2015.03.26更新

<世にも哀れな介護物語>
大橋信昭
この世には、哀れな介護の世界がすぐ目の周りに無限に広がっているのです。
その憐れな老人たちの泣き声を聞いておりますと、胸元が苦しくなり、私自身苦しくなり、うつ病になるのでございます。

92歳の老婆と74歳の息子が、あるアパートに暮らしていました。20年前は幸せだったそうです。元気に会社に出勤するわが子を見送る母親は楽しそうです。夫が亡くなってから、5年になるでしょうか?母と息子の幸せな生活が続いていました。母は息子の結婚生活が気になっていましたが、今が良ければ、何も嫁なんかもらわなくても、楽しいですからね。それから不思議なことに超スピードで、歳月が流れました。今、母は糖尿病と視力障害、家を這いずる範囲の行動しかとれず、よく転倒します。そのたびに「勝ちゃん」と叫びますが、勝ちゃんも会社を退職してから、体が動きません。手の震戦、歩行障害、関節の屈曲、言語障害、これでは、生活が成り立ちません。そんな時に私はケアマネージャーから呼ばれたのでございます。まず、母と子の生活を絶つのが大変でございました。何十年と二人きりの生活です。部屋は散乱、食事はチョコレートとキャベツとごはんの冷え切ったものでもよかったのです。しかし、今後の事を考えますと、収入や施設の都合を考えますと、二人を別々のショートステイを利用させたのです。ご褒美に日曜日にこの親子は再会できます。お二人が離れるときの泣き声は、耐えられないものでした。

部屋に入るなり、「御爺さんの妾をどこに隠したんや。私は、知っているのだ!」とニトロを舌下しながら御婆さんは怒鳴りました。御爺さんは「私はもう91歳ですよ。体も動かないし、早く死なせてください。」いけません!この老夫婦で生活が成り立つのでしょうか?遠くにいる娘さんに電話しますと、「私の夫に愛人がいまして、やっと離婚が成立し、私もストレスでそちらへ行けません。よろしくお願いします」娘さんの夫の愛人問題が御婆さんの中で御爺さんの愛人と混乱していたのです。ケアマネージャーと訪問看護ステーションと,介護プランを立てた。ここで問題になったのは金銭的なことであった。前に入院していたところにも、滞納金があるし今後介護プランを立てるにも不可能だ。それどころか、電気、ガス、水道も止まりそうだということで、市役所に相談したのですが、今住んでいる、家を競売して、生活保護を取得する必要があるとのことです。そんな時間がありません。最近、認知からくる万引き常習者になった御爺さんが「先生!もう長く生きすぎました。死なせてください」と一言があり、傾眠しだしたのです。その後3-4日で、眠るように亡くなりました。直葬で、御寺に納骨です。20日してから、娘さんが来て「やっと私の医師の許可が出ましたので、御寺にお骨を収めます。」と頭を下げて、帰って行かれました。愛人は正体不明?

娘さんは、いつか92歳の父親が他界することは分かっていました。一回、自宅で心肺停止があったのですが、蘇生し、戻りました。娘さんは公務員で退職したばかりで、役場、中核病院は顔なじみ、土足で一般市民がいけないところ、入り放題、介護プラン立て放題。ケアマネージャーも訪問看護ステーションも、私:医師も、92歳の父親に対して、娘さんにご機嫌を損なわないように、全力を尽くしたのです。部屋の中を歩行器で歩かれる頃の娘さんは満足していましたが、心不全、腎不全、貧血で寝たきりになり、看護師は補液、私はエポジンの筋注、往診の連続、しかし、浄土の世界は近いことは誰にも分かっていました。娘さんは言いました。「先生、父が亡くなった時は、死亡診断書を書いてくれますね!」はい!午前2時に書きに行きました。お通夜も行きました。あまりにも娘さんの存在が大きく怖い在宅ケアでした。

胃瘻の患者さんを在宅で持ったのは久しぶりです。子供たちが言いました。「こんな、哀れな、やせ細り、生きているのが苦しそう、先生、尊厳死でお願いします」そんな心境になるなら、胃瘻など入れなければよいのに!結局2か月、もんどりうった苦しみの末、患者さんは亡くなりました。緩和ケアはしっかりしたつもりです。                             

在宅尊厳死はご計画的に利用しましょう。とは、金融屋の貸し借りみたいにうまくいきません。愛する両親がいつの間にか、この世とあの世の境をふらふらしたときに、冷静でいられるはずがありません。国は在宅で安らかに亡くなりましょうと言っていますが、そんな安らかは貴重です。ご家族は、疲労困憊、遠くの親戚は「何故!病院へ行かせないか!」と末期に現れ突然に主張する。
施設は200人待ち、200人が亡くなってやっと入れる、ショートステイも有料老人ホームも入所不能、かかりつけ医の私と、異常に情熱的なケアマネージャーと、深夜,公園の前で寒風に打たれながら、介護プランを考えこんでいる時を皆さんは見かけるでしょう。それは、愛人が二人、デートの約束をしているのではありません。利用者さんの財産の算盤漢書は、その残ったご利用者になる人にとって大切です。ケアマネと医師の計算合戦はこれからはよくおこるでしょう。寂しい風が場末の狭い土地に吹き込んでいます。  


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

2015.03.23更新

「大垣市立東中学校内覧式」
大垣市立東中学校内覧式が3月21日に行われました。
儀式のあと、新校舎を内覧しました。
東中学校第1回卒業の先輩と、大垣市長さんと御一緒に見学できました。
中学校にもIT化がおきており、IT化された黒板が理解できず、これからのIT化社会が怖くなりました。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.03.18更新

「恋の病」
お医者様でも、草津の湯でも、恋の病は治りやせぬが、ホイホイ、
強いて聞くならば、βブロッカー(インデラル、チスタロール)
胸部の動悸には、βブロッカーが有効です。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.03.12更新

「小学生」今どきの乳幼児を観察すると、クリーンに育てようとしすぎる。
未開発国は、花粉症も、食物アレルギーもない。
日本の場合、食物アレルギー、花粉症、アトピー性皮膚炎が多い。
アレルギ科へ受診し、アレルゲンを見つけ、回避療法かアレルゲンに立ち向かう
減感作療法がある。今の食物アレルギの子は、すぐにショック状態になるから、エピペンを持たねばならない。
大変な時代だ。教員は講義とエピペンを打つことを考えねばいけない。
私の子供時代にはなかった状態である。泥んこ遊びにをし、家族で飯を食い、親父は怖くげんこつの一つは愛情だ。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

2015.03.12更新

<こどものSNS>
子供のSmall Nett Society がこれ以上拡大するのは良くない。
Lineでグループを作り、特定の子をいじめる。親には言えない。
チクッタといわれ、尚いじめられる。ご両親が気をつけてないといけない。
スマートホンを片身離さずに一日中やっている。誰かがいじめ対象になるし、睡眠不足になる。
Lineは良くない。悪質ないじめが小中学校で行われている。そして、自殺する子供が多い。
両親はもっと、子供と触れ合わねばいけない。SNSは危険な社会である。

岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

2015.03.09更新

<医療ことわざ大辞典>
「朝に紅顔あって夕べに白骨となる」
  患者には夜の深酒を禁じ、規則正しい生活を強制する医師に限って、朝は二日酔
いで真っ赤な顔で悪臭を放ちながら、会議、学会と偽り美食三昧で早々に病に倒れ
る。
「足元に火がつく」
  憧れの医師になり、収入も増え、高級車でも買おうとおもっていると、不況、行
政改革で診療報酬が激減し、我が家はあっという間に火の車となる。
「後は野となれ山となれ」
  医師会のBig Eventを無難にこなし、暫くは趣味に走ろうと思っていると、突然
雑用が加速度的に襲ってくる。Panic状態になり、眉間にしわを寄せ大酒を飲み、俺
の知ったことかと思うが、いつの間にか雑用をこなしている。
「家を出ずれば七人の敵あり」
  一歩、家を出れば、患者、町内、同業者、クラブのメンバー、ゴルフ練習場にで
も行けば教え魔だらけで、敵は七人どころか数え切れない。
「以心伝心」
  患者の心に入るには、並大抵の努力では追いつかない。耳は遠いし、痴呆も加わ
り、いつのどこの話しか、時間、空間の関係が麻痺する。嫁の悪口を散々聞かされる
が、本人に会えばとても義母の心配をしておられとてもいいひとだ。何がなにやら分
からなくなる。
「一日千秋の思い」
  医療費の自己負担が上昇し、同業者も増え、雑用で診療開始が遅刻気味になる
と、閑古鳥がうるさく一日が万秋のおもいとなる。
「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ」
  患者は十年親身に診療していても、何か気に入らなければ一日と立たず、これっ
きりとなる。
「犬も歩けば棒にあたる」
  犬も歩けば、病院、診療所にぶつかる。
「うそつきは泥棒の始まり」
  医師は患者には、大丈夫ですよ、心配ありませんよと、うそばかり言っている
が、泥棒はしたことがない。
「海はいかなる川が流れ込むのも拒まず」
  医師は、いかなる患者も診療拒否してはならない。しかし、馬が合わない患者は
どうしても態度にでてしまう。聴診器も当てる振りをし、お大事にも言葉に出ず、こ
れでは大海とはいえない。
「英雄色を好む」
  臆病な医師ほど綺麗な女性の患者に弱い。おばあさんとはまるっきり態度が違
う。
「王手飛車取り」
  日本の医師。保険診療は悪化の一途。厚生労働省の言われるとおり。患者のため
に消費税を払ってあげている。飛車、角、金、銀、一枚一枚剥がされること。
「下学して上達す」
  貧乏長屋の八っつあん、熊さんのまとまらない不定愁訴でも、真剣に聞けば、思
わぬ病気を発見し、今後の医師生活に役に立つ。
「金は天下の回り物」
  薬を問屋から、うまくだまされて買ったものの、適応患者が来院して、処方し審
査が通り2ヶ月遅れで回ってくる。かなりゆっくり回ってくる。
「金持ちけんかせず」
  最近の開業医は、喧嘩ばかりしている。
「閑古鳥が鳴く」
  開業医が最も嫌う鳥で、その泣き声は院長の命を縮める。
「きんか頭の蝿すべり」
  蝿がすべるのもいやだが、往診に外へ出る時、雨が降り始めるとすぐに頭皮でわ
かる。この現象は加速する。とても悲しい。
「愚者も賢者に助言を与え得る」
  私のような鈍い医者でも、大病院の部長を脅かす意見を言うことがある。そんな
時は明日は雨か、雪がくる。
「君子は憂えず懼れず」
不勉強な院長は、患者を前にしていつもびくびくしている。
「声なきに聴き形なきに視る」
  患者がしゃべらなくても、姿を見せず電話越しでも、容態が分かるような医者に
なりたい。
「心ここに在らざれば視れども見えず」
  昨夜のコンパニオンやこんな文章を考えていれば、患者の診断が危うくなる。
「五里霧中」
  私の深夜の往診。真夜中に、患者の家を間違えること。
「塞翁が馬」
  感冒で来た患者に、思わぬ悪性疾患を見つける。初診で分かればよいが、感冒が
治りかけた時にやっと分かる。また大丈夫ですよと患者に安心感を与えたつもりが、
患者からこんな病気ではないですか?と聞きかれる。患者の言うとおりだ。 

これらの文章は、EBMもGuidelineとも無関係であります。

                   DR.NO  



岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。


投稿者: 大橋医院

2015.03.08更新

「歴史を考える」歴史は記憶するものではない。考えるものだ。
このよき日曜日に歴史にどっぷりつかろう。
まず松本清張の「カミと青銅の迷路」「天皇と豪族」など、たっぷり古代を考え、
司馬遼太郎の「空海の世界」「街道を行く」「世に棲む日々」「司馬遼太郎講演集」
松本清張の「昭和史発掘」を読もう。
日本という現在の形を考察できる。さー!スクアットと腕立て伏せを時々やりながら、歴史の旅、出発だ。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.03.07更新

「街道を行く」司馬遼太郎著。
私は、司馬遼太郎の「開度を行く」で、頭の中で、歴史を考えながら旅をしています。
空海の時代、蝦夷をはじめとする狩猟民族が東北に暮らしていました。しかし、狩猟民族は農耕民族に勝てないのです。
大量の捕虜が和歌山から讃岐へ護送されています。その中の佐伯という奴隷が句会の前身かもしれません。
保元の乱は皇位継承戦争で、鳥羽上皇が実権を握ります。これをきっかけに、貴族社会から、平清盛、源義朝が台頭し、
武家社会に変わっていきます。
京都は応仁の乱とか幕末にも争いの舞台になりがちです。
今日明日、郡上の方へ旅に出ようと思います。空海の苦労と、吉田松陰がペルーが来日してからどう動いたか?
楽しみです。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.03.06更新

「Antiaging」(若返り):20代に戻ろう、しかし厳しい修行を積まねばならない。
まず食事:DASH食(まず緑黄色野菜を最初に腹半分食べる、お魚、豆類、食は玄米をよくかじって食べる。
3回、腹いっぱい食べる。間食は絶対にしない。午後3時の甘いお菓子は禁忌である。
腹が減ったら、運動、(腕立て伏せ、腹筋運動、スクアット)を暇があれば、5分以内に一日何回も行う。
しっかり眠る。眠れなければ、最新薬"ベルソムラ"で熟睡、排便はしっかり、桃核承気湯、防風通聖散で宿便なし。
ラエンネックの皮下注を2-3/週、ハイシー、ビタミンE、の内服、静注、断酒は当たり前、厳しく自分を指導、
6kg体重減少、腹囲10㎝減少、頑張るんだ!


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に、全力を尽くします。

投稿者: 大橋医院

2015.03.05更新

「尊厳死」先週、3人、在宅で、尊厳死を看取った。90歳以上の老人である。
安楽な死であった。仏様のような顔をしていられる。これで、あらゆる苦痛から解放される。
在宅尊厳死は増えていく。


岐阜県大垣市の大橋医院は、高血圧症、糖尿病、や動脈硬化症に全力投球します。

投稿者: 大橋医院

前へ
院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook