大橋院長の為になるブログ

2021.05.27更新

重症Covid-19血栓症予防強化でICU死亡率低下:

欧州の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)第1波でICUに入室した33-85歳の成人重症COVID-19患者852例(男性79%)を対象に、血栓症予防強化(enhanced thromboprophylaxis:ET)戦略の実行率、安全性および転帰(特に出血性合併症およびICU内死亡率)との関連性を後ろ向き多施設共同観察研究で評価した。

 患者のBMI中央値は27.7、ICU滞在期間中央値は13日だった。17.1%に血栓塞栓イベントが確認され、ICU内死亡率は39.3%、ET実行率は32.1%だった。ETにICU内死亡率の有意な低下との独立の関連が見られ(対数オッズ0.64、95%CI 0.18-1.1、P=0.0069)、重篤な出血のリスクは上昇しなかった(同0.187、-0.591--0.964、P=0.64)。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.26更新

新型コロナの予防薬が当院にあります。:

ビゾルボンを毎日、毎食後、内服すると、新形コロナにかかりにくくなります。

ビゾルボン3錠:分3、毎食後!!おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.26更新

当院は、コロナ検査をしています。

発熱、倦怠感、咳、呼吸困難、などで新型コロナ感染が心配な方は、お電話ください。

駐車場で、お待ちしてください。陰性か、陽性か15分以内に分かります。

守秘義務厳守! 時間外に来られても試行します。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.26更新

更年期障害はお任せ:

更年期障害をすっきりさせる、プラセンタ、当帰芍薬散、加味逍遥散,桂枝ボクリヨウ丸、抑肝散、

ビタメジン、ビタノイリン、シナール、ビタミンんE、ロトリガ(血液サラサラ)、活性型ビタミンシー(骨粗鬆症予防)おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.26更新

血の道症、ニキビ、しみ、手足のあれに

ツムラ桂枝茯苓加ヨクイニンおおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.26更新

地中海食による認知症予防:

野菜や果物、オリーブオイル、魚が豊富な、いわゆる地中海食と呼ばれる食事スタイルは、認知機能の低下を防ぐ可能性があることを示唆する研究結果が「Neurology」に、5月5日掲載された。アルツハイマー病の特徴とされるアミロイドβやタウタンパク質の蓄積および認知機能と、食習慣の関連を調べた結果である。筆頭著者であるドイツ神経変性疾患センターのTommaso Ballarini氏は、「地中海食は神経変性から脳を保護するように働き、認知症発症リスクを抑制するのではないか。因果関係の証明と根底にあるメカニズムの解明のため、今後の研究が期待される」と語っている。

 Ballarini氏らは、ドイツで実施されている認知機能障害と認知症に関する縦断研究のデータを用いて横断的解析を行った。解析対象数は512人(平均年齢69.5±5.9歳)で、169人はアルツハイマー病(AD)のリスクを有さず、他の343人は何らかのADリスクを有していた(AD近親者53人、軽度認知障害81人、脊髄小脳変性症209人)。

 148品目の食品の摂取状況を質問する食事アンケートの回答に基づいて、研究参加者の食生活の地中海食らしさをスコア化し判定するとともに、認知機能検査を実施。さらに226人については髄液検査を施行して、ADのバイオマーカーであるアミロイドβやタウタンパク質のレベルを調べた。

 年齢や性別、教育歴などの影響を統計学的に調整した後、地中海食に近い食生活を送っている人ほど、アミロイドβやタウタンパク質の蓄積が少ないことが明らかになった。具体的には、地中海食スコアが1点高いごとにAβ42/Aβ40比(低いほどアミロイドβの蓄積を意味する指標)が高く(β=0.003、P=0.008)、タウタンパク質は少ない(β=-1.96、P=0.004)という相関が示された。また、地中海食スコアと記憶力との相関も認められた(β=0.03、P=0.038)。

 これらの変化は、約1年分の加齢変化に相当すると考えられた。なお、地中海食スコアとこれらの変化との関連は、ADの遺伝的なリスク因子(ApoE4)を保有しているか否かにかかわらず、一貫して認められた。

 著者らはこの研究の限界点の一つとして、地中海食スコアを研究参加者の自己報告に基づいて判定したため、精度が十分高いとは言えない点を挙げている。その上でBallarini氏は、「地中海食の順守は、ADのリスク関連マーカーレベルが低いことや記憶力の高さと関連がある」と結論付けている。

 この報告について米アルツハイマー協会のHeather Snyder氏は、「ADのリスクを低下させる生活習慣は、食生活に限ったことではない」と説明する。同氏によると、運動習慣もまたADのリスクを低下させるという。「重要なことは、何か一つの生活習慣がADリスクを抑制するのではなく、恐らく複数の習慣の組み合わせが相乗効果をもたらしているという点だ」と同氏は語り、その組み合わせを特定する研究の必要性を指摘する。

 またSnyder氏は、「地中海食をはじめとする健康的とされる食習慣は、いずれもADリスクの低さとの関連が認められる。それらの食習慣の共通点は栄養バランスに優れていることであり、結果として脳が必要としている栄養素の供給が満たされる。『これが正しい』という食生活はない。必要な栄養素をまんべんなく適量摂取するとともに、活動的な日々を送ってほしい」とアドバイスしている。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.25更新

最大新型コロナワクチンが一か月保存可能に:

 ファイザー日本法人は、新型コロナウイルスワクチンの保存要件を変更する手続きを始めた。医療用冷蔵庫で最大1カ月保存できるようにする。製剤の安定性試験結果を厚生労働省に提出し、添付文書を改訂するかたちで変更する。変更されれば、ワクチン接種体制を一段と柔軟に運用できそうだ。

 これまでの医療用冷蔵庫(2~8度C)での承認された保存期間は最大5日だが、1カ月保存可能にする。欧米でも同様の変更手続きを行い、このほど承認された。6日以上の保存には冷凍庫が必要だったが、冷蔵庫だけでも管理しやすくなる。

 冷凍庫の保存方法は変わらない見通し。長期間の保存や長距離輸送には特殊な超低温冷凍庫(マイナス90~マイナス60度C)が必要で、一般的な冷凍庫(マイナス20度C)は最大2週間保存できる。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.24更新

新型コロナワクチ2階接種遅延でも脂肪抑制:

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン[BNT162b2(ファイザー社・ビオンテック社製)またはmRNA-1273(モデルナ社製)]の2回目接種を遅延させた場合の影響をシミュレーションエージェントベースのモデル研究で評価した。米国内の郡部を想定し、ワクチン標準接種と、2回目遅延接種を比較した。

 その結果、シミュレーション10回で解析した標準接種と2回目遅延接種の10万人当たりの累積死亡率中央値は、初回接種効果を90%と設定した場合で226 vs. 179、80%の設定で233 vs. 207、70%の設定で235 vs. 236だった。2回目遅延接種では、殺菌ワクチン(無症候性にも有効)と非殺菌ワクチン(症候性にのみ有効)をともに仮定した場合、ワクチン効果が80%以上かつ1日当たりの接種率が人口の0.3%以下の場合に最適となり、10万人当たりの絶対累積死亡率は26-47%減少した。65歳未満への2回目接種遅延法は、検討した全接種率モデルで良好な結果を示した。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.22更新

β遮断薬は駆出能の低下した心不全に有効:

臨床診療時のβ遮断薬の開始、維持および増量において、腎障害は障壁と考えられることが多い
 BB-meta-HF試験では、中等度から重度の腎不全患者を含むHFrEFおよび洞調律患者における死亡率の低減にβ遮断薬が有効であることが明らかになった
 有害事象による中止率は、β遮断薬とプラセボのいずれの群でも同様だった

 英国バーミンガム大学心血管内科の臨床科学者Dipak Kotecha氏により、BB-meta-HF試験1-3の結果が今年の欧州心臓病学会議(ESC Congress)で発表された。腎障害は駆出率が低下した心不全(HFrEF)患者で多く見られ、転帰不良と関連しているが、本試験は、HFrEF 患者18,637例のデータをプーリングした11件の二重盲検ランダム化比較試験の統合解析により、腎障害患者におけるβ遮断剤の使用について堅固な見識をもたらすことを目的とした。

 β遮断薬は、心不全および左室駆出率(LVEF)の低下を伴う患者の罹病率および死亡率を低下させることが知られている1。「真の問題は、臨床管理の基礎としているランダム化試験の大半が、腎障害のある患者を除外していることです」とKotecha氏は説明した。この逆説的ともいえるアプローチは、こうした症例の治療に関する情報が不十分であることから、医師は腎障害患者におけるβ遮断薬の扱い、維持、漸増、用量について不確かで、患者は相対的なベネフィットを知らないことを意味する。

 BB-meta-HF試験は、この問題に対処するため、ベースライン時のeGFR欠損またはLVEF欠損あるいはLVEF50%以上の患者のみが除外され、様々なレベルの腎機能が認められる合計17,433例を対象として行われた。ベースライン時、11%の患者で腎機能が保たれており、27%で中等度の腎機能障害(eGFR 45~59)、14%で中等度から重度の腎機能障害(eGFR 30~44)が認められた。死亡率の一次分析を洞調律(13,861例)と心房細動(2,879例)に分け、各サブグループ内でβ遮断薬を投与された群とプラセボを投与された群との全死亡率を比較した。
当然、腎機能の低下にともない死亡率は急激に増加し、eGFR 35の患者ではeGFR 60の患者と比較して死亡率が2倍だった。全体として、eGFRが10mL/分低下するごとに死亡のハザードが12%増加した(95%CI:10-15%;p<0.001)。腎疾患に関係する他の因子も死亡リスクを増加させ、貧血は最も重度の腎不全(eGFR<30)の患者を除いて、腎障害の全ての段階でリスクを増加させたが、蛋白尿は腎機能が保たれた患者(eGFR ≧90)で最大の影響を与えた。
洞調律の患者では、β遮断薬はプラセボと比較して全死亡率の調整ハザード比を低下させ、腎機能に対する弱い相互作用(p=0.021)を示した。eGFRによる死亡率アウトカムの検討において、Kotecha氏は2つの重要な点を強調した。第一に、腎機能レベルごとに死亡率に「劇的な差」があり、第二に、中等度および中等度から重度の腎不全患者ではプラセボと比較してβ遮断薬により有意に死亡率が低下した(それぞれ調整済みp=0.001およびp<0.001)。「1例の死亡を予防するための治療必要数は、中等度重症でも腎機能が保たれている患者でも、すべての併存疾患にかかわらず同じでした」とKotecha氏は付け加えた。重要なことに、β遮断薬は、ベースライン時すでに腎機能が低下していた患者においても、腎機能を経時的に悪化させなかった。

 心房細動の患者では、ベースライン時の腎障害の割合が洞調律の患者よりも高く、eGFR<60の患者の割合は48.9%対42.9%、eGFR中央値は60mL/分対64mL/分であった。これは、追跡期間平均1.3年における死亡率が高いことと一貫していた(21%対洞調律16%)。このサブグループでは、β遮断薬は全死亡率に有意な影響を及ぼさなかった(p=0.18)。

 最後に、Kotecha氏は、ESCの出席者に「これらの薬物は、中止に至る有害事象についてプラセボと変化や差がないことを患者に伝えることが重要です」と強調した。「これらが二重盲検ランダム化比較試験であることを思い出してください。」

 中等度から重度の腎障害患者では、プラセボ群の20.9%に対し、β遮断薬群の19.4%が有害事象のために試験を中止し、この2群間の類似性は、腎障害の程度によらず一貫していた。重要なことに、患者の大多数は、eGFRに関係なく臨床的に妥当な用量のβ遮断薬で治療可能であり、中等度から重度、中等度および腎障害のない患者のそれぞれ76.3%、77.9%および83.8%が、ターゲット用量の50%以上を投与された。

 この結果は、腎障害を伴うHFrEFおよび洞調律の患者におけるβ遮断薬の使用に関して重要な臨床的意義を有する。β遮断薬は、併存疾患にかかわらず死亡率の低減に有効であり、腎機能が保たれている患者と比較して同等の絶対的ベネフィットを示した。さらに、β遮断薬は腎機能を悪化させず、中止の増加ももたらさなかった。「つまり、腎障害によって処方をやめたり、HFrEFに対するβ遮断薬の用量選択を狭めたりすべきではありません。」おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.05.21更新

新型コロナに対するコルヒチン治療で注意喚起:

 日本痛風・尿酸核酸学会はこのほど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対し、痛風治療薬のコルヒチンが重症化を予防する可能性があるとする複数の研究報告および報道を受け、学会ホームページに注意喚起の文書を掲載した。現時点では新型コロナウイルスに対する効果は確立されておらず、重篤な副作用もあることから、医師の指示以外の使用をしないよう注意喚起している。

 文書では、カナダからの報告例(論文査読中)を紹介。心不全や糖尿病などの重症化しやすい患者4000人対象とした世界6カ国で行われた臨床試験で、通常の量のコルヒチン(1日0.5から1.0mg)を服用した患者は、入院に至った割合が25%低下し、人工呼吸器を必要とする割合が50%低下、死亡に至る割合は44%低下したという。この効果の理由として、コルヒチンがもつ炎症反応を抑える作用のためと考えられる、としている。おおはし

投稿者: 大橋医院

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile