大橋院長の為になるブログ

2020.06.25更新

とろける熟女 メリスモン(プラセンタ):

熟女こそ、男性の眼をひきつけます。更年期障害を忘れます。

サー青春です。プラセンタおおはし

投稿者: 大橋医院

2020.06.23更新

ほんとうの美しさ:ラエンネック(プラセンタ):

ますます、美しく、力みなぎる、女性らしさ、みんながふりかえる

ラエンネック(プラセンタ)のお注射を!おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.06.20更新

プラセンタ注射:プラセンタ注射で若がえりましょう。美しくなりましょう。

更年期障害は、しょうなら!楽しい、happyな毎日を!おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.06.12更新

がん患者のCOVID-19罹患、死亡の危険因子を特定:

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患したがん患者またはがんの既往歴がある患者928例を対象に、転帰と予後予測因子をコホート研究で検討。COVID-19 and Cancer Consortium(CCC19)のデータベースに登録された米国、カナダ、スペインの活動性悪性腫瘍またはその既往歴がある18歳以上のCOVID-19患者から適格基準を満たした928例を解析対象とした。

 対象患者の年齢中央値は66歳、30%が75歳以上、50%が男性だった。多かったがん種は乳がん(21%)と前立腺がん(16%)だった。39%が積極的な抗がん剤治療実施中、43%が活動性がん患者だった。解析時点(2020年5月7日)で、13%が死亡していた。

 ロジスティック回帰分析で、30日死亡率上昇との関連を認めた独立因子は、加齢(10歳ごと、部分調整オッズ比1.84)、男性(同1.63)、喫煙習慣(元喫煙者vs. 非喫煙者、同1.60)、合併症数(2疾患vs. 0疾患、同4.50)、Eastern Cooperative Oncology Groupのパフォーマンスステータス2以上(ステータス2 vs. 0または1、同3.89)、活動性がん(進行期vs. 寛解、同5.20)、アジスロマイシン+ヒドロキシクロロキン投与(vs. 両剤投与なしの治療、同2.93、適応による交絡を除外できず)だった。米国北東部居住者と比較すると、30日全死亡率はカナダ居住者(同0.24)と米国中西部居住者(同0.50)の方が低かった。人種、民族、肥満状態、癌種、抗癌剤の種類、最近の手術歴に死亡率との関連性は認められなかった。 おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.06.08更新

左室駆出率(LVEF)による心不全の分類:心不全を左室駆出率(left ventricular ejection fraction:LVEF)により40%未満の{LVEFが低下した心不全(heart failure with reduced ejection fraction:HFrEF)と50%以上の「LVEFが保たれた心不全(HF with preserved EF:HFpEF」に分類する。LVEFが40-49%のHFrEFとHFpEFの中間の患者群は、HFmrEF(HF with mid-range EF)と分類される。おおはし

 

 

 

 

 

投稿者: 大橋医院

2020.06.08更新

心不全の進展ステージ:<ステージA>「リスク因子を持つが器質的心疾患がなく、心不全将校のない患者」,<ステージB>器質的心疾患を有し、心不全兆候のない患者>、<ステージC>「器質的心疾患を有し、心不全兆候を有する患者」、<ステージおおはしD>「おおむね年2回以上の心不全入院を繰り返し、有効性が確立しているすべての薬物治療.非薬物治療について治療ないしは治療が考慮されたにもかかわらずNYHAⅢ度より改善しない患者」

投稿者: 大橋医院

2020.06.08更新

心不全診療のパラダイムシフトに向けて:急速な高齢化が進行する中で、世界中の心不全の罹患数が増加している。我が国での実態は、100万人以上の患者がいると推定され、今後10年以上にわたり、年間30万人以上の高齢者が新規に発症するであろう。「心不全パンデミック」は社会の脅威となる。 急増する心不全の予後は不良であり、生活の質も低下する。個人、家族、社会への疾病負担も大きくなり、医療経済のの負担も大きく、心不全の病像も変化する。若年者の心不全は、治療の目標は寿命の延伸であるが、今後増加する高齢者の心不全は、

様々な合併疾患を持つ。治療の目標は、健康寿命の延伸や再入院の回避に置かれる。優れた心不全疾病管理プログラムに基づいた医療の提供に加えて、患者、家族の教育、指導を通じた生活習慣の改善、セルフケアの実践、心臓リハビリテーション、多職種による医療と、ケア、福祉、介護との連携である。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.06.07更新

君の名は:と言えば僕は岸恵子と佐田啓介の悲しいラブストーリーを思い出す。歌は織井茂子、オペラ歌手

私達が解剖実習を始めた時、すべての骨、筋肉、血管、神経、内臓にラテン名がついており、これを暗記させらた。現在では、あれは徒労。ともかく、コロナウィルスもいないし、医学生同士、蜜を大切にし、医学の勉強はした。小学校から大学、医師になっても、蜜に先生の話を聞かないと、その先生のオーラ、熱意が伝わらない。オンラインで、勉強から仕事から家庭環境は、スマートホンとマスクで電車も乗らず、一日は過ぎてゆく。私は昭和28年生まれだが、令和元年の赤ちゃんが成人式を迎えるころは、私は不適応で、うつ病になっているかもしれない。Web lecture は嫌だ。講師と話をし、雑談の一つも交わし、人間らしい触れ合いをしたい。若者はスマートホンが命より大切と言い出しそうだ。若者のゲームに人間は簡単に死ぬ。リセッとすれば又よみがえる。しかし、医学部に入り、解剖しなくてはわからぬが、こんな複雑なものは作れない。100均で買ったカッターを内頚動脈を切れば、人間はすぐに壊れる。よく中学の生徒が教員を簡単にナイフで絶命させるが、子供は掛け算の前に解剖学を勉強すべきである。おおはし 

投稿者: 大橋医院

2020.06.06更新

金色夜叉:熱海の海岸散歩する。貫一、お宮のふたりづれ。

貫一「えーい、今の今まで、味覚障害、嗅覚障害、呼吸困難を隠しやがって」

お宮「貫一さん、新型コロナ感染症なんて知りませんでしたのよ!」

貫一「何を言ってやがる、こっそり、医者の所へ行き、PCR陽性だっていうじゃないか、胸部レントゲンも怪しい?

   俺はお宮のおかげで濃厚感染者になるじゃないか!もう二度と俺の前に現れるな!今月今夜のこの月を俺は忘れないぞ!」

お宮「貫一様、お許しを、、、」おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.06.06更新

プラセンタ注射を2-3回、筋肉注射しましょう。おおはし特に更年期に、更年期障害で苦しんでいる方は、著効です。

そして、若返りませんか?青春をもう一度、美しく、素敵な、男性の視線も気になるかな?

当院は、保険で商品名(ラエンネック)で対処します。プラセンタ以上の作用があります。

保険適応です。お試しに泣いませんか!

投稿者: 大橋医院

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile