大橋院長の為になるブログ

2022.10.07更新

更年期障害よ!さようなら!

投稿者: 大橋医院

2022.10.06更新

皆さん、友達になってください。

投稿者: 大橋医院

2022.10.06更新

サー今日も、寒さに負けないで、

メルスモン注射して、更年期障害、グッとバイバイ!

ユビカテレノン(コーエンザイム)、ハイチオール、トランサミン、シナール、タウリン酸、タチオン、チョコラA,

オメガ3、アリナミンF,トコフェノールニコチン酸、ビタノイリン、ビオチン酸

各種漢方薬飲んで、頑張ろう!

困ったことはいつでも大橋信昭院長に、ご相談ください。

投稿者: 大橋医院

2022.10.04更新

ジャヌビアでスマートに!

ジャヌビアはスタイルばっちり!

ジャヌビアは異性にの目を引く。

ジャヌビアで体重減少、動きがスピーディーに、日常生活が楽になる。!

投稿者: 大橋医院

2022.10.04更新

「スーグラ」は尿から糖分を強制排出させて、心臓を強くして、ダイエット効果が見られます。

尿に塔が出ますので、局部の衛星は保ってください。

月単位でやせていく自分のスタイルに驚くでしょう。

投稿者: 大橋医院

2022.10.03更新

タチオン100mg筋注にて美肌、しみ、美白、肝斑の改善、と予防

メラニンの生成抑制、活性化酸素や毒素を体外へ排出、アンチエイジング、

肝機能改善、アレルギー疾患による皮膚のつやつや観増強

内服薬もありますし、点滴で安心して注入してもよいでしょう。

美白、シミなし、自信をもって、外出、彼とデートしよう。

週に2-3に間隔で頑張りましょう。、

投稿者: 大橋医院

2022.10.03更新

<ノイロトロピン3.6単位>

週に2回  ノイロトロピンを、筋注するだけで、

皮膚を若々しく、腰痛、肩関節周囲炎、皮膚(湿疹、皮膚炎蕁麻疹、)に伴うかゆみ、

アレルギー性鼻炎、

筋注ですが、周2回、2-3週間間隔で売ってください。

全身献茶移管が摂れ、お肌が光り輝きます。

腰痛。肩の痛み、ひざの痛みはさようなら、

活動的な毎日をやくそくします、。、

投稿者: 大橋医院

2022.10.03更新

ビタミン剤は、サプリとして購入すると値段が高いです。

保険診療で、おもとめください。

アリナミンF、ノイロビタン、シナール、ハイシー、アルファカルシドール(ビタミンD)、、トコフェロールニコチン酸エステル(ビタミンE)

その他のおすすめ品

(ビオチン酸、ハイチオール、オメガ3、コタローヨクイニン、ユビデカレノン(コーエンザイム10)、ノイロトロピン(注射)、ツムラ十味敗毒湯)

 

投稿者: 大橋医院

2022.10.03更新

<大橋医院 大垣市 のやせる薬>

ツムラ防風通聖酸、  ツムラ防己黄ギ湯  ツムラ五苓散

チョコラB、エクエル オメガ3顆粒 ユビカテレノン トランサミン シナール タウリン酸 タチオン アリナミンF

ビオチン酸 ハイチオール トコフェノール コタローヨクイニン ヒルドイド軟膏 ヒルドイドローション ビタメジン

ビタノイリン

 

 

投稿者: 大橋医院

2022.10.03更新

<メルスモン注射(プラセンタ)>
プラセンタ(メルスモン)注射ついて
プラセンタ注射は、ヒトの胎盤から抽出されるもので、医療機関でのみ受けられる注射です。国内の安全なヒト胎盤を原料とした注射剤で、多数のアミノ酸を含有しています。
更年期障害(45-59歳)の場合は、保険適応になりますので、御相談下さい。
プラセンタ(メルスモン)注射の効果
• 更年期障害による諸症状
(のぼせ、冷え、不眠、イライラ感、頭痛、疲労、肩こり、腰痛など)の改善
• 肝臓の病気(肝硬変、慢性肝炎など)の改善
• 美肌効果(皮膚代謝の促進とコラーゲン増殖促進)
• 美白効果(活性酸素消去・メラニン抑制)
• アトピー性皮膚炎
• 肌荒れ
• 花粉症、アレルギー性鼻炎など
• プラセンタの安全性
• 当クリニックで使用していますプラセンタは加熱殺菌処理を行い、更年期障害や肝機能改善として厚生労働省に許可承認されたヒトプラセンタです。しかしながら特定生物由来製品のため、使用においては同意書が必要です。ヒト胎盤を原料として製造される医薬品の投与により、感染症が伝播したとの報告は現在まで国内・海外ともにありません。しかし変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)等の伝播のリスクを完全には否定できません。
このことから、輸血やメルスモンを含めヒト組織や血液を原料とした製品を1回でも使用した方は、献血ができなくなります。
※献血に協力できませんが、輸血を受けることはできます。
• お勧めの注射頻度
• 個人差はありますが、まずは週に2~3回のペースで最低1ヵ月継続していただくと効果が実感できると思います。その後は週1回程度での継続をおすすめします。

 

投稿者: 大橋医院

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile