大橋院長の為になるブログ

2013.06.29更新



大橋医院は漢方診療に力を入れています。
木を見て森を見るが如し。
患者さんをしっかり観察  「望診」

患者さんのお話をしっかり聞く  「聞診」

患者さんと触れ合う   「触診」

これを大切にし、患者さんの証を見抜き、

虚証か実証か、 気、血、水が停滞しているか?順調に流れているか?

脈をとり、舌を観察、腹部の触診に力をいれ、診察をします。

漢方診療は患者さんにやさしい医療といえます。

岐阜県大垣市の大橋医院は漢方診療に力をいれ、高血圧、動脈硬化に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.06.29更新

「反復性腹痛」


「その子供の活動を障害するような腹痛発作が3ヶ月の間に3回以上ある。
年齢は3歳以上で、診察の前1年腹痛発作が持続していて、両親が腹痛に気がついていること。」
身体的疾患でなく、心身医学的対応を必要とする機能的な疾患と思われる。

1)頻度:3-15歳に分布しており、学童の11%に見られ、小学校入学以降の学齢期により増加傾向にある。

2)痛みの性状は、けいれん性、疝痛性で、部位はへそ周辺が多い。
毎日のもの週一回、一ヶ月に及ぶもの様々で、夜間に腹痛で目を覚ます。

3)原因は心因的なもの。

4)幹児を中心として家庭、学校、友人関係、性格など詳細な問診をする。

5)実際にお腹が痛むことを認めてやる。
小児及び家族の不安を取り除いてやる。
薬物は腹痛薬は補助的なもので、不安感の強い子にはジアゼパムが効果がある。


岐阜県大垣市の大橋医院は高血圧、動脈硬化、心臓疾患などに全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.06.28更新

PWV:pule wave velocity

脈波伝播速度といいます。

寝ているだけで、両手、両足の血圧を測り、
心音図を載せて5分間だけ、

あなたの血管が詰まっていないか、
あなたの血管がしなやかか硬いか
すぐにわかります。

血管年齢がわかるのです。
測定しませんか?


岐阜県大垣市の大橋医院は動脈硬化対策としてPWV(脈波伝播速度)を
測定しています。高血圧、動脈硬化、心疾患に全力を尽くします.

投稿者: 大橋医院

2013.06.28更新

「黄連解毒湯」

私は、尋常性乾癬に著効をしたので書きたいと思います。
その女性は、いくつもの皮膚科で尋常性乾癬を治療していました。
免疫不全が絡んでおり、高価な治療費を払うには、もう諦めていました。

当院で「尋常性乾癬」に駆血を読み取り、
   
     「黄連解毒湯」を処方しました。全身に広がった難治性の皮疹が
     急速に消えました。

比較的体力があり、のぼせ気味で、いらいらする傾向の方で、

喀血、吐血下血、脳溢血,高血圧、心悸亢進、ノイローゼ、皮膚掻痒症、胃炎

オウゴン、サンシン、オウレン、オウバクが含まれています。

のぼせ気味で、顔面紅潮し、精神不安、不眠、イライラ、などの精神症状を訴え、
1)心窩部の膨満感
2)喀血、吐血、下血に有効です。


岐阜県大垣市の大橋医院は高血圧、動脈硬化、漢方診療に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.06.26更新

「清暑益気湯」

暑気あたり、暑さによる食欲不振、下痢、全身倦怠感、夏やせ

ソウジュツ、ニンジン、バクモントウ、オウギ、チンビ、トウキ、オウバク、カンゾウ、ゴミンが含まれています。

比較的体力の低下した人で、食欲不振、全身倦怠感を訴える。

1)軟便、尿量減少、自然発汗、手足の熱感などを伴う場合

2)いわゆる夏やせ、夏まけに用いられる。


岐阜県大垣市の大橋医院は高血圧症、動脈硬化症、漢方診療に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.06.26更新

「呉茱臾湯」

手足の冷えやすい中等度以下の体力の人で、

習慣性頭痛、習慣性偏頭痛、嘔気、脚気、動悸

タイソウ、ニンジン、ゴシュユ、ショウキョウが含まれています。

比較的体力の低下した人で、反復性に起こる激しい頭痛を訴える場合に用いる。

1)項や肩のコリ
2)心窩部に膨満感、閉塞感あるいは親水温を認める場合に内服するとよいでしょう。

岐阜県大垣市の大橋医院は高血圧、動脈硬化、漢方診療に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.06.26更新

動脈硬化は加齢により誰でも起こりますが、
個人差が多く、その進展には食生活や運動不足などの
生活週間が大きく関与しています。

大変な病気にかからないためには、早期発見が秘訣。
血管の検診は定期的に受けましょう。

ABI(血管のつまり具合):(足関節/上腕関節)のあたいが低いほど、
足の血管が詰まっている可能性が高く、また心臓や脳などの臓器障害を併発するリスクが大きくなります。
ABIが0.6-0.9のひとは「ドロドロの血液が広がり、このままほおておくと血栓ができ、
血管が詰まってしまいます」

baPWV(血管のしなやかさ;血管年齢)が1700をこえると
臓器障害リスクが高まり、血管や臓器が悲鳴をあげています。
170以下の人は毛感がしなやかさを保ち心臓への負担を生じません。

当院では5分でこのABI(血管のつまり具合)とばPWV(血管年齢)を測定できます。
ぜひ受けに来てください。

岐阜県大垣市の大橋医院は高血圧症や動脈硬化対策に全力を尽くします。.

投稿者: 大橋医院

2013.06.25更新

「動脈の若さ、しなやかさ、柔らかさ、動脈硬化の程度を5分以内に、
痛くもなく測定します。

狭心症や心筋梗塞、脳出血などの臓器障害は、全死因の3割を占めており、
その原因は血管の障害です。
血圧や血液、心電図だけでなく、定期的に血管をチェックすることが大切です。

まず足関節と上腕血圧の比を測定します。

ABI検査(足関節/上腕血圧)が低い、足の動脈の狭窄の可能性が高くなります。
また、心臓や脳といった他の臓器障害の併発リスクも大きくなります。
ABIが高値(1.4以上)の場合、血管の中膜石灰化が疑われます。

しなやかな血管は第2の心臓としての役割を果たしています。
baPWVが高いほど(脈波伝播速度が速い)ほど、血管や臓器への負担が増すため、
心血管病のリスクは大きくなります。

当院での脈波伝播速度の定期検査を受けることをおすすめします。


岐阜県大垣市の大橋医院は高血圧、動脈硬化、狭心症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.06.24更新

当院では脈波伝播速度、つまり、
血管の硬さを測定できます。

寝ているだけです。所要時間3分、

あなたの足の詰まりはありませんか?

脳.心血管病のリスクはどうでしょうか?

「高血圧、高血糖、脂質異常、喫煙、過度の飲酒、肥満」
               血管の変化
 脳出血、狭心症、心筋梗塞、抹消動脈疾患

足関節/上腕血圧比(要注意0.6前後:正常:0.9-1.4、要注意:1.4以上

脈波伝播速度1400以下なら良いですが1700から2000を超えますと、心血管病リスクは増えます。

生活週間の改善位務めると共に、定期的に検査をすることを進めます。


岐阜県大垣市の大橋医院の院長は高血圧、動脈硬化、心臓疾患に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.06.21更新

急性大動脈解離と腎機能」

大動脈解離の予後予測に腎機能(eGFR)が有効である。
ただ、外科手術を行い、保存的治療を行われた患者さんが対象である。

これまでeGFRが心臓血管疾患の予後予測因子であるという方向がなされている。
2005年に胸腹部大動脈瘤の手術例で検討され、
2006年に冠動脈疾患や腹部大動脈瘤のステントグラフ治療例にも検討されている。
2008年には上行弓部大動脈手術症例にも検討例がある。

これらの研究でeGFRは血清クレアチニンよりかなり有益な情報である。
eGFRは普段の採血で、尿素窒素、クレアチニンがわかれば
計算式でeGFRはすぐにわかる。

このeGFRは腎臓の状態や心血管疾患を診ていく上に有益な譲歩なのである。

岐阜県大垣市の大橋医院は高血圧疾患を中心として、循環器疾患を全力を尽くしていきます。

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook