大橋院長の為になるブログ

2020.10.14更新

咳き込む:

小児科では「子どもは小さな大人ではない」という格言がよく知られていますが、咳嗽診療についても成人と小児では大きく違います。成人の長引く咳嗽では、咳喘息、気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などが主な原因であるのに対し、小児咳嗽の主な原因は呼吸器感染症です。小児と成人両方診ているというクリニックの先生もいると思いますが、診療内容の違いから総合病院くらいの規模になると、小児科と内科で分業されているのが実情かと思います。

 成人との違いとして、小児では喫煙していないこと、環境の影響を受けやすいこと、先天性の肺の問題などが挙げられます。また、小児では被曝の問題であまりX線を撮れない、肺活量の検査が難しいなど、検査がしづらいという診療上の問題もあり、成人と同じルールで診療を進めるのは難しいと思います。また、小児では心因性の咳嗽も多いといわれています。

3週間、8週間で区切られた咳嗽の3つの分類――「長引く咳」という訴えの解釈
――次に、咳嗽の分類について伺います。ガイドラインでは咳嗽を持続期間で分類しています。成人咳嗽におけるその分類をどう解釈し、診療を進めていけばよいのでしょうか。

 咳嗽の持続期間が3週間未満を急性咳嗽、3週間以上8週間未満を遷延性咳嗽、8週間以上続く場合を慢性咳嗽と分類しています。急性咳嗽というと、強い咳症状があるという印象を持つかもしれませんが、あくまでも咳の持続期間による分類です。

 急性咳嗽の原因として頻度が高いのはいわゆる「風邪」です。急性咳嗽の期間は「風邪を疑う期間」と考えていただければよいかと思います。急性咳嗽を3週間未満としたのはさまざまな論文のデータから、風邪症状が続くのは長くてもだいたい3週間弱だった、ということを根拠としています。

 急性咳嗽に続き、3-8週間未満まで咳嗽が続く遷延性咳嗽においても「咳以外の全ての風邪症状は治った状態」である感染後咳嗽の頻度が最も高くなります。感染後咳嗽は通常、自然軽快します。ただ、この遷延性咳嗽の期間中の半数程度で慢性咳嗽の原因である咳喘息や喘息などの可能性が出てくるので、注意して診ていく必要があります。

 患者さんの「長引く咳」という訴えは、患者さんの捉え方で大きく変わります。1週間で長いと感じる人もいれば、2カ月続いても風邪と言う人もいます。専門医としては、1週間程度であれば「風邪でしょう」となりますが、2カ月続いても風邪と言い張る人は「さすがに長過ぎでしょう」となります。

明確な定義のない喀痰による咳嗽の分類――手強いのはどちら?
――咳嗽のもう一つの大きな分類である乾性咳嗽と湿性咳嗽についてはいかがでしょうか。

 喀痰の有無による分類なのですが、実は明確な定義はありません。簡単に表現すると、痰を出すために出る咳が湿性咳嗽、痰がほとんどなく咳が主なものを乾性咳嗽としています。ただ、難しいのは少量の喀痰を伴う場合も乾性咳嗽と分類することです。では、どっちなんだということにはなりますが(笑)、一つ言えるのは、湿性咳嗽は「咳のたびに痰が出る、痰を出すための咳」であることでしょう。

 診療をしていて手強いのは、やはり乾性咳嗽です。湿性咳嗽の場合、喀痰という検査材料があり、X線やCTを撮れば何かしらの肺の異常を示す所見が見つかります。しかし、乾性咳嗽の場合、咳症状だけでは専門家でも診断しようがない場合もあり、より手強いと感じます。咳嗽診療においては、痰は非常に臨床的意義が大きいです。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.10.14更新

PCR検査希望の方:

明日10時以降に検査キットが手に入ります。午後は、揖斐の病院へ仕事に行っています。(毎週水曜日午後)

月曜日、火曜日。木曜日、金曜日は午前9時より12時まで、と午後3時半より6時半まで、PCR検査を希望の方は、一階の駐車場の車の中でお待ちください。

保険診療で行います。院長が会いますので、車の中で、患者さんからお話を聞いて、必要ならば、経鼻粘膜ぬぐい液で検査差せててもらいます。15分後に陽性か、陰性か判定できます。

同時にインフルエンザのテストもします。陰性の方も、車の中でプライバシーを厳守して、診察します。陽性の方は紹介状を書いて、大垣市民病院の救急外来、発熱センターへ行ってもらいます。

38℃前後の熱で、全身倦怠感、咳、息苦しい、味覚障害、嗅覚障害、などの方は検査します。前もって来院される方はご連絡願います。

一般の患者さん(高血圧症、糖尿病、高脂血症、、、、)とは接触しないように配慮させてもらいます。

非情に新型コロナを疑い、お急ぎの方は、時間を問わずに大橋医院までご連絡ください。下の駐車場でお待ちください。一般の待合室へ、突然入ることは、絶対控えてください。

まだ、厚生労働省の通達が日々、更新していますので、ご迷惑をかけます。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.10.13更新

シニア女性の物忘れに銅が関与

銅が多く含まれる食品;かき、魚介類、レバー、なっつ、大豆、ココア

銅の不足は貧血を招きます。サプリメントで銅を極端に過剰摂取しないことです。

銅の摂取量が多いシニア世代の女性は、物忘れが多いことが明らかになった。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科茨城県地域産科婦人科学講座の寺内公一氏らの研究による結果で、詳細は「Food Science & Nutrition」7月1日オンライン版に掲載された。

 閉経期や閉経後の女性は、閉経前女性に比較して記憶障害が多いことが報告されている。その原因として、女性ホルモンの分泌量低下のほか、摂取栄養素との関係を示唆する海外からの報告も見られるが、詳細は分かっていない。そこで寺内氏らは、日本人女性を対象とする横断研究を行い、栄養摂取状況と物忘れの重症度との相関を検討した。

 研究対象者は、2009年1月~2017年8月に東京医科歯科大学病院の更年期外来を受診し栄養教育プログラムを受けた40歳以上の患者のうち、食事調査および生活の質(QOL)や不安・うつに関する調査に回答した245人(平均年齢53.4±6.8歳)。ホルモン補充療法を受けている人や子宮摘出術既往者、向精神薬服用者、閉経状態が不明の人などは除外した。

 物忘れの重症度は、本人の自覚を基に、物忘れの頻度が月に0~1回の場合を「物忘れなし」、週1~2回を「軽度」、週に3~4回を「中等度」、ほぼ毎日を「重度」と4段階に分類した。それぞれの該当者数は同順に、82人(33.5%)、87人(35.5%)、39人(15.9%)、37人(15.1%)だった。

 この4群間に、年齢や閉経状態(閉経前/閉経期/閉経後の人が占める割合)、BMI、除脂肪体重、併存疾患、喫煙・飲酒・身体活動習慣などの有意差はなかった。ただし、物忘れの重症度が高いほど、不眠や不安、抑うつなどの訴えが多く、生活満足度が低かった。また、物忘れの重症度と有意な関連のある摂取栄養素は見つからなかった。

 次に、対象者全体を40~54歳の中年群(166人)と、55歳以上のシニア群(79人)に分類した上で同様の検討を行った。すると、中年群では全体解析と結果が変わらず、物忘れの重症度と摂取栄養素の相関は見られなかった。一方、シニア群では、カリウム、マグネシウム、銅、ビタミンB1の摂取量が多いほど物忘れが重症という有意な関連が認められた。また摂取栄養素以外では、身体の自覚症状、生活満足度、不安、抑うつなども物忘れと有意に関連していた。

 これら、有意な関連が見られた因子を独立変数とする多重ロジスティック回帰分析の結果、栄養素の中では銅の摂取量のみが引き続き有意な因子として残った〔10mg/kJ/日あたりの調整オッズ比(aOR)1.34(95%信頼区間1.11~1.66)、P=0.004〕。さらに、年齢やBMI、その他の背景因子を加えて調整しても、銅の摂取量が多いことは、やはり物忘れの重症度と有意に関連していた〔aOR1.25(1.08~1.50)、P=0.006〕。

 この結果から著者らは、「銅の過剰摂取は高齢日本人女性の主観的な物忘れの重症度と正の関連がある。銅の摂取量を減らすことが、高齢女性の物忘れ症状を抑制するかもしれない」と述べている。銅の過剰摂取が物忘れにつながる機序については、「アミノ酸と結合した銅の一部は血液脳関門を通過して脳に到達し、酸化ストレスや細胞障害を惹起する可能性がある」などの考察を加えている。

 サプリなど買わないで、上記の食事で銅を普通にとってください。おおはし

 

投稿者: 大橋医院

2020.10.12更新

睡眠:

<睡眠障害の重要性>
眠ること、すなわち、周期的に繰り返す、意識を喪失する生理的な状態のことである[1]。ねむりとも言う。体の動きが止まり、外的刺激に対する反応が低下して意識も失われているが、簡単に目覚める状態のことをこう呼んでいる。ヒトは通常は昼間に活動し、夜間に睡眠をとる。
ヒトの睡眠中は、急速眼球運動(レム, REM)が生じ、ノンレム睡眠であるステージIからステージIVの4段階と、レム睡眠を、周期90~110分で反復する。睡眠は、心身の休息、身体の細胞レベルでの修復、また記憶の再構成など高次脳機能にも深く関わっているとされる。下垂体前葉は、睡眠中に2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する。放出間隔は睡眠によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は睡眠時に特に促進される。また、睡眠不足は身体にとってストレスである。
睡眠時に脳波を観察していると徐波が現れる、すなわち、深いノンレム睡眠が起こるのは哺乳類の大部分と鳥類に限られ、爬虫類や両生類や魚類では睡眠時に徐波が現れないことが知られている。急速眼球運動 (Rapid Eye Movement) を伴う睡眠をレム睡眠 (Rapid eye movement sleep、REM sleep)、ステージI - IVのように急速眼球運動を伴わない睡眠をまとめてノンレム睡眠 (Non-rapid eye movement sleep、Non-REM sleep)と呼ぶ
生涯における睡眠の変化[編集]
新生児では断続的に1日あたり16時間の睡眠をとり、2歳児で9〜12時間、成人は(健康な人では)一晩で6〜9時間の睡眠を必要とする[3]。パターンの推移としては、乳幼児期における短時間の睡眠を多数回とるというパターンから、成人になるにつれ一度にまとまった睡眠をとるというパターンへと推移していく。
高齢になると、昼間に何度も居眠りし夜間は数時間しか眠らないというパターンになる[3]。睡眠の深さも浅くなり、ノンレム睡眠が完全に消失していることもある[4]。高齢者が睡眠不足や不眠で悩まされやすくなるのはこのためである。ただし、個人差があるため必ずしも全ての高齢者で睡眠が短くなっているわけではない。
睡眠が不足すると、生命にとって大切な「免疫力」「自然治癒力」などに悪影響があり、成長ホルモンの分泌にも変調をきたす。乳幼児・幼児・青少年では身体の成長に悪影響があり、身長が伸びにくくなる。睡眠不足によって胃や腸の調子が悪くなる人も多い。顔はむくみ、顔色や皮膚の状態は目に見えて悪くなる。また、睡眠不足は肥満を招きがちである。精神的には、気分に悪影響があり、鬱(あるいは躁状態や鬱状態の不安定な変化)、不機嫌、人間関係の悪化を招く。また、脳の基本機能である記憶力、集中力などに悪影響があり、結果として学生では学業(勉強)の効果に、成人では仕事の質に深刻な影響を及ぼす。後者では、仕事のミスが増え、肉体労働者においては深刻な傷害を負ったり、死亡事故に遭う確率(労働災害発生率)を増加させてしまうことが各種労働統計によって明らかにされている。
• 睡眠時間が短い人は、血中の食欲を抑えるレプチンが少なく食欲を増進させるグレリンが多い。その結果、睡眠時間が短くなるほど食欲が亢進しやすく肥満になるリスクが高くなる[20]。
• 慢性的な寝不足状態にある人は高血圧、糖尿病、脂質異常症、心筋梗塞、狭心症などの冠動脈疾患や脳血管障害といった生活習慣病に罹りやすい[21]。また、免疫力を低下させ、インフルエンザなどの感染症や癌の誘因や増悪因子になる[22]。
• 脳は睡眠中に、昼間体感・学習した情報から余分な情報を省いて効率よく整理し、長期的な感覚や記憶として処理する機能があることから、睡眠不足は子どもの身体能力や学業成績に多大な影響を及ぼす。学びの内容を処理するための睡眠量が削られていくことは、学習量が増加傾向にある子どもたちにとって深刻である。[23]。
• 夜更かしした翌日に長時間睡眠をとって寝不足を解消することは可能だが、前日に長時間睡眠することで翌日に夜更かしするなどといった「寝貯め」はできないとされている。また、前者のような「まとめ寝」も、寝不足は解消できるが、睡眠の質が下がったり、心身のバランスやリズムを崩すため好ましくないとされる。
睡眠時に障害を抱える人が増加中
最近、睡眠に関連した多くの症状が問題となっています。
「睡眠時無呼吸症候群」と聞くと、“太った中年男性に多い”というイメージを持つ人が多いでしょう。しかし、やせている女性にも増えているのが現状です。
大半の場合、太くなった首の肉が、睡眠中に気道をふさいでしまうことで起こるのが原因といわれています。しかし、やせている人でも、下あごが重いために気道をふさいでしまう場合があるのです。そもそも下あごには、大きな骨と重い舌があります。仰向けになった時にその下あごが下がって気道をふさぎ、睡眠時無呼吸症候群を引き起こすのです。 無呼吸を繰り返すと、血液中の酸素濃度が30%前後下がってしまうことがあります。すると突然血圧が上がったり、血流が速くなったりします。そのため心臓や脳に梗塞などの障害が起こり、命にかかわるケースも考えられるのです。
治療法としてはマスクを鼻に装着して、睡眠中にも気道に空気を送り続けるCPAP療法が普及しています。また、下あごが上あごより上に位置するように保つマウスピースも登場しています。
女性に多くみられ、睡眠中に無意識に食べ物や飲み物を摂ってしまうのが「睡眠関連食行動障害」です。原因は以下の二つが考えられています。
• 子どもが寝ぼけるような状態が成人まで治らずに残ってしまい、それが食行動に変わってしまう。
• 日常生活のストレスが寝ている間に爆発してしまい、食行動に変化してしまう。
戸棚や冷蔵庫を開けて食べ物を取り出すだけでなく、調理までしてしまう場合もあります。夢遊病と合体して、深夜にコンビニまで買い物に出てしまうこともあるのです。問題なのは、自分の行動を制御できないため、悩み苦しんでしまうことです。ひどい場合にはうつ病を発症するケースもあるといわれています。
現時点では、決定的な治療法は定まっていません。しかし、他の睡眠障害に伴った二次性障害の場合には、原因となった睡眠障害の治療を優先。また、ストレスが原因と考えられる場合には、ストレスの低減を優先して行われています。
「レム睡眠行動障害」によって、本人や隣で寝ている人がケガをする事例も多く報告されています。
本来レム睡眠時には、夢を見るものの筋肉は動かないようにできています。しかし、筋肉を動かないようにするシステムが何らかの原因で働かなくなり、筋肉が動くようになってしまうことで起こる障害です。そのため、夢を見ているとおりに体が動いてしまうのです。見ているのが悪夢だった場合、相手に反応して手を振り上げたり喧嘩の状態になったり、そこから逃れようと実際に走り出したりします。その結果、隣で寝ている人がけがをしたり、本人が壁やガラス窓に激突する場合も増えているのです。
レム睡眠行動障害の主な原因は、脳の加齢による神経伝達障害やストレス、過度の飲酒といわれており、大半が50歳以上の男性です。薬による対症療法はありますが、根本を治療する方法は現在確立されていません。
また、「むずむず脚症候群」によって、睡眠の質が悪くなるケースもあります。
足の内部がほてったりしびれたり、虫が這うような感覚が起こるもので、多くの場合は動かないときに症状が現れます。そのため睡眠が妨げられ、日中に眠気が起こったり、日常生活に支障をきたしてしまうのです。
神経伝達物質・ドーパミンの機能低下や遺伝によるもの、鉄分の代謝異常などが原因と考えられていますが、特定はされていません。
夜間の睡眠とは異なる話ですが、昼間に耐えがたい眠気に襲われる「ナルコレプシー」も最近話題となっています。
前日によく寝たかどうかにかかわらず、仕事中でも学校の授業中でも、緊張するようなシチュエーションであっても眠気が襲ってくるのが特徴。しかも1日に数回、1~2時間おきに起こるため、対処が難しいのです。
脳内のたんぱく質で、神経伝達物質の一種であるオレキシンの欠乏が原因と考えられています(※)。規則正しい睡眠をとり、計画的に30分以内の昼寝をすることで緩和される場合が多く、中枢神経刺激剤などの睡眠導入剤による薬物治療も行われます。
これらの症状は、放っておいては改善されにくいものがほとんどです。日常生活に支障をきたすようでしたら、睡眠外来やスリープクリニックといった専門医を受診することをお勧めします。
いずれにせよ、質のいい睡眠は健康生活の基本。まずは自分の睡眠の状態を知り、自分に合った環境を考えることで、より良い睡眠を目指しましょう。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.10.12更新

コーヒーは大腸がんの発症,進行を抑制、

コーヒーを飲むことで、大腸がんの進行を遅らせることができる可能性が、米メイヨー・クリニックのChristopher Mackintosh氏らによる研究で示唆された。研究結果の詳細は、「JAMA Oncology」9月17日オンライン版に発表された。

 この研究は、未治療の局所進行性または転移性大腸がん患者を対象に実施された、がんの治療に関する大規模臨床試験の参加者の一部を対象にしたもの。同研究への参加者は、研究への登録時に質問票により、日々摂取する食事や飲料について報告していた。本研究で解析に含められたのは総計1,171人で、694人(59%)が男性、年齢中央値は59歳だった。

 追跡期間中央値5.4年の間に、死亡またはがんが進行した患者は1,092人(93%)だった。解析の結果、コーヒーの摂取量が多いほど、がんの進行と死亡のリスクが低下することが明らかになった(コーヒー摂取が1日1杯増加するごとのハザード比はそれぞれ、0.95、0.93)。また、コーヒーを1日2~3杯摂取する人では、コーヒーを摂取しない人と比べた全生存期間(OS)のハザード比は0.82(95%信頼区間0.67~1.00)、無増悪生存期間(PFS)のハザード比は0.82(同0.68~0.99)であった。コーヒーを1日4杯以上摂取している人では、得られるベネフィットはさらに大きく、コーヒーを摂取しない人と比べたハザード比は、OSで0.64(同0.46~0.87)、PFSで0.78(同0.59~1.05)であった。さらに、こうしたコーヒーの有益性は、カフェイン入りのコーヒーだけでなく、カフェインレスのコーヒーでも認められた。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.10.11更新

新型コロナ診療.検査医療機関指定通知書:岐阜県知事より頂きました。早速、一般の健康診断を受けに来た人や、高血圧症、糖尿病、高塩血症などに迷惑をかけてはいけません。

しかし、県から,「遅滞なく、新型コロナウィルス感染部情報.管理システム(以下「HERS-pSYS」)に必要な情報を入力し、HERS-IDの管理IDも与えられていません。

また、感染防具もコロナ疑い一例ごとにいただくなっています。まだいただいていません。ここで、10月10日に厚生労働省は、PCR陰性、陽性でも、FAX,原本は保健所に届けること、と通知が来ました。検査キッドもクイックナビーCoVId19Ag 保険適用が手に入れます。患者さんの御負担は、6000円以上と、診察料を含めてかなりの御負担でしょう。これも、日々改善されるかもしれません。

陰性も、陽性も保険所に、陽性者は、今のところ、大垣市民病院の発熱外来へ行っていただくしかありません。

私の診療所は、まだ県からの正式感染対策道具がもらってえいません。キッドは手に入りそうです。しかし、一階駐車場から新型コロナを疑う患者は大橋医院に電話していただくと助かります。院長の大橋医師が感染防具策をして、検査をします。また、県のホームページと違いますが、電話していただき、バイタルが保たれば、午後、誰も一般患者さんがいない時、又診療後、午後7時以降に院長大橋信昭がPCR検査をしようと考えています。最初から大垣市民病院は発熱外来をたて、PCRを積極的に検査しておられます。大垣市医師会の玄関のプレハブでのドライブスルー方式のPCR検査をリyおうしていただくとありがたいです。当院は、まだ10月12日には検査体制が完成しておりません。

投稿者: 大橋医院

2020.10.10更新

Marfan症候群:

マルファン症候群は幅広い表現型を持つ,全身性の結合組織障害である.マルファン症候群の特徴的症状は視覚器系,骨格系,循環器系に現れる. FBN1遺伝子の変異が,マルファン症候群の単発的な症候から,新生児期に認められる多臓器にわたる重症で急速に進行する症候にまで広範な表現型の発現に関わっている.近視はマルファン症候群の最も一般的な眼の症状であり,約60%の患者に見られる水晶体偏位は,特徴的な所見である.マルファン症候群の患者は網膜剥離,緑内障,早期白内障の発症リスクが高い.骨格系の症状は骨の過形成と関節の弛緩によって特徴づけられる.四肢は体幹に対して不均衡に長くなる(クモ状肢).肋骨の過形成は胸骨を押し込んだり(漏斗胸),押し出したりする(鳩胸).脊柱側彎症は一般的な症状であり,軽度な場合も重度で進行性の場合もある.マルファン症候群の病状と早期死亡の主要な病因は,循環器系に関係したものである.循環器系の特徴的症状にはバルサルバ洞を含む上行大動脈の拡張,大動脈の断裂や破裂,血液の逆流を伴う事もある僧帽弁逸脱,三尖弁逸脱,近位の肺動脈拡張などがある.適切な治療により,マルファン症候群の患者の平均余命は一般人の平均余命に近いものになる.

診断・検査 

マルファン症候群は家族歴と多臓器における特徴的所見に基づいて臨床的に診断される.マルファン症候群の臨床的な診断基準はすでに確立されている.診断の4大所見はバルサルバ洞レベルの大動脈拡張もしくは解離,水晶体脱臼,硬膜拡張,8つの骨所見のうち4つを有すること,である.マルファン症候群に関与している唯一の遺伝子であるFBN1の分子遺伝学的検査は臨床的に利用可能で,70-93%の患者で変異が同定される.

臨床的マネジメント 

マルファン症候群の臨床的マネジメントには遺伝医学,循環器,眼科,整形外科,胸部外科の専門科によるチームアプローチが必要である.多くの眼症状は眼鏡によって調整できる.水晶体脱臼に対しては水晶体摘出が必要となる.成長が完了していれば人工水晶体の植え込みを行う.側彎症に対しては脊柱の外科的固定が必要となる.漏斗胸も外科的治療を要する場合がある.矯正具やアーチサポート(訳注:土踏まずの部分がふくらんだ靴底)は偏平足による下肢疲労や筋痙攣を改善する.大動脈壁の血行動態によるストレス負荷を軽減する薬剤,たとえばベータ遮断薬が診断時もしくはたとえ診断が確定していない場合でも大動脈拡張の進行を抑制するために投与される.ベータ遮断薬が使用できないときはベラパミルが用いられる.成人や年長小児で大動脈径が5 cmを超える場合,拡張速度が1 cm/年に達する場合あるいは大動脈弁逆流が進行する場合は外科的修復が必要となる.うっ血性心不全をきたしている場合は後負荷を軽減する薬剤が奏功する.定期観察では上行大動脈の状態を把握するための超音波検査を毎年行う.

成人で大動脈基部の径が4.5 cmを超える場合,拡張速度が0.5 cm/年を超える場合,明白な大動脈弁逆流を生じた場合はより頻繁な観察が必要となる.マルファン症候群を疑わせる所見を持つ場合や発端者における症状が軽微な場合は親族に対する超音波検査が必要となる.

罹患者は身体接触を伴う競技や競争,アイソメトリックな運動を避け,中等度の有酸素運動にとどめるべきである.充血除去剤やカフェインを含む,心血管系を刺激する薬剤も避け,再発性気胸の危険がある場合には気道抵抗に対抗するような呼吸や陽圧呼吸管理も避けるべきである.歯科治療に際しては,亜急性細菌性心内膜炎の予防を行う.

遺伝カウンセリング 

マルファン症候群は常染色体優性の遺伝形式をとる.マルファン症候群と診断された人の約75%は両親のどちらかがマルファン症候群に罹患している.残りの約25%の人たちは新生突然変異による遺伝子変異の結果として発症している.発端者の同胞のリスクは両親の状況に依存している.もし親が罹患者であれば,その子が病気になるリスクは50%である.もしマルファン症候群の子が臨床的に非罹患の健康な両親から生まれたら,その子は家系内において新規の変異を有したのであって,同胞が持つリスクは50%よりもはるかに少ないと考えられるが,一般のリスクよりは高い.なぜならば,体細胞や生殖細胞系列のモザイクの存在が報告されているからである.マルファン症候群を罹患している親から生まれた子が,変異アレルや疾患を受け継ぐリスクは50%である.

マルファン症候群の出生前診断は,リスクのある妊娠において(両親のいずれかが罹患している事が判明している場合),病気を起こす遺伝子変異がその家系の罹患者により明らかにされている場合や,連鎖(解析の結果)が出生前診断に先立って確認されている場合には,連鎖解析と遺伝子変異の分析のいずれを用いても(技術的には)可能である.しかしマルファン症候群のような,主に成人になってから発症し,知能や寿命に影響しない疾患の出生前診断の依頼はあまり一般的ではない.

診断

臨床診断

マルファン症候群は家族歴や多臓器における特徴的症状の観察にもとづく臨床的診断名である.マルファン症候群の臨床的診断のための基準が確立されている.

家族歴 マルファン症候群の家族歴がない場合,2つの器官に主症状と,他にもう1つ副症状が観察されなければならない.
発端者にマルファン症候群の診断が下されたら,一度近親の診断に必要なのは1つの器官系の主症状と,他にもう1つ副症状が観察されることである.これらの診断基準は,これはすでにマルファン症候群に関連するFBN1遺伝子の変異や,マルファン症候群の家系内で同定されたFBN1遺伝子変異を持っていると判明した人にも適応できる.このように,病気に対する遺伝的素因の記録が存在する場合でさえ,マルファン症候群と診断するためには臨床的な徴候を観察しなければいけない.おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.10.09更新

Coffieは大腸癌発症抑製

おおはしコーヒーを飲むことで、大腸がんの進行を遅らせることができる可能性が、米メイヨー・クリニックのChristopher Mackintosh氏らによる研究で示唆された。研究結果の詳細は、「JAMA Oncology」9月17日オンライン版に発表された。

 この研究は、未治療の局所進行性または転移性大腸がん患者を対象に実施された、がんの治療に関する大規模臨床試験の参加者の一部を対象にしたもの。同研究への参加者は、研究への登録時に質問票により、日々摂取する食事や飲料について報告していた。本研究で解析に含められたのは総計1,171人で、694人(59%)が男性、年齢中央値は59歳だった。

 追跡期間中央値5.4年の間に、死亡またはがんが進行した患者は1,092人(93%)だった。解析の結果、コーヒーの摂取量が多いほど、がんの進行と死亡のリスクが低下することが明らかになった(コーヒー摂取が1日1杯増加するごとのハザード比はそれぞれ、0.95、0.93)。また、コーヒーを1日2~3杯摂取する人では、コーヒーを摂取しない人と比べた全生存期間(OS)のハザード比は0.82(95%信頼区間0.67~1.00)、無増悪生存期間(PFS)のハザード比は0.82(同0.68~0.99)であった。コーヒーを1日4杯以上摂取している人では、得られるベネフィットはさらに大きく、コーヒーを摂取しない人と比べたハザード比は、OSで0.64(同0.46~0.87)、PFSで0.78(同0.59~1.05)であった。さらに、こうしたコーヒーの有益性は、カフェイン入りのコーヒーだけでなく、カフェインレスのコーヒーでも認められた。

 Mackintosh氏によると、原発巣からがんが転移した転移性大腸がんのほとんどは、治癒は難しいという。それでも同氏は「食事や運動などのさまざまな生活習慣の要因が、転移性大腸がん患者の生存期間の延長に関連していることが明らかにされている」と指摘。その上で、「われわれの研究では、化学療法で治療中の進行性または転移性大腸がん患者のうち、コーヒーを飲む習慣がある人は、がんの進行が遅く、生存期間が長いことが示された」と述べている。

 ただし、Mackintosh氏らは、「この研究によって、コーヒー摂取と、死亡リスクの低下や、がんの進行抑制との因果関係が証明されたわけではない」と強調。また、この研究結果を受けて、大腸がん患者がいきなりコーヒーを大量に飲むことのないよう注意を呼び掛けている。

 その上でMackintosh氏は、「コーヒーにより予後が悪化することはないので、コーヒー好きの大腸がん患者は、安心して飲み続けても良いことを示唆する研究結果ではある。ただし、そのような判断は、必ず個別に医療の専門家と相談して下すべきものではあるが」と述べている。

 今回の報告を受けて、米国立がん研究所(NCI)代謝疫学部門のErikka Loftfield氏は、「コーヒーには、抗酸化作用や抗炎症作用を有するポリフェノールなど、さまざまな成分が含まれている。また、カフェインは腸の運動性を高める可能性がある」と説明し、こうしたコーヒーの含有成分の作用がMackintosh氏らの研究で示された結果の背景にあるのではないかとの見方を示している。

投稿者: 大橋医院

2020.10.09更新

【独自】70代男性、コロナ感染後「大血管炎」...成人で「世界初」事例〔読売新聞〕
2020年10月07日 11:23
3名の先生が役に立ったと考えています。
 国立国際医療研究センター(東京)は、70歳代の男性が新型コロナウイルスに感染後、大動脈など太い血管に炎症が起きる「大血管炎」を発症したことを明らかにした。小児では感染後、全身の血管に炎症が起きる「川崎病」の発症例がある。同センターは、成人が新型コロナに感染後、大血管炎を起こした事例は、世界で初の報告になるとしている。

 報告によると、男性は今春、発熱とせきの症状を訴えて入院。新型コロナの感染が確認された。

 CT(コンピューター断層撮影法)検査などをしたところ、腹部から左右の脚にかけて動脈に炎症を起こしている様子がみられた。

 男性はこれまでに血管炎を患ったことがなかった。こうしたことから、同センターは新型コロナの感染後の発症と判断した。非ステロイド性抗炎症薬を投与すると熱は下がり、大血管炎は確認されなくなった。

 同センターの大曲貴夫・国際感染症センター長は「新型コロナに感染して発熱が続く場合は、大人でもこの血管炎の事例のように合併症などを起こしている可能性があり、注意が必要だ」と指摘している。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.10.08更新

高齢者の股関節骨折:

股関節を骨折した高齢患者では自殺リスクが高いという韓国の研究報告が、「The Journal of Bone & Joint Surgery」6月17日号に掲載された。

 乙支大学(韓国)のSuk-Yong Jang氏らは、韓国健康保険制度高齢者コホート(60歳以上)を用い、股関節骨折後の自殺のハザード比の変化を調査。股関節骨折患者1万1,477例と、傾向スコアが一致した2万2.954例(対照群)のデータを用いた。

 平均4.59年の追跡(15万8,139人年)の結果、170例の自殺があった。180日目、365日目までの比較では、股関節骨折患者は対照群に比べ自殺リスクが高く、骨折群では180日間に14例の自殺が認められた(10万人年あたり266.1)。自殺リスクは、骨折群のほうが対象群より高かった(ハザード比2.97)。

 「一般集団で高齢者の自殺率が高いことを考慮しても、股関節を骨折した高齢者の自殺リスクは非常に高い。過去の研究における他の疾患に関連した自殺率と比べても、高齢股関節骨折患者の自殺率は高い」と著者らは述べている。おおはし

投稿者: 大橋医院

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile