大橋院長の為になるブログ

2020.05.15更新

社会的距離 (social distance)、自宅待機による支援の減少
 感染制御のため、物理的・社会的な交流が止められることに併せて社会的支援も喪失します。経済的な安定が失われ、自由に移動する自律性も失われます。
 医療・介護においては、訪問が制限され、入院患者、入所者は面会が禁止となり、親しい人から隔離されたと感じる場面が増えます。エンド・オブ・ライフの臨床では、患者・家族が直接別れを告げられないことや、患者・医療者とのコミュニケーションの制限(訪室が減る、防御服をかぶっての訪室のため親しみやすさが減る)、家族・医療者とのコミュニケーションの制限(面会機会が減る、重要な報告でも電話で行われる)などが生じます。特に、COVID-19の感染では、遺体と直接接することも困難です。看取りにおいて遺体を重視してきたわが国では、COVID-19が悲嘆に関して複雑で深い影響を与える可能性があります。
 これらの変化は、社会的支援の減少につながります。また、治療や死などのイベントへの準備が欠如しがちになる、悪いイベントは衝撃と共に伝えられ、罪悪感を引き起こし、複雑性悲嘆につながりやすくなるといった影響が考えられます。
 特に問題となるのは、COVID-19に感染した人の家族の反応です。社会的に要請されたルールを守らなかった結果、感染した場合、感染を広めてしまった場合、葬儀においても社会的な支援を得ることができず、通常悲しむ場面でもそれが許されないことも起こり、遺族が孤立することが想定されます。
 ここで重要なことは、社会的なつながりを絶たれないための支援を継続することです。感染防御上直接の面会が難しい場合には、ネットや動画を用いたコミュニケーションを確保することも一つの方法になります。遺族に対しては、継続したフォローアップが求められるのではないでしょうか。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.14更新

新型コロナ「ネコ同士」の感染拡大!:

 新型コロナウイルスの感染はネコ同士でも広がっていくことを東京大医科学研究所の河岡義裕教授らのチームが13日付の米医学誌電子版に発表した。感染したネコには明らかな症状は出なかった。ペットが気付かないうちに感染する可能性があるとして、河岡教授は「外に出さないよう気をつけてほしい」と話している。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.12更新

COVID-19感染力は発症前から発症5日後まで持続 :

台湾で、2020年1月15日から3月18日の間に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者100例とその濃厚接触者2761例を対象に、発症時期による2次感染率などを推定した。最終追跡日は4月2日だった。

 COVID-19の確定診断にはRT-PCR検査を用いた。濃厚接触者は、調査期間中に個人用防護具(PPE)を着用せずCOVID-19患者(初発症例)と対面で15分以上接触した者、医療施設ではPPEを着用せず発端者と2メートル以内の距離で接触した者と定義。濃厚接触者を発端者が発症した日、場合によっては発症から4日前までさかのぼった日を起点として追跡した。濃厚接触者は14日間自宅待機とし、待機中に発熱や咳咳などの呼吸器症状が現れた場合、RT-PCR検査を実施した。 

2次感染例のうち18例が発症し、2次発症率は0.7%(95%信頼区間0.4-1.0%)だった。2次感染例は全例が、初発症例が発症してから5日以内に接触していた。また、2次発症率は、発端者の発症5日以内に接触した1818例では1.0%(同0.6-1.6%)だったのに対し、発症6日以降に接触した852例では1例も認められなかった。2次感染リスクは、発端者の発症前に接触した735例でも高く、2次発症率は1.0%(同0.5-2.0%)だった。

 2次発症率は、家庭内接触者(4.6%、同2.3-9.3%)および家庭以外で家族と接触した者(5.3%、同2.1-12.8%)の方が医療従事者よりも高かった。このほか、2次発症率は、特に40-59歳(1.1%、同0.6-2.1%)および60歳以上(0.9%、同0.3-2.6%)の年齢層で高かった。 おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.12更新

新型コロナ:新型コロナ 「殺す気か」牙むく市民 疲弊する保健所職員 法改正で統廃合、弱体化 :型コロナウイルス対策の最前線に立つ大阪市保健所で、専従職員の過酷な勤務実態が明らかになった。市内の区役所で保健所の窓口業務に追われる職員も休日出勤が続き、疲労はピークに達している。全国各地で保健所の業務が切迫している背景には、1990年代以降の行政改革による保健所削減の影響もあり、専門家は「国主導で早期に体制強化を検討すべきだ」と問題提起している。
 「受話器を置いたらすぐ電話が鳴って、市民から『やっと出た』と言われる」。中央区役所の保健福祉センターで4月下旬、市民らからの電話相談にあたる西岡隆課長代理は疲れをにじませた。
 4台の電話は午前9時の相談開始からひっきりなしに着信音が鳴る。多い日は健康相談を中心に50件を超え、応対は1件あたり1時間以上に及ぶ場合もある。
 症状や体温、直近の行動歴など必要な情報を聞き取り、PCR検査の要否や病院での受診を検討する。しかし関係者によると、対応に不満を持つ市民から「俺を殺す気か」などと罵声を浴びることもあるという。
 中央区は心斎橋などの繁華街を抱え、企業から感染者が出た際の対策の問い合わせも頻繁にある。看護師資格を持つ3人の臨時職員を増員して計11人で対応するが、西岡課長代理は「感染者が出れば濃厚接触者の追跡もする。職員の休日出勤も続いている」と嘆く。
 全国保健所長会によると、保健所は90年度に850カ所あった。しかし、94年に保健所法が地域保健法に改正されると、おおむね人口10万人当たりに1カ所設置するとしていた指針が廃止。行政の効率化などの観点から各地で統廃合が進み、2019年度は472カ所でほぼ半減している。
 大阪府も90年度に53カ所あった保健所が、18カ所まで減少。常勤の医師や保健師はこの20年間で6割に減った。大阪市は00年に全24区にあった保健所を1カ所に集約し、代わりに窓口業務を主に担う保健福祉センターを設置した。
 保健所長会は09年3月、新型インフルエンザの流行直前に出した提言で、保健所機能の弱体化を懸念。医師ら専門職の人材確保と育成が急務だと表明した。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.12更新

非アルコール性脂肪性肝炎の原因に関わる経路を解明、新治療薬開発に期待:糖尿病や脂肪肝の重症型である非アルコール性脂肪性肝炎
 神戸大学は5月5日、糖尿病や脂肪肝の重症型である非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の原因に関わる経路を世界で初めて明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科糖尿病・内分泌内科学部門の小川渉教授、先進代謝疾患治療開発学部門の細岡哲也特命准教授らの共同研究グループによるもの。研究成果は、「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に掲載されている。

脂肪細胞は、全身の代謝の制御に重要な役割を果たす。糖尿病や非アルコール性脂肪性肝炎など肥満と関連が深い疾患では、脂肪細胞機能の障害が発症や進展の原因になると考えられてきた。しかし、脂肪細胞のどのような機能の障害が、どのようなメカニズムを通じて、糖尿病や非アルコール性脂肪性肝炎の発症や進展に結びつくかは十分に明らかになっていなかった。

脂肪細胞でインスリンが効きにくくなるとFoxO1が過剰に活性化、糖尿病やNASHの原因に:インスリンは、PDK1の働きを介して、FoxO1の働きを抑えることが知られている。そこで、脂肪細胞において、PDK1に加えてFoxO1もなくしたマウスを作製した結果、同マウスは糖尿病も非アルコール性脂肪性肝炎も発症しなかった。この結果より、通常、インスリンはPDK1の働きを通じてFoxO1を抑制しているが、脂肪細胞でインスリンが効きにくくなるとFoxO1が過剰に活性化し、全身でインスリンが効きにくくなり、糖尿病と非アルコール性脂肪性肝炎が引き起こされることがわかった。

炎症を引き起こす物質ロイコトリエンB4が関連
 続いて、脂肪細胞のFoxO1の暴走が、どのようなメカニズムで他の臓器に異常を起こすのかを調べたところ、FoxO1がタンパク質5リポキシゲナーゼを増やすことが判明。5リポキシゲナーゼは炎症を引き起こす物質ロイコトリエンB4を作り出すタンパク質。PDK1を脂肪細胞だけでなくしたマウスで、ロイコトリエンB4の働きを抑えると、糖尿病が改善することがわかった。この結果は、少なくともFoxO1の暴走による異常の一部は、ロイコトリエンB4の働きによって起こることを示すという。また、このようなFoxO1の過剰な活性化や5リポキシゲナーゼの増加は、脂肪の多い餌を食べさせた肥満マウスの脂肪組織でも起こっていた。今回の研究により、脂肪細胞でインスリンが効きにくくなると、FoxO1の暴走が起こり、糖尿病や非アルコール性脂肪性肝炎が発症すること、そして、そのメカニズムにはロイコトリエンB4が関わっていることが明らかになった。日本の非アルコール性脂肪性肝炎の患者数は300万人を超えると推定されているが、未だ承認された治療薬はない。今回の研究は、脂肪細胞を標的とした非アルコール性脂肪性肝炎の治療薬の開発につながることが期待されるという。また、ロイコトリエンB4の機能や産生を抑える薬剤は以前から開発されており、過去には海外で喘息治療薬として市販されていたものもある。すでに開発されている薬を用いて、新たに糖尿病治療薬としての効果を検討するドラッグリポジショニングを行うことも可能と考えられる、と研究グループは述べている。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.12更新

COVID-19死亡例の半数以上に深部静脈血栓症 独

ドイツ・ハンブルクの単施設で、死亡した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者12例の臨床所見と剖検、死亡時画像診断(virtual autopsy)およびウイルス学的検査データを比較した。

 患者の年齢中央値は73歳(52-87歳)、75%が男性だった。このうち院内死亡は10例、院外死亡は2例だった。併存疾患は、冠動脈疾患(50%)と喘息またはCOPD(25%)が最も高かった。剖検の結果、死亡前には静脈血栓症は疑われなかったが、7例(58%)に深部静脈血栓症(DVT)を認めた。このうち4例はDVTによる肺塞栓症が直接の死因だった。

 死後CT検査では、8例に両肺に濃度の濃いコンソリデーションを伴う網状浸潤影、病理組織学的検査では、8例にびまん性肺胞傷害を認めた。定量的逆転写PCR法で、全例の肺から高濃度のSARS-CoV-2 RNAが検出された。6例に中等度のウイルス血症(4×104コピー/mL未満)が認められ、5例に心臓、肝臓または腎臓でも高濃度のウイルスRNAが検出された。脳および伏在静脈でウイルスRNAが検出された患者は4例だった。 おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.12更新

新型コロナ、小児とアレルギー患者の感染リスクが低い要因を検証  米国立衛生研究所(NIH)は5月4日、一般の小児とその家族を対象に、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染の実態を検討する大規模前向き観察研究を開始したことを発表した。「小児の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)重症化例が成人に比べ、なぜ極端に少ないのか」が研究の発端で、アレルギーの有無と感染リスクや重症化の関連なども併せて検討するとしている。呼吸器アレルギーを有する成人や小児の同ウイルスへの感受性が低下しており、重症化する割合が低い可能性を示す結果が出ているそうだ。気管支喘息、またはネコアレルゲンに対するアレルギー性鼻炎を有する小児や成人を対象とした最近の検討では、気道上皮のアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)遺伝子発現が喘息の重症度やアレルゲンへの感受性が最も高い群で最も減少していたとの結果も報告されている。ACE2はSARS-CoV-2の宿主の細胞への侵入経路として知られており、予後との関連や予防・治療の標的として注目されている。
 HEROS試験では、アレルギーを有する小児の気道上皮細胞のACE2遺伝子発現抑制とSARS-CoV-2感染、およびCOVID-19発症リスク低下との関連も検討される見通し。

「SARS-CoV-2大流行で小児の重症化例が極めて少ないことは、関心事の一つ」と試験背景を説明するのは、同試験を支援する国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のAnthony S. Fauci所長。「小児がそもそも同ウイルスに感染しにくいのか、感染しても症状が出にくいのか、HEROS試験が何らかの手掛かりをもたらしてくれるだろう」と期待を示している。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.12更新

心拍数を、下げる心不全薬:心不全の時は、苦しくて、心拍数を上げて、乗り切ろうと思います。しかし、新薬のイバプラシン(商品名:コララン)は、心拍数を下げます。

これは、心不全にとって有利です。心泊数が下がれば、血液が十分に心臓に貯り、十分な血液を全身に送れます。心不全も進歩しますね!おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.11更新

糖尿病の発症前に心拍変動が先行か?糖尿病の発症に先行して心拍変動が生じていることを示唆する研究が報告された。非糖尿病者を追跡したところ、心拍数の変動おおはしが高い群からの糖尿病の新規発症者が有意に多かったという。研究の詳細は、「Diabetes Care」4月16日オンライン版に掲載された。
 成均館大学(韓国)のYoung Lee氏らは、ソウルの江北サムスン病院における2011~2014年の健診受診者のうち、3分間心電図検査を受けた非糖尿病の成人5万4,075人を対象とするコホート研究を実施。ベースライン時の心拍数および心拍変動関連指標と、2017年までの追跡期間中の糖尿病新規発症との関連を検討した。

「異常な心拍変動、特に迷走神経活動の低下と交感神経活動バランスの乱れが、糖尿病の発症に先行する可能性がある」

投稿者: 大橋医院

2020.05.11更新

パンデミ―:皆様、心不全は心臓のポンプ力(収縮する力)が低下して、心不全になると思っていませんか?そうではありません!ポンプ力(Ejectin Fraction:EF)といいます。

ですから駆出力の低下した心不全(Heart failure with redused Ejection Fraction:HFWREF)が当然と思っていました。しかし、超高齢化社会(私も66歳で)が顕著に進む中、

EFの低下しない心不全が意外にも多く、HFWREFより多く、駆出力の低下していない、保たれている心不全(heart failure with preserved Ejectin Fraction:HFWPEF)が多い

ということが数年前よりわかってきました。HFWPEFは、拡張(心臓は収縮と拡張を繰り返します。)の能力が低下した心不全で、予後が悪く、治療も苦労します。今、心不全が爆発的に増えています。

コロナの流行も第2波が暴発しそうです。こんな現象をパンデミ―といいます。よくないですね。今、見つけました。大垣公園にブラックデビルが!やっつけろ!おおはし

 

投稿者: 大橋医院

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile