大橋院長の為になるブログ

2023.01.16更新

君たち若者は、女性は女性ホルモンに溢れている。男性は男性ホルモンであふれ、具体的に射精に困るはずだ。

今の男は、精液は枯渇したのか?たまってたまって、きが狂いそうになり、女性を抱きしめたくてしょうがないはずだ。

男も女も、初恋はないのか?なんとなくすれ違った男女は、ビビット愛を感じ、恋におちいる。

男女とも、好きになってしまった異性は、頭について離れない。朝から晩まで、相手のことを考える.交際のチャンスをねらう。

当たって砕けろだ!「僕と交際してください」「私の恋人になってもらえませんか?」好きになったらもう突進だ。

うまくいけば、デートも順調、おたがいの視線は交差する。思わず相手の唇を奪う。隙間がないほど抱きしめあう。

もうあなたなしでは生きていけない!あなたの子供を産みたい!僕の子供を生んでくれ!

だんだんと交尾の時期はもうちょいだ。繰り返すうちに、かわいい赤ちゃんが生まれる。きっと二人で幸せにせねばならない。

小子化なんて馬鹿げている。きちんと、結婚をして、子供は3人産むべきだ。幸せで、にぎやかな家族ができる。天国だ!

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile