大橋院長の為になるブログ

2021.09.06更新

欧州(フランス、ドイツ、スペイン)、韓国および米国のリアルワールドデータを用いて、2020年1月から同年6月までの間に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断を受けた18歳未満の患者の30日転帰を評価。2次解析で、2017-18年に季節性インフルエンザと診断された小児の転帰と比較した。COVID-19診断児計24万2158例、COVID-19入院児9769例、インフルエンザ診断児計208万4180例を対象とした。

 COVID-19入院児の方がCOVID-19診断児よりも、神経発達障害、心疾患、がんなどの併存疾患が多かった。COVID-19診断児の方がインフルエンザ診断児よりも、呼吸困難、細気管支炎、嗅覚消失、消化管症状が多く認められた。

 COVID-19の院内治療には、主に転用薬(10%未満)と補助療法[全身性副腎皮質ステロイド6.8-7.6%、ファモチジン9.0-28.1%、抗血栓薬(アスピリン2.0-21.4%、ヘパリン2.2-18.1%、エノキサパリン2.8-14.8%)]が用いられていた。COVID-19診断児の0.3-1.3%が入院したが、30日後死亡率は検出できなかった(各データベース5例未満)。COVID-19診断児では、肺炎や低酸素血症などの30日転帰がインフルエンザ診断児より多かった。おおはし

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile