大橋院長の為になるブログ

2022.09.18更新

グルタチオンとは
グルタチオンはグルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸が連なったペプチドです。動物や植物、微生物の細胞の中に存在しており、人間の体内では皮膚や肝臓などに多く含まれます。生命を維持するにあたり欠かせない成分ですが、年齢や紫外線の影響により減少しやすいという特徴があります。
グルタチオンには解毒作用や抗酸化作用、メラニン抑制作用があるため、全身の美白に効果があります。グルタチオンが減少すると疲れや肝機能の低下、肌荒れ、代謝の低下などがおこり、老化を進行させてしまう可能性があります。グルタチオンを補充することにより、これらを予防・改善します。
お酒をよく飲まれる方の場合、肝臓の解毒を助ける働きもあるので肝障害の予防や、改善も期待できます。

glutathion.jpg

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile