大橋院長の為になるブログ

2019.03.29更新

「睡眠」
     大橋医院  大橋信昭


        日本人の睡眠時間は欧米諸国と比べると短く、特に女性ではその傾向が顕著に表れている。日本人の5人に1人は、睡眠時に何らかの障害を抱えているとされています。時間が不足しているばかりか、内容にも問題があると考えられる睡眠。しかも睡眠不足は、高血圧や糖尿病、動脈硬化といった生活習慣病の原因になるともいわれています。

睡眠中には成長ホルモンが分泌され、記憶の整理、学習の整理に関与する。寝

る子は育つ。睡眠と寿命の研究があり、7時間の睡眠がBestであり、それより

長くても短くても寿命は短縮する。人間にはLong Sleeper(生まれつき長い

睡眠時間を必要とする):8-9時間と、Short sleeper(転写抑制遺伝子DEC2)

が変異:4-5時間。

睡眠とは最初深くNon-rem-睡眠(眼球を動かさない睡眠)に入り、

90分単位でレム:REM(Rapid Eye Movement)がおこり、REM,Nonrem、

と交互に3回以上繰り返し、覚醒時はNonREM睡眠で夢を見ている。NonRem

は眠りが浅く筋肉が弛緩している。脳波による睡眠分析は大切である。徐派性

睡眠といって、睡眠学習に応用できる。

睡眠中は、深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」を繰り返しています。レム睡眠中には基本的に筋肉は動かないようになっていますが、脳は活動をしており夢を見ています。

 

ノンレム睡眠とレム睡眠を4~5回繰り返します。ノンレム睡眠にはレベルがあり、最も深い眠りを得られるのが最初の1~2回。つまり寝入ってから約3時間の間に深い眠り=ノンレム睡眠に達すれば、脳もカラダも休ませることができるため、朝起きた時に「ぐっすり寝た」という満足感を得ることができるのです。
朝、太陽の光を思いっきり浴びるといい。12時間後にメラトニンが分泌され、眠気がやって来る。加齢とともに、メラトニンは減少する。高齢者では中途覚醒が多い。高照度光療法は有効で、メラトニンが分泌される。2500ルクス、4時間/日、光を浴びる。朝4時の「超」早起き散歩は駄目である。

12時間後にメラトニンが出て、午後6時には眠くなり、夜眠れない。
高照度光療法は有効で、メラトニンが分泌される。2500ルクス、4時間/日、光

を浴びる。朝4時の「超」早起き散歩は駄目である。12時間後にメラトニンが出て、午後6時には眠くなり、夜眠れない。人間にはLong Sleeper(生まれつき長い睡眠時間を必要とする):8-9時間と、Short sleeper(転写抑制遺伝子おおはしDEC2が変異:4-5時間があり、睡眠とは起床前、レム期に夢を見る。

睡眠時無呼吸症候群:睡眠時無呼吸症候群 (SAS)とは、眠っているときに呼吸停止または低呼吸の状態が引き起こされる病気です。睡眠時に症状が現れるという特性上、発症していても自覚していない方が多く、潜在患者数は日本国内で200~300万人にのぼると推定されています。
その発症の一因として肥満が挙げられることから、生活習慣病のひとつとして取り上げられる機会が増えています。また、トラックや長距離バスの運転手、電車の運転士などがこの病気になると危険であるという認識が広まり、国土交通省を中心に積極的な対策が行われています。
睡眠時無呼吸症候群は、日中の活動にさまざまな影響を及ぼすだけでなく、高血圧や心血管系障害の発症や悪化につながることも報告されています。
症状
無呼吸は、医学的には「気道の空気の流れが10秒以上止まった状態」と定義されます。無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、 もしくは1時間あたり5回以上確認されると睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
この無呼吸症状は、睡眠中の出来事であるために本人が自覚することが難しく、家族など身近な方に指摘されて発覚する場合が多く見受けられます。
本人が自覚しやすい症状としては、日中の強い眠気や夜間の頻尿が挙げられます。男性の場合、加齢により前立腺肥大を伴う方が多いため、夜間の頻尿にそれほど疑問を持たないことが多いです。睡眠時無呼吸症候群による頻尿には、日中の頻尿や排尿障害などがないので、前立腺肥大による頻尿とは鑑別が可能です。
また、無呼吸状態による体内の酸素不足から、起床時に頭痛を感じる方もいます。その他、集中力・記憶力の低下、夜間の中途覚醒や口渇などの症状が挙げられます。

検査・診断
睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、まず血液中の酸素濃度を調べるパルスオキシメータと呼吸センサーを装着して、睡眠時の呼吸状態を評価するスクリーニング検査を実施します。これは、自宅で実施することも可能な簡便な検査です。
簡易検査の結果から睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、1泊入院して終夜ポリソムノグラフィー(Polysomnography)検査を行い、脳波・眼電図・筋電図から眠りの深さや睡眠の質などを判定すると同時に、口鼻・胸部・腹部の呼吸運動センサーで呼吸の状態を評価します。
この検査によって、無呼吸(10秒以上の呼吸停止)や低呼吸(呼吸による換気が通常の半分になっている状態が10秒以上)が睡眠1時間あたりに発生している回数を調べ、睡眠時無呼吸症候群を診断します。   治療
睡眠時無呼吸症候群の治療としては、生活習慣の改善、マウスピースの使用、持続陽圧呼吸療法(CPAP)、外科的手術が挙げられます。
生活習慣の改善
睡眠時無呼吸症候群は、その原因のひとつに肥満が挙げられ、生活習慣との関係が指摘されています。生活習慣を改善し、体重を減らすことで無呼吸が改善する場合があります。必要な方には、寝酒の禁止、枕の高さの調整、側臥位寝の推奨などの指導が行われることもあります。
マウスピースの着用
症状が軽度の場合、マウスピースの使用でいびきの解消や気道閉塞の改善が認められることがあります。
持続性陽圧呼吸療法(CPAP)
症状が中等度以上の場合、持続陽圧呼吸療法(Continuous Positive Airway Pressure:CPAP)が選択されます。CPAP療法は、睡眠の際にマスクを装着し、鼻から空気を送り続けることで上気道を開く方法です。
CPAP装置はレンタルにより自宅にて継続的に使用することができます。
外科的手術:子供の扁桃肥大、アデノイドなどが手術適応

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬による漫然とした内服は推奨されない。
非ベンゾジアゼピン系をZ-drugという。マイスリー、ルネスタ、アモバンが含まれる.反跳性が不眠が少ない。ルネスタの味覚異常に要注意。
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は途中覚醒による転倒が多い。
ハルシオンが11.8件、アモバン11.2件、ルネスタは2.9件と転倒が少ない。
“来月の4月より4種類以上の抗不安薬、睡眠薬を1年以上、漫然と内服することは許されない。”

 

投稿者: 大橋医院

2019.03.29更新

「睡眠、アルツハイマー氏病、心房細動」
     大橋医院  大橋信昭

「睡眠による認知予防」
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬による漫然とした内服は推奨されない。
非ベンゾジアゼピン系をZ-drugという。マイスリー、ルネスタ、アモバンが含まれる.反跳性が不眠が少ない。ルネスタの味覚異常に要注意。
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は途中覚醒による転倒が多い。
ハルシオンが11.8件、アモバン11.2件、ルネスタは2.9件と転倒が少ない。
“来月の4月より4種類以上の抗不安薬、睡眠薬を1年以上、漫然と内服することは許されない。”
人間にはLong Sleeper(生まれつき長い睡眠時間を必要とする):8-9時間と、
Short sleeper(転写抑制遺伝子DEC2が変異:4-5時間
睡眠とは起床前、レム期に夢を見る。
睡眠とは最初深くNon-rem-睡眠(眼球を動かさない睡眠)に入り、90分単位でレム:REM(Rapid Eye Movement)がおこり、REM,Nonrem、と交互に3回以上繰り返し、覚醒時はNonREM睡眠で夢を見ている。NonRemは眠りが浅く筋肉が弛緩している。脳波による睡眠分析は大切である。徐派性睡眠といって、睡眠学習に応用できる。深部体温の下がり方が大きいほど眠気は強い。

朝、太陽の光を思いっきり浴びるといい。12時間後にメラトニンが分泌され、眠気がやって来る。加齢とともに、メラトニンは減少する。
高齢者では中途覚醒が多い。覚醒ホルモン:オレキシンが分泌されるがベルソムラはその中途覚醒に有効である。高照度光療法は有効で、メラトニンが分泌される。2500ルクス、4時間/日、光を浴びる。朝4時の「超」早起き散歩は駄目である。12時間後にメラトニンが出て、午後6時には眠くなり、夜眠れない。

アルツハイマー氏病になると、脳室拡大、大脳委縮、睡眠ができない。
脳に老人班、アミロイドβの沈着がおこり、神経が脱落する。またタウタンパクの沈着も脳の働きをだめにする。睡眠とアミロイドβ、眠らないと老人班が増え、アミロイドβが増える。、生活習慣を健康的に是正するしかない。
Jackの仮説では、アルツハイマー氏病の進行は血管因子の関与が大きく、一過性脳虚血発作や、脳梗塞も、同じである。
脳内にはリンパの流れがあり動脈から静脈へリンパが流れており、グリア細胞が関与している。睡眠不足が、無呼吸が認知症を起こし、脳を委縮させる。
髄液のタウタンパクも不眠を超す。これには歯周病が関与している。歯周の管理は大切である。睡眠中には成長ホルモンが分泌され、記憶の整理、学習の整理に関与する。寝る子は育つ。睡眠と寿命の研究があり、7時間の睡眠がBest
であり、それより長くても短くても寿命は短縮する。
認知には、心原性脳梗塞が原因として大きく、心房細動が絡んでくる。心房細動から脳梗塞になり認知症になるかと思うと、心房細動から直接に認知症になる。心房細動は低心拍出量になり脳にも血液が行かない。
脳のリンパ系の破たんだ。心房細動、睡眠、生活習慣、、、複雑に絡んでいる。
おおはし

投稿者: 大橋医院

2019.03.27更新

ツムラの137番、「加味帰脾臓湯」は、漢方薬の中でも、

睡眠薬として、一番効果があります。食前又は食間にお飲みください。

不眠はもちろん、イライラ、恋の悩みにも効果があります。おおはし

投稿者: 大橋医院

2019.03.25更新

野口英世
     大橋医院      大橋信昭
彼は貧農の家に生まれ、幼少期に、囲炉裏で左腕を火傷し、
片腕で不自由であった。母:シカの愛情や周りの彼の才能を認めた富豪の後押しを受け、根性で医師に成り、渡米し、蛇毒の血清を作り、進行梅毒を発見した。彼は黄熱病の発見として誤解されているが、黄熱病は、ウィルスであり、彼の光学顕微鏡では発見不可能であった。彼は、この間違いを屈辱に思い、ガーナへ渡り、自ら黄熱病に罹患し、昇天した。これを“野口の腹切り”という。しかし、明治という時期は、野口の才能を育てる人が徹底的に応援し、医者にさせ、USAへ渡っても、不眠不休の研究生活で、#人減機関車#とあだ名がついた。私は、この野口英世を子どもの頃から尊敬し、医学の道へ進むものとして憧れであった。極貧の家に生まれ、いくつもの逆境を克服し、蛇毒の血清と進行梅毒で多くの人を救った。黄熱病があまりにも野口英世を有名にしているが、電子顕微鏡がなくては発見は無理であった。黄熱病の野口英世の名がせかいじゅうに有名になり、日本のお侍の様にガーナへ切腹に行ったのである。
私は、高校時代、野口英世の生家に訪れており、床の間の柱に「志を遂げなければ二度とこの地を踏まず」と書いてあった。私のあこがれの医師であり、目標である。おおはし

投稿者: 大橋医院

2019.03.20更新

睡眠のしくみは?
人は、眠るとすぐに深い睡眠といわれる「ノンレム睡眠」の状態に入り、その後に浅い眠りといわれる「レム睡眠」に移ります。ふたつの睡眠を繰り返して人は眠っているのです。
レム睡眠とノンレム睡眠とは?
レム睡眠下では、目を閉じていても目玉が素早く動く「急速眼球運動」が起こります。体は眠っていますが、脳は活発に働いていており、体には脳から動くなという指令が出ているため、ほとんど動きません。夢を見るのは、ほとんどこのレム睡眠のときに起こるといわれており、夢見(ゆめみ)睡眠とよばれることもあります。
ノンレム睡眠下では「急速眼球運動」は起こりません。体の筋肉は働いているのですが、眠りが深く、脳の一部は休んでいる状態。夢はあまり見ません。

年齢で違う!
子どもの理想の平均睡眠時間

スムーズに眠れて、スッキリ起きられる理想の睡眠時間は、年齢によって違います。子どもの理想の平均睡眠時間を参考にして、就寝時間や起床時間を考えましょう。
子供の理想の平均睡眠時間
  0-3か月       14-17時間
  4-11か月      12-15時間
1-2歳          11-14時間
3-5歳          10-13時間
6-13歳          9-11時間
14-17歳         8-10時間
18歳以上        7-9時間
睡眠不足は子どもに悪影響!専門家が語る、良質な睡眠を得るための方法とは?
小学生の睡眠不足に悩むママから質問が寄せられました。
『小学5年ですが習い事があると夜遅くてその後もゲームするし寝るのは10時半に布団につき寝付くのはたぶん11時くらいです。
早く寝せたいのに旦那が一緒にゲームするしなかなか2人でやめません。
5年生くらいはどんな感じですか? もっと早く寝ますよね? 学校にスポーツクラブに頑張ってるからゲームくらいさせたがいいかなとおもうけど見ててイライラしちゃいます』
「睡眠時間」と子どもの成長の関係はあるの?
そもそも「睡眠不足」は子どもにとって悪いことなのでしょうか?
睡眠不足の1歳児は「指さし・喃語が少ない」、夜型の幼児は「攻撃性が高い」「不注意が多い」、夜型の5歳児は三角形が書けない、といったことが明らかになっただけでなく、平成26年度文部科学省の調べでも、睡眠不足が「易刺激性(何でもないのにイライラする)」「自尊心(自分のことが好き)の低下」に関連することが示されたそう。さらに睡眠不足は、体温の異常や、交感神経、副交感神経の異常をきたし、朝起きれない、肥満、高血圧、高血糖等、様々な体調の異常をきたしてしまうといいます。それだけでなく極端な寝不足が続けば、学習効果は少なくなってしまう可能性もあるそう。
今日からできる、子どもの睡眠を改善する方法
メディアには注意して
ゲーム・スマホ・テレビなどのメディアは本当は、眠る1時間前頃には止めた方がベター。脳が興奮して早く眠れなくなってしまうためです。特に小学生は21時が就寝の目標です。
学童期は脳も身体も成長する大事な時期、心身の成長が著しい時、早く寝ることは、決してかっこ悪いことでもなく、大切なことなのです。
早寝早起き朝ごはんを意識
太陽の光が、脳の一部、視交叉上核(しこうさじょうかく)に到達し、時計の遺伝子が活性化されて、心と体の生体リズムを作ります。子どもたちのために「早寝早起き朝ごはん」の活動をするよう努力してください。
ママ・パパの睡眠も大切に
もちろん保護者の注意は大切ですが、子どもは大人の生活の影響を受けてしまいます。そのため「保護者が早く寝ること」も重要です。
良質な睡眠を得るための3つの方法
就寝時は部屋の明るさを調整しよう
就寝1時間前からは、部屋の明るさを普段の半分に落としてあげましょう。
特に色温度の高い白い光は覚醒して活動的になるため、脳が入眠の状態になりにくくなります。
スマートフォンやタブレットのナイトモードを活用
今やスマートフォンやタブレットなどのデバイス保持の低年齢化が進んでいます。寝る間も惜しんで利用してしまうのは避けたいですが、教育現場でも使用されていることから、保有を禁止するのはなかなか難しい事情もあるでしょう。スマートフォンやタブレットが睡眠の妨げにならないよう、画面の光や色調が調整できる「ナイトモード」を活用することをおすすめします。
寝る直前にはできる限りスマホから離れることが良いですが、デバイスの機能を最大限活用することも一つの手です。
起きたらカーテンを開けて、光を取り込む

朝、光を浴びることも効果的です。
体内時計のある視床下部が刺激を受けることで、体内時計がリセットされて活動状態に導かれます。また、睡眠を促進するホルモン「メラトニン」が、目覚めてから14〜16時間後に、分泌されます。 徐々にメラトニンの分泌が高まり、その作用で深部体温が低下して、睡眠に適した状態に導かれスムーズな寝つきが得やすくなります。このひと手間が「夜更かし」を防ぎ、規則正しい睡眠習慣に導いてくれます。
学校から帰宅しても宿題に追われ、塾に習い事にと、大人顔負けの忙しい日々を過ごしている、そんな小学生が多くなってきました。共働きの家庭では、ダブル学童や塾に通わせ、帰宅するのが夜の9時、10時になる子どもも珍しくありません。子どもの寝る時間が遅くなると、どのような影響があるのでしょうか
小学生の子どもは、夜8時に寝て、朝の6時までに起きるのが理想です。どの学年の子も10時間の睡眠が必要です。けれども塾や習い事、ダブル学童などで帰宅するのが夜の9時、10時になっては、既にその時点で理想の就寝時間を過ぎています。
 小学校で統計を取ってみると、多くの家庭では子どもたちの就寝時間の目標を夜10時にしています。学校のある日の起きる時間は6~7時ごろでしょうから、目標段階でも既に睡眠時間が2~3時間も削られていることになるわけですね。
 そもそも小学生の子どもが夜9時過ぎに帰宅する時点で、心身の健やかな成長に黄色信号が灯ります。睡眠時間を削ってまで塾などで英才教育を受けたとして、将来その子が大人になったとき、いい影響があると思いますか?
 残念ながら、答えはノーです。
この年代の子どもたちに必要とされる睡眠時間を10時間から8時間に短縮してしまうと、成長期の脳の発達に悪い影響を及ぼす可能性があります。そこで私は、小学生の親御さんに「せめて子どもたちを夜9時までに寝かせ、朝の6時に起きる9時間睡眠を心がけてください」とお願いしています。就寝時間の理想は夜8時ですが、子どもたちの今の生活スタイルを考えると、現実的には厳しいからです。
 以前、この連載で、睡眠をコントロールしているのは、脳幹とその上に乗っかる大脳辺縁系と小脳で、生命維持に必要最低限な機能を担っているとお話ししました。私はこれを「古い脳」と呼んでいます。
 「古い脳」に対して「新しい脳」と呼んでいる部分もあります。それは記憶や思考、言語など、人間が人間らしくあるための高度な心や情感を司る大脳皮質で、より進化した動物が獲得してきた部分です。私はこれを「おりこうさん脳」とも呼んでいます。
 勉強することは「おりこうさん脳」の働きになるので、小中学生のときにこれを鍛えることは大切です。ただし十分な睡眠をとっていないと、「おりこうさん脳」の土台になる部分がやせ細ってしまいます。つまり、睡眠時間を削って、勉強をすることは子どもの成長にとって、本末転倒なのです。
 「古い脳」の役割である土台というのは、人間が生きていくうえでの土台です。成長期の子どもたちの睡眠時間を削ってまで勉強をすることは、建物の土台になる1階部分をどんどん貧弱にして、その上に大きな2階をのせているようなもの。構造として非常にアンバランスです..
この年代の子どもたちに必要とされる睡眠時間を10時間から8時間に短縮してしまうと、成長期の脳の発達に悪い影響を及ぼす可能性があります。そこで私は、小学生の親御さんに「せめて子どもたちを夜9時までに寝かせ、朝の6時に起きる9時間睡眠を心がけてください」とお願いしています。就寝時間の理想は夜8時ですが、子どもたちの今の生活スタイルを考えると、現実的には厳しいからです。
 以前、この連載で、睡眠をコントロールしているのは、脳幹とその上に乗っかる大脳辺縁系と小脳で、生命維持に必要最低限な機能を担っているとお話ししました。私はこれを「古い脳」と呼んでいます。
 「古い脳」に対して「新しい脳」と呼んでいる部分もあります。それは記憶や思考、言語など、人間が人間らしくあるための高度な心や情感を司る大脳皮質で、より進化した動物が獲得してきた部分です。私はこれを「おりこうさん脳」とも呼んでいます。
 勉強することは「おりこうさん脳」の働きになるので、小中学生のときにこれを鍛えることは大切です。ただし十分な睡眠をとっていないと、「おりこうさん脳」の土台になる部分がやせ細ってしまいます。つまり、睡眠時間を削って、勉強をすることは子どもの成長にとって、本末転倒なのです。
 「古い脳」の役割である土台というのは、人間が生きていくうえでの土台です。成長期の子どもたちの睡眠時間を削ってまで勉強をすることは、建物の土台になる1階部分をどんどん貧弱にして、その上に大きな2階をのせているようなもの。構造として非常にアンバランスです。

危うい脳を育ててはいけない
脳の成長期に睡眠が足りず、土台部分がもろい脳に育ってしまったら
ちょっとしたことがきっかけでキレたり、人に暴力を振るったり、ネットで悪口を拡散したりするような人が増えているように思います。
人としての枠から外れる思いもかけない行動や、理不尽な行動をする子どもは、脳の土台部分がもろく、人間として大事な部分がうまく育っていません。かつてのそういった子どもたちが今大人になり、ポキンと折れそうになりながらも、必死にがんばっている例もあるでしょう
ママやパパも眠不足を解消してください。睡眠不足の子どもは自尊心が低い
小学校2年生の2人に1人が睡眠障害を抱えている現状。子どもたちの心と体は悲鳴を上げていると言っても決して過言ではありません。

おおはし

投稿者: 大橋医院

2019.03.05更新

両側が塀で囲まれた道路を、幅が目いっぱいのトラックが時速100kmで走っていた。

そのすぐ向こうにお婆さんが、しゃがんでいた。運転手はお婆さんに気が付かずに走り続けた。

しかし、お婆ちゃんは、無事であった。何故か?なぜか?どうして?

それはね,お婆さんが時速101キロで逃げたから。おおはし 

投稿者: 大橋医院

2019.03.04更新

「小生の食事」    大橋医院   大橋信昭

 小生の食事は、24時間365日、朝食、昼食、夕食、3食とも家内に
管理されている。朝食は、ご飯に納豆とみそ汁、昼食はカレーライスか、サンドイッチか、夕食は、一日の疲れを休めなさいという家内の考えか、何品か副食がある。しかし、ご飯、時にうどん、蕎麦、夏には冷や麦、を主食にし、魚が最後のメインディッシュで、血の滴るステーキは、めったに出てこない。夕食はわたしにしては豪華なものだ。前菜が出て、野菜炒めか、肉じゃがか、あったかいスープか、65歳の私の胃袋が満足であると訴える。最後に果汁として、みかんかバナナか、メロンはめったに出ない。実に質素で、低カロリー、一日の疲れも吹っ飛ぶ。
 しかし、家内は気の毒である。朝は家族一番に起きて、家の周りを掃除して、シャッターを上げ、駐車場の掃き掃除,表玄関、裏玄関の清掃と錠をあけ、私が診療しやすいように、短時間で済ませている。小生は午前7時におきたら早起きとおもい、8時手前におきる。8時を回って起きたら、家内の「あなた!いつまで寝ているの!患者さんが待合室に一杯よ!」と罵声が鳴り響く。小生も9時開始の診療時間に遅刻してはいけないので、これからが忙しくなる。朝起きたら、仏壇の前に、正座し、奥のご先祖様に、今日一日、無事に診療ができますようにと、お祈りをする。その隣には恵比寿様と大黒様が飾ってあり、患者さんが一杯で、繁盛しますように、二例、二拍手、一礼をする。暇があれば玄関の隅に塩を盛るが、その暇は正月しかない。慌てて、洗顔、ひげをそり、家内の愛情のこもった朝食を取り、それから歯を磨く。昼食も夕食も歯磨きは丁寧にやる。それが歯医者の治療から遠ざかる秘訣である。朝の白衣、見つけるものはワイシャツから靴下まで、家内が用意してハンガーにぶらさがっているので、それを着て、慌てて、診察室の椅子に座る。待っていた患者が、先生、遅いじゃないのと睨みつける。朝一番の患者から、丁寧に診察をし、夢中になっているとあっという間に正午が来る。小生の診療所はこじんまりと少人数のスタッフでやっているので、家内は貴重な事務員である。緊急の往診電話がはいるときは家内が、地図で方向音痴の小生をナビゲートしてくれる。幼稚園、小学校、中学校、グループホーム、産業医と昼は山ほど仕事がある。特に大垣市の郊外の病院に、循環器内科医として応援に行く日は、昼ごはんは味わっている暇がない。しかし、いつの間にか、家内が、カレーライスかサンドイッチとコーヒーが用意してあり、往診カバンをもって現場に向かう。雑用をかたづけると午後3時半になっており、午後の患者さんの診察をする。午後6時半までが7時近くなることがあり、夕食の家内のあっという間にできるDinnerはありがたい。見取り患者がいれば、夕食後もご容態を観察に行かねばならない。
このように家庭医として、活躍できるのも家内のまめな援助がなければ成立しない。感謝の気持ちで一杯だが、何故か、暇な夫婦の会話になると、けんかになる。口喧嘩は、私は家内には、すぐに降参し、自分の書斎に逃げ隠れる。
 夜になると、何故か、夕食をしっかり摂取したにも関わらず、腹が減ってくる。間食のチョコレート、寝る前のパンやビスケットの摂取は、「こんな時間にそんな甘いものを食べて、お腹の周りがまた膨らむわよ!」と眉間にしわを寄せて叱られる。小生は女房の子どもみたいなものである。見つからないように、泥棒になったつもりでも、お菓子のつまみ食いは、何故か見つかってしまう。

家内の食事は、一流料亭のフルコースよりおいしいし、行列の並ぶレストランより、体にいい料理になっている。
低カロリー、繊維の多い、脂質もバランスが取れて、動脈硬化は進まない。小生は家内に胃袋をつかまれたみたいである。多少、家内の隠しカメラより鋭い監視下で毎日を送っているが、家内には感謝したい。本人には恥ずかしくて言えないが「ありがとう、我が妻よ!」本心である。
おおはし

投稿者: 大橋医院

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook