大橋院長の為になるブログ

2022.08.08更新

1:A「君,知ってるか?大垣市の大橋医院の事務員、看護師、通院してくる女性は美女ばかりで、驚いてしまったよ」

2:B「君も冗談は休み、休み、発言しろよ!大橋医院は宝塚ジェンヌより、もっときれいな女性ばかりと主張するのか?」

3:A「それも、あのむっつり助平の”のぶちゃん先生が発明した薬、注射のせいらしいぜ」

4:B「どうやって作ったんだろう?あの先生は、パソコンで、美人女優か、グラビアアイドルしかみていなかったな!まさか朝から晩までAV鑑賞ということはなかろう?」

5:A「あの先生は漢方薬が得意だからね、多くの生薬から発明したのが”美増常若湯”という粉薬だ。7.5grを毎食前に3分割して飲むと、年齢を重ねるとは関係なしに何時までも美しく、

常に若々しくなる、”美増常若湯”らしいんだ。また”のぶちゃん先生”はビタミンにも研究が不眠不休で研究し、ついに"beautilase eternal"という錠剤と注射薬を発見したんだ。」

6:B「その漢方薬や錠剤、注射薬を注射するとどうなっちゃうの、?」

7:A「いつまでも青春時代、乙女、美少女、スタイル抜群で、男性視線が,うっとうしくなるんだ、その美は不死鳥のごとく、永遠で、10歳代後半から100歳直前まで化粧品なんか要らないんだ。足腰も強く、シニアオリンピックも検討しているらしい。スポーツ、恋愛はますます発展し、病気は関係なくなるんだ。免疫力も強くなるし、癌はすぐ壊死をおこし、膠原病も、代謝疾患も、糖尿病もない、美女だらけの世界なんだ。大橋医院にいる、または通院している人は。しかし、”のぶちゃん先生”の処方する”美増常若湯”か”beautiful eternal"は続行せねばならないのだ。特許もとってあり,他の医院では、販売してないのだ。初診は”のぶちゃん先生の診察をうけ、特に"beautiful eternal"は15種類あり、院長戦の腕自慢だそうだ。夢のような話だ。

いけないもうすぐ午前零時が近づいている。午前零時に自分に合うガラスの靴を買っていくと倍効果があるだろう。」

<お詫び:こんな話はあるわけがなく、不幸にも最後まで期待をもって読んだ女性でお怒りや、不信感を持った女性にはお詫びいたします。これはフィクションであります。謝ります。

明日もごひいきに!>

 

 

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile