大橋院長の為になるブログ

2013.08.30更新

ボナロン「リセドロン酸トリウム錠」

毎週一回、決められた曜日に"1錠"を飲んでください。

朝、起きた時(食事の前に)1錠をコップ1敗約180cc)の
水道水かぬるま湯で飲んでください。

この薬をかんだり口の中で溶かしたりしないでください。

「飲んで30分間は水以外の飲食はせずに他のお薬も飲まないでください。」

「飲んで30分間は横にならないでください」


岐阜県大垣市の大橋医院の院長の大橋信昭は、高血圧症、プラセンタ、骨粗鬆症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.08.30更新

「防風聖散」
上記の漢方を一日、2回から3回、
食前、食感に飲みますと、
どっさり、「お通じ」があります。
下剤とは異なります。
爽快な排便です。
少し体が熱くなります。
皮下脂肪が燃えているのです。

お通じ爽快、体重減少、高血圧に伴う動悸、肩こり、
のぼせ、肥満症、むくみ、便秘に効果があります。


岐阜県大垣市の大橋医院の院長の大橋信昭は肥満、便秘、肩こりに漢方診療で全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.08.30更新

「ノイロトロピン」
はうさぎの抗炎症性物質を、人体に無害化したもので、
静注、点滴で摂取しますと、

1)夏バテ解消
2)疲労回復
3)関節痛
4)アレルギ性鼻炎
5)湿疹
6)蕁麻疹
7)冷感
8)異常感覚

に効果があります。
週に2-3回、接種に来てください。

岐阜県大垣市の大橋医院の院長の大橋信昭は高血圧症、プラセンタ、骨粗鬆症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.08.30更新

投稿者: 大橋医院

2013.08.29更新

「高安動脈炎」は、動脈外側壁より内膜側に進展する血管炎症群であり、
全身の炎症、血管炎による疼痛と血管狭窄、閉塞、拡張にによる症状を
認め、血流障害による各種臓器障害、動脈瘤を生じる。
脈なし病、大動脈炎症候群とも呼ばれる。
20-40歳の女性に好発する。
以下の4つに分類される。
1)大動脈弓部と弓部動脈が犯されるもの
2)胸部大動脈が犯されるもの
3)大動脈全体が犯されるもの
4)肺動脈がおかされるもの

<臨床症状>
発熱、全身倦怠感に加え、
a)脈拍.血圧の左右差
b)血管雑音
c)大動脈閉鎖不全による雑音
d)頭部乏血症状

<治療>
ステロイドが主体であり、必要に応じて血行再建術を行う。

岐阜県大垣市の大橋医院の院長の大橋信昭は高血圧症、糖尿病、動脈硬化に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.08.28更新

「メタボリック.シンドロームの診断基準」

A)ウェスト周囲徑:男性85c以上
            女性90cm以上

B)
!)高中性脂肪血症:150mb/dl以上
  高HDLコレステロール血症:40mg/dl未満
 のいずれか、またはいずれを満たさうもの

2)空腹時血糖:110mg/dl以上

3)収縮期血圧:130mmHg以上
  拡張器血圧:85mmHg以上
のいずれかを満たすもの

B)のうち!)"2)3)のなかkら2項目以上に該当


岐阜県大垣市の大橋医院の院長の大橋信昭は、高血圧症、糖尿病、動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.08.28更新

投稿者: 大橋医院

2013.08.27更新

「尿細官障害は心不全の重症度と貧血に関連」

心事故リスクは、慢性腎疾患(CKD)と尿細管障害は、心不全予後が最も不良。
MNP,左室駆出率、左室拡張機能と同様に尿細管障害は影響を及ぼす。

心不全研究の一般住民の尿細管障害が13%であり、
糸球体障害も起こしやすい。

心拍出量が低下して、腎虚血に陥りCKDwo併発する。

何故尿細管障害が関連してくるのかは詳しく分かっていない。

今後の研究の発展に望む。


岐阜県大垣市の大橋医院の院長の大橋信昭は、高血圧症、糖尿病、動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.08.26更新

{急性白血病}
1)小児では急性リンパ性白血病(ALL)が多いが、成人では急性骨髄性白血病(AML)が多い。
成人のAMLの発症60歳は以上に多い。
白血病細胞が急速に増殖し、正常な造血が抑制されるため、治療をしないと、数週間で致命的になる。
化学療法が憂苦であり、AMLの5年生存率は約40%であるが、60歳以上では生存期間は約10ヶ月と予後不良である。

2)臨床経過は急速であり、感染症による発熱、貧血症状、出血症状、を示す。

3)検査で抹消血は白血球、芽球の増加、貧血、血少板減少、

4)治療は「白血細胞胞の根絶」であり、化学療法でイ)寛解導入療法、ロ)地固め療法、ハ)維持療法からなる。


岐阜県大垣市の大橋医院の院長の大橋信昭は高血圧症、糖尿病、動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2013.08.24更新

PET:positron emission tomograhy:陽子放射線断層撮影)

PETは炭素、窒素、酸素、フッ素などのポジトロン(陽電子)放出同位元素
を用いた画像診断法で、脳血流、脳代謝の測定において
定量性にすぐれている。
癌の検査にも用いられ、比較的早期から癌細胞を発見できる。
なお、形態を正確にとらえるため、CTを同時に行うことが多い(PET-CT)

全国の専門施設で受信するには費用が高額であり、受診時.受診結果の
説明時には十分なインフォオームドコンセントが必要である。

岐阜県大垣市の大橋医院の院長の大橋信昭は、高血圧症、糖尿病、動脈硬化症に全力を、尽くします。

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook