大橋院長の為になるブログ

2022.09.26更新

今年の感染症委で、早く流行するインフルエンザには、10月15日から始まる予防接種、ワクチン接種を!(自由です)

オミクロン株のコロナ第8波にも、早く、ワクチン接種を!

インフルエンザにはお薬があります。「タミフル、リレンザ、イナビルなど」です。

コロナオミクロン株には、ワクチン以外、絶大な効果を期待できるお薬がありおます。

ロキソニン、カロナール以外、ビタミン剤をしっかりとり、ウィルスを寄せ付けないことです。

まずはシナール(ビタミンCの持つ強力な免疫作用)、ビタミンA:チョコラA錠の持つ、皮膚乾燥予防 皮膚のうるおい化 角膜強化療法

ビタノイリン(ビタミンB1,2,6,12)の持つ神経強化療法、ビタミンD:アルファカルシドールの持つ骨強化療法

ビタミンE;トコフェノールニコチン酸エステル(抹消循環改善)以下、大橋信昭の勧める処方を早めに、味日内服すればコロナ、インフルエンザさようならっです。

 

飲みやすくわかりやすく整理します。

(チョコラA2錠、朝、夕、ノイロビタン1カプセル、朝、夕アルファカルシドールⅠカプセル夕のみ、シナール2錠朝、夕を毎日、煩雑ですので)

分かりやすくしますと、朝、夕のみの内服のみでよいのです。)

アサ:チョコラA(ビタミンA)2錠、ノイロビタミン(ビタミン 1,2,6,12)1錠、シナール1錠

ヒルは飲まなくてよい

ユウ:チョコラA2錠、ビタノイリン1カプセル、アルファカルシドール1カプセル、、シナール1錠

薬は多くありません、朝、チョコラ2錠、ノイロビタミン1錠、シナール1錠、<昼は飲まなくていです。>

          夕:チョコラ2錠、ノイロビタン1錠、シナール1錠、アルファカルシドール1カプセル

  簡単ですね。大橋医師も毎日内服しています。

「冬は風邪知らず」

 

 

「冬は風邪知らず」

 

 

投稿者: 大橋医院

2022.09.26更新

総合ビタミン剤:ビタミンA(チョコラA)

        :ビタノイリン(ビタミンB1,2,6,12)

        : シナール、(ビタミンC)

        :アルファカルシドール(ビタミンD)

        :ビタミンE(トコフェロールニコチン賛)

これらが保険で、安価で内服してください。疲労感が無くなるでしょう。 

投稿者: 大橋医院

2022.09.26更新

インフルエンザはここ3年間、流行していません。ですから、皆さまのインフルエンザに対する免疫力は低下しています。

南半球のオーストラリアでは、インフルエンザとコロナ感染で、国民は大変苦しみました。

日本もコロナとインフルエンザに要注意です。

10月15日よりインフルエンザのワクチン接種が始まります。

当院は検査キットにインフルエンザウィルスキットとSARDSコロナウィルス抗原キットが含まれた検査キットを使います。

インフルエンザもコロナも同時に判定でき、安心です。

38度前後の有熱患者で、コロナもインフルエンザも心配な方はご相談ください。

投稿者: 大橋医院

2022.09.26更新

女性 更年期 ビタミンA欠乏
目の下のクマは、老けて見えたり、疲れて見えたりして、せっかくメイクをしても気分が上がらない、なんてことも。そこで、クマのタイプやそれぞれの対策にチョコラAの内服!
目の下のクマは大きく3タイプ
目の下のクマは大きく3タイプに分けられます。それぞれ対策が異なるので、自分のタイプを知ることが改善への第一歩になります。 ◆茶クマタイプ 茶クマは、くすみや色素沈着などで肌自体の色が濃くなっているのが原因です。くすみは加齢やメイクを落としきれていないこと、色素沈着は目をこすることや日焼けによって起こります。また、スキンケアや紫外線ケアが不十分な場合もあります。 ◆青クマタイプ 青クマは、目の周りの血行不良によるものです。毛細血管の血行の流れがよければ目立ちにくいですが、睡眠不足や疲れ、栄養不足、冷え性、生活の乱れなどで血行が悪くなると目立つようになります。なぜなら、目周りの肌はほかの部位よりも薄く、肌の下にある毛細血管の色が見えやすいのです。 ◆黒クマタイプ 黒クマは、たるみやむくみなどによって生じる目の下の凹凸によるものです。前述したとおり、目の下は肌が薄い部位のため、加齢により肌のハリが失われるとたるみが起こりやすくなります。また、むくみもあらわれやすい部位です。
目の下のクマを食生活で改善しよう
クマのタイプ別に必要な栄養素は異なります。そこでそれぞれのケアに必要な栄養素と食材について紹介します。 ◆茶クマに効果的な食材 くすみや色素沈着が原因の茶クマは、肌のターンオーバー(古い肌が垢となり新しい肌に生え変わる代謝の周期)を改善するのが有効です。 ターンオーバーを促進するには、抗酸化作用のあるビタミンCを摂ることが有効です。パプリカやキャベツ、いちご、キウイに多く含まれているので積極的にとりましょう。なお、ビタミンCは熱に弱いため、生で食べることがおすすめです。 ◆青クマに効果的な食材 血行不良が原因の青クマには、血行をよくするビタミンEを積極的に摂りましょう。 ナッツ類や大豆、アボカド、かぼちゃ、うなぎに含まれているビタミンEは、毛細血管を広げて血行を改善させるほか、ビタミンCと同様に抗酸化作用もあります。ビタミンEは脂溶性ですので、炒めもの、揚げもの、ドレッシングなど油を使った調理がおすすめです。 ◆黒クマに効果的な食材 黒クマは、たるみやむくみを引き起こす、パソコンやスマホの長時間使用などで目を酷使しすぎないように、生活習慣を振り返ってみましょう。また、塩分や糖分の摂りすぎもむくみの原因になります。 目の疲れの改善には、目や肌の粘膜を健康に保つ働きを持つビタミンAが効果的です。豚や鶏のレバー、うなぎ、焼きのり、にんじんなどに含まれています。ビタミンAも脂溶性ビタミンですので、炒めもの、揚げもの、ドレッシングなど油を使った調理がおすすめです。

チョコラA錠 !マン単位 3錠・ひ目の下のクマは大きく3タイプ
目の下のクマは大きく3タイプに分けられます。それぞれ対策が異なるので、自分のタイプを知ることが改善への第一歩になります。 ◆茶クマタイプ 茶クマは、くすみや色素沈着などで肌自体の色が濃くなっているのが原因です。くすみは加齢やメイクを落としきれていないこと、色素沈着は目をこすることや日焼けによって起こります。また、スキンケアや紫外線ケアが不十分な場合もあります。 ◆青クマタイプ 青クマは、目の周りの血行不良によるものです。毛細血管の血行の流れがよければ目立ちにくいですが、睡眠不足や疲れ、栄養不足、冷え性、生活の乱れなどで血行が悪くなると目立つようになります。なぜなら、目周りの肌はほかの部位よりも薄く、肌の下にある毛細血管の色が見えやすいのです。 ◆黒クマタイプ 黒クマは、たるみやむくみなどによって生じる目の下の凹凸によるものです。前述したとおり、目の下は肌が薄い部位のため、加齢により肌のハリが失われるとたるみが起こりやすくなります。また、むくみもあらわれやすい部位です。
目の下のクマを食生活で改善しよう
クマのタイプ別に必要な栄養素は異なります。そこでそれぞれのケアに必要な栄養素と食材について紹介します。 ◆茶クマに効果的な食材 くすみや色素沈着が原因の茶クマは、肌のターンオーバー(古い肌が垢となり新しい肌に生え変わる代謝の周期)を改善するのが有効です。 ターンオーバーを促進するには、抗酸化作用のあるビタミンCを摂ることが有効です。パプリカやキャベツ、いちご、キウイに多く含まれているので積極的にとりましょう。なお、ビタミンCは熱に弱いため、生で食べることがおすすめです。 ◆青クマに効果的な食材 血行不良が原因の青クマには、血行をよくするビタミンEを積極的に摂りましょう。 ナッツ類や大豆、アボカド、かぼちゃ、うなぎに含まれているビタミンEは、毛細血管を広げて血行を改善させるほか、ビタミンCと同様に抗酸化作用もあります。ビタミンEは脂溶性ですので、炒めもの、揚げもの、ドレッシングなど油を使った調理がおすすめです。 ◆黒クマに効果的な食材 黒クマは、たるみやむくみを引き起こす、パソコンやスマホの長時間使用などで目を酷使しすぎないように、生活習慣を振り返ってみましょう。また、塩分や糖分の摂りすぎもむくみの原因になります。 目の疲れの改善には、目や肌の粘膜を健康に保つ働きを持つビタミンAが効果的です。豚や鶏のレバー、うなぎ、焼きのり、にんじんなどに含まれています。ビタミンAも脂溶性ビタミンですので、炒めもの、揚げもの、ドレッシングなど油を使った調理がおすすめです。

「チョコラA錠Ⅰ万単位 3錠/日

投稿者: 大橋医院

2022.09.24更新

<西洋薬>:ビタミンA、メリスモン(プラセンタ)、タチオン(内服、注射用)、

T72 ヨクイニン;エキス錠「コタロー」、 トランサミン 、ビオチン酸、ビタメジン、ビタノイリン、トコフェノール

シナール、ハイチオール、ユビカテレン、タウリン酸、アリナミンF、ハイゼット、イコサペント酸エチル、

 

<漢方薬>;清暑益気湯、補中益気湯、十全大補湯、人参栄養湯、半夏白朮天麻湯、八味地黄丸、温経湯,防己黄色ギ湯、

黄連解毒湯、当帰因子、六味丸、牛車腎気丸、真武湯、葛根湯、

詳しくは、大橋医院、院長、大橋信昭にお聞きください

<ー#=$=%=¥>

渚のシンドバット:ここかと思えばーまたまたあちらの方へ 浮気な人ねサーフィンボート小脇に抱え、美女から美女へ、ビキニがとってもお似合いですよと

肩など抱いて、ちょいと、お医者さん なれなれしいわ 

投稿者: 大橋医院

2022.09.24更新

ビタミンA

皮膚の乾燥、老化、しわ予防に効果が抜群です。

皮膚の若がえり、小じわ予防、シミ予防に効果的です。
• シート記載(表) チョコラA1万単位,E301、(裏) チョコラA,1万単位,E301,ChocolaA
作用と効果
ビタミンAが欠乏すると、暗所でものが見づらい、粘膜や皮膚の乾燥と角化などが起こります。ビタミンAはオプシン(網膜の赤色素)と結合して暗所でものを見るのに必要な感光色素(ロドプシン)を形成します。ビタミンAの補給により、夜盲症を改善します。粘膜の粘液分泌をうながして眼などの乾燥などを改善します。通常、ビタミンA欠乏による夜盲症、結膜乾燥症、角膜乾燥症、角膜軟化症やビタミンA欠乏が推定される角化性皮膚疾患の治療に用いられます
ビタミンA欠乏症は、ビタミンAの少ない食事や吸収障害、肝疾患が原因で起こることがあります。
• 高用量のビタミンAを数日間摂取することで、ビタミンA欠乏症は改善されます。
ビタミンA(レチノール)は、眼の網膜にある光を感じ取る神経細胞(視細胞)の機能に必要で、夜間視力の維持を助けます。また皮膚と、肺、腸、尿路の内壁を健康に保ち、感染に対する防御にも役立ちます。魚の肝油、レバー、卵黄、バター、クリーム、栄養強化牛乳などには、ビタミンAが豊富に含まれています。(ビタミンの概要も参照のこと。)
ベータカロテンなどのカロテノイドは、果物や野菜に黄色やオレンジ色、赤色を与える色素です。カロテノイドは、摂取されると体内でゆっくりとビタミンAに変換されます。カロテノイドは、加熱調理するか細かく砕いた野菜を多少の油脂とともに摂取した場合に最もよく吸収されます。緑黄色野菜、黄色やオレンジ色の果物には、カロテノイドが豊富に含まれています。

 

投稿者: 大橋医院

2022.09.24更新

バセドウ病とは、甲状腺のはたらきが異常に活発になることで甲状腺ホルモンが過剰に産生される病気のことです。甲状腺ホルモンは、全身の臓器に作用して新陳代謝を促すホルモンであるため、バセドウ病を発症すると動悸・体重減少・手の震え・発汗などの身体的症状やイライラ感や落ち着きのなさといった精神的な症状が現れるようになります。発症頻度は1,000人に0.2~3.2人とされていますが、若い女性に発症しやすいのが特徴です。発症原因は甲状腺を刺激する抗体(特定の組織や細胞を攻撃するタンパク質)が産生されるようになることであり、免疫機能の異常によって発症する”自己免疫疾患”の1つとされています。バセドウ病は適切な治療をしないまま放置すると心不全や骨粗しょう症などを引き起こすリスクが高くなるため、早期発見・早期治療が重要です。また、日常生活でのストレスなどにより症状が急激に悪化する”甲状腺クリーゼ”に陥ることもあり、場合によっては命を落とすケースもありますのでバセドウ病と診断された場合は日常生活にも注意が必要となります。
原因
バセドウ病の原因は、甲状腺を刺激する”TSH受容体抗体”が体内で産生されるようになることです。甲状腺ホルモンは、脳の下垂体から分泌される”甲状腺刺激ホルモン(TSH)”が甲状腺を作る細胞表面に存在する”TSH受容体”に結合することによって甲状腺を刺激し、分泌が促されます。バセドウ病では、TSH受容体抗体がTSH受容体に結合し、甲状腺を過剰に刺激することで甲状腺ホルモンの過度な分泌が生じるのです。どのようなメカニズムでTSH受容体抗体が産生されるようになるのか、明確なメカニズムは解明されていません。しかし、バセドウ病は遺伝の関与も指摘されているほか、もともとバセドウ病になりやすい体質の人が過度なストレス・過労・重度な感染症・妊娠・出産などを契機に発症するケースも多いと考えられています。
症状
バセドウ病を発症すると甲状腺ホルモンの過剰分泌が引き起こされます。甲状腺ホルモンは全身の臓器に作用して新陳代謝を促す作用があります。また、バセドウ病は自律神経の一種である交感神経のはたらきを活性化するカテコールアミンの分泌量も過剰になることが知られています。その結果、動悸・体重減少・手の震え・過剰な発汗・下痢などの身体的症状、イライラ感・不眠・落ち着きのなさ・疲労感などといった精神的症状が見られるようになります。また、過度に刺激されることによって甲状腺は大きく腫れ、喉の違和感を自覚することも少なくありません。さらに、目を動かす筋肉や脂肪に炎症を引き起こすことで腫れを生じ、目が内側から押し出されるように見える”眼球突出”が現れるのもバセドウ病の典型的な症状の1つです。悪化するとまぶたや結膜に充血・目の動きの異常、ドライアイなどを引き起こします。さらに、バセドウ病は適切な治療をしないままの状態が続くと、心臓に過度な負担がかかって不整脈を引き起こしたり、心不全に至ったりするケースも少なくありません。また、骨の代謝が活発になることで骨が脆くなり、些細な刺激で骨折しやすくなる可能性があります。
検査・診断
症状や甲状腺の腫れなどからバセドウ病が疑われる場合は、次のような検査が行われます。
血液検査
バセドウ病の確定診断のためには血液検査が必要です。血液検査では、甲状腺ホルモン値、TSH値の測定、TSH受容体抗体の有無の判定が行われます。また、一般的な血液検査項目を調べて全身の状態を評価する必要もあります。
超音波検査
超音波を出す機械を喉に当てて甲状腺の状態を調べる検査です。甲状腺の大きさ、しこり、血流などを確認することができます。
アイソトープ検査
甲状腺はヨウ素やテクネチウムを取り込みやすいという性質があります。これを利用して放射線を放出するヨウ素やテクネチウム薬剤を服用して、甲状腺にどれくらい取り込まれるかを計測します。この検査では甲状腺ホルモンの上昇が甲状腺の機能に問題がないかどうかを調べます。
治療
薬物療法
基本的に、バセドウ病の治療は甲状腺ホルモンの分泌を抑える”抗甲状腺薬”を用いた薬物療法から行います。服用を続けると1~2か月ほどで甲状腺ホルモンは正常値となることが多いとされていますが、治療はTSH受容体抗体の産生がストップするまで続ける必要があるといわれています。
放射性ヨウ素内用療法
甲状腺はヨウ素が蓄積しやすい臓器です。その性質を利用したのが放射性物質を含むヨウ素を内服し、甲状腺に蓄積した放射性物質によって甲状腺組織の破壊を促す放射性ヨウ素内用療法です。甲状腺ホルモンを分泌する細胞が減少するため、バセドウ病の根本的な治療が望めます。
しかし、この治療法は実施できる施設や年齢が限られており、治療効果が高すぎると甲状腺ホルモン分泌量が過度に少なくなってしまうことがあります。
手術
バセドウ病のもっとも効果が高い治療法は、手術によって甲状腺自体を摘出することです。薬物療法などほかの治療法で十分な効果が見られない場合、副作用で薬物療法が行えない場合などに実施されます。
予防
バセドウ病ははっきりした発症メカニズムが解明されていないため、確立した予防方法はありません。しかし、バセドウ病は、薬物療法などを行っても強いストレスや疲れなどが生じると、急激に症状が悪化して甲状腺ホルモン量が激増する”甲状腺クリーゼ”を引き起こすことがあります。命に関わることも多いため、バセドウ病と診断された場合は適切な治療を続けるとともに、日ごろからリズムを整えてストレスや疲れがたまりにくい生活を心がけるようにしましょう。

 

投稿者: 大橋医院

2022.09.24更新

保険診療で、毛髪用剤(発毛剤、脱毛剤、染毛剤、養毛剤)があります。

次の疾患における脱毛防止並びに発毛促進/円形脱毛症、(多発性えんっ系脱毛症を含む)、悪性脱毛症、

びまん性脱毛症、壮年脱毛症,乾性脱毛症、尋常性白斑

一日2-3回適量を塗布または被髪部全体にふりかけ軽くマッサージ

投稿者: 大橋医院

2022.09.24更新

白雪点滴は生殖100mlにタチオン200㎎とメチコバールを混入し、1時間足らずで、点滴します。

肌の美白化、抗老化防止、。肝機能改善、抗酸化作用、体の代謝のサポート、抗酸化作用、免疫脳の改善、解毒作用もあります。

 

 

 

 

 

投稿者: 大橋医院

2022.09.24更新

<効能効果>

1)薬物中毒、アセトン血清嘔吐症(自家中毒、周期性嘔吐症)

2)慢性肝疾患における肝機能の改善

3)急性湿疹、慢性湿疹、皮膚炎、蕁麻疹、リール黒皮症、肝斑、炎症後の色素沈着、

4)妊娠悪阻、妊娠高血圧症候群

5)角膜損傷の治癒促進

6)放射線療法による白血球減少症、放射線宿酔、放射線による口腔粘膜の炎症

7)メラトニン産制抑制による肌の若返り、美化、白色化

(用法、用量)

通常成人には、グルタチオンとして一回100-200㎎を溶解液にて溶解し、一日一回筋肉内または静脈内に注射する。

尚、年齢、症状により適宜増減する。

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile