大橋院長の為になるブログ

2020.09.18更新

最近の西濃医療情報:今年は新型コロナウィルス感染が一番である。まだ、2月や3月では、実態がよくわからなかった。ただ、大垣市民病院に、2例のコロナ感染者が入院していることは知らされた。すると、西濃一市5郡の開業医並びに介護施設の責任医師に集合がかかり、管理棟5階に集まった。100人以上の集団となった。窓を開けて、暖房をして、クラスターにならない配慮が感じられた。とても勉強になった。何せ、Covid19は開業医は、私は知らなかった。質問もいっぱいあった。急に金岡院長が怒り出した。「こんなクラスターが生じる体制はよくない!質問は一人に一つ、簡潔にしてもらいたい!」と鬼のような顔になった。金岡院長の短気は、金という名字で帰化する前から知っており、院長立候補1年前と1年後だけ、おとなしかったが、もう本来の金岡院長に戻っていた。開業医は面白くない!コロナを勉強したいから集まれば,100人以上に成る。それは当たり前だが院長は怒っている。院長が企画したことだ!しかし、院長の圧力にも屈せず、質問しまくった。最後は院長は罵声した「お前ら、帰れ!」不満たらたら帰宅した。

その後も,発熱患者で保健所にも相談して、紹介状も詳しく書いて、患者さんを送り続けたが、PCR検査は一例もしてもらえなかった。

一度病診連携の勉強会があったが、市民病院の内科医がPCR陽性になったらしく、閉会を急いでおり、私は質問の挙手を続行したが、全ての質問却下であった。早く院内感染の会議をしたかったみたいだ。このように、開業医軽視の市民病院がPCRのカギを握っており、これから冬になり、インフルエンザ、感冒、新型コロナ感染が混在するとき、開業医は極めて不安である。

投稿者: 大橋医院

2020.09.18更新

赤き血潮の開業医:赤き血潮の開業医!白衣と聴診器が誇りの姿勢!

今日も診察するぞ、発熱患者、見逃してはいけない、コロナ患者、

今日も書く書く、紹介状を!どんな役人がブロックしても、忘れちゃいけない、人名の尊さ!おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.09.18更新

助けて友よ!菅総理!河野太郎様!

急激な圧力を受けています。Facebookは、私のプロフィールから偽造し、政治主張は消されます。

おかしいでしょう?岐阜県は愛知県のベッドタウンですよ。岐阜県のみ、PCRが陰性なんです。現場の開業医がよくわかります。

発熱で、肺炎像が明らかな患者さんを送っても、見てくれないのです。事務レベルで「先生は、コロナを疑ってますね。紹介状だけでなく、カルテの病歴を詳しく送ってください!今、呼吸器内科に相談に行きます。」患者さんの携帯まで連絡させられて、待つこと50分、「自宅待機してください」翌日、やっと診察してくださる。胸部レントゲン、CT,血液検査を施行し、「あなたは、コロナではありませんので、解熱剤を出しておきましょう。お帰り下さい」これじゃ、岐阜県は全国でも優秀なPGR(-)県ですです。それでいいですか?これから、インフルエンザ、感冒も流行りだします。開業医で頑張りなさいということです。助けてください!何かが私を脅迫しています。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.09.17更新

岐阜県PCR(-)の継続:岐阜県はPCRが連日、陽性者(-)と報道している。

これは、行政、保健所、大病院が、PCR検査を拒否し、PCR検査(-)に誘導し、

県民を錯覚させているからである。Facebookが、報道を拒否したので、私のブログで報道する。

投稿者: 大橋医院

2020.09.17更新

コロナを恐れてのたらい回しは許さない!

今、マスコミが新型コロナウィルス感染症の恐怖を植え付けるものだから、病院、診療所まで、コロナの疑いがある患者は拒否される。

私は、拒否しない!コロナなんか、医師が怖がってどうする!人命を救うのが医師だ!

診療拒否で途方に暮れた患者さんは、私が診察する。

投稿者: 大橋医院

2020.09.16更新

高齢者の愛の問題:皆様如何お過ごしですか?急激な我が国の高齢化進行において、元気なおじいさん、元気なおばあさんが増えていませんか?若い新婚時代には、問題なく子作りに励んでいただきます。しかし、50代、60代、70代、80代、90代、各世代においても、おおっぴらにしていない、性の問題がある。特に老人の性欲はまず深刻な問題、わからないでしょう?独居の老母、老父、介護施設の老人の性問題もあります。100歳以上が20万人近くいますが、やはり皆さん恋をしているのでしょう?私は、内科医ですが、医学の進歩が速すぎて、

老人の性問題は後回しですよ。SEXと露骨に言いますと、個人差がありますし、男性は勃起問題、女性は子供はもうできませんが、性器損傷もあると思います。データはありません。私67歳、大橋信昭医師は、医学の勉強だけをしてあきらめなさいで済ませますか?皆さん、もやもやしてきたでしょう?そんな学界、学問はあるでしょうね。僕は勉強不足です。

僕がいつもの奥さん以外の美人と肩を寄せ合って、水門側、松尾芭蕉蔵あたりをうろついても、家内に内緒ですよ。高齢者の性について討論をしているんですよ!よろしいね!おおはし

 

投稿者: 大橋医院

2020.09.16更新

肥大型心筋症の新薬/HFpEFへのARNIの有用性探る試験【時流◆ESCピックアップ】

心筋ミオシン阻害剤、主要・二次評価項目を有意に改善
 8月29日のHot Line Sessionで発表されたのは、HOCMに対するファースト・イン・クラスの心筋ミオシン阻害薬mavacamtenのピボタル国際共同臨床第3相試験EXPLORER-HCM。早期フェーズの臨床試験ではHOCM患者の症状、身体機能、運動耐容能とQOLの有意な改善、ならびに左室流出路(LVOT)閉塞の改善が確認されている。

 同試験では、251例のHOCM患者をmavacamtenの1日1回投与群、またはプラセボの1日1回投与群にランダム化割り付けし、検討が行われた。

 30週時点の主要評価項目(運動耐容能、症状、LVOT閉塞、機能状態とQOLの複合エンドポイント)の、あらかじめ定義された基準の達成率はmavacamten群でプラセボ群に対し有意に高かった(36.6% vs. 17.2%、P=0.0005)。心機能を評価した二次評価項目(LVOT圧較差、自覚症状・息切れ評価の臨床症状スコア)も有意に改善していた(P<0.0006)。

 安全性と忍容性は両群同等だった。重篤な心有害事象はmavacamten群で4件(心房細動2件、たこつぼ心筋症2件)、プラセボ群で4件(心房細動3件、心房細動+うっ血性心不全1件)が報告された。なお、同時掲載された論文ではプラセボ群で突然死が1件あったとされている(Lancet 8月29日付電子版)。

 研究代表者のIacopo Olivotto氏(イタリアCareggi University Hospital)は「既にHOCM治療を受けている患者へのmavacamten治療により、プラセボに比べ、一貫したベネフィットが確認された」と結論している。

HFpEFに対するARNI、バイオマーカー改善も6分歩行距離は改善せず
 8月30日のHot Line Sessionで発表されたのは、HFpEFに対するサクビトリル/バルサルタンの臨床第3相試験PARALLAX。昨年のESC2019で報告されたPARAGON-HF試験では、HFpEFに対するハードエンドポイント(心不全による全入院、ならびに心血管関連の原因による死亡の複合エンドポイント)の有意な改善を示せなかった。

 PARALLAX試験ではARB(バルサルタン)単剤群との比較を行ったPARAGON-HF試験と異なり、ACE阻害薬、ARBまたはプラセボを含む個別化された至適治療を行っている患者という、より実臨床に近い患者群が対照群に設定された。HFpEF患者2572例(平均年齢73歳、女性51%、ベースライン時の平均LVEF 56%)がランダム化割り付けされた。12週間時点の主要評価項目(NT-proBNP値)はサクビトリル/バルサルタン群で有意な低下を達成していた(対照群に対し-16.4%の低下、P<0.0001)。もう一つの主要評価項目(ベースラインから24週時点の6分歩行距離の変化)に有意な差はなかった(両群の平均変化の差-2.5m、95%CI -8.5-3.5m、P=0.79)。

 二次評価項目(質問票によるQOL評価)は4週時点でサクビトリル/バルサルタン群において有意な改善が見られたが、24週時点では両群の差は消失していた他、NYHA心機能分類の重症度の変化も両群に差はなかった。

 研究代表者のBurkert Pieske氏(ドイツCharité University Medicine Berlin and the German Heart Centre)は「同試験から個別化治療群に対し、サクビトリル/バルサルタン群で心不全の予後を予測する代替マーカーであるNT-proBNPの一貫した現象が確認された」と結論している。

 サクビトリル/バルサルタンは既に、LVEFの低下した心不全(HFrEF)の治療薬として各国で承認されている。その後、標準治療が確立していないHFpEFへの適応拡大に期待が集まりつつあるようだ。ESC2020参加者のツイッターや複数の海外循環器専門メディアは、同試験の成績を「解釈が難しい結果(mixed results)」と評している。おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.09.15更新

医師の44.8%、インフルワクチンの希望者殺到と予想
「早めの接種は流行期間をカバーしきれない」懸念も:

政府は10月前半からインフルエンザワクチンについて、定期接種対象者(65歳以上の高齢者)に接種を開始し、10月後半以降は医療従事者、65歳未満の基礎疾患を有する人、妊婦、乳幼児~小学校低学年(2年生)への優先接種を呼びかける方針を示した(『インフルワクチン、65歳以上などから優先接種へ』参照)。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とインフルエンザの同時流行が懸念される中、「受診控え」と同様に「接種控え」が起きるか医療従事者に予想を尋ねたところ、44.8%の医師が「接種希望者が殺到する」と回答した。


Q. COVID-19の流行に伴い、医療機関での感染を恐れ「受診控え」が起きています。インフルエンザワクチン接種に当たって、同様に「接種控え」が起きるとお考えですか。

 医師の44.8%が「希望者が殺到する」と予想。開業医と勤務医では、15.7ポイントの差があった。「接種控えが起きる」と回答したのは医師の22.7%で、「希望者が殺到する」の約半数にとどまった。

医師の55.3%が「適切だ」と答えたものの、「医療従事者も10月前半から接種を開始すべきだ」との回答が3割超に上った。

おおはし

投稿者: 大橋医院

2020.09.14更新

Lovely,Rommantic:私のような67歳の高齢者の男性になると、女性に期待することは、ロマン、ラブリー、

側にいてお話をして、楽しいひと時を過ごして、ストレスが解消されるとき、彼女の瞳、愛くるしい笑顔、

素敵なおしゃれな衣裳、なんとも言えない女性のフェロモン臭、香水の匂いも素敵だ。

その日はとても幸せな、一日になる。https://www.youtube.com/watch?v=UetJAFogqE4&list=PLpsrVJJrfIGdu8s7-4TIsyQP3A1qb0Pda

https://www.youtube.com/watch?v=7_06QFixRkE

Something Good

Maria
Perhaps I had a wicked childhood
Perhaps I had a miserable youth
But somewhere in my wicked, miserable past
There must have been a moment of truth
For here you are, standing there, loving me
Whether or not you should
But somewhere in my youth or childhood
I must have done something good
Nothing comes from nothing
Nothing ever could
So somewhere in my youth or childhood
I must have done something good

私は多分 悪い子だったわね
みじめな青春だったかもしれない
でも そんなさえない過去のどこかに
真実の瞬間があったはず
何故って あなたが現れて
お義理ではなく本当に
私を愛してくださるのだから
きっと さえない過去のどこかで
何かいいことをしたはずね
無からは何も生まれない
生まれるわけがないのだから
そんなさえない過去のどこかで
何かいいことをしたんだわ

Captain
For here you are, standing there, loving me
Whether or not you should

何故って 君が現れて
お義理ではなく本当に
ぼくを愛してくれるのだから

Maria
So somewhere in my youth or childhood
I must have done something good

きっと さえない過去のどこかで
何かいいことをしたはずね

Maria and Captain
Nothing comes from nothing
Nothing ever could

無からは何も生まれない
生まれるわけがないのだから

Maria
So somewhere in my youth

私のさえない過去のどこかで

Captain
Or childhood

過去のどこかで

Maria
I must have done something...

きっと 何かを・・・

Maria and Captain
Something good

何かいいことをしたはずね

投稿者: 大橋医院

2020.09.14更新

唾液がPCR検査の検体として使用可能に 利点と欠点:

6月2日より検体として唾液を用いたPCR検査が可能となりました。

唾液を用いたPCR検査の導入について

ただし全てが唾液に取って代わるわけではなく「症状発症から9日以内の者」に限り、唾液を用いたPCR検査が可能とのことです。

しかし、これまでPCR検査は鼻咽頭スワブまたは喀痰で行われることが多かったため、受診者と医療従事者にとっては大きなメリットがあります。

唾液を用いたPCR検査の有用性、メリットとデメリットについて整理しました。

新型コロナウイルスは唾液からも検出される
SARS-CoV-2ウイルス(新型コロナウイルス)が患者の唾液からも検出されるという報告は、2月の時点からありました。

しかし、この時点では症例数が十分ではないため、唾液が検査に使用できるかどうかの検証が不十分でした。

その後、検体としての唾液の研究がいくつか報告されました。

新型コロナウイルスは下気道(気管、気管支、肺)でウイルス量が多いため、気管内吸引痰と比較するとウイルス量は少ないですが、唾液でも20日くらいまでは10の4乗コピー/mlくらいの量が検出されています。

鼻咽頭よりも唾液の方がウイルス量が少ない傾向にある
では従来よく検体として用いられていた鼻咽頭スワブと比較するとどうでしょうか。

唾液PCRは検査を受ける人、そして医療従事者にもメリットがある
繰り返しになりますが、これまで新型コロナの検査には、PCR検査の検体として鼻咽頭の粘液を採取していました。

インフルエンザの迅速検査などで鼻咽頭の粘液を採取されたことがある方はお分かりかと思いますが、かなり辛いです。

唾液を用いたPCR検査を行う場合には医療従事者は毎回個人防護具を着る必要がなくなるわけです。

これは正直めちゃありがたいです。

というわけで、受診者と医療従事者にとってメリットも大きい唾液PCR検査ですが、鼻咽頭スワブを用いた場合と比べると検出率が低下する可能性もあるので、発症からの日数などの条件も考慮し、メリットとデメリットを理解した上で使い分ける必要があるでしょう。

なお、しっかりと良質な痰が出せる方は、一般的に痰の方が唾液や鼻咽頭よりもウイルス量も多いので、痰を用いた方が良いかもしれません。その場合、検査を受ける前に「痰が出ます」と自己申告するようにしましょう。おおはし4

投稿者: 大橋医院

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile