大橋院長の為になるブログ

2022.11.17更新

女性であることを楽しんで生きるために。
ビタミンB2が力強い味方です。
仕事もがんばりたいし、家事もきちんとこなしたい。
プライベートだって充実させたいし、もちろん女性として美しくありたい。
女性が社会で活躍するのは、もうあたり前の時代。
さらに期待され責任も大きくなってきた女性だからこそ、大切なのは日々の健康管理。
ビタミンB2が、いつも、いつまでも自分らしく輝き続ける女性の味方になります。

ビタノイリンにはB1,B2,B6,B12が含まれています。

ビタノイリンできれいになりましょう、

 

投稿者: 大橋医院

2022.11.14更新

リベルサス14mg。1錠で6500円で販売しています。

朝,空腹時に起床後30分後にないふくします。やせれます。

スマートに、見違えるほど!

投稿者: 大橋医院

2022.11.11更新

シングリックスは帯状疱疹のワクチンで、21000円します。しかも2か月後にもう1アンプル21000円接種せねばいけません。

お高いですが、従来の帯状疱疹ワクチンは7000円で済みましたが、有効率50%、効果も半年以降急減します。

シングリックスは、21000円の2回、42000円ですが、効果は抜群、90%の効果、10年の抗体残存、

私なら、42000円でも、シングリックスを筋注します。

投稿者: 大橋医院

2022.11.10更新

GSK、帯状疱疹予防ワクチン「シングリックス筋注用」について日本における帯状疱疹の発症リスクが高い18歳以上の成人へ接種対象者拡大の承認申請
この資料は、英国GSK plcが2022年6月28日に発表したプレスリリースの日本語抄訳であり、報道関係者各位の利便性のために提供するものです。この資料の正式言語は英語であり、その内容およびその解釈については英語が優先します。詳細はhttps://www.gsk.com/をご参照ください。

<2022年6月28日 英国ロンドン発>

投稿者: 大橋医院

2022.10.28更新

プラセンタ注射の方が即効性はありますし効果を実感している人
は多いみたいですね、更年期予防とかもできますし。
でもプラセンタ注射をすると献血ができなくなるそうですよ。
あとはなかなか病院にいって続けるということができなくて
途中でやめてしまう人もいるみたいですね。
私も興味あったのですが、ずいぶんめんどくさがりなので。
とりあえずサプリメントは飲んでいます。

効果でるまでに時間はかかったのですが暫く飲んでいたら
肌質や体調に変化はでてきました。
夜寝る前に飲んでます。
今サプリメントも高品質で価格もそこまで高くないものが
増えていますからね。
一回サプリメントを試してみてもっと効果が欲しいと思えば
プラセンタ注射をしても良いかとも思いますけどね。

投稿者: 大橋医院

2022.10.26更新

小生は今、69歳、来年は70歳、ここに改めて心技体の誓いを建てる。

まずは体作り、朝起床時、すぐに、太陽の光を浴びる、松果体を刺激し、メラトニンを放出し、生体の時計を調整させる。

その後、すぐに、背伸び、小生は脊椎が悪いから、いつもこれを気を配る。

次は、頭を回転させる、鎖骨乳頭筋のストレッチ、頭と肩を思いっきり伸ばす。肩、上腕を360度、回転させる、上下にすくみ運動、両腕で360度回転運動、上肢の二頭筋のストレッチング、

ロング エア ブレッシング、体幹の捻転運動、丁寧に、まだまだやれるとこは考える。

ストレッチング100回、ひざを前に出さずに、ゆっくりと、床下までお尻を下げてたちあアがる。背筋がばっすぐか気を付ける。そのあと、大腿四頭筋、アキレス腱のストレッチをじゅぶに!

そして,床の上に腹ばいになり脊椎をまっすぐに伸ばし、下肢を50度以上ひざを曲げないで、挙上する、腹筋運動、100回、それから立ち上がり、全身のストレッチ、

69歳であるがゆえに20歳の青年とは違う。えらいときは勇気ある中止をする。そのほか腕立て伏せ、バーベル、パワービルディングがあるが,上半身の運動は、注射、ユビの感覚が鈍化する故

ほどほどに、疲れををためないこと、もう若くない、医学の勉強を怠るな!私は医師だ。現代医学にどこまでもついてゆこう。69歳から70台へ、これからがスタートだ。暇さえあればうんどうする。

 

勉強する。もちろん、年齢を考えて、十分な休暇をとり、医師として誇りを持ち、患者さんとは対等の、できることは何でも、する、そういう医師を目指そう!

投稿者: 大橋医院

2022.10.25更新

用法、一日一回2グラム、朝内服、ビタミンB3と言われている。

口角炎、口内炎、舌炎、接触皮膚炎、急性、慢性湿疹、光線過敏症、メニエル症候群、

抹消巡回障害(レイノー病、四肢冷感、凍瘡、凍傷)耳鳴り、難聴

 

トランサミン、シナール、ニコチン酸アミドと一緒に内服すると、色白で若い皮膚に生まれ変わります。

投稿者: 大橋医院

2022.10.24更新

「ナイアシンアミド」ってなに?
「ナイアシンアミド」とは、ビタミンB3のこと。
体内での酵素反応を助ける補酵素の構成成分であり、酵素反応の約2割(400種類以上)に関わっています。
また、「ナイアシンアミド(ビタミンB3)」は、ニコチン酸アミドとも呼ばれる水溶性ビタミンであり、食事から摂取されるほか、体内でも合成(※)されます。
(※)ビタミンB1、B2、B6存在下で、必須アミノ酸のトリプトファンから合成されます。


「ナイアシンアミド」は肌に対してどんな効果があるの?
皮膚に対する「ナイアシンアミド」の効果としては…
①紫外線ダメージによるDNA損傷の修復
皮膚に対する「ナイアシンアミド」の効果としては…
①紫外線ダメージによるDNA損傷の修復
②抗酸化
③メラニン生成の抑制
④肌荒れの抑制
⑤エネルギー生成の促進
が挙げられます。

上記①②③の効果があることから、美白には「ナイアシンアミド」!と言われているんですね。


ではそれぞれの効果のメカニズムついてさらに詳しく解説していきます
そもそもみなさん、ご存じでしたか?
肌老化の約80%が紫外線のダメージに由来すると言われており、紫外線よってお肌は大きなダメージを受けているんです!!




では具体的に肌老化をもたらす紫外線ダメージとは一体どんなものなのでしょうか?

【その1~紫外線による間接的ダメージ~】
紫外線によって生成される活性酸素は、お肌に様々な影響を与えます。
例えば…
・コラーゲン・エラスチン繊維の損傷
・線維芽細胞の損傷
・細胞DNAの損傷
など。
これらのダメージが蓄積すると、ハリ・弾力が低下してシワやたるみが生成してしまうことに…!!


【その2~紫外線による直接的ダメージ~】
紫外線は、DNAに損傷を与えます。
通常、肌には傷ついたDNAを修復する機能が備わっていますが、加齢とともにその能力が低下してしまいます。
その結果、ダメージの蓄積によりアポトーシス(細胞の自殺)が起こり、繊維芽細胞やコラーゲン・エラスチン等が減少して肌老化が進行します…!!


そこで活躍するのが「ナイアシンアミド」です!


「ナイアシンアミド」の 効果① -DNA修復の促進-
DNAが紫外線を吸収すると、ピリミジン二量体という異常構造が形成されてしまいます。
この構造は肌老化を進行させてしまうため、体内ではDNA修復が絶えず行われています。
しかしながら、加齢とともに修復機能は衰えてきますので、修復をサポートする成分を与えることが重要です。
ナイアシンアミドは、紫外線ダメージによるDNA損傷の修復を促進するため(※)、健康的な肌を維持することができます。
(※)DNAを修復する酵素反応に関わっています。





「ナイアシンアミド」の効果 ② -抗酸化作用-
紫外線は、DNAやたんぱく質、細胞などにダメージを与え、肌老化を引き起こす活性酸素を生成させます。
「ナイアシンアミド」は、酸化防止剤として活性酸素の生成を除去する効果があります。
このことにより、細胞へのダメージを軽減させ、健康的な肌を保ちます。

【紫外線ダメージをダブルブロック】
紫外線は、直接DNAに損傷を与える(直接的ダメージ)と同時に、活性酸素を生成することでDNAに損傷を与える(間接的ダメージ)ため、肌への大きなダメージとなります。
「ナイアシンアミド」は活性酸素によるダメージを抑制し、DNAの修復を促進するため、紫外線ダメージをダブルブロックすることができると考えられます。





「ナイアシンアミド」の効果③ -メラニン生成の抑制-
【肌が黒くなる理由】
皮膚に紫外線が当たると、活性酸素が発生することでメラノサイトが活性化し、メラノソーム内にメラニンが生成されます。その後、メラノソームがメラノサイトからケラノサイトへ移動し、肌表面にメラニンが露出することで肌が黒くなり、シミやそばかすが生成されます。

「ナイアシンアミド」メラノソームがメラノサイトからケラチノサイトへと移動するプロセスを抑制するため、メラニンの生成を抑制することができます。
また、「ナイアシンアミド」には活性酸素を除去する効果もありますので、メラニンの生成をダブルで抑制することが期待できます。

注目ポイント:ナイアシンアミドは、厚生労働省が認可した美白成分(※)と言われています。
(※)シミの元となるメラニンの生成を抑えることで、シミやそばかすを防ぐ成分のことを示します。




紫外線ダメージだけではなく、さらにはこんな効果も!!

「ナイアシンアミド」の効果④ -様々な肌トラブルの抑制-
ターンオーバーの乱れや角質肥厚により皮脂がたまってしまうと毛穴がつまり、皮脂をエサとするアクネ菌が増殖します。すると、アクネ菌によって赤みや乾燥、炎症といった症状がでてしまいます。

【ナイアシンアミドの肌荒れに対する効果】
・穏やかな角質溶解作用、皮脂分泌の正常化により、毛穴のつまりを軽減し様々な肌トラブルを改善
・適切な水分量を保ち、ニキビを予防
・抗炎症作用により肌の赤みや乾燥といった炎症の諸症状を軽減
・セラミドや脂肪酸の生成促進により、水分喪失を阻止





「ナイアシンアミド」の効果⑤ -エネルギー産生の促進-
エネルギーの多くはミトコンドリアで生成されます。
エネルギーの代謝において最も重要な成分はNAD、NADPですが、これらは年齢とともに激減してしまうため、老化が進んでしまいます。
「ナイアシンアミド」は補酵素NAD、NADP(※)の構成成分であり、エネルギー(ATP)生成の60~70%に関与しているとも言われます。
(※)NAD、NADPは、エネルギーを生成するために必要な酵素を助ける補酵素として働くことで、体内でのエネルギー産生を促進します。




まとめ 「ナイアシンアミド(ビタミンB3)」の効果とは? 
「ナイアシンアミド」は…

紫外線によるお肌のダメージを軽減&修復! 若々しいハリとうるおいを守る。
メラニン生成を抑え、シミのない明るい肌へ!
肌の乾燥や炎症、アクネ等の肌トラブルを軽減&予防!多くの女性が年齢問わずに抱えている悩みを解消へ!
肌に活力を与え、美しく健康的な肌へと導く!



ということで、「ナイアシンアミド」は蓄積した紫外線ダメージにを受けた肌に効果的であり、美白はもちろん、エイジングケアに欠かせない美容成分であるということがわかりました。
オールシーズン紫外線対策は必要ですが、特に夏のダメージを受けた後の秋のお肌ケア、季節の変わり目などの揺らぎ肌には「ナイアシンアミド」の入った美容アイテムがおすすめです。


▽「ナイアシンアミド(ビタミン)B3」が入ったおススメ美容アイテムはこちら▽

 

投稿者: 大橋医院

2022.10.24更新

美白成分にはメラノサイトにメラニンを作らせないようにするものが多いのですが、

ニコチン酸アミドは肌細胞にメラニン色素を渡すのをブロックする働きがあります。

あわせて使うなら同じ働きをする成分よりも、メラノサイトへのメラニン生成の司令をブロックするトラネキサム酸やビタミンCなどを使うと

。より効果が感じられると思います

投稿者: 大橋医院

2022.10.24更新

作用と特徴
ビタミンB群の一種で、別名として「ナイアシンアミド」または「ビタミンB3」とも呼ばれます。体内でさまざまな酸化還元反応を幅広くサポートする補酵素として働いています。皮膚や粘膜を正常に保つ作用や、血流をよくする作用があります。欠乏すると「ペラグラ(皮膚炎、胃腸障害、神経障害など)」の症状が起こることが知られています。
ニコチン酸アミドは、肉体疲労時の滋養強壮・栄養補給ドリンク剤、にきび、肌荒れのケアを主目的としたビタミンB2B6主薬製剤などに幅広く配合されています。

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile