大橋院長の為になるブログ

2019.12.21更新

各種の薬剤による肺障害
A.抗悪性腫瘍薬(分子標的治療薬を除く)
アルキル化薬
代謝拮抗薬
抗悪性腫瘍性抗生物質
微小管阻害薬
トポイソメラーゼ阻害薬
白金製剤
ホルモン製剤
BCG
B.抗悪性腫瘍薬(分子標的治療薬)
上皮細胞増殖因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)
未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害薬
抗体製剤
プロテアソーム阻害薬
mTOR阻害薬
免疫チェックポイント阻害薬
その他
C.関節リウマチ(RA)治療薬
低分子抗RA薬(免疫調節薬)
低分子抗RA薬(免疫抑制薬)
生物学的製剤
D.サイトカイン製剤
Interferon(IFN)
IL-2
E.免疫抑制薬
免疫抑制薬による肺障害
特徴
治療
MTXによるリンパ増殖性疾患
F.潰瘍性大腸炎治療薬
G.漢方薬
小柴胡湯
その他の漢方薬
H.抗線維化薬
I.抗菌薬
J.非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)・総合感冒薬
K.抗循環器病薬
Amiodarone(アンカロンⓇ)
その他の抗不整脈薬
抗血栓薬
L.生活習慣病治療薬
糖尿病治療薬
脂質異常症治療薬
M.健康補助食品(サプリメント)
第Ⅵ章 放射線照射による肺障
A.病因・病態生理
B.発症関連因子
C.疫学
D.診断と検査
E.治療
第Ⅶ章 医薬品副作用被害救済制度
A.医薬品副作用被害救済制度と給付の対象
B.給付の種類と請求方法
第Ⅷ章 薬剤性肺障害が疑われた際の文献検索の方法
A.添付文書・インタビューフォーム
B.副作用が疑われる症例報告に関する情報
C.その他
D.一次資料の検索

 

このように薬剤による間質性肺炎はどの薬剤起こりうるのです。ですから、マリゼブにインターネット情報に間質性肺炎が副作用欄にあっても、

マリゼブが原因かどうかわかりません。奥さんのみ間質性肺炎になりご主人はなっていません。どの薬剤の副作用欄にも間質性肺炎はあります。

軽率な判断はご遠慮願います。おおはし

投稿者: 大橋医院

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile