大橋院長の為になるブログ

2022.09.24更新

バセドウ病とは、甲状腺のはたらきが異常に活発になることで甲状腺ホルモンが過剰に産生される病気のことです。甲状腺ホルモンは、全身の臓器に作用して新陳代謝を促すホルモンであるため、バセドウ病を発症すると動悸・体重減少・手の震え・発汗などの身体的症状やイライラ感や落ち着きのなさといった精神的な症状が現れるようになります。発症頻度は1,000人に0.2~3.2人とされていますが、若い女性に発症しやすいのが特徴です。発症原因は甲状腺を刺激する抗体(特定の組織や細胞を攻撃するタンパク質)が産生されるようになることであり、免疫機能の異常によって発症する”自己免疫疾患”の1つとされています。バセドウ病は適切な治療をしないまま放置すると心不全や骨粗しょう症などを引き起こすリスクが高くなるため、早期発見・早期治療が重要です。また、日常生活でのストレスなどにより症状が急激に悪化する”甲状腺クリーゼ”に陥ることもあり、場合によっては命を落とすケースもありますのでバセドウ病と診断された場合は日常生活にも注意が必要となります。
原因
バセドウ病の原因は、甲状腺を刺激する”TSH受容体抗体”が体内で産生されるようになることです。甲状腺ホルモンは、脳の下垂体から分泌される”甲状腺刺激ホルモン(TSH)”が甲状腺を作る細胞表面に存在する”TSH受容体”に結合することによって甲状腺を刺激し、分泌が促されます。バセドウ病では、TSH受容体抗体がTSH受容体に結合し、甲状腺を過剰に刺激することで甲状腺ホルモンの過度な分泌が生じるのです。どのようなメカニズムでTSH受容体抗体が産生されるようになるのか、明確なメカニズムは解明されていません。しかし、バセドウ病は遺伝の関与も指摘されているほか、もともとバセドウ病になりやすい体質の人が過度なストレス・過労・重度な感染症・妊娠・出産などを契機に発症するケースも多いと考えられています。
症状
バセドウ病を発症すると甲状腺ホルモンの過剰分泌が引き起こされます。甲状腺ホルモンは全身の臓器に作用して新陳代謝を促す作用があります。また、バセドウ病は自律神経の一種である交感神経のはたらきを活性化するカテコールアミンの分泌量も過剰になることが知られています。その結果、動悸・体重減少・手の震え・過剰な発汗・下痢などの身体的症状、イライラ感・不眠・落ち着きのなさ・疲労感などといった精神的症状が見られるようになります。また、過度に刺激されることによって甲状腺は大きく腫れ、喉の違和感を自覚することも少なくありません。さらに、目を動かす筋肉や脂肪に炎症を引き起こすことで腫れを生じ、目が内側から押し出されるように見える”眼球突出”が現れるのもバセドウ病の典型的な症状の1つです。悪化するとまぶたや結膜に充血・目の動きの異常、ドライアイなどを引き起こします。さらに、バセドウ病は適切な治療をしないままの状態が続くと、心臓に過度な負担がかかって不整脈を引き起こしたり、心不全に至ったりするケースも少なくありません。また、骨の代謝が活発になることで骨が脆くなり、些細な刺激で骨折しやすくなる可能性があります。
検査・診断
症状や甲状腺の腫れなどからバセドウ病が疑われる場合は、次のような検査が行われます。
血液検査
バセドウ病の確定診断のためには血液検査が必要です。血液検査では、甲状腺ホルモン値、TSH値の測定、TSH受容体抗体の有無の判定が行われます。また、一般的な血液検査項目を調べて全身の状態を評価する必要もあります。
超音波検査
超音波を出す機械を喉に当てて甲状腺の状態を調べる検査です。甲状腺の大きさ、しこり、血流などを確認することができます。
アイソトープ検査
甲状腺はヨウ素やテクネチウムを取り込みやすいという性質があります。これを利用して放射線を放出するヨウ素やテクネチウム薬剤を服用して、甲状腺にどれくらい取り込まれるかを計測します。この検査では甲状腺ホルモンの上昇が甲状腺の機能に問題がないかどうかを調べます。
治療
薬物療法
基本的に、バセドウ病の治療は甲状腺ホルモンの分泌を抑える”抗甲状腺薬”を用いた薬物療法から行います。服用を続けると1~2か月ほどで甲状腺ホルモンは正常値となることが多いとされていますが、治療はTSH受容体抗体の産生がストップするまで続ける必要があるといわれています。
放射性ヨウ素内用療法
甲状腺はヨウ素が蓄積しやすい臓器です。その性質を利用したのが放射性物質を含むヨウ素を内服し、甲状腺に蓄積した放射性物質によって甲状腺組織の破壊を促す放射性ヨウ素内用療法です。甲状腺ホルモンを分泌する細胞が減少するため、バセドウ病の根本的な治療が望めます。
しかし、この治療法は実施できる施設や年齢が限られており、治療効果が高すぎると甲状腺ホルモン分泌量が過度に少なくなってしまうことがあります。
手術
バセドウ病のもっとも効果が高い治療法は、手術によって甲状腺自体を摘出することです。薬物療法などほかの治療法で十分な効果が見られない場合、副作用で薬物療法が行えない場合などに実施されます。
予防
バセドウ病ははっきりした発症メカニズムが解明されていないため、確立した予防方法はありません。しかし、バセドウ病は、薬物療法などを行っても強いストレスや疲れなどが生じると、急激に症状が悪化して甲状腺ホルモン量が激増する”甲状腺クリーゼ”を引き起こすことがあります。命に関わることも多いため、バセドウ病と診断された場合は適切な治療を続けるとともに、日ごろからリズムを整えてストレスや疲れがたまりにくい生活を心がけるようにしましょう。

 

投稿者: 大橋医院

2022.09.24更新

保険診療で、毛髪用剤(発毛剤、脱毛剤、染毛剤、養毛剤)があります。

次の疾患における脱毛防止並びに発毛促進/円形脱毛症、(多発性えんっ系脱毛症を含む)、悪性脱毛症、

びまん性脱毛症、壮年脱毛症,乾性脱毛症、尋常性白斑

一日2-3回適量を塗布または被髪部全体にふりかけ軽くマッサージ

投稿者: 大橋医院

2022.09.24更新

白雪点滴は生殖100mlにタチオン200㎎とメチコバールを混入し、1時間足らずで、点滴します。

肌の美白化、抗老化防止、。肝機能改善、抗酸化作用、体の代謝のサポート、抗酸化作用、免疫脳の改善、解毒作用もあります。

 

 

 

 

 

投稿者: 大橋医院

2022.09.24更新

<効能効果>

1)薬物中毒、アセトン血清嘔吐症(自家中毒、周期性嘔吐症)

2)慢性肝疾患における肝機能の改善

3)急性湿疹、慢性湿疹、皮膚炎、蕁麻疹、リール黒皮症、肝斑、炎症後の色素沈着、

4)妊娠悪阻、妊娠高血圧症候群

5)角膜損傷の治癒促進

6)放射線療法による白血球減少症、放射線宿酔、放射線による口腔粘膜の炎症

7)メラトニン産制抑制による肌の若返り、美化、白色化

(用法、用量)

通常成人には、グルタチオンとして一回100-200㎎を溶解液にて溶解し、一日一回筋肉内または静脈内に注射する。

尚、年齢、症状により適宜増減する。

投稿者: 大橋医院

2022.09.23更新

タチオン注射用100㎎の静注、点滴にて、肌の美白化、メラニン産制の抑制、肌の若返りを頑張ろう!

投稿者: 大橋医院

2022.09.23更新

コタローヨクイニン:

ヨクイニン
効能又は効果
青年性扁平疣贅、尋常性疣贅。
用法及び用量
ヨクイニンエキスとして、通常成人1日1.0〜2.0gを3回に分割経口投与する。(ヨクイニンエキス錠「コタロー」は、通常成人1日9〜18錠を3回に分割経口投与する)
なお、年齢、症状により適宜増減する。

イボを取り、美しい肌になりましょう。kotaro-.jpg

投稿者: 大橋医院

2022.09.23更新

美容医療におけるトランサミンのメカニズム
シミや肝斑など、色素沈着の原因となるのはメラニンです。
紫外線やニキビなどの影響によってメラニン色素が生成され、そのメラニン色素が過剰に蓄積していくことで肌に色素沈着が生じます。
10代や20代などの若い世代であれば、肌の代謝やターンオーバーが活性化されているため、多少メラニン色素が生成されたとしても、過剰に蓄積してしまう(シミになってしまう)というリスクは少ないです。
しかし、年齢とともに肌のターンオーバーが低下し、代謝も落ちていくため、どうしてもメラニン色素が蓄積しやすくなってしまいます。
そのため、30代以降の方がシミを予防していくためには、「そもそもメラニン色素を生成させない」ことが重要になり、メラニン色素を生成させないようにするのがトランサミンです。
トらンサミンの薬理作用には「抗プラスミン作用」や「プロスタグランジン抑制作用」などがあり、これらの薬理作用を通してメラニンの生成を阻害します。
以上をまとめると、トラネンサミンは、「メラニンの生成「メラニンの生成を阻害することで、シミや肝斑などの色素沈着を予防する」ということになります。
すでに出来たシミには効果がないの?
繰り返しますが、トランサミンの効果は「メラニン生成を抑制する」ということです。
すでにできているシミを消していくという作用ではなく、肌のターンオーバーを促進するということでもありません。
そのため、トランサミン酸の効果としては、将来的なシミや色素沈着を未然に予防していくというようなイメージの方が近いのかもしれません。
しかし、トランサミンは、「すでにできてしまったシミや肝斑」に対しても効果があります。
メラニンというのは日々の生活の中でも徐々に蓄積されてしまいます。
日常生活の中でどうしても当たってしまう紫外線(生活紫外線)、ニキビや虫刺されなどの皮膚の炎症、かゆみなどで皮膚をかいてしまった跡など、どれだけ生活に気をつけていたとしても、様々な理由でメラニン色素は蓄積されていきます。
しかし、日常的にトランサミンを使用することで、メラニン色素が蓄積されないように予防していくことが可能となり、自然な肌の代謝によって、既にできてしまったシミをどんどん消していくことができるようになる可能性があります。
トランサミンが直接的にアプローチするのはメラニン生成の抑制ですが、メラニンの蓄積を阻害することで、間接的にすでにできてしまったシミに対してもアプローチすることが可能となります。
トランサミンの投与方法は?
美容医療におけるトランサミンの投与方法としては、経口もしくは注射(点滴)があります。
トランサミンを外用薬のようにして肌に塗布するといったような使用方法が提案されることがあるようですが、あくまでも、
トランサミンの用法用量としては「経口もしくは注射」です。
トランサミンを肌に直接塗布するといったことを提案された際には、少し怪しい話である可能性が高いため注意しましょう。
トランサミンの有効性が確認されているのは、「経口投与」と「注射投与」です。

 

 

投稿者: 大橋医院

2022.09.22更新

ニューヨークの株の大暴落から、世界大不況が始まり、資源の持たざる国と持つ国に分かれた。大不況で、第一次大戦のペナルティーも背負ったドイツは、ナチスを作り、ポーランドに侵略し、イギリス、フランスの激怒を買い、ヨーロッパは血の海となりフランスもナチスに侵略された。ナチスはソビエトと不可侵条約を結び、その魔の手は中近東から、アフリカへ向かった。USA国民は、この戦争に反対であった。しかし、石油資源に凍結された日本はパールハーバーを奇襲し、USAのトルーマン大統領は、国民に第2次世界大戦への参戦を説得した。ナチスは独ソ不可侵条約を破り、侵略したが、大失敗し、ソビエト連邦の西への大逆進が始まった。あっという間に東ヨーロッパを支配し、ベルリンまで進攻した。このままではヨーロッパは社会主義国家になってしまう。USAは捨て身でノルマンジーからヨーロッパ戦線は参加することに成功した。NATO,.USA,ナチス、ソ連の激戦になったが、ナチスは、モスクワ、スターリングラードで大敗し、負け戦の連続で、ベルリンをソ連にはぎとられ、ヒットラーは自殺した。ここにナチスは、消滅した。ヨーロッパは、USAが率いる自由主義とソビエトの社会主義になった。日本は、資源の補給を絶たれ、北は満州から東南アジアまで、また太平洋まで進攻したが、敗戦となった。日本人はアジア人を苦しめたのではない。長いことヨーロッパの支配された植民とからの解放を成し遂げた。このあと、アジアではヨーロッパからの独立戦争を起こし、日本の援助の、おかげでアジアは独立した。中国の中華人民共和国と中華民国の分列、朝鮮戦争は北朝鮮が半島を独占しようとしたが、USAの命がけの攻防で北緯37度線で停戦した。以降、ソビエト率いる共産主義とUSA率いる自由主義の冷戦になるが、キューバ危機にあったように核戦争を起してはいけない。ケネディーは、そのルールを危なくし暗殺された。

今のプーチンはウクライナへ侵略したが、知らぬ間に世界第三次世界大戦へ導いている。ウクライナの民間人の大虐殺をしながら、首都キエフまで攻めながら、敗退し、世界から孤立化し、後退を続け、世界にロシア軍の脆弱性を見せつけてしまった。囚人から北朝鮮人、自国民30万を駆り立て、再度ウクライナを取り戻そうとして居るが、困難である。プーチンの余りの暴挙にロシア国内で反乱がおこり、革命がおこりプーチンの命とロシアの分裂が目前である。USAは弱体化し、中国はいつ台湾侵略するか、分からず、日本の使命は大であるが、今の政府は無能である。

プーチンがかき乱したヨーロッパ、世界経済を混乱させたプーチンは消滅すべきである。周金平率いる中国、東南アジアも不安定であるし、世界の警察官であったUSAはその地位を放棄した。

今後の世界が、大混乱にならないように、無実の一般市民が流血しないようにねがうばかりだ。(大橋信昭)

 

 

 

投稿者: 大橋医院

2022.09.21更新

 私は往診カバンでございますが、かなり高齢化しておりまして、院長は廃棄処分にしようと何度も考えておりますが、私にとって暖かい診療所のstbaffにより修復を繰り返し今日まで生き長らえております。

 

 その患者は、喉頭癌では肺転移、脳転移まで至っておりました。もう根治の方法はありません。終末をどうするのか御家族は悩んでおられました。息子さんはDR,娘さんが看護師でいらっしゃいまして、院長は家族と何回も話し合いをなされました.一つは延命至上主義のもと、中核病院に紹介し、心停止まで現代医学の技術全てを注ぐという考えです。二つ目はホスピス施設を探すという考えですが、この近くにそんな施設はございません。三つ目は在宅ホスピスという考えです。しばらく、在宅で院長は、私:往診カバンを車に載せ何回も通っておられました。

 家族は終末をどうするか、かなり悩んでおられました。院長はこうおっしゃられました。「ご本人のご自宅で、愛犬もいるし、好きな音楽も流れ、家族に見守られ、これ以上の施設があるでしょうか?」息子さんのDr,娘さんの看護師もいらっしゃいましたが、ご家族が看取られ、静かに昇天されました。

 

 院長は私:往診カバンにモルヒネをよく入れておられましたが、患者さんの苦痛を考えれば当然のことでございます。最後の一週間は、院長はICUと変わらぬような体制で患者宅に通いましたがので疲労困憊でした。院長は憂さ晴らしにかなりお酒をお飲みになりましたが、私:往診かばんは休めませんので院長の体調が心配でなりません。

 

 そのおばあさんは99歳で肺がん末期でありました。お嫁さんと院長は話し合われました。お嫁さんは「もう年なんですから、先生、家で面倒見てください」と簡単に言われました。さて、院長と私:往診カバンが患者宅に行きました。おじいさんは一人きりなのです。朝、牛乳とパンを与えられ、昼は配給弁当です。おじいさんは苦痛の中、ほとんど食べておられません。院長は頻回に私:往診カバンを連れて、布団の中から起こしてあげ、食事を口の元に運んだり、無くなった奥さんの話をしておられました。おじいさんは涙を流し、よく院長を話し相手に呼びつけました。当然、私:往診カバンも付き合いました。

 院長は最後の死に水を引き取るつもりでしたが、お嫁さんが勝手に近くの病院へ無理やり入院させ、暫くして患者さんの死亡を聞かされました。「人の一生は何なのか?」と、院長はお怒りになられ私:往診カバンをひっぱたかれました。私も高齢化しておりますので、八つ当たりはご勘弁を願います。

 

 老夫婦がやっと二人暮らししておりました。おばあさんが急速に衰え、アルツハイマーからの廃用症候群で、あっという間になくなりました。院長は残されたおじいさんを心肺され、私:往診カバンを自転車の前カバンにのせ何回もおじいさんのお宅に向かいました。

 おじいさんも徐々に体力が低下し、介護度も悪化していく中いろいろお話されました。「私は、戦争中、中国に行き,お国の指示とはいえ今では考えられない極悪非道を繰り返した」というのです。「夜、夢枕に被害者が立つ」といいます。おびえながら、苦しみながら朝、昇天されました。

 「この人こそ戦争の犠牲者だ」と、また私:往診カバンを院長室のソファーに投げつけました。もう私もそろそろ施設入所を考えていますので、院長様、私に当たらないでください。

 その患者さんは肺がんを院長により診断され、骨転移もあり、在宅でターミナルを迎えることを家族との話し合いで結論しました。お元気な頃は、犬の散歩に付き合いながら好きなタバコを吸っておられました。しかし、やがて歩けなくなり、食べれなくなり、院長は私:往診カバンの中に点滴セットをいれ、日参しておりました。好きなタバコを吸いながら安らかに永眠されました。棺にはたくさんのお好きなタバコが入っておりました。

 

 私:往診カバンは知っております.ターミナルにはいろいろあります。「延命至上主義」「在宅でのホスピス(尊厳死)」「病院での尊厳死」「介護施設での尊厳死」etc。

 日本全体でターミナルを考えねばなりません。老化、各種疾患で自分の親が食べられなくなッた時、日本人はどうするのか。死ぬ20分前に「中核病院へ搬送してください」と急に意見を変える家族が多いです。それは、患者にとって本当に幸せでしょうか?院長は、私:往診カバンにいつも八つ当たりしますが、私ももうごめんです。一度国民全体でターミナルについて全国レベルで話し合う必要があります。お願いします。もうこれ以上、私:往診カバンが院長の虐待に会いますと、もう火葬されてしまいます。皆様、私:往診カバンを院長の横暴からお助けください。

 欧米では食べられなくなりますと、医療全てを撤退すると聴いております。やさしい日本人は患者ごとに、ターミナルを話し合います。医療費、介護費の問題もありますが、やはり日本人はやさしいのです。ターミナルに解決がありません。

 私:往診カバンは院長に八つ当たりされても、この在宅医療に付き合ってまいります。

投稿者: 大橋医院

2022.09.20更新

タチオン(内服、点滴)で美白、

更年期障害にプラセンタ(メリスモン)

<」お肌をきれいに}ビオチン酸、タチオン、トランサミン、シナール、ハイチオール、ビタメジン、ビタノイリン、トコフェノール、

ユビカテレノン、タウリン酸、アリナミンF、オメガ―3脂肪酸、ハイゼット、イコサペント酸エチル、>

肌に良い漢方薬

<夏やせにツムラ清暑益気湯、補中益気湯。 、<ねあせ:ツムラ十全大補湯、人参栄養湯、> <多汗症>防己黄耆湯、補中益気湯、

<手足、腰の冷え:半夏白朮伝馬湯、十全大補湯、温経湯、人参栄養湯、

<皮膚病>防己黄耆湯、><皮膚掻痒症:黄連解毒湯、当帰因子、六味丸、牛車腎気丸>」

、<老人性掻痒症:真武湯、><中耳炎>葛根湯

 

「恋をしましょう、恋をして、浮いた、浮いたで暮らしましょう、昔の人は言いました。”恋をするほど艶がでる。恋をするほど艶が出る>

 

投稿者: 大橋医院

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile