大橋院長の為になるブログ

2021.04.23更新

コロナ治療薬,3例目承認、リウマチ用のリウマチ用のバリシチニブ:

厚生労働省の専門部会は21日の会合で、関節リウマチなどの薬として使われる「バリシチニブ」を、新型コロナウイルス感染症の治療薬とすることを了承した。国内で3例目の新型コロナ治療薬。酸素投与が必要な中等症から重症の成人の患者に、抗ウイルス薬「レムデシビル」と併せて1日1回投与する。

 昨年12月、日本イーライリリーが申請していた。厚労省が1カ月以内に正式承認する見込み。

 バリシチニブは関節リウマチやアトピー性皮膚炎の治療で使われ、免疫異常による炎症を抑える。米国では、肺炎を起こして酸素投与が必要な患者に、レムデシビルと併用することが既に認められている。

 日本など複数の国が参加した米国立衛生研究所(NIH)の臨床試験(治験)で、入院患者でバリシチニブとレムデシビルを併せて投与した方が、レムデシビルのみの投与より回復までの期間が1日短かった。重症患者では8日短くなった。

 企業による国際治験では、レムデシビルや副腎皮質ステロイドによる標準的な治療に加えてバリシチニブを投与すると、投与していない患者と比べて死亡率が低下した。

 日本ではこれまでコロナ治療薬としてレムデシビル、デキサメタゾンが承認されている。おおはし

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile