大橋院長の為になるブログ

2015.08.30更新

8月29日 小生の講義メモ(正確性に欠けるところがあります)
RBgeneは、殆どの癌で失活、RBを活性化すればすべての癌の1/3は消失する。
TRAIL-DR5経路というものがあり活性化すると癌がアポトーシスになる。
RBとTRAILーDR5を再活性化するジュースが出来る。
大腸癌、胃癌、乳癌、多くの癌を、cell-based assayでRB活性化させると抗腫瘍効果化期待出来る。
p15,p27、p21からRBが再活性化する。
欧米ではメラノーマが多く、BRAF-MEK-RB失活という経路があり、MEK阻害剤がある。
trametibはMEK阻害剤で肺の小細胞癌の63%に有効。大腸癌でも有効。
RBgeneを再活性化する必要がある。
MEK経路ーRB活性で多くの癌をを縮小する効果がある。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.08.29更新

2015年8月24日循環器2時間復習

1年A組(   )番:氏名(          )

次の文章が正しければOを、誤っていればXをつけよ。
(1)(  )肺は冠状動脈により支配される?
(2)(  )肺動脈は動脈血が流れる?
(3)(  )三尖弁は右房と右室の間にある?
(4)(  )僧帽弁は左心房と左心室の間にある。
(5)(  )交感神経が刺激されると心拍数は減少する。
(6)(  )NYHA分類のⅣ度の患者は日常生活に制限を受けない。
(7)(  )血管は三層構造に分かれ、内膜、中膜、外膜に分かれる。
(7)(  )心電図は安静時に記録するもので、負荷をかけてはいけない。
(8)(  )静脈には弁がある。
(9)(  )心房の収縮を心電図上P波としてみれる。
(10)(  )左心不全のとき、発作性夜間呼吸困難は起こる。
(11)デオキシヘモグロビン濃度が5g/dl以上の時におこる

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症にぜんりょくを尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.08.28更新

「インフルエンザお一人分、3000円です。
今年のインフルエンザワクチンは、昨年のABにくらべて
ABB!になっており、値段は高いはずですが、昨年と同じ3000円で試行します。
10月より待っています。

今年のワクチンは、ABB!と抗原が多いので、昨年よりインフルエンザにかかりにくくなります。
家族そろってお越しください。
10月より来年の1月まで、インフルエンザ摂取してます。
受験生は2回打ちましょう。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.08.28更新

当院は、骨塩をその場で定量が出来ます。
骨粗鬆症がすぐにわかります。
生活習慣、食生活、
注射(エルカトニン1本/2週間
内服:炭酸カルシウム、アルファカルシドール、ボナロン、オステン、

高粗鬆症を予防し、骨折から身を守りましょう。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.08.27更新

今年のインフルエンザ予防接種」の一人あたりの料金だが、3000円で昨年と異なる
料金で摂取します、今年のインフルエンザ予防接種は、Bが2種類入っている。
当然,仕切り価は、上がります。
当院は、3000円で摂取しましょう。
生後6っカ月は適応なし。
13歳未満では予防接種は2回、摂取すべきです。
受験の子も、2回打ってください。2回目の予防接種がブースター効果といって
効果倍増です。投高齢者は2回が望ましい。

岐阜県大垣市の大橋医院の予防接種は、一人3000円です
安心してインフルエンザの予防接種を気をつけてやりましょうt。
優しく、確実、安い!ぜひご家族で摂取に来てください。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.08.27更新

「脂質異常症」
血中の脂質が増加する病態を脂質異常症という。
動脈内膜にコレステロールや血小板からなるプラーク形成がおこり、動脈硬化が始まる。
血清のLDL-コレステロール、HDL-コレステロール、中性脂肪を測定し、
LDL-コレステロールが140mg/dl以上、HDL-コレステロールが40以下、中性脂肪が150mg/dl以上
であると、運動、食事に注意をする。
緑黄色野菜を多く取り、卵、ケーキ、バターを控える。
内服として、HMGCoA還元酵素阻害剤(リピトール)がとても良い。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.08.27更新

「骨粗鬆症」
当院で、まず公園を、骨の強さを測りましょう。
骨粗鬆症かどうか、すぐにわかります。
エルカトニンを・2週間に一回、筋注しましょう。
アルファカルシドール(活性型ビタミンDといい)、骨にカルシウムが多くなります。
炭酸kるシウムを内服してもよろしいです。
ボナロンといい、骨のカルシウムを増やす薬です。
オステンといい、骨を強くする薬もあります。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.08.27更新

「貧血」
鉄欠乏性貧血は、胃腸疾患、女性は子宮筋腫が原因のことが多く、
クエン酸第一鉄ナトリウムの内服を進めます。

腎性貧血はエポジンの2週間に1っ回の筋注をお勧めします。
しかし、月に一回のヘモグロビントクレアチニンの採血チェックが必要です。

御酒を多く飲むとビタミンB12が不足して貧血をお越し、ビタミンB12の内服、静注が有効です。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、燈明病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.08.27更新

「骨粗鬆症」に
「エルカトニン(20単位)」を筋注、カルシウムを骨に沈着、
「アルファカルシドール」は活性ビタミンDであり、小腸からのカルシウムの吸収を促進、
「オステン」は骨の強化を図ります。
「ベネット」は週一回一錠飲むお薬です。朝起きた時、コップに一杯の水で咬まずに飲んでください。
「炭酸カルシウム」毎食後に飲んでください。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

、 

投稿者: 大橋医院

2015.08.27更新

「心臓喘息」は左心室のポンプ機能が低下し、肺が水浸しになり、肺水腫トナリ、"ゼイゼイ"いう。
{気管支喘息」は気管支の攣縮で呼吸困難によりゼイゼイいう。
同じゼイゼイでも、心臓喘息は水分制限、気管支喘息は水分をたっぷり補給せねばいけない。
同じゼイゼイでも、水文の与え方が違う。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook