大橋院長の為になるブログ

2021.08.31更新

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者に多い腎疾患を特定するため、COVID-19患者の腎生検284件とCOVID-19流行前5年間の固有腎生検6万3575件および同種移植腎生検1万3955件の診断を比較した。

 その結果、固有腎生検の診断で最も多かったのは虚脱性糸球体症(25.8%)で、患者の91.7%が高リスクAPOL1遺伝子型を保有していた。5年間の生検データベースと比較して、COVID-19患者ではミオグロビン円柱腎症(myoglobin cast nephropathy、3.3%)および単クローン性IgG沈着を伴う増殖性糸球体腎炎(1.7%)の頻度も高く、慢性疾患(糖尿病、IgA腎症、動脈性腎硬化症)の頻度は低かった。移植腎生検の診断で最も多かったのは拒絶反応(61.4%)だった。腎臓内のウイルスの直接的な感染を示す根拠は確認されなかった。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.08.30更新

薬物治療抵抗性の高血圧患者53例を対象に、有酸素運動の降圧効果を前向き単盲検無作為化臨床試験で検討(EnRicH試験)。参加者を12週間の中強度有酸素運動(運動群)と通常治療(対照群)に割り付け、運動群には通常治療に加えて、1週間に3回、40分間の中強度の有酸素運動プログラムを実施した。主要有効性評価項目は、ベースラインからの24時間自由行動下収縮期血圧の変化量とした。

 その結果、対照群に比べると、運動群の24時間自由行動下収縮期血圧が7.1mmHg(95%CI -12.8--1.4、P=0.02)低下した。さらに、24時間自由行動下拡張期血圧は5.1mmHg(同-7.9--2.3、P=0.001)、昼間自由行動下収縮期血圧は8.4mmHg(同-14.3--2.5、P=0.006)、昼間自由行動下拡張期血圧は5.7mmHg(同-9.0--2.4、P=0.001)の低下が見られた。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.08.29更新

国立成育医療研究センターは8月24日、新型コロナウイルス感染症の流行が全国の子どもたちの食事に与えている影響、また影響がどのように家庭の経済背景により異なるのかを調べ、その結果を発表した。この研究は、同センター社会医学研究部の森崎菜穂部長、新潟県立大学の村山伸子教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Nutrients」に掲載されている。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックにより、子どもたちの生活も大きく変化した。研究グループは、厚生労働科学研究「新型コロナウイルス感染症流行前後における親子の栄養・食生活の変化及びその要因の解明のための研究」に基づき、2020年12月に調査を実施した。

 対象は、全国8地域ブロックの小学5年生・中学2年生の子がいる世帯から無作為に選ばれた3,000世帯の家庭。「新型コロナウイルス感染症流行期前後における親子の食事と健康に関する実態調査」として、家庭に調査票を郵送して実施し、1,551世帯(52%)からの回答を得た。なお、全国の代表性を持つ数値になるように統計学的処理を行って調査結果を算出している。

緊急事態宣言下で食事の質低下、特に低所得家庭で影響大

 2020年4~5月の初めての緊急事態宣言中およびその前後における子どものたちの食事状況を調べたところ、バランスの取れた食事(肉、魚、卵と野菜を両方1日に2回以上を含む)を取れている子どもの割合は、世帯収入にかかわらず緊急事態宣言中に低下していたことがわかった。また、世帯人員1人当たりの平均所得が低い家庭ほど、緊急事態宣言中にバランスの取れた食事を取れている子どもの割合は大きく低下していたこともわかった。

コロナ流行前より肥満・やせが増加していることからも影響を注視していくことが重要

 さらに、感染拡大前よりも調査時点(2020年12月)のほうが、食事を作る時間や心の余裕が増えたと回答した保護者も多くいた一方で、減ったと回答した保護者も多くいたこともわかった。世帯人員1人当たりの平均所得が高い家庭と比べて、所得が低い家庭は、「食事を作る時間の余裕が減った」「食事を作る心の余裕が減った」「食材や食事を選んで買う経済的余裕が少なくなった」と回答した保護者の割合が多く認められた。

 学童期の子どもたちの肥満や「やせ」がコロナ流行前と比べ大きく増加していることが、令和2年度学校保健統計調査などから報告されている。同調査でも、「間食(おやつ)の機会や量が増えた」と31%の保護者が回答していた。

 「コロナ禍はまだしばらく続きそうだが、子どもたちへの影響は注視していく必要があると思われる。今後も各調査結果や社会情勢などを踏まえて、継続調査を実施していく予定だ。重大な調査結果は速やかに公開し、現場での子どもたちへのケアや施策提言に活かされるよう努める」と、研究グループは述べている。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.08.27更新

肥満の高齢者では、適度な運動を行いつつ、1日の摂取カロリーをわずか200kcal減らすだけで、体重が減少するだけでなく、血管の健康が大幅に改善する可能性があるとする研究結果が報告された。研究を実施した米Wake Forest School of Medicine老年学・老年医学分野のTina Brinkley氏らは、「このようなライフスタイルの変化により、加齢に伴い進行する大動脈硬化を相殺できる可能性がある」と述べている。研究の詳細は、「Circulation」に8月2日掲載された。

 大動脈は体の中で最も太い血管であり、心臓から脳や肝臓などの重要な臓器へ酸素と栄養素を運ぶ役割を担っている。大動脈は、加齢に伴い硬くなる。大動脈が硬化すると、心臓が体のすみずみに血液を送るために、より高い血圧が必要になり、心臓に負担がかかる。動脈硬化の要因には、高血圧や糖尿病のような慢性疾患、肥満などがある。

 Brinkley氏らは今回、座位時間の多い65~79歳の肥満者160人を対象に、有酸素運動とカロリー摂取量の削減の組み合わせが大動脈硬化にどのような影響を及ぼすかを調べた。対象者は20週間にわたって、通常の食生活を送りながら有酸素運動を行う群(56人)、運動を行い、かつ1日のカロリー摂取量を200kcal(55人)または600kcal(49人)減らす群の3群にランダムに割り付けられた。有酸素運動とは、最大心拍数の65~70%を維持した状態でトレッドミルを使った運動を1回30分間、週に4回行うという内容だった。動脈の硬化度については、脈波伝播速度(PWV)や大動脈進展性の測定のほか、心臓MRI検査による大動脈の構造や機能の評価により確認した。なお、PWV値は、血管が硬いほど高くなる。

 その結果、20週間での体重減少量は、運動のみを行った群で1.66kgであったのに対して、運動と200kcalのカロリー削減を組み合わせた群では8.0kg、運動と600kcalのカロリー削減を組み合わせた群では8.98kgであり、運動にカロリー削減を取り入れた群で有意な減少が認められた。その一方で、大動脈の硬化度については、運動と200kcalのカロリー削減を組み合わせた群でのみ変化が認められ、大動脈進展性の21%の上昇、PWVの8%の低下が確認された。その他の2群では、有意な変化は認められなかった。

 Brinkley氏は、「カロリー削減量が最も大きかった群では、それよりもカロリー削減量が少なかった群と同程度に体重と血圧が低下したにもかかわらず、大動脈の硬化度には改善が認められなかった。このことは、われわれにとっても驚きだった」と話す。その上で同氏は、「これらの結果は、運動と適度なカロリー削減を組み合わせることで、減量に加え、体組成および体脂肪分布の改善が最適化され、それにより血管の健康へのベネフィットを最大化できる可能性が高いことを示唆している」と結論付けている。

 さらにBrinkley氏は、「肥満の高齢者の心血管疾患リスクを改善するためには、減量が推奨されている。今回の結果は、減量に大幅なカロリー削減は必要ではない、あるいは推奨されない可能性を明らかにするもので、減量に関する推奨においても重要な意味を持つことだろう」と述べている。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.08.27更新

肥満の高齢者では、適度な運動を行いつつ、1日の摂取カロリーをわずか200kcal減らすだけで、体重が減少するだけでなく、血管の健康が大幅に改善する可能性があるとする研究結果が報告された。研究を実施した米Wake Forest School of Medicine老年学・老年医学分野のTina Brinkley氏らは、「このようなライフスタイルの変化により、加齢に伴い進行する大動脈硬化を相殺できる可能性がある」と述べている。研究の詳細は、「Circulation」に8月2日掲載された。

 大動脈は体の中で最も太い血管であり、心臓から脳や肝臓などの重要な臓器へ酸素と栄養素を運ぶ役割を担っている。大動脈は、加齢に伴い硬くなる。大動脈が硬化すると、心臓が体のすみずみに血液を送るために、より高い血圧が必要になり、心臓に負担がかかる。動脈硬化の要因には、高血圧や糖尿病のような慢性疾患、肥満などがある。

 Brinkley氏らは今回、座位時間の多い65~79歳の肥満者160人を対象に、有酸素運動とカロリー摂取量の削減の組み合わせが大動脈硬化にどのような影響を及ぼすかを調べた。対象者は20週間にわたって、通常の食生活を送りながら有酸素運動を行う群(56人)、運動を行い、かつ1日のカロリー摂取量を200kcal(55人)または600kcal(49人)減らす群の3群にランダムに割り付けられた。有酸素運動とは、最大心拍数の65~70%を維持した状態でトレッドミルを使った運動を1回30分間、週に4回行うという内容だった。動脈の硬化度については、脈波伝播速度(PWV)や大動脈進展性の測定のほか、心臓MRI検査による大動脈の構造や機能の評価により確認した。なお、PWV値は、血管が硬いほど高くなる。

 その結果、20週間での体重減少量は、運動のみを行った群で1.66kgであったのに対して、運動と200kcalのカロリー削減を組み合わせた群では8.0kg、運動と600kcalのカロリー削減を組み合わせた群では8.98kgであり、運動にカロリー削減を取り入れた群で有意な減少が認められた。その一方で、大動脈の硬化度については、運動と200kcalのカロリー削減を組み合わせた群でのみ変化が認められ、大動脈進展性の21%の上昇、PWVの8%の低下が確認された。その他の2群では、有意な変化は認められなかった。

 Brinkley氏は、「カロリー削減量が最も大きかった群では、それよりもカロリー削減量が少なかった群と同程度に体重と血圧が低下したにもかかわらず、大動脈の硬化度には改善が認められなかった。このことは、われわれにとっても驚きだった」と話す。その上で同氏は、「これらの結果は、運動と適度なカロリー削減を組み合わせることで、減量に加え、体組成および体脂肪分布の改善が最適化され、それにより血管の健康へのベネフィットを最大化できる可能性が高いことを示唆している」と結論付けている。

 さらにBrinkley氏は、「肥満の高齢者の心血管疾患リスクを改善するためには、減量が推奨されている。今回の結果は、減量に大幅なカロリー削減は必要ではない、あるいは推奨されない可能性を明らかにするもので、減量に関する推奨においても重要な意味を持つことだろう」と述べている。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.08.26更新

ステージ4の慢性腎臓病(CKD)患者では、ダパグリフロジンとプラセボで、腎臓、心血管、死亡リスクの低下が同様なパターンで認められ、リスク上昇のエビデンスは見られないことが、「Journal of the American Society of Nephrology」に7月16日報告された。

 米スタンフォード大学のGlenn M. Chertow氏らは、ステージ4のCKD〔推算糸球体濾過量(eGFR)30mL/分/1.73m2未満〕患者におけるダパグリフロジンの効果を調べた。eGFR 25~75mL/分/1.73m2で、尿中アルブミン/クレアチニン比200~5,000mg/gの患者が、ダパグリフロジン群(293人)とプラセボ群(331人)にランダムに割り付けられた。主要複合評価項目は、eGFRの50%以上の持続した低下までの時間、末期腎不全、腎・心血管死とした。

 その結果、ダパグリフロジン群では、プラセボ群に比較して主要複合評価項目が27%低く、副次評価項目である腎複合転帰、心血管死または心不全による入院、全死亡については統計学的に有意ではない低下が見られた。eGFRの傾きは、1年間にダパグリフロジン群で2.15mL/分/1.73m2、プラセボ群で3.38mL/分/1.73m2低下した。重篤な有害事象と注目すべき有害事象の発生率は、両群で同程度だった。

 「この解析結果から、ステージ4のCKD患者へのダパグリフロジンの効果は、軽症および中等症のCKD患者への効果と同程度であることが示された」と、著者らは述べている。

 著者らのうち数名は製薬業界との利益相反(COI)を開示している。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.08.25更新

全国都道府県公表・20歳未満COVID-19患者情報で後方視的解析を実施

 東北大学は8月20日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について、小児患者が家庭外で二次感染を起こす頻度は低く、また、二次感染を起こす小児患者の割合は中学生・高校生など比較的年齢が高い集団で高いことを発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科の微生物学分野押谷仁教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Frontiers in Pediatrics」電子版に掲載されている。

 小児のCOVID-19の罹患者は軽症者や無症候感染者が多く、重症化する頻度は成人よりも低いとされている。一方で、市中感染の拡大において、小児のCOVID19罹患者がどのような影響を持つかについては十分に明らかとなっていない。インフルエンザと同様に地域内流行の原因となっているとする意見と、小児が感染拡大に果たす役割は限定的であるとする意見の両方があり、結論に至っていない状況だ。そのため、インフルエンザ流行初期には有効性が高いとされる休校措置など、地域の流行を制御するという目的での小児を対象とした対策はこれまで困難だった。

 今回、研究グループは、全国都道府県が公表した20歳未満のCOVID-19患者の情報を用いて、後方視的解析を実施。全国都道府県から2020年10月末までに報告された小児患者7,000人以上に対して、過去にCOVID-19患者と接触した環境、および自身が二次感染を起こした環境について調査を行った。

二次感染を起こす小児患者割合、中学・高校生など比較的年齢「高」集団で高い

 調査の結果、小児患者のうち過去に家庭内でCOVID-19患者と接触した小児患者が32%を占めて最多となり、保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校で感染者と接触した小児患者は5%未満だった。

 また、全小児患者のうち、10%が二次感染を起こしていた。背景別に見ると、中学生以上に年齢が進むにつれて二次感染を起こす患者の割合が上昇し、中学生・高校生における割合はそれぞれ小学生の2.7倍・2.1倍となっていた。二次感染症例が発生した環境では、家庭内が26%を占め最多であり、保育園・幼稚園・学校等で発生した二次感染症例は全二次感染症例の6%にとどまった。

インフルエンザとは異なり、小児の地域内流行に果たす役割は限定的である可能性も

 今回の研究により、国内でどのように小児がCOVID-19に罹患しているのか、感染伝播の実態が明らかになった。小児は主に家庭内で感染しており、さらに二次感染もその多くが家庭内で起きており、保育園・幼稚園・学校など家庭外での感染拡大への関与は限定的だった。

 また、二次感染を起こす割合は小学生よりも中学生や高校生で高く、比較的年齢の低い学童の寄与が大きいインフルエンザとは異なり、小児の地域内流行に果たす役割は限定的である可能性も示唆された。

 今後、これらのことを踏まえた感染予防対策の評価や対策の立案に貢献できることが期待される、と研究グループは述べている。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.08.24更新

オーレ オレオレオレオレオレオレ
あんた誰? オレ
な~んでか な~んでか
な~んでか フラメンコ
な~んでか
板前さんが難しい料理を
作っていたら
見習いの板前が
手伝いましょうか
と言ったら
いや~ そこにイタマエ

その板前さんが
蓮根の天夫羅を作ろうと
真っすぐ丁寧に切ったら
親方に怒られた
な~んでか
それは蓮根だけに ハスに切れ

二月に梅の木の下で
彼女にプロポーズをしたら
断わられた
四月に桜の木の下で
彼女にプロポーズをしたら
愛を受け入れてくれた
な~んでか
それは 木が変わったから

うちのお父さんは
日曜大工が大好きで
この間なにを思ったか
部屋の隅っこに杭を打ったら
その時から僕んちは 住みにくい

そば屋さんは剣道がうまいって
いつも一本勝ちするって
メーン!

おそば屋さんに
天夫羅そばを頼んだら
持ってきたのは タヌキそばだった
な~んでか
それは出前持ちが
海老だけ食べたから

商店街で野球のチームを作ろうと
電気屋さんにお前はピッチャーを
やれと言ったら嫌だと言った
な~んでか
それは電気屋だけに
ライトかショートです

その電気屋さんが
バッターボックスに入った
最初の打席は右で打ったのに
今度は左で打つって
な~んでか
それはただの気まぐれだったから

田舎のオッサンが
風邪をひいて寝てた
その横で牛がモーッと鳴いて
蝶々がヒラヒラと飛んだ
このオッサンの病気は何?
田舎のオッサンが
風邪をひいて寝てた

狭い道です 両側に塀があります
トラックが通ると
すき間もなにもなくなります
その狭い道をトラックが
100km/hのスピードで走ってきた
前を見るとおばちゃんが屈んでた
トラックは気がつかずに
そのまま100km/hの
スピードで走った
だけどおばあさんは
怪我もなにもしなかった
な~んでか
それはおばあさんが
101km/hのスピードで逃げたから

投稿者: 大橋医院

2021.08.24更新

 肥満男女160例(65-79歳、BMI 30-45)男女を対象に、運動と体重減少が肥満高齢者の近位大動脈硬化改善効果を無作為化比較試験で検討した。

 その結果、有酸素運動+中程度のカロリー制限群(-8.0kg)と有酸素運動+高度カロリー制限群(-8.98kg)の減少体重が有酸素運動単独群(−1.66kg、95%CI −2.94-−0.38、)よりも有意に大きかった(両群ともP<0.017)。有酸素運動+中程度カロリー制限群では、大動脈伸展性(P=0.008)とストレイン(P=0.004)低下、大動脈弓脈波伝播速度(P=0.01)対して有意な治療効果があり、ストレインが21%上昇し(P=0.016)、脈波伝播速度が8%低下した(P=0.058)。全体で大動脈ストレインの上昇に体重と体脂肪分布の改善との相関が認められたが、多重比較調整後は有意ではなかった。おおはし

投稿者: 大橋医院

2021.08.23更新

1)風呂場の息子に本物の富士山を見たことがあるか、と聞いたら、、内の銭湯にあると言った。

本物は見たことがあるかと聞いたら、本物の富士山は銭湯に来ない!

2)電気屋さんと洋服屋さんが、ゴルフに行った、二人ともなかなか、グリーンにのらない?電気屋さんはショートするし、洋服屋さんはオーバーするから!

3)松井選手は石川県が生んだ、スーパースターだといったら、松井選手が怒った。産んだのは僕の母です。

4】お婆さんがイチローに逢いに行くと言い出したので、何故か聞いたら、しわ取る(シアトル)マリナーズに行きたいから!

5)亡くなった星野仙一はフラメンコが大好きです。だって星のフラメンコっていうでしょう!

6)橋幸夫と西郷輝彦、舟木一夫が並んだら、橋幸夫さんは真ん中に来てと言ったら「僕は端でいい、」西郷輝彦も「後ろでいい」

7)北海道へ旅行に行っら、牛の乳絞るだけで時間が分かる、おじいさんがいるんです。今何時って聞いたら、12時15分ていうから、時計を見たらあっているの。

よく見たら乳を持ち上げたら向こうに時計台があったの!

8)ある病院へ行くと、事務長さんが、No9には止めないでくださいでと注意されました。だって車は急に止まらない。

9】キツネとタヌキに、君たちは哺乳類か、爬虫類か、両生類かと聞いたら、僕たちは麺類だって!

10)お婆さんの写真はいまだに,きんさんとぎんさんの写真が売れているの。だって金と銀だけに後はどう(銅)でもいいから!

11)おっかさんに三味線画習いたいといったら、「この子は撥(ばち)があたるぞ!」と言って叱られた。

(わかるかな、なんでかな?)おおはし

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile