大橋院長の為になるブログ

2020.09.09更新

新型コロナワクチンの日本治験を開始、250例に2回接種
AZ、アンジェス、ヤンセンファーマのワクチンに続く3つ目の日本治験:

アストラゼネカ(AZ)日本法人は4日、新型コロナウイルスワクチン「AZD1222」の臨床試験を日本で開始したと発表した。健康成人約250例を組み入れ、2回接種した場合の安全性や有効性を評価する。日本で臨床試験入りしたコロナワクチンは3つ目になる見込み。

 AZD1222の国内第1/2相臨床試験(P1/2)をこのほど始めた。18歳以上の健康成人約250例を対象に行い、安全性と有効性を検証する。1人2回接種で行う。接種間隔は非開示としているが、海外の治験では4週間間隔で接種されている。

 海外では、英国でP2/3、米国とブラジルでP3が進行中。年内にも速報結果が判明し、欧米などで供給を始める目標だ。日本では来年中に1億2000万回分を供給することで政府と基本合意しており、うち3000万回分は来年3月までに提供する予定。

 日本で臨床試験が行われているコロナワクチンは、アンジェス、ヤンセンファーマのワクチンに続く3つ目。おおはし

投稿者: 大橋医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile