大橋院長の為になるブログ

2021.04.26更新

コレステロール低下剤3剤併用にてLDL-Cが優位に低下:

 高コレステロール血症患者63例を対象に、ベンペド酸、エゼチミブ、アトルバスタチン併用による低比重リポタンパクコレステロール(LDL-C)低下効果を第II相無作為化二重盲検プラセボ対照試験で検討。患者を3剤併用療法(43例)とプラセボ投与(20例)に割り付けた。主要評価項目は、試験開始時から6週時までのLDL-C値の変化(%)とした。

 その結果、6週時の平均LDL-C値低下率は、3剤併用療法群の方がプラセボ群よりも有意に大きかった(-63.6% vs. -3.1%、差-60.5%、95%CI -68.0%--53.0%、P<0.001)。3剤併用療法群では、患者の90%がLDL-C値が70mg/dL未満となり、95%が6週時までにLDL-C値が50%以上低下した。プラセボ群では、いずれの目標も達成した患者はいなかった。試験治療下発現有害事象の大半は、軽度ないし中等度だった。おおはし

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile