大橋院長の為になるブログ

2023.01.13更新

「小春が帰ってきた、どこに来た、山のふもと、土手の中?どうした、私の娘の小春じゃないか、どうしたんだ?」「お父さん、私も最初は辛抱していたのですが、

余りにも、姑が意地悪するので帰ってきました。もうあの家には行きません!」「せっかく、いいところにお嫁に行ったと思ったら、一年と絶たないうちに帰ってきたのだね。

これから、お父さんがいいアイデアを出すから,いう通りしなさい。お前、その姑を殺しなさい!」「いやよ,小春は殺人犯になるでしょう?」「今、姑と小春の仲が悪いのは、

世間がみんな知っています。今殺したら、小春がすぐに疑われます。一年辛抱しなさい。一年、憎い姑の言うことを聞き、仲良くし、甘えもし、いい嫁を演じるんだよ。そうすると、

一年後、姑がお前が殺そうが、お前は疑われないよ。あの仲の良い小春と姑が殺人に関係する何て思わないよ、実はね、私が以前から研究していた毒薬があるんだよ。これを小春に渡すから,

来年この毒薬で殺してしまいなさい!」、、、、、「1年後」「おーい小春が帰ってきたぞ、どうだ、例の毒薬で、姑は片づけたか?」「いーえ、お父さん、この一年、姑さんと仲良く過ごしたら、

姑さんて私をとてもかわいがってくれて、今ではすっかり仲良しなの。この毒薬はお返しするは!もう実家に帰るなんてことしないからお父さんごめんなさい、この毒は、何なの?」

「うどんだよ、一年、辛抱すれば小春も変わると思ってうどんを渡したのよ」「まー恐ろしい!小春が姑にうどんを盛ったらどうなるの?」「もちろん、手打ちだよ。」

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile