大橋院長の為になるブログ

2018.09.11更新

サルコイドーシスは全身諸臓器に類上皮細胞肉芽腫を形成する

中高年女性におおい、

症例の1/3で心症候を欠く

発疹、咳、発熱、関節痛、

心症状は高度房室ブロック、心室性不整脈にわかれる、

ガリウム、テクネシウムで異常集積が見られる

心内膜生繭、ACEやリゾチームの高値が見られる

ステロイド治療、不整脈、心不全、

投稿者: 大橋医院

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook