大橋院長の為になるブログ

2020.08.31更新

Assertive Communiction:自分の気持ちや主張を、相手の気持ちを尊重し、大切に伝える。!!

(医師が患者さんのお気持ちを尊重して、どんな病気で、患者さんを充分配慮して治療、投薬すること!!)

Aggresive Commumnication:自分の気持ちを相手を無視して、強く主張する。

(医師が患者さんがどう思おうと、一方的に治療、投薬を強制すること)

私は、Assertive Communicationを、大切にしています。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.08.31更新

川崎病とCovid-19:

川崎病とは「臨床像全く違う」
――日本では川崎病学会が5月7日、「川崎病の患者数に変化はなく、欧米で報告されているような川崎病類似の重症例、川崎病とCOVID-19の合併例は確認されていない」と、国内外の一部報道を牽制する声明を出しています。川崎病は感染症に関連して起こることがあるとのことですが、COVID-19との関連をどう見ていますか。

 それは十分に注意して考えないといけない点です。MIS-Cは「川崎病様疾患」とも暫定的に呼ばれているのですが、川崎病とは臨床像が全く異なります。川崎病は基本的に、4歳以下の子どもに多いのです。欧米のCOVID-19流行に伴って増加が報告されているケースは10歳前後が中央値です。そして、MIS-Cは多くのケースで消化器症状の合併が見られ、腎不全、心不全の合併も多いですし、ICU入室率も高い。幸い、ほとんどの子どもは最終的には改善しているようですが、全身性の臓器障害が極めて強いところも川崎病とは異なりますね。

――ご専門の先生から見ると全く異なる臨床像なのですね。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.08.31更新

新型コロナウィルス(厚生労働省Hp 8月22日):

感染者、濃厚接触者とその家族、新型コロナウイルス感染症の対策や治療にあたる医療従事者や社会機能の維持にあたる方とその家族等に対する偏見や差別につながるような行為は、断じて許されるものではありません。そのため、文部科学省としては、学校や教育委員会に対し、新型コロナウイルス感染症に関する適切な知識を基に、発達段階に応じた指導を行うことなどを通じ、このような偏見や差別が生じないように十分配慮するよう周知徹底を行っています。
 また、子供や保護者等が新型コロナウイルス感染症を理由としたいじめや偏見等に悩んだ場合の相談窓口として、「24時間子供SOSダイヤル」等を文部科学省ホームページやSNS等を通じて周知していますので、ご活用ください。

 なお、医療従事者や社会機能の維持にあたる方とその家族等社会機能の維持にあたる方を家族に持つ児童生徒等を、医学的な根拠なく自宅待機とするような措置をとることは不適切であり、あってはならないことと考えています。子供や教職員の感染が判明した場合には、学校の設置者において、都道府県等の衛生主管部局と当該感染者の学校内における活動の態様、接触者の多寡、地域における感染拡大の状況、感染経路が明らかであるか等を確認しつつ、これらの点を総合的に考慮し、臨時休業の必要性について都道府県等の衛生主管部局と相談の上、検討することになります。
 また、4月1日に開かれた新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の提言では、「感染拡大警戒地域」(注)にあたる地域では、都道府県知事等から、外出自粛要請や集会・イベント・会食などの行動制限メッセージの発信等がなされること等が期待されており、このような地域では、その地域内の学校の一斉臨時休業も選択肢として検討すべきとされています。この提言では、同時に、「現時点での知見では、子どもは地域において感染拡大の役割をほとんど果たしていない」ことから、「学校については、地域や生活圏ごとのまん延の状況を踏まえていくことが重要である」とされています。このため、学校については、地域の感染状況のみならず、子どもや教職員の生活圏でのまん延の状況もみながら判断することになります。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.08.30更新

例年、12月頃からインフルエンザの流行シーズンを迎えます。

新型コロナウイルス感染症が流行している状況下でのインフルエンザシーズンはどうなるのでしょうか?

また、私たちがすべきことは何でしょうか?

今年の冬は新型コロナとインフルエンザが両方流行る?
インフルエンザは例年12月~3月頃に流行します。

新型コロナについては現在、季節性の流行は確認されていませんが、「暑くて湿度が高い環境」よりも「寒くて湿度が低い環境」の方が伝播しやすいという報告もあり、夏よりも冬に流行しやすい可能性があります。

つまり、この冬はインフルエンザと新型コロナが同時に流行する可能性があります。

今年の冬は新型コロナとインフルエンザが両方流行る?
インフルエンザは例年12月~3月頃に流行します。

新型コロナについては現在、季節性の流行は確認されていませんが、「暑くて湿度が高い環境」よりも「寒くて湿度が低い環境」の方が伝播しやすいという報告もあり、夏よりも冬に流行しやすい可能性があります。

つまり、この冬はインフルエンザと新型コロナが同時に流行する可能性があります。

新型コロナとインフルエンザの症状はよく似ている。

インフルエンザの影響をいちばん受けやすいのは、通常は子どもや高齢者とされる。だが、新型コロナウイルス(SARS-COV-2)では事情が異なるようだ。この点について科学界には当惑が広がっている。新型コロナウイルス感染症「COVID-19」にかかった子どもは、一般的に大人より症状が軽い。

だが、世界中で症例報告が増え、研究が進むにつれて、若者が新型コロナウイルスに感染して重症化する例がいくつか出てきている。英国では4月の第1週に(基礎疾患がある)5歳の児童が、ベルギーでは12歳の少女が病院で亡くなり、欧州で最年少の犠牲者となった。

正確な死因はいまだ不明ながら、米国のイリノイ州の幼児についても、新型コロナウイルス感染後の死亡例が報告されている。多くの学校が閉鎖されているいま、親たちは新しい感染症がわが子に与えるかもしれない影響について心配している。

何が子どもをウイルスから守っているのか?COVID-19の場合、ウイルスはスパイクたんぱく質を利用して、人間の呼吸器細胞に存在する「ACE2」という受容体タンパク質と結合する。一説によると、子どもの下気道(肺)に存在するこの細胞の鍵穴が少ないため、あるいは細胞の鍵穴の形が異なるため、上気道(鼻、口、喉)のほうが新型コロナウイルスに侵される確率が圧倒的に高いという。

子どもは「無症状キャリア」になる
だが、COVID-19の深刻な影響を受けない傾向が子どもにあるからといって、感染を広げる能力がないわけではない。新型コロナウイルスの感染者が、せきやくしゃみをしたときに鼻や口から飛び出す飛沫を介してヒト・ヒト感染が起きる。

それに、子どもは濃厚接触する。手洗いを忘れたり、ちゃんとティッシュを使えないこともある。このため、多くの子どもが「無症状キャリア」となって、ウイルスを広く拡散させる可能性がある。【重要】新型コロナは、あなたが何歳であろうと感染する。そして「大切な人を死なせる」危険性がある
感染したときのために知っておくべき「6つのこと」
ワクチンは、いつできる? 基礎から最新事例まで「知っておくべきこと」
新型コロナウイルスは、物体の表面で数日間は生き続ける? 研究結果から見えてきたこと
マスクは役に立たない? ワクチンが届く日は近い? 「8つの風説」の真偽
新型コロナウイルス感染症の死亡率は、なぜ「男性のほうが高い」のか? 見えてきた理由
スマートフォンやキーボードを正しく除菌する方法おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.08.30更新

新型コロナウィルス最新情報:国立感染症研究所(感染研)は7日までに、新型コロナウイルスのゲノム分析を基に、3~4月の感染拡大がいったん収束に向かった後も、軽症や無症状の人の間で気付かれないまま感染が続いていた可能性があるとする報告をまとめた。経済活動再開を機に、6月からの患者急増につながったとみられるという。

感染研は7月16日までに、国内患者ら約3700人の検体からウイルスを採取し、ゲノム配列を解析。ウイルスは感染を通して少しずつ変異するため、それぞれの変異の仕方から、国内で感染がどう伝わったかを推定した。
 分析では、「欧州系統」のウイルスが全国各地に入り3月以降の流行を引き起こした後、対策により5月下旬にいったん収束に向かった。だが、6月中旬、3月の欧州系統ウイルスから3カ月分変異したとみられるウイルスが東京で見つかり、このウイルスから派生したとみられるウイルスも全国で確認された。
 約3700人分の検体からは、変異の途中段階のウイルスが見つかっていない。このため報告は、軽症や無症状の若者などの感染が水面下で続いていた可能性を指摘。経済活動再開後、「地方出張などが要因になって、東京では収まらず全国に拡散した可能性がある」と分析した。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が急激に進展し病床がひっ迫した都道府県に対して、他都道府県からの応援や都道府県知事からの要請による自衛隊の災害派遣等により、必要な支援を行う。また、ECMO が必要な重症患者に対して、全国の医療関係者のネットワーク協力を得て、診療支援を行う。
○ 今後の感染状況の変化に十分対応可能な量の医療物資を調達・備蓄するとともに、G-MIS※などにより医療機関における医療物資の充足状況を把おおはし握し、優先・緊急配布※※できる体制を構築する。
※新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム
※※現在までの配布実績(8月 21 日時点):サージカルマスク約2億 4,540 万枚、N95 等
マスク約 1,090 万枚、アイソレーションガウン約 6,740 万枚、フェイスシールド約 2,300
万枚、非滅菌手袋約 5,980 万双

投稿者: 大橋医院

2020.08.29更新

私の小学校とパンデミー;夜分、申し訳ありませんが、どうしても納得のいかない小児科医の発言が教育委員会でありましたので、報告させてください。
あの小児科医は、子供はコロナには強く、飛沫感染などなく、致死例もなく、もっと安心させるべき、夏場は減少していると言いました。
本当に勉強しているのでしょうか?この小児科医は?
小学校は小児だけではありませんよ、教員、教頭、校長はじめ、高齢者が雑役をやっていますし、20-30歳代のPTAも多いでしょう。
夏場、今、減少してません!世界的に増大してます。大垣市も発症してます。子供がかかりにくいからといって、教員、PTAの存在、又最も危険な医療従事者(医師、歯科医師、ナース、養護教員)の存在は考えていますか?教員がクラスターを発症したら,すべての行事は中止ですよ!今こそ、最大の警戒をすべきです。経済活動がもう限界ですので、制限を緩め、外国からの入国者も緩和しようとしています。
感染の第三波がまたやってくるかもしれません。8月29日、30日とパンデミ―の特別番組があります。大垣市民病院呼吸器科の進藤先生か、安藤先生に全校生、教員、PTA,学校医のお話を、おおはし講義を受けたほうが良いと思います。

投稿者: 大橋医院

2020.08.28更新

漬物好きのおじいちゃん、おばあちゃん、いい高血圧のくすりがあります。:「ミネブロ錠」

ミネラルコルチコイド受容体(MR)は、血液中の電解質のバランスを制御するステロイドホルモンの受容体。高血圧症には、MRの過剰な活性化が関与していることが知られている。
 ミネラルコルチコイド受容体(MR)拮抗薬は、体液量の恒常性の維持に関与する降圧薬。腎臓の尿細管に存在するMRを阻害することで降圧効果を発揮する。
 このほど発売された「ミネブロ錠」は、第3世代のMR拮抗薬に位置づけられる。本態性高血圧症患者を対象に実施した国内第3相臨床試験(ESAX-HTN試験)の結果にもとづき、2019年1月に「高血圧症」を適応として承認を取得した。
 本態性高血圧症は、ある特定の原因疾患により発症する二次性高血圧症に対して、原因が特定できず、遺伝素因や生活習慣等の複数の要因により発症する(一次性)高血圧症のことで、高血圧症の90%近くを占める。
 臨床試験で中等度腎機能障害の患者やアルブミン尿を有する2型糖尿病を合併する患者においても安全性が確認されおり、選択的アルドステロン阻害薬を投与できなかった慢性腎臓病(CKD)や糖尿病の患者にも使用できるという。
 高血圧治療ガイドラインでは、カルシウム(Ca)拮抗薬、レニン・アンジオテンシン(RA)系阻害薬(アンジオテンシン2受容体拮抗薬[ARB]、アンジオテンシン変換酵素[ACE]阻害薬)、利尿薬(サイアザイド系およびサイアザイド類似利尿薬)、β遮断薬が主要な降圧薬とされている。
 「エサキセレノン」のような第3世代MR拮抗薬の登場により、中等度腎機能障害おおはしある患者や蛋白尿をともなう糖尿病患者への治療の幅が広がると期待される。

投稿者: 大橋医院

2020.08.27更新

インフルワクチン、65歳以上などから優先接種へ:

0月前半から、予防接種法に基づく定期接種対象者(65歳以上の高齢者等)のうち、希望者に接種を開始し、10月後半からは特に日本感染症学会が8月3日に公表した提言(「今冬のインフルエンザとCOVID-19に備えて」)で示された「医療従事者、65歳未満の基礎疾患を有する人、妊婦、乳幼児~小学校低学年(2年生)」に接種を呼びかけることなどが提案され、おおむね了承された(資料は、厚労省のホームページ)。

 昨年使用量を12%上回る供給、出荷も早まる見通し

 来シーズン(2020/2021)のインフルエンザワクチンの供給見込み量は約3178万本で、ワクチン供給の統計開始以来、使用量が最大を記録した2019年の2825万本に対し約12%多く供給が行われる見通し。また、国家検定にかかる事務手続きが短縮される省令改正により、製造から出荷までの期間が短縮され、例年同ワクチン接種が開始される10月1日時点の供給量を含め、全体的に出荷が早まると予想されている。

 10月上旬と下旬で2つのカテゴリーへの周知を想定

 医療現場での混乱を避けるため、また10月上旬から全ての接種希望者に行き渡る量のワクチンが出回ることはないことから、10月から優先的な接種を呼びかける対象を周知することについて審議が行われた。厚労省案によると、『10月上旬に「予防接種法に基づく定期接種対象者(65歳以上の高齢者等)」、10月下旬から「医療従事者、65歳未満の基礎疾患を有する人、妊婦、乳幼児~小学校低学年(2年生)」のうち、希望者に接種を呼びかける』とした。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.08.25更新

新型コロナはインフルエンザのようになるのか?: 近畿大学は8月20日、新型コロナウイルス感染症の日本の第一波のうち、北海道から沖縄までの28地域における感染拡大状況と気象データおよび大気汚染データを統計解析した結果、外気温が適度に高い、日照時間が長い、浮遊粒子状物質濃度が高いほど、感染拡大リスクが高いことを解明したと発表した。この研究は、同大医学部環境医学・行動科学教室の東賢一准教授を中心とした研究グループによるもの。

「外気温が適度に高い」「日照時間が長い」「浮遊粒子状物質濃度が高い」ほど感染拡大リスクが高い。

温かく晴れた日における人の行動増加が、感染拡大に関与している可能性

季節性インフルエンザのような季節性を有する可能性は低く、あった場合も限定的

季節性インフルエンザは冬期の低温乾燥期に感染が拡大するが、新型コロナウイルス感染症もこのような季節性を有するかどうかを明らかにすることは、今後の感染予防策を検討するうえで極めて重要だ。限定された時期での解析ではあるが、季節性インフルエンザのような季節性を有する可能性は低く、あった場合も限定的であると考えられる。

 通年で感染拡大リスクを有するとなれば、医療体制の確保や感染予防策は年中重要で、生活や行動様式を変えていく必要がある。季節性を明らかにするためには長期間の研究が必要だ。

おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.08.25更新

新型コロナはインフルエンザのようになるのか?: 近畿大学は8月20日、新型コロナウイルス感染症の日本の第一波のうち、北海道から沖縄までの28地域における感染拡大状況と気象データおよび大気汚染データを統計解析した結果、外気温が適度に高い、日照時間が長い、浮遊粒子状物質濃度が高いほど、感染拡大リスクが高いことを解明したと発表した。この研究は、同大医学部環境医学・行動科学教室の東賢一准教授を中心とした研究グループによるもの。

「外気温が適度に高い」「日照時間が長い」「浮遊粒子状物質濃度が高い」ほど感染拡大リスクが高い。

温かく晴れた日における人の行動増加が、感染拡大に関与している可能性

季節性インフルエンザのような季節性を有する可能性は低く、あった場合も限定的

季節性インフルエンザは冬期の低温乾燥期に感染が拡大するが、新型コロナウイルス感染症もこのような季節性を有するかどうかを明らかにすることは、今後の感染予防策を検討するうえで極めて重要だ。限定された時期での解析ではあるが、季節性インフルエンザのような季節性を有する可能性は低く、あった場合も限定的であると考えられる。

 通年で感染拡大リスクを有するとなれば、医療体制の確保や感染予防策は年中重要で、生活や行動様式を変えていく必要がある。季節性を明らかにするためには長期間の研究が必要だ。

おおはし

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile