大橋院長の為になるブログ

2021.05.20更新

入院Covid-19,トリシズマブで転機改善:

英国で低酸素症と全身性炎症がある新型コロナウイルス感染症(COVID-19)入院成人患者を対象に、トシリズマブの効果を無作為化対照非盲検プラットフォーム試験(RECOVERY試験)で評価。患者を通常治療群と通常治療+トシリズマブ投与群に均等に割り付けた。

 2020年4月23日から2021年1月24日の間にRECOVERY試験に登録した2万1550例のうち成人4116例を評価対象とした。そのうち3385例(82%)に全身性コルチコステロイドを投与していた。主要評価項目に規定した28日以内の死亡率は、トシリズマブ群31%(2022例中621例)と、通常治療群35%(2094例中729例)だった(率比0.85、95%CI 0.76-0.94、P=0.0028)。事前に定めた全下位集団で一貫した結果が得られた。28日以内の退院率はトシリズマブ群の方が高かった(57% vs. 50%、率比1.22、同1.12-1.33、P<0.0001)。ベースラインで侵襲的機械換気が不要だった場合、トシリズマブ群の方が侵襲的機械換気または死亡の複合評価項目に至る割合が低かった(35% vs. 42%、リスク比0.84、同0.77-0.92、P<0.0001)。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.19更新

万能コロナワクチンの開発成功は近い:

新型コロナウイルスや他のコロナウイルスに対しても万能の防御効果を持つ可能性を秘めた、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンが、現在、開発段階にある。しかも、このワクチンにかかるコストは、1回分当たりわずか1ドル(約109円)足らずだという。

 このワクチンの開発に関わっている、米バージニア大学小児感染症学教授のSteven Zeichner氏によると、動物を用いた研究で、このワクチン投与により、ブタに感染するコロナウイルスである豚流行性下痢ウイルス(PEDV)からブタを守ることができたことから、新型コロナウイルスを含む幅広いコロナウイルスに有効である可能性が示されたという。この研究結果は、「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」5月4日号に掲載された。

 今回、Zeichner氏らが報告したワクチンは、新型コロナウイルスが人間の細胞内に侵入する際に重要な役割を果たすスパイクタンパク質の中にある、“ウイルス融合ペプチド”と呼ばれる領域を標的としたもの。ウイルス融合ペプチドは、基本的に全てのコロナウイルスに存在し、変異することもほとんどないとみられている。

 開発中のワクチンは、遺伝子組み換え技術により人間の健康に悪影響を与える部分を取り除いた大腸菌を用いたもの。大腸菌の表面に、標的とするコロナウイルスの融合ペプチドを発現させた上で大腸菌を不活化させ、人間あるいは動物に注射する。すると、免疫システムがそれを侵入者と認識して防御反応が起きる。つまり、人間の細胞から産生される物質ではなく、注射した細菌そのものが免疫反応を引き起こすのだ。

 Zeichner氏によると、PEDVとCOVID-19の原因となる2種類のコロナウイルスは、「互いにつながりはあるが、遠い親戚のようなもの」だという。そのため、同氏は「この新型コロナウイルスワクチンが、PEDVに対して効果があったということは、さまざまな新型コロナウイルスの変異株に対しても幅広く効果を発揮する可能性がかなり高いということだ」との見方を示している。ただし、今回の研究では、このワクチンはブタを重症化から守ることはできたが、感染を予防することはできなかったという。結果は有望ではあるが、Zeichner氏は、「今後、さらなる研究が必要だ」としている。

 また、コストの低さもこのワクチンの利点の一つだ。COVID-19に対して現在使用されているmRNAワクチンは、1回分当たり約10ドル(約1,090円)のコストがかかる。この価格は、発展途上国の人々にとっては大きな負担になり得る。一方、Zeichner氏によると、このワクチンのコストは1回当たり1ドル足らずであり、大きな発酵槽を使って製造すればコストをさらに下げられる可能性もあるという。さらに、こうした全細胞性の不活化ワクチンは、冷却管理を要するだけなので、超低温での管理が必要なmRNAワクチンよりも輸送が容易だ。

 今回の研究報告を受けて、米ジョンズ・ホプキンス大学健康安全保障センターのAmesh Adalja氏は、「一般的な風邪は、その約25%が新型コロナウイルス以外のコロナウイルスを原因としたものだ。それらもまた、感染症による大きな脅威となりつつある」と指摘。その上で、「コロナウイルスを生物学的な脅威とみなす必要がなくなれば、メリットは大きい。それを達成するにはユニバーサルワクチンが最善の方法になるだろう」との見方を示している。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.18更新

ファイザー社製ワクチンは医療者の無症候性感染も予防:

イスラエル・テルアビブの3次医療施設で、医療従事者6710例(平均44.3歳、女性66.5%)を対象に、BNT162b2ワクチン(ファイザー社・ビオンテック社製)接種と新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染の関連性を後ろ向きコホート研究で評価した。

 中央値63日間の追跡調査で、5953例(88.7%)がBNT162b2ワクチンを1回以上接種し、5517例(82.2%)が2回接種を完了し、757例(11.3%)が未接種だった。ワクチン接種者は、未接種者よりも年齢が高く(平均年齢44.8歳 vs. 40.7歳)、男性の割合が高かった(31.4% vs. 17.7%)。ワクチン接種完了群8例、未接種群38例が症候性SARS-CoV-2に感染した[10万人日当たりの発生率4.7 vs. 149.8、調整疾患発生率比(IRR)0.03、95%CI 0.01-0.06)。接種完了群19例、未接種群17例が無症候性SARS-CoV-2に感染した(同11.3 vs. 67.0、調整IRR 0.14、0.07-0.31)。この結果は、傾向スコアによる感度分析でも定性的変化はなかった。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.17更新

看護婦急募

看護婦さん、診療所で楽しく働きましょう。

看護婦さんを募集しています。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.15更新

2回接種でほぼ全員に抗体 ファイザー製で川崎医大:

ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを2回接種した医療従事者594人の血液を調べたところ、593人(99・8%)が抗体を獲得していたとの調査速報を、川崎医大(岡山県倉敷市)の中野貴司(なかの・たかし)教授(感染症学)らが13日発表した。

 この抗体にウイルスの感染を防ぐ機能があるかは調べていないが、大半の人で抗体は大きく増えており、発症予防の効果が期待できるとみている。今後は抗体の持続期間を追跡調査する。

 調査対象は、大学の運営法人に所属する医療従事者で20~80代の男女。シスメックス(神戸市)のキットで、ウイルスが細胞にとりつく際に使うスパイクタンパク質に対する抗体の量を測った。

 接種前は全員が抗体陰性だったが、2回目の接種後には593人が陽性と判定できた。抗体の量は、20代がシ社が設けた陽性判定基準値の平均33倍、60代で21倍だった。

 また接種を受けた782人のうち2人で、1回目の接種後に重いアレルギー反応「アナフィラキシー」が起きた。他に11人が2回の接種いずれかの後に発疹やかゆみなどアレルギー症状を訴えた。おおはし

 

投稿者: 大橋医院

2021.05.14更新

ファイザー製のワクチンは「変異株」にも効果:

 横浜市立大学のグループは5月12日、ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを2回接種した医療従事者105人のうち、89%に当たる93人で、国内でこれまで流行していた従来株と主要な変異株の計8株に対する中和抗体が確認されたと発表した。免疫逃避が懸念されている南アフリカ株でも90%に当たる94人で中和抗体が確認できた。従来株に感染歴があるとみられる6人でも調べたところ、全員が1回の接種で主要変異株の中和抗体を獲得していた。同大学術院医学群臨床統計学教授の山中竹春氏は「現在のスパイクタンパク質の変異程度であれば、既存のファイザー製ワクチンでかなりの部分対応できる可能性がある」と、変異株が拡大する中でも既に承認済みのワクチンが効力を発揮するとの認識を示した。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.13更新

Covid-19のストレスに負けない運動の勧め:

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックに伴うストレスを解消するために、運動が効果的であることが報告された。しかしその一方で、COVID-19のストレスや不安のために、運動をする気力が低下している人も少なくないことが明らかになった。マクマスター大学(カナダ)のJennifer Heisz氏らの研究の結果であり、詳細は「PLOS ONE」に4月1日掲載された。

 Heisz氏らは、COVID-19パンデミックにより人々の身体活動に取り組む動機や障壁がどのように変化したかを把握し、かつ、その変化がメンタルヘルスに及ぼす影響を明らかにするため、オンライン調査を実施した。調査実施期間は2020年4月23日~6月30日で、1,669人から有効回答を得た。

 回答者の82.4%は女性で、年齢は18~29歳が36.9%、30~45歳が25.8%、46~65歳が28.0%、66歳以上が9.2%であり、85.6%はカナダ国内からの回答だった。また、大半(91.9%)の人は少なくとも4週間以上、社会的に孤立した状態に置かれていると回答した。

 身体活動量はパンデミック前と比較して有意に減少していた。例えば1週間当たりの有酸素運動の実施時間は22分(-11%、P<0.05)、高強度運動は32分(-30%、P<0.01)それぞれ減少し、反対に座位行動は週当たり33分増加していた(+11%、P<0.01)。パンデミックはまた、心理的ストレスのスコアを22%増大させていた(P<0.01)。

 パンデミックにより身体活動量が大きく減少した人は、メンタルヘルスが大きく悪化し、反対にパンデミック中も身体活動量を維持できていた人は、メンタルヘルスの変化が少ないことも分かった。具体的には、身体活動量の変化量と、うつレベル(r=-0.21)、不安レベル(r=-0.12)との間に、負の相関が認められた(いずれもP<0.01)。

 運動を行う上での障壁のうち、パンデミック前との比較で大きく増加した事柄として、不安の増大(8ポイント増)、社会的支援の不足(6ポイント増)、運動できる環境(機器やスペース)へのアクセスの問題(41ポイント増)などが挙げられた。

 運動をする動機についても、以下のような変化が見られた。パンデミック前に比較し、体重減少(7ポイント減)や体力の維持(14ポイント減)などの身体的健康に関連する事柄が減少した一方、不安の緩和(14ポイント増)をはじめとするメンタルヘルスに関連する事柄が増加していた。

 Heisz氏は、この結果を「COVID-19パンデミックという状況においても、運動を行っている人は不安が少ないようだ。それにもかかわらず多くの人は直面している不安が大きすぎて、運動の継続に支障が生じている。うつに関しても同じようなことが言える。つまり、運動はうつレベルを低下させるにもかかわらず、社会的孤立の影響でうつレベルが既に上昇している人は、運動をしようとする意欲が低下してしまっている」とまとめている。その上で同氏は、「パンデミックによる健康への影響を最小限に抑え、メンタルヘルスの危機を抑制するために身体活動量を維持すべきであり、身体活動量を維持するためのメンタルヘルス上のサポートも必要だろう」と述べている。

 著者らは、パンデミック中に身体活動量を維持するためのアドバイスとして、以下のポイントを掲げている。
・どんな運動でも、何もしないよりはした方が良い。
・毎日少しでも体を動かす。
・運動中に不安を感じた時は、運動強度を下げる。
・座位時間はこまめに区切って、立ち上がったり歩き回ったりする行動を差し挟む。
・運動する時間をスケジュールに入れておく。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.12更新

新型コロナワクチンの接種対象を12歳以上に拡大へ:

 米ファイザーは、新型コロナウイルスワクチンの接種対象者を12歳以上に拡大する薬事手続きを日本でも開始した。現在は16歳以上が対象だが、12~15歳の青年層に適応を広げる。添付文書を改訂するかたちで進める。また、ワクチン保管条件の緩和手続きも行う。認められれば、一般医療用冷蔵庫で最大1カ月の保管が可能になる。

 同社は約2300人の12~15歳を対象にした臨床試験を米国で行い、発症予防効果を示す有効率が100%だったと3月に発表した。この結果を基に各国・地域で対象年齢拡大の手続きを進めている。今月5日に緊急承認されたカナダに続き、米国や欧州も審査中。日本でも同様の適応拡大を目指し、医薬品医療機器総合機構(PMDA)と協議に入った。薬事承認ではなく、添付文書を改訂する方法で手続きする。

 さらに若年層の開発も進め、9月には2~11歳、11月には生後5カ月以上に対する適応追加も米国などで申請を始める。

 ワクチンの保管・輸送条件もさらに緩和する。現在は2~8度Cの医療用冷蔵庫で保管できる期間は5日間までだが、最大1カ月保管できることを確認したデータがまとまった。マイナス70度C前後対応の特殊な冷凍庫を使わず、マイナス20度Cの通常冷凍庫で長距離輸送できることも確認した。これらの試験データを米国当局にこのほど提出し、日本などでも同様の手続きを進める方針。

 希釈調製不要な新製剤も開発中で、8月には米国で申請する予定。現状、冷蔵庫で10週間、保管できるデータを得ている。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.11更新

看護婦さんを求人しています。

委細面談。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.10更新

看護師さん募集中

0584-78-5305へ電話してください。

大垣市伝馬町104-1:大橋医院へ来てください。おおはし

投稿者: 大橋医院

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile