2015.04.28更新

「私と子供たち」
大橋信昭

 今、私は、アルバムを広げ、鑑賞している。まだ、子供たちが、幼かった頃、
私は彼女らといろんなバカンスを楽しんでいるのである。一枚目の写真は、妻と子供たちと、お弁当を持って、東山動植物園に、行った景色が映っている。JRで名古屋駅へ、行き、地下鉄から、まず動物園で楽しんだのである。何枚も写真がある。午前中は、動物園で、凶暴な肉食動物から、可愛らしい草食動物まで鑑賞し、お弁当である。幼稚園の子供たちは、大騒ぎである。少し休んで植物園に行った。万葉集の短歌が石に彫って並べてあり、私は鑑賞したがったが、子供中心に、退屈させないように多種の花々の周りを行動した。写真撮影も忘れない。帰宅したが、過労で、子供たちはぐっすり寝こんでしまった。
 次の写真は、妻と子供二人、科学館へ行った写真がある。分かりやすく、いたる所で科学の実験が行われており、解説好きである。私は退屈しないが、子供たちはゲームコーナーの方に興味津々である。ゲームで彼女たちは、疲れきるまで遊び、食堂に入り、お子様定食を注文し、楽しそうにしている彼女らを鑑賞し、写真に収めたのである。最後はパラネタリウムを鑑賞した。宇宙は神秘だと思った。妻はすっかり居眠りしている。帰りは、彼女たちと妻のショッピングに付き合い、かなりの疲労を私は感じた。その頃は、長女も次女も私を
「パパ!パパ」と引っ張り合いである。
 次の写真は、週末に必ず子供たちを連れて行く、ショッピングセンターの写真である。そこには、入り口にソフトクリームを食べさせてくれる店があり、必ず3本注文し、3人座って、そのおいしさに堪能する。そして、そこにはカメラマンがおり、有料だが、私を中心に右側に長女、左側に次女、ポラロイド写真で、撮影してもらい、ペンダントとして、3人が何枚かを所有している。そこのクリームを食べ終わった後、ウィンドショッピングに出かけ、最後はゲームセンターに着く。100円でコインが25枚両替である。これでゲームができる。長女の性格は、大胆で一気にコインをゲームに使い、すぐに無一文になる。次女の性格は、コインの使い方が慎重であり、ゲームを丹念に選び、じっくり楽しむ。コインがなかなか減らない。家へ持って帰り、貯金さえしている。
 次の写真は、私と長女、次女がサイクリングに出る写真である。まだ小学生になったばかりの長女と幼稚園の次女だから、市内の公園で遊び、疲れたらサイクリングで帰るという写真である。帰宅後は、二人とも熟睡である。
 このように私は子供たちとの触れ合いは大切にしてきたが、中学生になり、高校生になり、大学生になり、長女、次女とも国家試験が必要な職業になり、
長女はいきなり、婚約者を私の前にある夜連れてくる。私だけがその青年を知らなかった。そして結婚式、私の意志は反映されず、そうかといって、反対理由もない。何か釈然としないものがある。二人とも社会人に成長していった。
 ある日、アルバムを取り出して、東山公園の写真、科学館の写真、ショッピングセンターの写真を、サイクリングの写真を、彼女らに見せた。彼女達は不思議そうにその写真を見ており、記憶にない、合成写真ではないかと主張するのである。私たちはパパに叱られてばかりいて、こんな楽しい思い出はないと主張するのである。私はソフトクリームを食べながらいる3人の写真つきペンダントを証拠物件として、突き出した。彼女たちは迷惑そうであった。
 私にとって、これらの写真は貴重な淡い思い出なのだが、彼女たちの脳は、その記憶を排除したいようである。悲しいけど、二人とも、立派な成人だから問題はない。御爺さんは何も言わずに小説でも読んでいよう。(完)


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。」

投稿者: 大橋医院

2015.04.28更新

<断酒生活>
大橋信昭

 私は、断酒をして半年になる。あまり「酒は止めました。」と友人には広言を吐かないようにしている。信用してもらえないからである。「何回目の断酒か?」と言われるだけである。最近の勉強会後とか記念式典のパーティーは、「今日は車で来ました。」とか「γ―GTPが高いから、肝臓の機能を正常化したい。」と言い訳をする。最近の飲み会は、本人の飲まないという意思を尊重してくれるから、断酒をしている私にとっては、有難いことである。私が医学部を卒業して、医師になったのは昭和54年である。医師になって初めて当直を任されたとき、大学病院ではあるが、夜間、深夜の救急外来、病棟の患者の急変に関して、医師として責任重大である。出前ものを注文して、夕食を済ませようとしていたら、突然、医局長が鬼のように私の前に立っていた。「君は当直か?
日本男児であるからには夕食にビールを一本飲まずしては、日本男児とは言えない!」無理やりビール1本飲まされたのである。その後、夕方の病棟回診、点滴当番が義務としてあり、補助してくれる看護師さんが忍耐強かったのであろう。
 最初の赴任病院はある公立病院であった。院長、副院長、部長、と軍隊方式になっており、初年兵の私は「はい!」と敬礼し、上司の命令は絶対服従であった。であるから、私の先輩の部長は、大酒のみであったから、困ったことが早速起きた。私を指して部長は、「君、俺と一緒に仕事をやろうとするつもりなら、この机の前においてあるビールを一気に飲み干してくれ!」今度は、ビールが3本であった。途中意識がもうろうしながら飲み干したらしい。めまいをしながら、必死に私の寮に帰ろうと思った。さすが,まずかった。病院を出た瞬間、非常玄関の前で嘔吐した。私はそこをもとの清潔な場所に戻す余裕はなかった。早く寮の私の部屋で、横にならなければと先を急いだ。不幸なことに、私の部屋は5階であった。万難を排して5階に上り詰め、部屋へ入る鍵を探している時に、また嘔吐発作が強烈にやってきた。5階の階段から1回めがけて、私の吐物が、4階、3階、2階、1階と流れ落ちるのを確認した。後はどうにでもなれ、嘔吐して、すっきりし、部屋の寝室で寝てしまった。朝は、同僚、先輩の奥様で大騒ぎであった。私はそうっと逃げ出し外来業務をこなしていた。
 それから3年、僻地医療を学ぶということで、岐阜県、長野県のある町立病院へ1週間赴任した。農民も樵も優しかった。私の今日の勤務は、この周りの住民、あるいはもう一つ山を越えて、往診するということであった。事務員が土地勘のない部分、道案内をしてくれる頃、私は緊張していた。そこへ、院長が突然に表れたのである。院長は大酒のみである。私のために料亭予約してあるのである。私は緊急患者が現れたらどうしましょう。 ビ-ル、日本酒、焼酎、鍋物、後馳走満タンである。院長が言われるに今夜の急患はない。長年の経験だ。」しっかり飲み、食べ、動けなくなった。当直医としては不可能である
しかし、院長は酔っぱらいながら「今日の当院の急患はありません。」闇夜に大声で叫んだ。
 しかし、考えてみるに、私は飲酒により、周りの人たちにいかなる迷惑かけたか、寒気がする。私も長女の御爺さんになり、次女も社会人、自信が急上昇を始めます。今日は、パパの酒癖についての討論会です。」私の妻は少し離れて会議傍聴らしい。次女が切り込んだ。「私のパソコンを破壊したのは誰だか知つている。」女性に囲まれて、窮屈だ。そこで次女が司会になり、突然、「家族会議です。」「?」「パパがいきなり私のパソコンに3回、パンチをしたわ、パソコンは使用不能になり、書斎で一人泣いたの。それから,i-Padやスマートホンをそろえているは、いつも酩酊状態で、なにをいいたいのか分からない。」
 長女は堪忍袋が切れているらしく、「お父さんにとって最初の孫をもっとかわいがってくれないの!この前お酒を飲んで馬乗りになっていたのでしょう。」ママ代表で、長女と次女が断酒を懇願した。仏壇の前で裸踊り、これは多くの友人を無くし、家族からも嫌われては、私はとても悲しい。断酒剤:脳のグルタミンとGABAをコントローする薬一日、6錠を飲み、脳のアルコール指令を消して半年、読書も進み、体重も6kg減少し、腹囲も7cm縮小した。いつも素面、患者さんはいつでも診察できる。有難いのは家族だ。涙をためて、断酒を懇願し、私の脳からアルコールは消してくれた。戦いはこれからだ。
断酒剤は今でも、時々飲む。酒仲間は減っていった。妻が大垣の地下水を毎日、くみ上げてくれる。ビールより水はうまい。体重が5kg減少した。腹囲も減り、顔の大きさが半分になった。いつも素面から急患はいつでも、OKである。
たばこ、お酒が無くても、私を心配してくれる妻や子供や孫がいてくれる。
サー今夜も好きな読書時間だ。東野圭吾の「ゲームの名は誘拐」に夢中になる。
もう酒とは断交である。私には合わないのだ。それよりも好きな小説を読み、随筆の腕を磨こう。司馬遼太郎は講演で言った。文章に詰まった時には、現地に足を運ぶことです。その周りを体臭にしみこませると文は浮かび上がってくるそうです。今年は取材力を計画し、文章の幅を開けたい。酒など飲んでいる暇はない。取材、書こうとすることの基礎調べも必要だ。酒など飲んでいる場合ではない。ゴールデンウィークには、娘たちにデートを申込み、頭を刺激し、
どこにもないオリジナルのある随筆ができるかもしれない。断酒剤bye、、家族たちと随筆を書きたいという願望が前向きの姿勢に向かわせる。(完)



岐阜j県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。i

投稿者: 大橋医院

2015.04.27更新

東野圭吾は体に悪い。
「ゲームの名は誘拐」から「ブルータスの心臓」「未知夢」「使命と魂のリミット」
上気4冊を土曜から、日曜日にかけて、読破したら、大変疲れた。
こんなに読むものじゃない。運動は忘れていない。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.04.24更新

「ゲームの名は誘拐」東野圭吾著
久し振りに、東野圭吾のミステリーを読んだ。
読んだらやめられない。
例のどんでん返しが後半に続々と登場、最後まで読んだらやめられない。
この作品は映画化されている。さすがだ。そして"未知夢"を読み始めた。
Goldenweekは東野圭吾で過ごそうかな!


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.04.21更新

「峠」を書き続けているとき、執筆が進まないときは、司馬遼太郎は、長岡へよく行った。
河合継之助は長岡市民の英雄であり、新潟市民は知らない。
徳川家康は江戸に幕府を開くとき、今の新潟県を恐れ、細かく分割かした。
その分化した各藩を分離させた。だから、河合継之助のことは、長岡市民しか知らない。
司馬遼太郎は何度も長岡市へ行き、直接市民の声を聴き、肌で感じ、あの傑作「峠」ができたのである。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.04.20更新

今日は一日、雨が降るようです。気分が暗くなっています。
しかし、今日は注腸撮影、企業の健診が入っています。
一日一日、医師として頑張ります。
それしかありません。岐阜県大垣市
サー気合を入れて!

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.04.13更新

4月12日、小児の夜間救急外来を当番医として、診療していました。
38℃以上の重篤感あふれる小児が一杯で、私も必死でした。
中には、「私は月曜日が仕事だから、私の子は今夜中に、すべての検査、すべての治療をして、明日、私が仕事に出かけるようにしてください」と眉間に皺を寄せて怒るお母さんあり、困りました。小児科の当直は疲れるものです。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.04.10更新

「私の書斎」
殆どが歴史書。
医学書4割。医学の勉強をもっとすべき。
歴史はほどほどに。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.04.08更新

「陸軍機密費横領問題」
これは、田中儀一が立憲政友会入りする際の「持参金」300万円の出所に変わる問題である。
陸軍大将であった田中が1925年に政界に転身し、立憲政友会入りをした際に、300万円の
持参金を用意していた。これはシベリア出兵の際の陸軍機密時の横領金ではないかという疑惑である。
国会でも審議されたが、この問題を追及していた検事の石田基が変死体となって発見された。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.04.02更新

「狩猟民族対農耕民族」
日本という国を考えると、先住民はアイヌ人である。魚、貝、鹿、魚、木の実などを食べていたのだろう。
住居は不安定で、得られる食料は不安定であり、集団移動を重ねねばいけなかったであろう。
今の静岡あたりまで、住んでいたが、渡来系の農耕民族が西より東、北へと一歩一歩、占拠する土地を
拡大していった狩猟より、土地に根付いて、一定の面積から、確実な食料を得ることが出来る濃耕民族は、
狩猟民族を北へ北へ追いやった。中国の漢民族は農耕民族であり、北に、西に、狩猟民族がいるが、結局は
漢民族の国である。農地に毎日コツコツ労働した民族がこの世を支配する。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook