大橋院長の為になるブログ

2018.06.26更新

当院では、インシュリン注射を扱っています。
ノボラピッド(超速攻型)
ノボリンR(速攻型)
ノボリンN(中間型)
ランタス(持続型)

まずインシュリンの自己注射を指導します。
簡単です。院長にお任せください。
おおはし

投稿者: 大橋医院

2018.06.26更新

ANCA血管炎を発見しました。

自己免疫疾患で抗中球をいじめます。

好中球は体を守る大切な警察官ですから、好中球が損傷、駄目になりますと、

全身臓器が侵され、発熱、関節痛、多彩である。

1年以内の死亡率は45%であり、4大死因は呼吸不全、腎不全、心不全、消化管出血である。おおはし

投稿者: 大橋医院

2018.06.25更新

おおはしこの心電図は、心房細動といいます。

心電図は、健康ですとP,QRS,T,Uと順番に波形が出ますが、P波が消失し、QRS波がバラバラになります。

高齢化社会の世界で、心房細動は多く見られます。脳梗塞の合併が50%におころます。急死か寝たきり、半身不随

すぐに治療せねばいけません。心電図の読影はお任せください。

投稿者: 大橋医院

2018.06.19更新

twitterに入りました。友達になってください。

美女,大歓迎!おおはし

投稿者: 大橋医院

2018.06.18更新

ビリビリと電気が走るような痛み…
ジンジンと痺れるような痛み…
チクチクと針で刺すような痛み…

 

怪我をしたわけでもないのに
ふとした瞬間痛みが走る。
このような症状、身に覚えはありませんか?

 

日本で慢性疼痛(まんせいとうつう)を感じている人は約2500万人。そのうち痛みがうまく緩和されない人の割合は約75%と考えられています。

この慢性疼痛を引き起こす疾患の一つに、神経が障害されて起こる神経障害性疼痛があります。

リリカがおすすめです。おおはし

 

投稿者: 大橋医院

2018.06.16更新

予約なし、気楽に胃バリウム検査を受けてみませんか?

胃潰瘍、胃癌は早期発見、早期治療です。

空腹時に予約なしで、午前9時に受けることができます。

さー、胃の検査を気楽に受けましょう。おおはし

 

投稿者: 大橋医院

2018.06.15更新

ヒルドイドソフト軟膏、ヒルドイドローションを荒れた肌、おきれいな顔にお塗ください。

若返り、肌がしっとり、気持ちがよいです。おおはし

投稿者: 大橋医院

2018.06.11更新

当院の超音波検査で、ビームを頚部にあてれば、内頚動脈、椎骨動脈の流れが見えます。

血栓は見逃しません。脳梗塞にはならないようにします。診察室で、頸動脈エコー、脳梗塞といってください。

親切、丁寧に頸動脈を観察します。おおはし

投稿者: 大橋医院

2018.06.11更新

当院の超音波検査は、鋭敏に血栓を見つけますので、脳梗塞になならいように、早期に病変を見つけます。」

特に、今まで見えなかった、小さな血栓を再診のドプラー技術で発見します。

脳梗塞は、今増加傾向にあり、死亡率50%、寝たきり」生活50%です。

たのしい老後になるように、当院で頸動脈エコーをおkないましょう。おおはし

投稿者: 大橋医院

2018.06.06更新


「当院の尿酸生成抑制薬には、ザイロリック、ベンズマロンなどがあります。これらの薬の副作用としては、湿疹が出たり、飲み合わせによっては深刻な副作用が出ると言われていますが、まだ充分な報告は上がってきていません」

尿酸の薬は飲み始めるタイミングも重要だ。痛風の発作が起きたときに、急に尿酸値を下げる薬を飲み始めると、かえって発作がものすごく激しくなることもある。だから薬を飲むのは必ず痛みが治まった後に少量から始めなければいけない。痛みを抑えたくて気がはやるかもしれないが、じっと我慢だ。

先に挙がった2種の薬のうち、昔から使われているのがザイロリックだ。

「ザイロリックは、腎機能が低下すると体の中に蓄積されやすいため、薬の量を減らさなければならないという問題がありました。そうなると薬が効かなくなってしまうので、腎臓病の人には使いにくい薬でした」(細谷氏)

副作用としては体中の皮膚がむけてしまう皮膚粘眼膜症候群や、手足のしびれやめまい、血圧低下などの症状が現れるアナフィラキシーが報告されている。また、白血病の薬(ロイケリン)や抗凝血薬のワーファリン、喘息の薬のテオフィリンなどの代謝を妨げて、腎臓や肝臓を傷める可能性がある。

万が一副作用が出てしまったら、痛風の激痛を取るか、重篤な副作用を取るか、究極の選択を迫られる――なんともヤバくて恐ろしい病気だ。

 

どんな副作用があるかわからない薬の力を借りずに、痛風の恐怖から逃れるには、生活習慣を変えて尿酸値を下げていくしかない。


おおはし

投稿者: 大橋医院

前へ
院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook