話しやすい雰囲気を作り患者さんの声に耳を傾け続けていきます

医院・院長紹介

十分な時間を取って会話をすることを大切にしています。

話したいことを全部話すだけでも、病気の半分くらいは治せるのではないか。そう思えるくらい会話は重要なものだと考えています。普段は誰にも相談できないようなことも、ここなら安心して話せる…そんな場所でありたいと思います。

医院・院長紹介1
医院・院長紹介2
医院・院長紹介3
医院・院長紹介4
医院・院長紹介5
医院・院長紹介6

専門医・認定医による確かな診断力

大橋医院の院長は「日本循環器学会専門医」「日本内科学会認定医」をそれぞれ取得しており、さらに大学病院での豊富な経験も活かして診断を行っています。検査結果だけでなく、患者さんのお話、振る舞いや臭いなどにも注目するのが大きな特徴です。

高血圧

高血圧とは、心臓から血液を送る時に高い圧力状態であることをいい、その高圧力により血管を傷つけてしまう恐れがあります。心臓や脳などの大事な部分の血管に傷をつけてしまうと、生命の維持に支障をきたすような危険な状態に陥るケースも出てきます。

高血圧

 

糖尿病

血液中のブドウ糖が過剰なものとなると、尿に糖が出るようになり、この病気のことを糖尿病といいます。
糖尿病で恐れなければならないのは、色々な合併症が身体全体に現れることです。中には生命の維持に危険を及ぼす病気もあります。

糖尿病

 

メタボリック・動脈硬化

過剰なカロリー摂取や運動不足によって、内臓脂肪は溜まってしまいます。
脂肪細胞により、アディポサイトカインという生理活性物質の分泌がおかしくなってしまい、高血圧、糖・脂質代謝異常、さらには心血管疾患の誘因となってしまうケースも 出てきます。

メタボリック・動脈硬化

不整脈・狭心症・心不全

不整脈・狭心症・心不全ともに早期発見・早期治療が非常に重要です。 当院の院長は循環器の専門医であり、正確な診断を得意としています。セカンドオピニオンの受け入れや大垣市民病院への紹介も行っておりますので、お早めに相談にいらしてください。

不整脈・狭心症・心不全

 

脂質異常症

脂質の量が過剰に増えた状態を脂質異常症(高脂血症)と呼びます。 自覚症状を感じることはほとんどなく、脂質異常症だけではあまり大きな問題にはなりませんが、放置しておくと狭心症や心筋梗塞または脳梗塞などを引き起こします。

脂質異常症

 

インフルエンザ

インフルエンザには季節性インフルエンザと新型インフルエンザに分けることができますが、当院ではどちらの治療にも対応しています。 季節性インフルエンザと比較して、新型インフルエンザは下痢等の消化器症状が表れることがあります。

インフルエンザ

  

診療時間

 日・祝
9:00~12:00 ×
15:30~18:30 × × ×
院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook