大橋院長の為になるブログ

2020.04.30更新

Wellers 症候群:


【一発診断】胸が痛いんです…と60歳代男性
循環器疾患 / 一般内科疾患

おおはし高血圧・糖尿病・喫煙歴のある60歳代男性にみられた前胸部痛である。胸痛が消失した後の心電図にてV2-4誘導で二相性のT波を認め(画像1)、ST変化・異常Q波・R波の減高がなく、高感度トロポニンIが陰性であることからWellens症候群(不安定狭心症のひとつ)を疑った。緊急で冠動脈造影検査を施行したところ、左前下行枝近位部に狭窄病変を認めたため確診した。

Wellens症候群は、不安定狭心症の中で、胸痛が消失した時に前胸部誘導でT波の心電図変化を示すものをいう1)2)。重症度から、ST上昇型心筋梗塞(STEMI)に相当する心電図変化(STEMI equivalents)のひとつである。左前下行枝近位部の高度狭窄を示唆する1)2)。一過性の虚血によって生じた一時的な軽微な心筋障害を反映している1)2)。不安定狭心症で入院した症例の14-18%でみられ、①V2・V3誘導で対称性の深い陰性T波(時にV1・V4・V5・V6誘導を含む)(76%)、②V2・V3誘導で二相性T波(24%)、の2つに分類される3)。

診断基準としては、①最近の胸痛の既往、②胸部誘導で異常Q波がない、③胸部誘導でR波の減高がない、④心筋逸脱酵素の上昇がないか、あっても軽度(正常値の2倍まで)、⑤ST上昇がないか、あっても軽度(1mm以下)、⑥V2・V3誘導で対称性の深い陰性T波もしくは二相性T波、⑦胸痛が消失した時の心電図変化3)4)、などがある。左前下行枝に病変のある不安定狭心症における陰性T波の感度は69%、特異度は89%、陽性適中率は86%であり5)、胸痛時の心電図では正常化(pseudo-normalization)、もしくはST-T波の上昇がみられる2)3)。

本所見がみられた場合は、トレッドミル検査などの運動負荷試験は禁忌であり3)、早期に冠動脈造影検査からの再潅流療法を行う。未治療の場合、75%が1週間以内に心筋梗塞に進展する1)。

投稿者: 大橋医院

2020.04.29更新

シュバイツァー博士を考える:シュバイツァー博士は、ドイツで裕福な環境にありながら、「神学博士」「哲学博士」「医学博士」まで名誉もあり、それらを捨てて、ヒューマニスト、医療と伝道に

生きることを決意し、アフリカの赤道直下の国ガボンのランバレアのいて当地の住民への医療に生涯をささげます。「生命の畏敬」「究極の聖者」といわれる。生命への畏敬とは、シュヴァイツァーの思想と実践の根底にある考え方である。人間をはじめとして生命をもつあらゆる存在を敬い、大切にすることを意味する。彼は生命あるものすべてには、生きようとする意志が見出されるとする。この生きようとする意志は、自己を完全に実現しようとする意志である。シュヴァイツァーはこの事実から出発して、すべての人が自己の生きようとする意志を大切にすると同時に、自分と生きようとしている他の生命をも尊重しなければならないと考えた。それは自己と他者、および生命あるものとの共存をめざす考え方であり、アフリカでの医療活動はまさにその実践であった。

私は暖房の仲、書斎でアイスクリームをなめながら、国の命令を守り、StayHomeを実践しています。この先生には感服します。ノーベル賞当然です。私は、彼とは違い大垣の開業医として、頑張りますのでよろしくお願いします。おおはし 新型コロナ肺炎にも私は全力投球します。

投稿者: 大橋医院

2020.04.29更新

漢方治療に巡り合えて:私は35歳でもう開業しているが(今は66歳:昭和28年生まれ)、西洋医学だけで地域医療をしていると、なんだか物足りなくて、名古屋で漢方の勉強会があると聞いて、

吸い寄せらるようにその講義にでた。驚いた。講師は安城市で開業している広瀬滋之先生、すごいオーラだ。僕はこの先生に一瞬に惚れこんでしまい、彼の講義を追いかけるのである。犬山の漢方キャンプに始まり、診療所も見せていただいた。熱心なこと、たくさん本を書いておられ、すべて読んだ。やはり、漢方医学のバイブル、「黄帝内経」、張仲景の「傷寒論」は、夢中になり読んだ。

西洋医学は解剖学、生理学、臨床医学へ進む中で、漢方医学は、「気,血,水」という概念、「陰陽五行説」「虚実」など少し概念が違うが、しかし、漢方医学を学ぶと、患者さんと優しく接することができるのである。西洋医学では患者さんの不定愁訴をないがしろにしがちだが、漢方医学は患者さん全体をみて、患者さんが訴えること全てが、治療の参考になる。そして、患者さんと、お互いの気持ちを理解しあい、脈を優しくい取り、舌を観察し、舌の裏の舌下静脈をかんさつし、腹診といって、お腹を優しく触診する。すっかり信頼関係ができると、患者さんのしゃべること、しゃべること、そこから患者さんの人生観、生活、環境、家族関係、仕事の対人関係なども聞いちゃう。おおばあさんのお嫁さんの悪口は気を付ける。大概、おばあさんを心配している優しいお嫁さんだ。便秘といっても、漢方医学は、下剤が多くあり、どんな便秘か詳しく聞く、又、西洋医学ではできない、体を温めたり、冷やしたり、汗の出ぐあい、めまいも詳しく、即効性のある漢方薬もいっぱいある。多くの患者さんが漢方薬は長く飲まないと聞かないと思っているからだ。こむらがえりの芍薬甘草湯に始まり、感冒に関しては、即効性のある薬が多い。勉強すればするほど、患者さんの診察が楽しくなるし、漢方薬はおいしい。その患者さんと「証」があえば、その薬はおいしい。私の自慢の症例に「尋常性乾癬」という難治性の皮膚病があるが、その患者さんは西洋医学に多額なお金を出して膨大な薬を何種類と飲んでも治らなかったが私の「黄連解毒湯」で、今はきれいな皮膚である。家族風呂も一番に入れるし、温泉にも楽しめる。漢方には無限の患者さんに対する優しさがある。私はこの前、おおはしWeblestureを2時間聞いたが、竹ジョ温胆湯、半夏瀉心湯の素晴らしさを知った。今更ながら補中益気湯のオールマイティを知った。これからも西洋医学と仲良く使っていくつもりです。

投稿者: 大橋医院

2020.04.28更新

新型コロナ肺炎を心配している患者さん!37.5度以上で診察を拒否されている患者さん!

大橋医院 大垣市:0584-78-5305 は診察します。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.04.27更新

認知症:明日、認知症の人を18人、往診します。かわいそうです。自分が認知症と自覚している人はいない。家族介護も限界、家族崩壊、

しかし、一人一人丁寧に診察していくと、信頼関係ができます。認知症になると、被害妄想です。大概は、預金通帳を取られたという被害妄想になります。

盗んだ相手は、その老人を対尾編心配して、一生懸命介護している人です。その後異常行動、排便、排尿をトイレ以外でしてしまう。

オムツも引き出しに集める、怖いのが徘徊、とんでもない遠くまで行ってしまう、妄想、攻撃行為、、、とても大勢のCo-medicalで見ないと、だめです。

僕はこの認知症対策に全力を尽くします。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.04.27更新

感冒患者は診療所へ:厚生労働省の感冒などの軽い患者は自宅で静養しなさいという命令はおかしい。

感冒と思っても、何か重篤な病気が潜在しているかもしれない。私は感冒患者はしっかり診る。コロナなど怖がってはいけない。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.04.27更新

熱発患者なんか怖くない!私は37.5度であろうと、38度であろうと、新型コロナ肺炎を怖がって、診察拒否はしない。

困っている患者に最大限の努力をする、それが私の医師としてのモットーである。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.04.23更新


【一発診断】腰が痛いんです…と50歳代女性

上殿皮神経障害
50歳代にみられた姿勢・体動で悪化する腰痛で、右腸骨稜上の正中から約7cm外側に圧痛を認め、神経所見に異常がないことから上殿皮神経障害)を疑った。圧痛部位に局所麻酔薬を注射したところ痛みが改善したため確診した。


画像 上殿皮神経の走行
上殿皮神経障害は、上殿皮神経(第11胸神経~第4腰神経の後根神経の皮枝)が胸腰筋膜を貫く部位(腸骨稜を乗り越える周辺)で絞扼されて疼痛を来すものをいう。坐骨神経痛がない腰痛患者の1.6%を占めるといわれていたが3)、全腰痛患者の約14%との報告もあり、決して稀ではない1)。平均発症年齢は68歳であり1)、加齢、椎体骨折、傍脊柱筋の筋緊張などが原因となる1)4)。

上殿皮神経の支配領域に一致した腰部~上臀部痛、関連痛としての下肢痛(偽性坐骨神経痛)1)2)や鼡径部痛がみられ5)、痛みは長時間の坐位、歩行・起立・立位・後屈・回旋などの体動で増悪する1)。歩行に伴い、徐々に腰痛が出現して間欠性跛行がみられることもある2)。

腸骨稜上で正中から3-4cm(内側枝)、7-8cm外側(中間枝)に圧痛を認め、チネル徴候が陽性である3)。画像検査で異常はなく、治療は消炎鎮痛薬で対症療法2)や上殿皮神経ブロックを行う1)。数回の局所注射で68%の患者で症状が半減する。効果が不十分な場合は、外科的治療(上殿皮神経剥離術)を行う1)-3)。
おおはし」

投稿者: 大橋医院

2020.04.13更新

看護婦募集中:パート、午後3時半より6時半(月、火、木、金のみ)急募

投稿者: 大橋医院

2020.04.09更新

<新型コロナ肺炎を心配する患者さんへ>

特に若い世代の患者さんは、発熱、全身倦怠感、息切れ、味覚異常、嗅覚異常、咳などが出たときは、直接、当院へは来ないでください。

電話をしてください。大橋医院(0584-78-5305)か新型コロナ相談口(0584-73-1111)

時間外にスタッフがいないときに、内緒で大橋院長へ電話しないでください。積極的に保健所は相談します。

今までの若者は、私の前で、フランス、スペインから帰ってきたとか、発熱、咳でえらいと受付の事務員にいわずに、突然言います。

私は防護服を着て診察しますが、その暇もありません。若者はバラエティーばかり見ないで、安倍首相、東京都知事、ニュースは見てますか、見てください!おおはし

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile