大橋院長の為になるブログ

2019.05.17更新

無脾症候群とは
生まれつき脾臓が無い場合、先天性心疾患を合併することが多いです。その上、内臓が左右対称的となることが多いのです。
心臓、肺、腹部臓器はもともと左右対称に作られてはいません。心臓はどちらかというと胸郭の左側に位置しますし、左心室や右心室の形もそれぞれ異なります
内臓錯位症候群のうち、右側相同を呈する場合には、脾臓が無いことが多いのです。肺は左右とも3葉で、肝臓は左右対称に位置します。このような状態を無脾症あるいは無脾症候群と呼びます。50-90%に先天性心疾患を合併します。合併心疾患は、単心房、共通房室弁、単心室、総肺静脈還流異常、肺動脈閉鎖(狭窄)などが多いです。おおはし

投稿者: 大橋医院

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook