2015.06.29更新

「見えない糸」
6月29日、朝5時に起床、洗顔、朝食、おトイレ、新聞に目を通す。
しかし、何かおかしい。昨日は、OO市民病院で、夜間救急当直であったが、
自宅を出た時から感じ始めていた。誰かに見られている。そして尾行されている。
午後6時から業務開始である。30分前に到着したので、少し気になる患者さんに
電話をした。今のところ問題はない。しかし、この電話は盗聴されている。私の座っている
待合室の西の隅に、黒い影がうごめいている。こいつであろうか?最近、私を見えない糸で
梗塞しているものは?午後6時から午後9時まで、小児科医の仕事をした。限界だ。もう帰っていいと、
看護師さんがおっしゃてくださったものだから、200メーター先の駐車場へ急いだ。途中の暗い細道で、
私は、やはり気が付いた。誰か尾行しており、見えない糸で思うように体が動かない。必死の思いで、
大橋医院へ到着した。疲れて着替えていると、妻が「いつまでも、パソコンばかりやってないで早く寝なさいよ」
と恐喝した。これが、見えない糸であろうか?もはや妻は私がどこへ行こうとも尾行し、行く先々に盗聴器を備え付けているのだろう。
この寝室にも、この布団の下に圧力センサーがセットされているに違いない。警戒しつつも、6月29日午前6時40分になっていた。今妻が、当院のシャッターを上げた。誰からかの、支持なのであろう、。サー、仕事だ。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

2015.06.25更新

「宿命」:東野圭吾著
勇作は瓜生の存在を子供のころから意識していた。
生徒のリーダーであり、活発で、楽しく遊び、勉強していた。
ところが、誰かが勇作を見ている。遠くから、、、、、
これが瓜生であったと気づくのである。瓜生の恋人ととも関係を持ってしまう。
同じ高校に入り、意識しながら、医学部受験を迎えるが、勇作は家庭事情で断念した。そして厳しい警察官への路へ、
瓜生は大会社の息子であり会社は次男に譲り、医学の道を志した。
 それから同級生であり、ライバルであり、かつての恋人を妻にした瓜生が容疑者として濃厚になり、
刑事の勇作は手帳をめくり、彼のアリバイを考えていた。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.06.24更新

「哀愁波止場」
作詞:石本美由紀
作曲船村徹
歌詞:美空ひばり


夜の波止場にゃ 誰あれもこない
霧にブイの灯 泣くばかり
おどま 盆ぎり 盆ぎり
盆からきゃ おらんと
あの人が 好きな歌
波がつぶやし淋しさよ

「ああ 今夜もブイの灯が
冷たい心のように
うるんでいる
あの人のいない港は
暗い海の波のうちに 寂しいわ
あの人がいつも唄った歌が
今夜も私も泣かすのね」

三月待っていても 逢うのは一夜
恋も悲しい 波止場町
五木くずしは、
しんから泣けるよ
思い出の滲む夜
耳に残って 離れない

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

2015.06.21更新

<同級生>

大橋信昭

 土方君とは帰り道がいつも一緒で、同じ中学3年生のクラスメートであった。実は、僕は中学2年までは、いつも、学校のテスト成績はクラス一番であった。
記憶は小学校4年ぐらいまで遡るが、クラスで勉強は一番、クラス委員は僕が当然やるということは当然の事であった。ところが、肝心の中学3年生になって、どうしても成績がかなわない男が今、一緒に歩いている土方君であった。
クラスで2番、これに僕の母は激怒した。「どうして一番じゃないの!何よ、2番て?」しかし、いくら母が怒っても、彼にはかなわないのだ。帰宅道中、彼は指導教官みたいに僕を刺激した。「何だって!君は朝日新聞の天声人語は読まないのか?」「僕の所に朝日新聞は無いんじゃないかな?」土方君は「これは日本の常識で、朝起きたら、まずは天声人語だよ!」困ってしっまた。あのいつ怒り出すかもしれない父に朝日新聞を勉強のためにとってくれと、お願いするのにかなり勇気が必要であった。朝日新聞は毎日、届くようになったが、天声人語は苦手であった。土方君はこうも言った。「夏目漱石の3部、坊ちゃん、吾輩は猫である、草枕は常識として読んでいるのかい」、僕は真っ青になり、本屋に急いだ。母親に「この3冊を読むことは受験勉強にとても大切なんだ。」、買ってもらったが、"坊ちゃん"だけは分かりやすく、"吾輩は猫である"は途中から漢文、物理学が常識として使われており、主人公の猫が絶命するまでに、僕の頭は、破裂寸前であった。"草枕"に至っては、最初から分からなかった。
「智に働けば角が立つ、情に棹せば流される、とかくこの世は住みにくい、、、、」
最初の2-3ページはあまりにも哲学的で、還暦過ぎても分からない。これを夏目漱石は30歳を過ぎた時に人生を振り返って書いたのである。土方君はまた僕を刺激した。「君、芥川龍之介の歯車は読んだだろう。もちろん全作品は目を通すべきだ!」僕はめまいがした。教科書で「蜘蛛の糸」は仕方がなく読んだが、他の作品は知らない。父は怖いから母を本屋に連れて行き、「どうしても、クラスで一番になるには、あの土方君を追い越さなくちゃいけないんだ。どうしてもこの芥川全集を読む必要がある。」すると母は、「最近、信昭は勉強をほとんどせずに、本ばかり読んでいるけど、そんなことでクラス一番になれる?」、
仕方がないと買ってくれた。必死に読みふけっていると、土方君が僕の書斎に遊びに来た。「しかし、君は、ドストエフスキーは一冊もないね。僕はね、"罪と罰"を読み終わり今、"カラマゾフの兄弟"を読んでいるのだ。」と不敵な笑いを残し帰って行った。僕は息切れをして過換気になったと思う。貯金してあるへそくりから、こっそり、旺文社の世界文学大全集からこのどこの国の人か分からないのに本を読もうとしていた。夏休みになって、自由研究の宿題が出た。僕は別の少し成績悪い友達と適当に科学に関する研究で済ませた。いい加減に勉強もしないと来年は受験なのだ。夏休みが終わり、自由研究が発表されると、驚いたことにあの土方君の研究が学年で最優秀賞になっていた。「浮力に関する研究」としか理解できなかった。土方君は僕の自由研究を軽蔑するように観て、「君、何故、あの重い飛行機が空を飛ぶことを考えたことは無いのかい?」と言った。僕は理科の授業は土方君がいてもいつも百点に近く、先生の話は全て聞いていたが、"浮力"は、初耳であった。このまま、卒業まで馬鹿にされ続けられるのかと、初めての屈辱感を感じた。
 そんなときである。学校側が、両親が無い子、片親の子を集めて、なにか特別な授業をやるらしかった。不思議なことに、あの土方君も、集められていた。
聞くところによると、あの土方君の御両親はいなく、おじさん夫婦に育てられているらしい。それで、お金も迷惑のかけない「工業専門学校」に進学するそうだ。僕なんか両親がきちっといて、その後、岐阜高校から医学部へ進学することになるのだけど、土方君は高業専門学校を卒業し、いったん企業に就職し、お金を苦労して貯金し、京都大学の工学部から、ソニーへ入社したらしい。開発品が優秀で、世界的な賞状をもらったと聞くのは随分、後の事である。
 しかし、土方君は両親もいないのに、少しも寂しそうな顔をせずに、僕をいつも刺激し続けた。中学を卒業し、岐阜高校の数学の宿題を大垣の図書館で悪戦苦闘していたら、「随分、レベルの低いことをやっているのだね。」と相変わらず土方君は、もう大学生がやっている数学の本を開いて笑った。「君、労働についてどう思う?」と彼は聞いた。「いや、実は僕は医師になりたくて、今のところ、勉強だけでよいと、両親が言うものだから?」すると、彼は険しくなり、「君、労働を馬鹿にするものでは無い!僕は今、北海道の酪農の仕事を手伝って帰ってきたところだ!マルクス曰く!!、、、」「降参!!」仕方なかった。
 それから僕が40歳を越して、中学のクラス会をやるというものであるから、クラス幹事として、土方君の住所と連絡先、電話番号をやっと調べた。同窓会をやりたいから、ご主人と話がしたいと、やっと奥さんに連絡が取れた。しかし、彼は電話に出なかったし、その後のクラス会にも顔を出さなかった。どうして、逢ってくれないのだろう。エリート会社に就職し、社会的にも立派に成功しているのだろう?でもあきらめた。彼が姿を出さない理由が分からない。このことは初恋の失敗より辛いものであり、両親もいなく、自力で社会で成功した彼は、僕なんか甘えん坊にしか見えないのであろう。どこかで、また逢えないかな?土方君!!(完)


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

2015.06.19更新

「医学大戦争」
昨夜は、名古屋市立大学医学部の西濃二市五群で、同窓会が行われた。
最初は、先輩の女医の黙とうから、始まり、私の下手な挨拶、乾杯の音頭、
観覧、まではよかった。そして、各自の近況報告となり、後半に至っては、
西洋医学対東洋医学の大戦争になってしまいました。
最後は、西洋医学を侮辱されて、怒りまくっている医師と、東洋医学しかありえない
空手部の後輩が、なぐり合いそうになり、激怒そのもで、やっと二人を引き離した。
検討課題:部屋は椅子か、掘りごたつ、無理かもしれぬが、話題を東京オリンピックに


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.06.18更新

「銭型平次」

満田銀次郎:わては、ミナミで高利貸をやってまんのや。
いくら銭で悪人投げつけて有名になっても、私のところの利息払ってもらわな
困りますな。

銭形平次:そこを何とか、今度、両衍字で悪党がはびこっていますンや。
銭が無いと捕まりませんのや。そこをまげて貸してくれなさい。

満田銀次郎:貸した金はきっちり帰す!覚えていてくれなはれ!


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

2015.06.18更新

「魔法使いサリー」
ある夕暮れの、高速道路、白覆面のサングラスをかけて男がオートバイにまたがり
時速50キロで走っていた。後部の網棚には白いバラの花が乗っている。
警察官は早速その男を止めた。
「君、今、何キロで走っていたんだ!」
月光仮面は「時速50キロです」
警察官は「ここは高速道路だ!」
月光仮面「わかっているけど出ないのです。でも、僕は魔法使いサリーちゃんに
恋しちゃってバラの花を届けに行くのです。」
警察官「魔法使いサリーなんて15-16歳の少女じゃないか!君は未成年に猥褻行為をする気か!"
刑務所に連行する!」
月光仮面「サリーちゃんに逢いたい、逢いたいんだよ!」

岐阜県大垣市の大橋医院は。高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します

投稿者: 大橋医院

2015.06.15更新

<6月14日は胸がいっぱい>
6月14日は、朝5時には目が覚めていた。最近老化で早寝早起きである。先週の過労のせいか、右目が痛む。開眼できないし、涙が出る。眼底出血、網膜剥離か、急に心配になり、岐阜高校の同窓会はキャンセルして、眼科受診が最優先である。保険センターに電話したら、当番医はOO眼科だ。家内に保険証を出せと命令した。そこで意外な事実が判明した。私の医師国保は有効期限が切れており、子供たちも家内も有効な保険証を持っている。私はここで、頭が切れた。「俺をロボットみたいに24時間こき使いやがって、保険証なしで、働いているのかよ!」すると、妻が珍しく逆切れを起こした。「自分の保健証ぐらい、自分でやったら!」と怖い顔をして外へ出て行ってしまった。仕方なく、OO眼科に行ったら、冷たい医師であった。私は「先週とても忙しく、、」と言ったら、「先週はどうでもよいから今日のことを言いなさい」と言われた。仕方がなく朝より右目が痛いといった。内科と眼科の違いなのであろう。内科医は既往歴が大切であり、いきなり狭心症にならないから、既往歴、家族歴、患者の言う話はなんでも大切である。右目のチェックをしてくださり、3本点眼薬を下さり、一回のみ蚊の鳴くような声で説明があった。自宅へ帰ったら、どういう目薬加、わからなくなった。えーい!めんどくさい!岐阜グランドホテルだ。大垣はスイトタクシーと決まっている。あっという間に同窓会に間に合った。同級生は還暦を過ぎて、お爺さんになっても楽しいものだ。メーリンリストで謝るべき人には過去の過失を述べたが許してもらっているようである。2次会も楽しかった。私は少し気になるのは、怒って家出をした妻である。結婚してから妻はいつも献身的であり、家出なんて考えられない。3次会はやめて我が家へ急いだ。そこにはいつもの妻がいた。役員会に公民館まで行くそうだ。あれは僕の仕事だ。「あなたはいいの。夕食は作ってあります。」そういえば、私は伝馬町の会計監査であり、組長でもあった。疲れてるから家内が代理で行ってくれるという話である。我が家に平和が戻った。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

2015.06.08更新

、はてまでは「おれは非情勤」
ミステリー作家をめざす「おれ」は、小学校の非常勤講師。
下町の学校に赴任でして2日目。体育館で女性教論の死体が発見された。
傍らに謎のライイングメッセージが!一方、受け持ちのクラスにはいじめの気配がある.....。
盗難、自殺、脅迫、はては毒殺未遂(?!)まで、行く先々の学校で起こる怪事件。
見事な推理を展開するクールな悲常勤講師の活躍を描く異色ミステリー。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.06.06更新

<廃線>

大橋信昭

 私は、廃線の上を歩いていた。それは危険な行動であり、鉄道関係者が観ていれば大変なお叱りを受けるであろうし、一般大衆の目にも異常行動として警戒されるであろう。しかし、私はひたすら廃線の上をまっすぐに歩いていた。線路の両脇には雑草が生い茂り、行く先は果てしなく錆びた鉄の塊が道を作っていた。しかし、1時間も歩いているとすぐ前に、暗いトンネルの入り口が迫っていた。この先を、このまま歩いてよいものか、私は危険を感じた。その先の暗闇が私を招待している気配を感じ、一歩一歩、足がその先へ行くのを止められなかった。いきなり真っ黒な世界が広がっていた。しかし、廃線の鉄の上を確かめながら奥へ、私は向う見ずにも進んでいった。暫くすると、急に明るいもの、電気の点滅を感じ、確かめに急いだ。そこには廃線から向かって右側になんと「BAR トンネル」という看板を見つけたのだ。呼び込み嬢は、ミニスカートで脚線はまぶしく、うさぎさんの恰好をしており、暑い唇から「寄ってらっしゃいよ」と甘い人工的な吐息が漂った。胸がはちきれんばかりで柔らかく、私の頬をピチャピチャ叩き、お金は持っていたのかわからずにさらに奥へ入っていった。通された奥の暗い机と6席ある椅子の奥の中央に通された。隣には淡谷のり子みたいな"ママサン"がいて、「何をお召し上がりになるのかしら?ねー、いっそレミーマルタンにされては?」私は財布の確認を急いだが、すぐに両脇には、派手なホステスがガードを固めた。ミニスカートに深い谷間、網タイツに、ボディーラインぴったりのワンピースで、「私も一杯いいかしら」左の女性がと私にしなりより、甘い息をかけた。全身に刷り込んだ香水と、不可思議な減少に私は怖く極悪のどん底であった。レミーマルタンはなみなみコップに注がれ、私と、両脇のホステスも、ママも、かなり飲んだようだ。これが私の請求書に回ってくるとなると、一回銀行に行かなければいけない。酩酊の極致に、ママが耳元へ、「奥にとてもくつろげる部屋があるのよ。あの若い子、そう!右の唇にほくろのある子ね。」私はもう強制的にさらに深い黒い奥の部屋に通された。シャワーとダブルベットが用意されており、そのほくろの女の子は「お先に!"」とシャワー室へ消えた。カーテン越しに彼女の脱衣シーンが透き通ってみられ、私は刺激を受けた。しかし、馬鹿なことを考えているばかりではいけない。今日は廃線をゆっくり歩いていたのだ。どうしてこんなことに?早く脱出しなければいけない。あの退屈な毎日に戻らなければいけない
彼女の入用中に、私は、必死に脱出口を探した。手探りで壁を押しまくった。よく見ると、タンスの裏に、扉があることに気がついた。わたしは、そっと音が出ないようにタンスを移動し、その隠れていた扉を押した。長い狭いトンネルであった。四つん這いになり猛スピードで出口へ急いだ。奥ではママたちが大騒ぎし、こちらに向かってくるようだ。やっと出口と思われる扉を見つけ、両足でこじ開け、外に向かって飛び降りた。するとある程度落下したのか、かなりの激痛が私の膝、越、頸部へと伝わった。周りを見渡すと小さな駅であった。駅長もいない。女子高校生が待合室で、にぎやかにおしゃべりをしているのが聞こえた。その女子高校生の一人が私を見つけ、「あのおじさん、あそこで何をやっているの?」私は痛みをこらえ、女子高校生も無視し、駅名を見た。駅名は「三酢手理―駅」とかいてあった。無人駅でもあるし、追っても見えないし、廃道から駅の出口へ、急いだ。在来線を超え、搭乗口へよじ登り、駅前へ出た。駅前の商店も、通りの商店もシャッターが閉められていた。やっと見つけた小柄な御婆さんに、「ここは何県ですか、東京へ帰りたいのですが?」すると御婆さんは、不思議そうにここはXX県三酢手理―市ですけどね。東京都は遠いですね。」私はびっくりした。あの廃線は何らかのパラドックスなのか?
財布を調べたら、5万7千円入っていた。タクシーの運転手を追いかけ、この近くの新幹線駅まで行ってくれと言った。運転手は新幹線の駅までですか?」しぶしぶ1時間はかかったと思うが、狭い商店街から、田園を超え、海に近い街道筋をしばらく行くと新幹線が止まるOOOO駅があった。指定席いや、グリーン席を選んだ。東京まで2時間、やっと我が家へ戻れる。急速に眠くなったが、軽く後ろを振り返ると後部座席にあのバーのママとホステスと用心棒と思われるサングラスをかけて黒いスーツの男が私を睨んでいた。どうして、彼らはあの席にいるのか?私はトイレに逃げ込んで扉を施錠した。窓を思い切り体当たりし、できた隙間から脱出を試みた。足から臀部から、胴体、両手が窓にかかっている時に、追ってはトイレに入ってきた。その瞬間私は両手の力を緩め外へ追い出された。不思議な風に乗っかり猛スピードで旋回し気が付くと我が家の玄関の前に居た。女房が私の無断外泊を怒っていた。そんなことはいい。早くお風呂に入り、眠りたいだけだ。もう筆者も疲れているからもう事件は起きないと思う。お休みなさい。(完)

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

前へ
院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook