大橋院長の為になるブログ

2023.02.27更新

にんにく注射で今日も、元気、頑張ろう!

 

ニンニク注射(アリナミン、10mg注射液+生殖10ml)

 

ラエンネックは今、交渉中ですが手に入る可能性があります。

投稿者: 大橋医院

2023.02.24更新

メリスモン注射希望の方は、まだまだ、接種できますので、ご安心ください。

投稿者: 大橋医院

2023.02.22更新

ニンニク注射を摂取しましょう!(アリナミン注射。10㎎)

【ニンニク注射とは】
当院の「ニンニク注射」は、高濃度ビタミンB群を全身にいきわたらせることにより、新陳代謝を高め、筋肉運動を活性化させ、疲労を回復させる効果があります。点滴にて、直接体内にとりこみますので、吸収率が高く即効性があり、すぐに効果が期待できます。ビタミンB1の中に、ニンニク臭のする成分が含まれていることから、ニンニク注射と呼ばれています。

 

【こんな症状に効きます】
倦怠感、緊張型頭痛、肩こり、腰痛、強壮作用、 冷え性  
かぜの初期症状 夏バテで体力が落ちている時 など

投稿者: 大橋医院

2023.02.22更新

メルスモン200本、新たに入荷、メルスモンはまだあります。

接種希望の方は、御来院ください。

200本追加ですよ。頑張りましょう!

投稿者: 大橋医院

2023.02.22更新

<ハイゼット50mg>
効能・効果及び用法・用量
効能効果
高脂質血症
心身症(更年期障害、過敏性腸症候群)における身体症候並びに不安・緊張・抑うつ
用法用量
高脂質血症にはガンマオリザノールとして、通常成人1日300mgを3回に分けて食後に経口投与する。
心身症における身体症候並びに不安・緊張・抑うつにはガンマオリザノールとして、通常成人1日10〜50mgを経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、過敏性腸症候群に用いる場合は、1日最高50mgまでとする。
使用上の注意
慎重投与
肝障害又はその既往歴のある患者[症状を増悪させるおそれがある。]
妊婦又は妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
重要な基本的注意

 

投稿者: 大橋医院

2023.02.22更新

ツムラリヨウ桂朮甘湯:

「めまい、ふらつきがあり、または動機があり、尿量が減少するもの:

「神経質、ノイローゼ、めまい、動機、息切れ、頭痛」

投稿者: 大橋医院

2023.02.21更新

<更年期障害> 岐阜県大垣市大橋医院 大橋信昭
TEL;0584-78-5305
――――――――――――――――――――――――――
「ハイゼット錠50㎎」
作用と効果
脂質代謝に関し、主にコレステロールの消化管吸収抑制作用、さらにコレステロール合成阻害、異化排泄促進作用によって血清コレステロールを下げます。また、内分泌・自律神経系を調整します。高脂質血症の治療、“更年期障害・”過敏性腸症候群による種々の症状の改善に用いられます。

「エクエル」
40代以降のゆらぎ期の女性の健康と美に。日本人女性の半分が作れないエクオール。ゆらぎ期の女性に大豆を乳酸菌で発酵させたエクオール。1日4粒目安で10mg摂取! 便利でお得な定期便・大豆を乳酸菌で発酵・大塚製薬の公式通販・エクオール含有食品・女性の健康とより美しく、更年期障害、最安値:4000円

「トフィソパム、リーゼ、ロフラゼム酸エチル、ワイパックス」:自律神経の調子を整える薬。


「アリナミン注射」「ルボックス」「トレドミン」「サインバルタ」

睡眠薬:ハルシオン、マイスリー、レンドルミン、ブロチゾラム、


美しく(トランサミン、シナール、トコフェノールニコチン酸エステル、:ユビデカレノン錠)

投稿者: 大橋医院

2023.02.20更新

めまいやふらつきがあり、尿量が減っている人に向く
体力がなく、めまい、ふらつき、のぼせ、動悸などがあって、尿量が減少している人に用いられる処方です。そうした症状のある人の、神経症、立ちくらみ、めまい、頭痛、息切れなどで用いられます。
漢方の診察で、みぞおちのあたりを叩くと、水がたまっているようにポチャポチャ音がする「胃部振水音(いぶしんすいおん)」が処方の目安とされています。

「水」を巡らせ、「気」の逆流を改善
漢方では、めまいの第一の原因は体内の水分が停滞したり偏在したりする「水滞(すいたい)」であると考えています。「苓桂朮甘湯」は「水滞」を改善する薬の一つで、あわせて生命活動の根源的なエネルギーである「気」が逆流する「気逆」を改善します。

投稿者: 大橋医院

2023.02.20更新

ゾルピデム酒石酸塩錠5mg「DSEP」の基本情報
後発品(加算対象)
一般名
ゾルピデム酒石酸塩5mg錠
製薬会社
第一三共エスファ
薬価・規格
10.1円(5mg1錠)
薬価を比較する
添付文書
PDFファイル
基本情報
副作用
注意事項
相互作用
処方理由
添付文書
基本情報
薬効分類
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬(非BZD系睡眠薬)
脳の活動を抑えることで眠りやすくし、睡眠障害などを改善する薬

詳しく見る
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬(非BZD系睡眠薬)
アモバン
マイスリー
ルネスタ
効能・効果
不眠症<統合失調症及び躁うつ病に伴う不眠症は除く>


注意すべき副作用
離脱症状 、 薬物依存 、 反跳性不眠 、 いらいら感 、 精神症状 、 意識障害 、 譫妄 、 錯乱 、 幻覚 、 興奮
用法・用量(主なもの)
ゾルピデム酒石酸塩として1回5〜10mgを就寝直前に経口投与する
なお、高齢者には1回5mgから投与を開始する
年齢、症状、疾患により適宜増減するが、1日10mgを超えないこととする

投稿者: 大橋医院

2023.02.20更新

ノイロトロピンで、関節痛,全身倦怠感、抗鬱作用があります。

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY