大橋院長の為になるブログ

2020.05.11更新

パンデミ―:皆様、心不全は心臓のポンプ力(収縮する力)が低下して、心不全になると思っていませんか?そうではありません!ポンプ力(Ejectin Fraction:EF)といいます。

ですから駆出力の低下した心不全(Heart failure with redused Ejection Fraction:HFWREF)が当然と思っていました。しかし、超高齢化社会(私も66歳で)が顕著に進む中、

EFの低下しない心不全が意外にも多く、HFWREFより多く、駆出力の低下していない、保たれている心不全(heart failure with preserved Ejectin Fraction:HFWPEF)が多い

ということが数年前よりわかってきました。HFWPEFは、拡張(心臓は収縮と拡張を繰り返します。)の能力が低下した心不全で、予後が悪く、治療も苦労します。今、心不全が爆発的に増えています。

コロナの流行も第2波が暴発しそうです。こんな現象をパンデミ―といいます。よくないですね。今、見つけました。大垣公園にブラックデビルが!やっつけろ!おおはし

 

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile