大橋院長の為になるブログ

2022.05.17更新

グルタチオン錠100mg「つるはら」が100錠、今週末に入荷します。

グルタチオンの効果

グルタチオンとは、体内でも合成される栄養成分の一種で

もともと体内にあるものですが、20代をピークに加齢と共に減少。

強力な抗酸化作用があるため、アンチエイジングや美白効果があります。

糖尿病や高脂血症・肝機能改善による二日酔い予防・

妊娠つわり・生活習慣病などの予防、また環境汚染物質や食品添加物など、

日常生活で蓄積される体内の毒素の排出を促してくれます。

美肌の大敵である皮脂の蓄積や肌荒れの原因のニキビに効果が期待されています。

当院の患者様で海外の方で、有名な女優さん(海外で)

グルタチオン注射・点滴して色が白くなった。

と話題になり、当院でプラセンタ注射をされていた海外の患者さまの

多くの方が、プラセンタ+タチオンでの注射を希望されるようになりました。」

 

投稿者: 大橋医院

2022.05.12更新

1:「私の名は、赤ひげだ!本名は舌を噛むような名前でな、新出去定、安本!すぐに長崎で学んだ筆記と図録を差し出し、この診療所の白衣に着替え、今日からお前はここに詰める!葉はそれだけだ!

2:人間の臨終ほど、尊厳なものはない!安本!診察してみろ!安元「胃がんです。もう半時も持ちません。」赤ひげ「違う!これは、お前の長崎帰りの症例に出ていた。癌種でも後腹膜に癒着し、動かぬ臓器、膵癌だ。この症例はごくまれだからよく見ておけ!」「先生はこの患者に治療法はないと,おっしゃるのですか?」「無い、医学といっても情けないもので、あらゆる疾患に治療法はない。患者の治ろうとする免疫力をそっと助けてやるだけだ。この六輔は江戸でも有名な蒔絵師であった。かなりつらかったと思うが、この男は苦しいの一言も言っていない。よほどつらい人生を送ってきたのであろう。

3:わからん!この子は体もやられているが、心が火傷のようにただれているのだ!安元、きっと治してみろ!(この女の子は、12歳で、岡場所に身売りされていた。)

4:赤ひげは、無償外来をやっていた。その赤字分を、贅沢で安楽な生活をしている大名、豪商から高額な診察料を強要した。不愛想な顔をしているが、弱い人には優しく、怠け者には厳しかった。

5:ラストシーン赤ひげ「誰が許した。お前は療養所で一生を送ることはなく、御殿医に上り詰めるやつだ!それを!!!」安元「先生は医師はどうあるべきか身を持って教えてくれました。先生の患者さんに対する優しさ、診察の鋭さ、まだまだ先生には教わることがいっぱいあります。」赤ひげ「お前は,若さで尊家ことを言っとる。わしを買いかぶりすぎている。きっと後悔するぞ!」「お許しが出たのですね」赤ひげ「ふーん!」二人は並んで療養所へ無言で入っていった。(赤ひげは、以前より若くて、医学に熱心で患者さんを身も心も治せる医師をまっていた。赤ひげは安元を気に入っていた。不機嫌な顔を、ひどくなったが、うれしかったのだ。)

投稿者: 大橋医院

2022.05.08更新

私は、28歳、今度の相手は、意味合い11回目のヒトだった。大阪から、米原からの日本海へと電車は進んだが、豪雪のため、大阪へ引き返すことになった。

どうしても彼の両親にお逢いしたかった。けれの両親には、反対されていた。「やりきれないな」と、ため息が出た。すると偶然となりに座っていたおじさんが、

「槍は切れなくても通すことができる。やり切りとおすんだよ」豪雪の中婚約者の実家へ行く方法もおしえてくださった。引き戻った大阪から米原まで引き返し、東海道に乗り、

上野から何回も乗り換えて、婚約者の山形の実家の駅にたどり着いた。駅にはフィアンセが笑顔で、彼のご両親と再会した。豪雪の中彼女は水のみしか飲んでいなかったし、眠っていなかった。

彼の結婚に反対していたご両親の二人は、彼女を、お嫁さんい来てもらいたいといい、暖かい愛情が彼女を包み込んだ。【昭和20年代初期には、女は22-23歳までお嫁に行くことが世間の常識だった。彼女はその時28歳)何のことはない、3か月後結婚式が開かれ、令和4年、二人は幸せである。あのときの隣の名も知らぬおじさんの”やりとおす”が大きかった。

 

話は変わるが、イビチャーオシム(ボスニア ヘルツコヒチ間遠は、勝てないプロサッカー選手に、終わりなきランニングを強要した。何度も苦しみがわいてきても、オシムはランニングの中止を、

許さなかった。日本のプロ選手、一人ひとり、サッカーがなぜうまくいかないか問題意識を持っており、苦しみの中で解決しなくてはいけないといった。もちろん、何十年の監督業からくるアドバイスは

オシムは懇切丁寧に教えた。選手が今季負けぐらいする彼の指導は熱意に溢れていた。サッカーの試合に勝つためには、言葉、民族、人生観など関係なくただひたすら勝つことを考えろ出会った。

彼はユーゴスラビアで暮らしていたが、民族、宗教、言語で、ユーゴスラビは分裂してしまった。私も一年前に、学会でそこにいたが、あんなにうつくしい景色で、料理のおいしい、アルプスそびえたち、アラビア海の漉き取る青さに、戦争は全く似合わない。

 

落合監督は、プロ野球選手の練習に終わりはない、納得いくまでいつまでも時間無制限であった。休みはクリスマスとお正月で、練習日の休みはなかったし、終わり時間はなかった。プロとして、自覚を持ちけなけらば行けないし、ただ練習をしているわけではない。壁にぶつかった選手の疑問には、選手が降参するほども指導に際限は無かった。怠慢、プロとしての自覚のない選手は容赦なく解雇した。一年中、野球付で、本当に野球が好きで、残酷な落合チームであった。(私も医師として人命を預かる職業、医学の勉強、患者さんへの優しい心は限りがない)

 

 

投稿者: 大橋医院

2022.04.30更新

  私が17歳の時、中間試験も終わったし、昔の大垣の東宝映画館へ向かった。客は閑散としており、上映されていた映画は“どですかでん”(原作:季節のない街;山本周五郎)」

私はこの映画の魅力にかなり、引き付けられた。黒澤明ちう監督はどういう人であろう?しかし、当時、ヴィデオもDVDもないから、リバイバルで黒澤の作品を待つしかなかった。私は、

原作者の山本周五郎も気になっており、半谷へ行くと、彼の作品は2段と単行本で売っていた。どれが候補になったか、知らないが”芥川賞を断ったそうだ”どんな作家もこの賞のために、文壇デビューを図るのに、彼は淡々と、日本の侍とはのテーマで書き続けた。どこの本屋にも山本周五郎の作品は置いてある。亡くなって何年たつであろう?

 20歳の時に黒澤明作品”羅生門”が上映された。僕は黒澤明と盗賊演ずる三船敏郎のファンになってしまった。芥川龍之介の”藪の中”と”羅生門”を合作したものであった。映画館は客は全く入っていないが、黒沢のこの作品は1951年度国際グランプリに輝いた。「もう俺はいい加減な作品は書けなくなった」といった。

 ここで黒澤が監督になったとき以来の彼の作品を述べる。私なりの感想を書く。姿四郎;1943年、2;一番美しく(戦時下,女工が軍の弾圧の下で、黙々と、軍需製品を作るのを強制される映画である。そんな中にも、彼女たちは僅かな青春を捜していたのだ。黒澤明は、

女工役の女性と結婚している。3,続、姿三四郎:1945年3月であり、日本軍のチェックが機微すぎ、面白くない。4,虎の尾を踏む男達、戦後、黒沢は初めて弾圧なしに映画を作った。ミュージカルで、榎本健一(エノケン)も出演しており、内容は勧心帳であり、やっと黒沢の世界が回ってきた。4、素晴らしき㈰:1947年、学生運動の初期であろうか、理解不能、5、酔いどれ天使、1948年、

一時、東宝を解雇されかけた三船敏郎を黒沢が主役に抜擢した。当時彼は、町のチンピラとして恐れられていた。しかし、町の頑固な老人医師に結核を診断され、養生を進める。全くやくざに徹していた

松永(三船)は、ついに賭場で喀血する。真田医師(志村喬)の献身的な努力にもかかわらず死んでいった松永を、真田は本当に悲しんでいた。当時、三舟扮するやくざ姿がかっこよすぎて新宿では三船のことを組員は兄貴と尊敬した。6、静かなる決闘:面白くないし、鑑賞すると気分が悪くなる。7、野良犬:1949年、ピストルをバスのなかで刷られた村上刑事は、佐藤啓二と犯人を追うが、そのピストルで次々と連続殺人事件が起きる。相当の苦労の末、犯人を沼地に追い詰めた。左腕を村上は打たれたが、犯人にしがみつきやっと手錠をかける。8、醜聞、面白くない、9、羅生門、1950年、荒れる京都の町で、坊さんと、百姓と、町の無一文が、勘定所で、捕まった、貴族、魅惑に婦人、多襄丸(強盗)が役人の前で今起きた事件を白状させる。死体となった板子までも嘘をつく。この世に望はないのかとみんな途方に暮れていたが、泣き叫ぶ捨て子を百姓が、我が子と同じように育てるという。この世にやっと明かりができた。10、白痴、1951年、ドストエフスキーの作品を正直にフィルムに収めたものだから、やたらと長く、大映が土下座して30分、縮小した。反れども私は、一回見ただけでもう見ない。11、生きる、志村喬が主演で三船は出番はない。あと半年しか生きられなことを悟った市役所の市民課の課長が、縦割行政で、まったく市民のことなど考えていない小役人の集まりの市役所で、市民課の課長が命を捨てて公園を作ります。最後は公演のブランコに揺れながら笑って死んでいきます。12、七人の侍;1954年、有名すぎて各々お楽しみください。13、生き物の記録、1955年、見るのにつらい、14、どん底、ゴーリキーの原作を映画にしたもので面白くない。15.隠し砦の三悪人、1958年、超娯楽作品、私は30回は見ました。16、悪い奴ほどよく眠る;1960年、そうでしょうね、17、用心棒;1962年、18天国と地獄、1963年、19は、赤ひげ;1965年、この17,18,19は問題なし、私は40回は見ています。 以降カラー映画、「どですかでん、デルス、ウザーラ、影武者、乱、、、お好きなように、私は興味なし。

投稿者: 大橋医院

2022.04.27更新

冠動脈疾患患者523例を後ろ向き解析、厳格なLDLコレステロール管理による冠動脈プラーク安定化効果を検証

 国立循環器病研究センターは4月22日、欧州心臓病学会が推奨する厳格なLDLコレステロール管理療法(55mg/dL未満)は、非糖尿病患者のプラーク安定化に有効であるが、糖尿病患者においてはその効果が減弱している可能性があると発表した。この研究は、同大研究センター心臓血管内科の岩井雄大医員、片岡有医長、野口暉夫副院長、東北大学大学院医学系研究科循環器内科学分野の安田聡教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Journal of American College of Cardiology:Cardiovascular Imaging」オンライン版に掲載されている。

 2型糖尿病は、心筋梗塞などの心血管疾患発症リスクが高い疾患。心筋梗塞は、冠動脈のプラーク形成・進展・破綻により発症することから、その発症予防において冠動脈プラークを安定化させ心筋梗塞発症を回避することが重要だ。研究グループは、先行研究により、LDLコレステロール管理療法は心筋梗塞の原因となる不安定プラークを安定化させ心筋梗塞発症予防に有効であることをすでに報告。日本ならびに海外のガイドラインでも、心血管疾患発症予防においてLDLコレステロール低下療法が推奨されており、その重要性が高まっている。

 近年、欧州心臓病学会は、心血管疾患発症既往を有する2型糖尿病患者では、従来のLDLコレステロール低下目標値(70mg/dL未満)よりもさらに厳格な値(55mg/dL未満)を目標として管理することを推奨している。しかし、このような強力なLDLコレステロール管理療法によるプラーク安定化効果については十分に検証されていなかった。そのため、今回の研究は冠動脈疾患をすでに発症した非糖尿病・糖尿病患者における、厳格なLDLコレステロール管理による冠動脈プラーク安定化効果を検証した。

 今回の研究では、国立循環器病研究センターならびに宮崎市郡医師会病院に入院した冠動脈疾患患者523例(非糖尿病症例277例、糖尿病症例246例)を後ろ向きに解析。冠動脈プラーク内の組織成分を描出し、プラーク不安定に関与する脂質・石灰化成分の同定に有効な近赤外線スペクトロスコピー・血管内超音波法を用いて、厳格なLDLコレステロール管理下におけるプラークの特徴を解析した。

糖尿病患者、心筋梗塞発症の素地となる不安定プラークが存在

 研究の結果、非糖尿病症例の6.4%において、LDLコレステロール55mg/dL未満を達成。このような厳格なLDLコレステロール管理下にある非糖尿病症例では、冠動脈プラークの脂質成分が少なく石灰化を認め、LDLコレステロールの厳格な管理が冠動脈プラーク安定化において有効である可能性が示唆された。

 一方、2型糖尿病患者では、13.0%の症例がLDLコレステロール55mg/dL未満を達成。非糖尿病患者とは異なり、糖尿病患者における冠動脈プラークは、厳格なLDLコレステロール管理下でも、脂質成分が豊富に存在し石灰化も軽度だった。

 今回の研究から、LDLコレステロール55mg/dL未満を目標とした治療は、非糖尿病症例のプラーク安定化において有効な可能性があるが、糖尿病患者ではその効果が減弱している可能性があり、厳格なLDLコレステロール管理下でも心筋梗塞発症の素地となる不安定プラークが存在することが示された。

2型糖尿病、LDLコレステロールだけでなく、他のリスクファクターへの介入も必要な可能性

 今回の研究では、糖尿病患者において、LDLコレステロールの強力な管理下でも心筋梗塞の原因となる不安定プラークは依然として存在していた。糖尿病は、脂質異常症の他に肥満・高血圧などの動脈硬化を惹起させる危険因子が集簇している病態だ。特に、高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症や炎症・酸化ストレスの亢進も伴っており、LDLコレステロールの介入のみでは、十分なプラーク安定化効果を得ることが困難だった可能性が推察される。

 同研究成果から、2型糖尿病症例においてはLDLコレステロールだけでなく、他のリスクファクターへの介入も必要である可能性が示唆される。近年、2型糖尿病症例に特徴的な高中性脂肪血症が残余リスクとして着目されている。すでに、今回の責任著者が、高中性脂肪血症は冠動脈プラーク進展・不安定化に寄与することを報告している。これらの研究成果から、高中性脂肪血症に対する介入治療は糖尿病症例のプラーク進展・不安定化予防に有効である可能性も期待される。

 また、研究グループは、中性脂肪低下療法によるプラーク安定化効果を検証する特定臨床研究を立案し、2021年6月より国立循環器病研究センター心臓血管内科が中心となり国内42施設と共同で研究を実施している(PEMA-CORE研究)。今後、2型糖尿病症例に対する有効な予防治療確立を目指し研究を進めていく予定だとしている。

投稿者: 大橋医院

2022.04.26更新

血圧変動が大きい場合の対処法
血圧の日内変動が大きい患者さんが少なからずいます。例えば、早朝血圧は144/80mmHgで、 昼以降の血圧は120/70mmHgなどのケースです。そういったケースでは、降圧剤を追加してでも早朝血圧を下げる必要があるのでしょうか? ご意見をお願いします。

<回答>
No.1

一般内科 先生 の回答
家庭血圧が135/75mmHg以上なら治療適応ですので、寝る前に降圧薬を服用してもらうと早朝血圧が下がることが期待できると思います。

【一般内科 / 40代 / 特定機能病院(400床以上)】

No.2

一般内科 先生 の回答
生命予後などに最も関与するとエビデンスが出されているのが、早朝血圧です。まずは24時間血圧を測定してからお考えになるのも良いかもしれません。現時点で最も正しいと考えられていますので。
その上で、やはりライザーなどで夜間血圧が高いなどがあったりする場合、睡眠時無呼吸症候群やNa過剰摂取がないか精査する必要が出てくるかもしれません。また、ライザーの場合自治医大苅尾先生は眠前にαブロッカーを使われることもあるようです。

 

投稿者: 大橋医院

2022.04.23更新

通常の消炎鎮痛薬(バファリン、ロキソニン、ボルタレンなど、NSAIDsと言います)とは全く異なる作用機序の鎮痛薬ノイロトロピンという薬があります。ウサギの皮膚にワクシニアウイルスを注射して、そこの炎症を起こした部位より摂取した物質を抽出精製したもので、日本で開発されました。消炎鎮痛薬のように胃腸障害や臓器障害を起こすことはまずなく、安心して長期でも使用できる薬です。
 ノイロトロピンは急性の痛みには効かず、たとえばぎっくり腰などに使用しても効果はありません。ノイロトロピンは慢性の神経痛など,痛みを伝える神経の感受性が増して痛みをより強く感じやすくなった状態の痛みにその感受性を低下させて効果を発揮します。慢性の神経痛に使用すると、はじめは効いているかどうかわからないが、少しずつ痛みが軽くなってゆく作用があります。患者さんもノイロトロピンを中止したら痛みが強くなり、はじめて効果があったんだと気がつく場合も多いです。
 ノイロトロピンの作用機序はまだ完全にわかっておらず、下降性疼痛抑制系とよばれる脊髄レベルで脳の痛みを感じにくくする作用が関係しているのではないかと言われています。また、慢性痛、特に神経の傷が原因の痛みでは脳の視床という場所の血流が低下し、それが痛みを強く感じさせるとされています。ノイロトロピンはその視床の血流を増加させる作用があり、それがノイロトロピンの慢性痛への効果に関与しているという説もあります。
 適応疾患には帯状疱疹後神経痛(トピックスに記載しています)、ちなみにアメリカのFDA(食品医薬品局)というアメリカで使用される薬剤の認可を決定する機関が認めた帯状疱疹後神経痛に効く薬のひとつがノイロトロピンです。神経損傷による神経痛(CRPS、複合性局所疼痛症候群といいます。トピックスに記載しています)、線維筋痛症(トピックスに記載しています。リリカとの併用で特に効果を発揮するようです)など、主に難治性の神経痛や原因のわかっていない線維筋痛症のような全身の痛みに用います。

投稿者: 大橋医院

2022.04.23更新


更年期障害に対するプラセンタ(メルスモン)治療
プラセンタとは
プラセンタとは「胎盤(たいばん)」のことです。胎盤は赤ちゃんのへその緒とつながっていて、栄養や酸素を赤ちゃんに届け、赤ちゃんを育てる役割を持っています。胎盤には細胞を育て、活性化させるたくさんの成長因子(タンパク質やアミノ酸、核酸、ビタミンなど)の栄養素がたいへん豊富に詰まっています。

プラセンタエキスとはヒトの胎盤から抽出されたエキスの有効成分のことです。このプラセンタエキスを注射することにより、プラセンタが体内にとりこまれ、美容や疲れなどに効果を発揮するといわれています。

医療用に使われているプラセンタ注射薬は、メルスモンをとラエンネックの2つの製剤が厚生労働省で医薬品として認可されています。いずれも日本国内の産婦人科で健康な母親から正常分娩で生まれた胎盤を使用して作られたものです。 ちなみに当院ではメルスモンを使用します。

更年期障害について
女性の32歳から65歳歳代は、女性ホルモンの分泌低下に伴い、ほてりやイライラ、のぼせ、不眠など何となくこれまでにない体調の変化を感じることが多くなります。これらの症状に合わせ、個人差はありますが排尿障害や性交障害、骨粗鬆症など女性特有の症状や変化が現れてくることがあります。

更年期とは閉経をはさんで前後10年のことを指します。標準的にはおおよそ45歳~55歳くらいが更年期ということになりますがもちろん個人差がありますし、症状もそれぞれです。

更年期障害の症状
更年期障害の症状は人それぞれ、そして個人差もあります。下記は参考までです。何かしら当てはまるものがあるかもしれませんね。

顔がほてる
汗をかきやすい
腰や手足が冷えやすい
息切れ、動悸がする
寝つきが悪い、または眠りが浅い
怒りやすく、すぐイライラする
くよくよしたり、憂うつになることがある
頭痛、めまい、吐き気がよくある
疲れやすい
肩こり、腰痛、手足の痛みがある
プラセンタ療法
ヒト胎盤ホルモン=プラセンタは、肝炎や更年期障害の治療薬として厚生労働省から認可されているお薬です。定期的に注射することでこれらの病気に対して治療効果を期待することができます。

また、病気の治療以外にも、疲労の回復や自己免疫疾患・アレルギー疾患の改善、美肌・アンチエイジングなどの美容効果が認められているため、広く活用されています。

プラセンタの働きとして、次のようなものが報告、確認されています。

免疫賦活作用:病気に対する抵抗力を高める
活性酸素除去作用:活性酸素を除去し、老化を防ぐ
強肝・解毒作用:肝臓の働きを強化する
妊婦の乳汁分泌促進作用:妊婦の乳汁分泌を促進する
抗アレルギー作用:アレルギーを抑える
疲労回復作用:疲労の回復を促す
美肌促進作用:シミ、シワ、ニキビを抑え、美白を促す

投稿者: 大橋医院

2022.04.22更新

更年期の年齢は30歳代から65歳までを更年期といいます。

メルスモンは、当院では、32歳から65歳まで保険で出来ます。

、60歳から65歳でメルスモン希望の方は、午後に、受診してください。(3時半から6時半まで)

投稿者: 大橋医院

2022.04.22更新

新型コロナで入院した患者を対象に未解明だったスーパースプレッダーの決定要因を検討

 東京医科歯科大学は1月17日、新型コロナウイルス感染症のPCR検査で高いウイルスコピー数を有し、周囲への感染を拡大するスーパースプレッダーと呼ばれる患者の決定要因について明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野の藤原武男教授の研究グループと、同大救急救命センター、同大臨床検査医学分野との共同研究グループによるもの。研究成果は、「Journal of Infection」オンライン版に掲載されている。

 新型コロナウイルス感染症の診断にはRT-PCR検査が重要な役割を果たし、同検査によりウイルスコピー数の定量的な評価が可能となる。2003年のSARSあるいは2012年のMERS流行時から、全ての患者が等しく感染を広げるのではなく、高いウイルスコピー数をもつ特定の患者が特に感染を広げていくことが知られていた。これらの患者はスーパースプレッダーと呼ばれ、新型コロナウイルス感染症においても高い感染力と死亡率をもつことが知られている。スーパースプレッダーを早期に同定することは、治療および周囲への二次感染の拡大防止の観点から重要だが、これまでスーパースプレッダーの決定要因については解明されていなかった。

 研究グループは今回、2020年3月~2021年6月までに、中等症から重症の新型コロナウイルス感染症で東京医科歯科大学病院に入院し、少なくとも1回以上RT-PCR検査が行われた患者379人を対象とし、スーパースプレッダーを特定する要因について検討を行った。

糖尿病、関節リウマチ、脳梗塞の既往がリスクになると判明

 入院患者の電子カルテの情報をもとに、高血圧・糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症・関節リウマチ・がん・慢性腎不全・脳梗塞・心疾患・呼吸器疾患・アレルギーなどの既往歴について調査を行い、分析した。

 年齢や性別、喫煙歴で調整した分析の結果、上記の既往を3つ以上重複して有する患者では、既往のない患者と比較して、ウイルスコピー数が87.1倍(95%信頼区間5.5,1380.1)高くなることが明らかになった。また、糖尿病患者では17.8倍(95%信頼区間1.4,223.9)、関節リウマチ患者では1659.6倍(95%信頼区間1.4,2041737.9)、脳梗塞患者では234.4倍(95%信頼区間2.2,25704.0)倍、ウイルスコピー数が高くなることが明らかになった。

 入院時の血液検査結果の解析では、入院時に血小板とCRPが低い患者は、高いウイルスコピー数を有することが明らかになった。さらに、複数回RT-PCR検査を行った患者を分析した結果、90%以上の患者が初回または2回目の検査で最大のウイルスコピー数に達していることが判明したという。

リスクが高い患者に対し、特別な感染管理措置を入院初期段階で講じる必要性

 現在、新型コロナウイルス感染症は再流行の兆しを見せているが、感染を広げる原因となり得るスーパースプレッダーを既往歴や入院時の血液検査の情報から特定することで、臨床医は個室で患者を隔離し院内感染を防ぐための注意喚起を行うなど、感染管理措置を取ることが可能になる。

 また、今回の研究により、スーパースプレッダーである可能性の高い患者に対しては、特に感染の初期において注意深い感染管理措置が必要なことが示された。「本研究は、新型コロナウイルス感染症におけるスーパースプレッダーの特徴を明らかにし、院内における二次感染の拡大を予防する可能性を示した」と、研究グループは述べている。

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile