大橋院長の為になるブログ

2019.11.08更新

心不全パンデミック勉強会 11月7日 岐阜都ホテル
<心不全について考える> 大橋信昭
心不全は再入院が多い。対策として、多職種による心不全チームヲ考える。
心不全の増加は大、高齢化社会と関係
Mitra Clip(経皮的僧帽弁修復術)実際には半分、家に帰れない、Life(食事、寝る、活動)の指導が大切
心不全は鬱,認知症になる、その前にキーパーソンを作る。
ACE阻害剤、ARB,βブロッカー、
包括的心臓リハビリテーション、体重測定毎日、
BNP<100以下なら心不全なるも注意
NTProBNP>400、BNP>400:心不全、厳格治療
高齢者には腎機能を注意、利尿薬は低Na、腎機能悪化
慢性期における入院、低Na血漿にもかかわらず、必ず入院の元、“サムスカ”
AIDS,ARBの併用は禁忌、心不全が退院するとき、家庭環境が大切、(独居か)
加齢とともに心不全は増加、狭心症も疑うべし、単純胸部X-p でfree 空気は
食道裂孔ヘルニア、単純X-Pは大切、えらいといえば心不全、
心不全増悪の原因、うっ血、利尿薬。硝酸薬、肺うっ血のX-P:Bline
MRA:心保護薬、心不全の合併:、Af,DM,HT,CKD,COPD,高尿酸血症
Na利尿、フロセミドは腎機能低下、入院心不全にてサムスカは使える。
心不全を悪化:NSAIDs、ステロイド、ピグアナイド、
かかりつけ医が大切、心不全と栄養、低栄養過剰栄養もダメ、味覚異常
腸管浮腫、エンドトキシンの体内、全身の浮腫、
地中海食、DASH食、

おおはし

投稿者: 大橋医院

2019.11.02更新

<TAVIを考える;瀬尾由広先生の講義から>

左心室と大動脈の圧格差:張力

左心室の壁応力=左室半径X左室圧/左室壁厚おおはし

ラプラスの法則によると、左室の求心性肥厚が起きる。

遅脈、小脈、脈圧低下、駆出音がⅡ音で途絶える。カラードップラー大動脈血流が40m/秒以上、ベルヌールの法則では、圧格差=4X最大速度の二乗。弁面積、

息切れ,胸痛,失神、弁の開口面積<1.0cm2を重症とする。無症候のAsと、有症状のAs(D1,D2、D3)

80歳以上をTAVIの適応か?75歳以上でTAVIの適応とすると弁の寿命も気になる。

フレイルスコア(アルブミン、歩行速度、握力、ADLの低下)

陶器様大動脈、は適応ではない、TAVIから3度房室ブロックを起こす。Asから左室の繊維化を起こす予後が悪い。TAVI後、心不全、拡張障害、

私の名古屋市立大学大学院循環器内科 准教授瀬尾由広先生にお会いして嬉しかったです。

投稿者: 大橋医院

前へ

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile