大橋院長の為になるブログ

2022.06.20更新

川崎病は主として4歳以下の乳幼児に好発する原因不明の疾患で以下に症状を述べる。

A:必発症状

1抗生物質に不応の5日以上続く発熱

2両眼球結膜の充血

3四肢末端の変化(硬性浮腫,掌蹠紅斑、爪皮膚移行部の膜用落屑

4行進、口腔所見(口唇の感想、紅潮、亀裂、)舌乳頭腫大(いちご状変化)、口腔、咽頭粘膜の発赤

5体幹の不定形発信(ただし、水疱、痂皮は伴わない)

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile