大橋院長の為になるブログ

2022.06.21更新

フレイルは、高齢期に生理的予備脳が低下することであり、ストレスに対する脆弱性が亢進し、生活機能、要介護状態、死亡などの転機に陥りやすい。

高齢者の歩行特徴:「歩行能力」は歩行速度と歩幅に代表され、日常生活の自立性の喪失につながる。なかでも歩行速度は、加r帝に伴い徐々に低下する。

高齢者の歩行能力の低下は転倒と障害、生存率に関連する。

また食事摂取量が低下し、慢性的な低栄養状態に陥ると筋力の低下を生じる。神経、生理学的因子、ライフスタイル、心理的な要素が関与する。

筋肉量の低下は「サルコペニア」といい、社会的孤立や認知機能の低下にも影響し、フレイルサイクルの負のサイクルを加速させる。

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile