大橋院長の為になるブログ

2020.05.22更新

ツムラ六味丸:疲れやすくて尿量減少または多尿で、時には喝があるもの:排尿困難、頻尿、むくみ、かゆみおおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.22更新

「ネックレス型心電計」で心房細動を発見:革新的な医療用デバイスが次々と登場する中、ネックレス型の小型心電計(ECG)で不整脈の一種である心房細動を発見できる時代も近い―。そんな研究結果を、東フィンランド大学(フィンランド)のElmeri Santala氏らが欧州心臓病学会(ESC)の公式サイトで発表した。同氏らは、ペンダントトップに携帯型ECGを内蔵したネックレス型ECGを設計。145人のフィンランド人を対象にデバイスの有用性を検証したところ、わずか30秒間で高い精度で心房細動を検出できることが分かった。

その結果、このネックレス型デバイスは極めて正確な心電図データを収集できることが分かった。また、AI自動診断の精度が高いことも明らかになった。実際に心房細動の心拍数異常を経験した人を「陽性」と正しく判定する割合(感度)は95~98%、心房細動のない健康な人を「陰性」と正しく判定する割合(特異度)は100%だった。

心房細動をモニターする方法には、既に、電極を胸に装着するウェアラブルな小型のホルター心電計や植え込み型のループ心電計、Apple iWatchの心電図アプリなどさまざまなものがある。ただ、これらは高価で、医師による診断を必要とする。一方、ネックレス型ECGは安価で利便性も高く、心房細動の検出率向上に寄与するものと期待されるという。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.22更新

川崎病様症状の20代が増加:Covid-19で川崎病様症状を呈する小児例が報告されてきましたが
20代前半の報告が増えてきています☆ アメリカで川崎病様
症状(multisystem inflammatory syndrome in children  
MIS-C)を呈する20代患者を検査したところ、90%がCoV-2の
抗体をすでに有していました☆ CoV-2に対する遅延型免疫反応
ではないかと考えられています☆ NYCだけでも147例が確認さ
れており、アメリカ全土では数百例に及ぶとされています☆おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.21更新

見えない感染続き、冬の到来待たず再び拡大 第2波に警鐘:政府の基本的対処方針等諮問委員会会長を務める尾身茂・地域医療機能推進機構(JCHO)理事長は5月20日、衆院予算委員会の参考人質疑に出席し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について、「仮に全都道府県が緊急事態宣言から解除され、報告者数のゼロが短期間続いたとしても、見えない感染が続いていると考えるべきだ。冬の到来を待たず、再び感染の拡大が起こることは十分予測される」との見通しを示した。アビガン(一般名ファビピラビル)を巡っては、副作用を説明した上で同意を得られた高齢者に対して早期に投与するのが望ましいなどとする個人的見解を述べた。
 尾身氏は現在の感染状況について、「市民の皆さまの懸命なる努力のおかげで、感染は今のところ確かに収束の方向に向かっている。日本は法律的拘束力を持たず、他国のようなロックダウンをせず、爆発的な感染拡大を今回一応回避できたのは極めて困難な状況に対する市民の努力のたまものだ」と評価。「東京都を例に取って言えば、3月上、中旬の感染者が急速に増加する直前のレベルまで戻っている」と言及した。
 西村康稔経済再生担当相は5月14日、緊急事態宣言の解除の目安を発表した際に「クラスター対策で追えていた3月上、中旬のレベルに戻す。(3月下旬の)連休で気が緩み拡大した前に戻す。そのための目安だ」と説明している。尾身氏は既に東京都でも緊急事態宣言発出の目的だったクラスター対策で追えるレベルにまで抑えられているとの認識を示したことになる。
 ただ、尾身氏は5月20日の衆院予算委で、「社会経済活動を再開した諸外国では、比較的早期に再度感染拡大した例が既に報告されている。その際は徐々に感染が拡大するというよりは、クラスター感染が突然顕在化することもありうる」として、「これから社会経済活動を徐々に再開しながら、感染拡大防止のための努力を継続することが極めて重要だ」とも述べ、長期的な対策を取るよう釘を刺した。
 ワクチン・治療薬の承認に関しては、「安全性・有効性に関する適切な審査を行ってほしい」と強調。一方、アビガンについて問われると、個人的見解と前置きした上で(1)観察研究として投与後の状況をモニターする、(2)インフォームド・コンセントを取る、(3)高齢者で本人が投与を希望している、(4)病気の早期に投与する、(5)病院が倫理審査を実施――といった条件を挙げ、「そういったいくつかの条件をクリアした上でやればどうか」と現在の観察研究の枠組みでの活用を提案した。おおはし

 

投稿者: 大橋医院

2020.05.20更新

周囲のCOVID-19無症候性患者に対し留意したいこと:臨床医として、日々多くの患者を診療しているだろうが、その中で無症候性患者はどれくらいいるだろうか? 把握するのは難しいかもしれない。
 新型コロナウイルス感染症の主な症状は、発熱、乾性咳嗽、倦怠感であり、少ないながらも鼻閉、鼻汁、咽頭痛、筋肉痛、下痢を呈する患者もいる(新型コロナウイルス感染症診療ガイドライン第7版より引用)。
 2月24日、「広東省における小児の新型コロナウイルス感染症診療に関する専門家のコンセンサス(第1版)」で明らかにされたように、COVID-19に罹患した小児患者の主な症状は発熱、乾性咳嗽、咽頭不快感、倦怠感と意識レベル低下である。患児の中には、鼻閉、鼻汁、下痢などを呈するものもいる。
 中国では、上記のような臨床症状(発熱、咳嗽、咽頭痛など)が認められなくとも、呼吸器検体などのPCR検査や抗体検査が陽性の場合は無症候性感染者に分類される。
 この無症候性感染は、一滴のインクが澄んだ水に垂らされた後に水が掻き混ぜられたが如く、簡単にパニックを引き起こす——周囲の人が感染していることを知らないが故に無意識のうちに感染してしまう。無症候性感染に関するニュースが毎日報道されていることから、ウイルスは人々の間に“潜伏”していることを実感させられるし、周囲の人々は誰もが感染源となりうる。

重要! 新たに発見された4つの症状:1.児童の”COVID toes”足趾に創傷や疼痛腫脹のある10代の若い患者を多く診てきたという。この所見は特に児童に多く認められる。病変は一方の足趾、全部の足趾、また足趾だけではなく足底に現れることもある。原則として鮮紅色であるが、紫色に変色することもある。
 「掻痒感がある時もあれば、疼痛が認められる時もある」と彼女は言う。「こうした患者は、通常COVID-19のほかの徴候を呈することはありません。こういう患児を数多く診てきました」。この数週間の間、米国の皮膚科医は、この感染症の患者を多く診るようになってきている。

2.COVID-19の“最初の症状”としての結膜充血の出現

3.頭痛とめまい
 「騰訊」(2003年に設立されたインターネットメディアのプラットフォームの1つ。)によると、華中科技大学附属協和病院神経内科の胡波部長らのチームと米国のSaint Joseph’s Hospitalの研究者チームによって、SARS-CoV-2が患者に与える影響を系統的に調査された研究論文が4月10日付で「JAMA Neurology」に掲載された。研究者らは、武漢で入院した214人のCOVID-19陽性患者を分析したところ、1/3以上が頭痛やめまいなどの神経症状を経験しており、重症患者に多く認められたことを明らかにした。論文中では、ウイルスが体内で細胞に吸着する方法によって神経症状が出現すると説明している。

4:下痢おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.19更新

新型コロナに多様な症状、他のウイルスではまれな症状も:他種のウイルスではまれな症状も
 CDCの報告書では、嗅覚や味覚の喪失がみられた患者は全体の3.5%にとどまった。これらの症状は、理由は明らかではないが、入院が必要でない比較的軽症の患者により多くみられるのではないかと、専門家らは推測している。嗅覚や味覚の喪失は、他種のウイルスでは極めてまれな症状だと、専門家らは指摘している。
 インフルエンザの患者にはほとんどみられない別の一群の症状は、血栓に起因するとみられる。新型コロナウイルス感染症患者の心臓疾患、肝臓疾患、肺塞栓症、脳損傷などは、このような血栓が原因となっていることが、最近の研究で突き止められている。
 この他にも、他ではあまりみられない症状として、皮膚発疹を伴う症状がある。
 まるで凍傷のように変色した足の指の写真がソーシャルメディア上に掲載され、最も大きな関心を集めているのが「コビッドつま先」と呼ばれる霜焼けに似た症状だ。
 つらいかゆみや火照りを引き起こす可能性のあるこの症状は嗅覚の喪失と同様に、軽症型の新型コロナウイルスに関連している。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.18更新

COVID-19と川崎病報道に学会が声明  :関係積極的に示唆できる情報なく「過度の不安与えないよう」配慮求める

日本川崎病学会はこのほど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患児の一部で川崎病に類似した症状が見られるとの報道が欧米から発信されていることに対し、声明を発表した。現時点では日本国内やアジアで同様の報告は認められていないとして、報道機関に向けて「一般の方に過度の不安を与えることのないよう」などと配慮を求めている。
 川崎病とCOVID-19の関連を巡っては、欧米での報告が相次いでいると報告されている。これを受け、日本川崎病学会は2020年2-4月の川崎病の発生状況や重症度を調べたが、患者数や重症患者数の増加は認められなかったという。また、川崎病とCOVID-19の合併例も確認されなかった。
 同学会小委員会のアジア川崎病研究グループもアジア各国で調査を進めているが、韓国では1例も認められていないとの報告を受けたという。
 調査結果を受け、同学会は報道機関に対し「一般の方に過度の不安を与えることのないよう」にと配慮を求めている。一方で、両疾患の動向について今後も注視を続けるとしており、医療機関には患者が川崎病の診断基準を満たした場合は適切な治療を速やかに始めるよう呼びかけている。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.16更新

発熱で、隊長不良の方、玄関で、ピンポンと合図を送り、3階に発熱外来を設けました。

コロナが心配な方、熱中症かもしれませんし、咽頭炎かもしれません。私、大橋信昭は診察しますので安心を!

コロナなんか怖くない!

投稿者: 大橋医院

2020.05.15更新

心音:Ⅰ音:房室弁(僧帽弁と三尖弁)が閉じるタイミングに出る音とされています。Ⅰ音の大きさは、まさに心室収縮が始まろうとする時に房室弁の開き具合によって決まります。

Ⅱ音:Ⅱ音には、ⅡA:大動脈成分とⅡP:肺動脈成分があります。ⅡAとⅡPの鑑別は、ⅡAは、大動脈に沿って心尖部と右頚部方向に広い範囲で聞こえますが、ⅡPは、第4肋間胸骨左縁に限局して聞こえます。よって、Ⅱ音を語るとき、両方の成分が聞こえる第4肋間胸骨左縁に聴診器を当てることが大事です。

Ⅲ音:Ⅲ音(心室充満音)は、心尖部で聞こえ、生理的Ⅲ音と病的Ⅲ音があります。小児(中学〜高校生)では、胸壁が薄くて心筋の伸展性が良いために発生します。心尖拍動は、短く(収縮期前半のみ)触れ、Ⅰ音、Ⅱ音も大きくて、低音〜高音成分を含む正常な生理的Ⅲ音を聴くことができます。大人でⅢ音がきこえる場合は、病的Ⅲ音で、うっ血性心不全、拡張型心筋症などで、左室拡張期圧が上昇し、左室内腔の拡大していると発生します。心尖拍動は、500円玉よりも大きく触れる、ゆっくり長く押すように触れ、頻脈に伴い、心尖部で左側臥位にして、Ⅰ音の減弱に加え、Ⅲ音も低音なのでベル型で聴かないと聞こえません。

Ⅳ音:Ⅳ音は、心房音です。正常では聞こえません。Ⅳ音が聞こえる時は、病的Ⅳ音というわけです。肥大型心筋症や高血圧性心疾患で心筋肥厚(左室肥大)があり、左室の伸展性が悪い状態で(拡張障害)左房収縮で代償しようとすると左室拡張末期が急に上昇して聴かれる頻度が高くなります。Ⅲ音は心不全にならないと聞こえませんが、Ⅳ音は、心不全がなくても(前段階)心肥大の段階で見つけるとことができます。心尖拍動で、二峰性に拍動を触れれば、Ⅳ音のサインです。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.05.15更新

社会的距離 (social distance)、自宅待機による支援の減少
 感染制御のため、物理的・社会的な交流が止められることに併せて社会的支援も喪失します。経済的な安定が失われ、自由に移動する自律性も失われます。
 医療・介護においては、訪問が制限され、入院患者、入所者は面会が禁止となり、親しい人から隔離されたと感じる場面が増えます。エンド・オブ・ライフの臨床では、患者・家族が直接別れを告げられないことや、患者・医療者とのコミュニケーションの制限(訪室が減る、防御服をかぶっての訪室のため親しみやすさが減る)、家族・医療者とのコミュニケーションの制限(面会機会が減る、重要な報告でも電話で行われる)などが生じます。特に、COVID-19の感染では、遺体と直接接することも困難です。看取りにおいて遺体を重視してきたわが国では、COVID-19が悲嘆に関して複雑で深い影響を与える可能性があります。
 これらの変化は、社会的支援の減少につながります。また、治療や死などのイベントへの準備が欠如しがちになる、悪いイベントは衝撃と共に伝えられ、罪悪感を引き起こし、複雑性悲嘆につながりやすくなるといった影響が考えられます。
 特に問題となるのは、COVID-19に感染した人の家族の反応です。社会的に要請されたルールを守らなかった結果、感染した場合、感染を広めてしまった場合、葬儀においても社会的な支援を得ることができず、通常悲しむ場面でもそれが許されないことも起こり、遺族が孤立することが想定されます。
 ここで重要なことは、社会的なつながりを絶たれないための支援を継続することです。感染防御上直接の面会が難しい場合には、ネットや動画を用いたコミュニケーションを確保することも一つの方法になります。遺族に対しては、継続したフォローアップが求められるのではないでしょうか。おおはし

投稿者: 大橋医院

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile