブミン尿が陰性のCKDは腎硬化症。eGFRが30以下4期、
FROM.J.Study,Reach-J Studyがある。日本は20歳以下のクレアチニンが2以上は少ない、USAは多い。
世界の腎不全、透析が増えている、後期高齢者のCKDは蛋白制限は意味が無い?
重層投与、カリウム吸着製材、サルコペニアをいかに防ぐか?

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.09.11更新

認知症は95歳で80%であり、高齢者は認知症が増加してくる。
糖尿病は認知症を促進し、認知症は糖尿病を悪化する。
2型糖尿病は国力を低下させ、前頭葉を縮小させる。MMSで測定すれば明らかである。
アルツハイマーは全身の血管に動脈硬化を促進する。アミロイド前駆蛋白からβーアミロイドから老人班ができ認知症を促進、
糖尿病は脳機能を低下し、高血糖も、低血糖も血管を傷害し、アルツハイマー病を悪化する。
高インスリン血症はインスリン抵抗性をおこし、アミロイド班を増加する。
能に直接インスリンを注入すると、鼻からでもよいが20単位から40単位注入すると脳は改善する。
HbA1Cは7が良い、低血糖でも高血糖でも認知を促進する。HbA1Cが6以下は転倒リスクが増える。
嚥下障害も増加する。2型糖尿病の低血糖における認知症の増加は明らかである。
良い生活習慣を身に着け、HbA1Cは7.0、運動と野菜、魚の多い地中海食等が認知症を予防できる。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

2015.09.11更新

呼気NO測定:100点の施行料と140点の判断料です。
気道の炎症を測定するもので、好酸球が関与します。
鼻をクリップして、10秒呼気続行する。飲食は1時間前、病診連携でできる。
アドエア250ディスカス、500ディスカス、シムビコート、メプチンエアーが望ましい。
ACT質問20点以下、中核病院に紹介すべき。
気管支喘息は数が多い。成人の4-7%、小児の7-10%、
呼気NOは気道炎症ー気道過敏性ー気流制限、気道過敏性亢進を反映、マクロファージ、好酸球が関与、
NOはppbで判定、22-33が正常、45以上が喘息、中間はグレイゾーン、
FeNOは気道の炎症、CRP,に反映する。自己管理+医師管理が大切、
NOはすべてがわかるわけではない。機種はNIOX,Norteth,チェスト、喘息は45ppb以上、
時差:FeNOが最初に下がり,気道過敏性はあとまで残る。喫煙者は低く出る。
鼻にもNOがあり、鼻アレルギーは値を修飾する。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook