大橋院長の為になるブログ

2021.06.09更新

朝、血圧が上がる?早朝高血圧とは
血圧は常に一定ではなく、運動、入浴、寒さ、暑さ、痛み、ストレスなど、さまざまな活動や刺激、感情などによって、一時的に上昇するものである。

1日の中でも変動があり、夜寝ている時は低く、起きて活動を始めると心臓からの血液量が増え、朝から昼にかけて自然に上がっていく。

早朝高血圧とは、朝起きてから血圧が上がるまでの時間が短く、急上昇してしまう状態を指す。起床後1時間以内に測定した上の血圧が135mmHg以上、または下の血圧が85mmHg以上を基準として診断される。

この血圧の変化は、外来で受診する際は正常値で計測されてしまうことが多く、見過ごされることが多い。

早朝は、脳卒中や心筋梗塞などが多く発生する時間帯といわれ、早朝高血圧は、脳・心臓・腎臓などすべての心血管疾患と関連があり、非常に危険性が高いといわれている。

早朝高血圧の大きな原因の1つとして、寒さが関係しているという見方もある。冬の朝は血管が収縮し、血圧が上がりやすいとされているため、早朝高血圧の疑いがある人は、寒い朝の運動は避けたほうがよいだろう。おおはし

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile