大橋院長の為になるブログ

2022.06.24更新

<じん肺>
じん肺とは、粉塵を吸入することで肺に生じた線維性変化を主体とする疾患である。
代表的な粉塵は、石綿(アスベスト)、ヒューム鉄、
シリカ(遊離珪酸)、超合金などである。
人体に影響を与えうるのは10μm以下の粉塵で
吸入性粉じんと呼ばれる。
粉じん作業従事者は2020年で約58万人まで増加した。
EPMA-WDS元素分析は、原因物質同定に有効である。

 

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile