大橋院長の為になるブログ

2020.10.30更新

妊産婦のPCR:

日本産婦人科医会は10月21日のメディアセミナーで、全国の分娩取り扱い医療機関における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応の実態調査の結果を公表した。2020年1月から6月までの間にCOVID-19陽性の妊産婦は72人確認され、妊娠後期に重症化しやすい傾向が見られた。同医会常務理事の長谷川潤一氏(聖マリアンナ医科大学教授)は、産科でのCOVID-19対策が難しい理由として「お産はいつ始まるか読めないので、分娩直前にPCR検査をしようと思っても、タイミングを計るのが難しい。また、分娩室は室温を高く設定しているので、医療者がPPEを着用するととても暑くなる。分娩中は(妊婦が)叫ぶことが多く飛沫感染のリスクが高いが、妊婦がマスクを着用するのも大変だ」と対応の難しさを語った(資料は日本産婦人科医会のホームページ)。

 調査結果を基に、同医会は(1)妊産婦の感染経路は家庭内が多く、同居者に感染者・濃厚接触者がいる場合、感染予防措置として妊婦が安全に隔離される体制の構築が必要、(2)有症状者に対するPCR検査や院内での標準予防策の確実な実施が院内感染予防に有用、(3)産科診療施設でCOVID-19患者を扱う場合の負担は計り知れず、早急な支援体制が必要、(4)妊娠後期の妊婦は重症化しやすいため、症状のある妊婦には速やかにPCR検査をすること――の重要性を示した。おおはし

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile