大橋院長の為になるブログ

2020.07.31更新

新型コロナはインフルエンザのようになるのか? 中国・医療者向け情報サイト「医脈通」より

現在、全世界におけるCOVID-19患者数は1000万人を越えており、拡散の過程でウイルスは幾分か変異しているが病原性や死亡率は大きく変わってはいない。

 これまでの歴史において世界を恐怖に陥れてきた天然痘、ペスト、梅毒、AIDS、エボラなどの例を見ても、それが治療可能かどうか、制御可能かどうかにかかわらず、徐々に病原性が減弱して“インフルエンザのようになった”ものは存在しない。

 同時に、前述のような意見を持つ人々はインフルエンザを甘く見ているのだ。前世紀初頭に猛威を奮ったスペイン風邪は、現代のCOVID-19よりもはるかに多い1億人の命を奪っている。当時の全世界人口はたったの17億人であったにもかかわらず! 幸いにも多くのインフルエンザはそれほど深刻ではない。こうした人々がSARS-CoV-2に期待しているのは、このような“普通”のインフルエンザになることである。

この時点で反論があるかもしれない。「過去に起きなかったことが、未来に起き得ないとは言えない」—。

 確かに突然変異によってウイルスの病原性が減弱する可能性について理論上はありうるが、生物学的な突然変異はランダムであることを知っておく必要がある。つまり、ウイルスは一夜にして“ゴミ”になることもあるが、“スーパーウイルス”になる可能性も十分にある。感染するのか治癒するのかは、ウイルスの知性や博愛性の問題ではなく、自然の成り行き次第なのである。

 理論上は現時点で制御されていないすべてのウイルスは以下の方法で排除していくことになる。第一に隔離、第二に病原性の減弱したウイルスへの交替、第三に効果的な治療やワクチンの登場。

もしかしたら科学者が最終的にワクチンを開発したり、SARS-CoV-2がわれわれの手でインフルエンザのようなものになったりするかもしれないが、それはまだまだ先の話だろう。われわれのような一般人にとっては、ワクチンが接種されるようにならない限り、あるいはSARS-CoV-2がインフルエンザのようなものになったという明確な証拠がない限り、それは“遅れてきた正義”(Justice delayed is justice denied〔裁判の遅延は裁判の拒否に等しい〕に由来)である—。(正義は)最終的には間に合うかもしれないが、それは生き延びた人々にとってのみ意味があるものになってしまう。

 だからこそ、“美しい夢”が実現するまでは、政府の呼び掛けに応じて、動き回らずにじっとして、必要に応じて検査や隔離に従うべきなのである。中国のアウトブレイクの制御が奏功しているのは、主として徹底した隔離政策のおかげである。実際のところ、人類は歴史の中で数え切れないくらいの感染症に直面して無力感を味わってきたが、経験上は隔離が生存のために最も簡単で効果的な方法であることは間違いない。

おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.07.30更新

梅雨や夏に新型コロナは減るのか?:

かぜの原因微生物であるヒトコロナウイルスの伝播様式を元に、気候が新型コロナウイルス感染症のパンデミックに及ぼす影響について検討した研究では、感染伝播が気候により影響を受ける可能性はあるものの、梅雨や夏の気候によって流行が終息することはないだろうという結論になっています。

また気温、湿度、標高などの環境要因と集会禁止、学校閉鎖や社会的距離拡大戦略(Social distancing)といった公衆衛生的介入とを含めて新型コロナの流行抑制への貢献度を検討した研究では、気温は流行抑制への影響はなく、湿度がわずかに感染抑制と関連がみられたのみであり、公衆衛生的介入の方が影響が大きかったという結論でした。

つまり、気温や湿度は新型コロナの伝播に影響する可能性はあるものの、すでにパンデミックとなってしまっている現状では梅雨や夏になったからといってそれだけで流行が終息することは期待できず、社会的距離を保つなど新型コロナを常に意識した新しい生活様式を意識した暮らしを続けていくことの方が感染を広げないためには重要ということです。

新型コロナは高温・高湿に弱いからといって油断せずに、引き続き感染予防をしっかりと行っていきましょう。

おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.07.29更新

RNAウィルス、DNAウィルス:新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による感染症(COVID-19)が広がり、世界中が対応に追われている。このSARS-CoV-2はコロナウイルス科の一種で、プラス 1本鎖RNAウイルスに分類される。ウイルスは核酸の形状と増殖機構に基づいて7つに分類されています。7つの分類は、(1)2本鎖DNA、(2)1本鎖DNA、(3)2本鎖RNA、(4)1本鎖RNAプラス鎖、(5)1本鎖RNAマイナス鎖、(6)1本鎖RNA逆転写、(7)2本鎖DNA逆転写――です。RNAウイルスのゲノム本体はRNAですが、RNAを鋳型としてRNAを作る酵素(RNA依存性RNAポリメラーゼ)は宿主が持っていないため、ウイルスはそれを作り出す配列情報を自ら持っています。この配列情報に基づいてRNAポリメラーゼが宿主細胞内で作られ、これを使って複製します。RNAウイルスの多くは細胞質で複製しています。

1本鎖RNAウイルス[プラス鎖]
◎ゲノム本体そのものがmRNAとして働き、ウイルス蛋白質を作り出す。細胞質内で自らが持つRNA依存性RNAポリメラーゼで複製する。
◆コロナウイルス、エンテロウイルス、風疹ウイルス、日本脳炎ウイルス、デング熱ウイルス、C型肝炎ウイルス、ノロウイルス

近年、生物の起源(ウイルスは生物ではありませんが)はRNAだという考え方が主流となっていますので、RNAウイルスの方が先に登場したかもしれません。だからといってDNAウイルスの方がより進化した存在かというと、そうではないと思います。

地球上の生物の生活環境は昔と今ではずいぶん違うでしょうし、ヒトで言うならば、今のように密集して生活していたり、飛行機を使ってしか移動できないような距離を行き来していたわけではありません。気温などの自然環境も違うでしょう。今の新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、今まで出会う機会がなかったウイルスと宿主(ヒト)が出会い、感染が成立し、社会状況を含めた環境が拡大を後押ししたのではないかと思います。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.07.26更新

コロナに負けない!毎日の厚生労働省の発表する新型コロナ感染者の急増に恐怖を抱きます。学会、勉強会など、すべてWeb上でやらねばなりません。新しいためになる医療情報も、ネットで確認。不必要な外出はしませんし、室内で体づくり。外来も発熱患者は別の空間で診察

私自身とスタッフの防禦体制も固めねばいけません。しかし、若い人の、昨日、居酒屋で大量飲酒したとか、ジムへおしゃべりに行くとか、3密を若いがゆえに難しいが許さない。しかし、飲食業、劇場などは経営がピンチ。私の町内の中小企業も経営はだいじょうぶかとおもいます。今世界の安定した国にはありません。往診も、施設回診、産業医活動、学校保健も感染を睨まねばなりません。コロナに負けないぞ!おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.07.04更新

明日(7月5日)は、小児当直!:明日は保険センターで、小児の救急外来を、午前8時半から午後6時ごろまで当直。

初音患者がよく来るんだな!38-39.5℃はざらに来る。今までは、感冒とインフルエンザを、考えていたが、コロナとなると、

どうするの?レントゲンもない、点滴ベット3台、後は看護師と今までの経験で小児患者をふるい分けるしかない。

保健所、市民病院尾連絡先は了解。じっくりバイタルを取り、基礎に戻って頑張ろう。無駄に40年医師をやってきたのじゃないんだ。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.07.04更新

NHK ブラタモリと山中教授 ウィルス:今夜7時半よりNHKでタモリと山中教授が、ウィルスと人体の戦いについて、

本格番組をやってくれます。皆さん勉強しましょう。おおはし

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile