2020.06.29更新

パッサージュ パリ:私は、NHKのパリのパッサージュに感動してしまった。

「パッサージュ」とはガラス屋根で覆われたアーケード街のこと。パリで最初のパッサージュが誕生したのは18世紀末。20世紀初頭、デパートの台頭によって一度はすたれたものの、古き良き時代の遺産として再び注目を集めている。

パッサージュの中で最も美しいといわれているのが「ギャルリーヴィヴィエンヌ」。古いガラス屋根の下、レトロなパリを存分に楽しめるウィンドウショッピングはいい。

18世紀後半から19世紀半ばにかけて当時歓楽街だったマドレーヌ教会からバスティーユ広場までの界隈にパリのパッサージュは数多く造られました。20世紀初頭からはデパートが登場し衰退したものの、私道が多かったため、そうしたパッサージュは100年近く放置されることに。その結果、建設当時そのままのまるでタイムスリップしたかのような空間がパリの片隅に存在することになったのです。

現在では改修もすすみ個性的な専門店と昔ながらの老舗が同居するとてもレトロでモダンな場所になっています。
現存するパッサージュはほとんどがセーヌ右岸中心部かルーブル美術館の北側、オペラ・ガルニエの東側に集中しており、パリの中心地でお散歩するのにピッタリな位置にあります。
パリ旅行の相場をチェック!

パッサージュは、鉄鋼とガラス屋根が使われているのが大きな特徴です。古いガラス屋根から降り注ぐ太陽の光。壁の彫刻、大理石の床面のモザイク模様、ネオ・クラシックの装飾の中を歩くと、まるでフランス映画の中に自分が迷い込んだかのような気分になれます。

このギャルリー・ヴィヴィエンヌは施設全体が国の歴史的建造物に指定されているだけあって通りを歩いているだけでも十分にパリの美しさを楽しむことができます。オシャレなサロン・ド・テや老舗のワイン店などが軒を連ねているので、時間があれば、是非回廊席でお茶を一杯楽しみたいところ。最高のパリでのひとときを味わえることでしょう。

私が驚いたのは、岐阜の柳瀬商店街みたいなものなのだが、商店以外、地下,2階、屋上すべて、隣、隣、、、すべて連なっている、一種の

村になっている。隣、2軒先、3軒先とは連続しており、ノックがあいさつである。向こう三件両隣というが、商店街が、各家に隣との境がなく、村になっている。これには驚いた。おおはし

投稿者: 大橋医院

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile