大橋院長の為になるブログ

2019.12.23更新

1)人間は機械やコンピューターと異なり、多様であり、多因子の影響を受ける。

その結果、医療は必ずしも理論通り進まず常に不確実性がつきまとう。

リスクファクターは病因であるとは限らない。真のエンドポイントと代用エンドポイントは必ずしも相関しない。

「治療の対象は患者であり検査値ではない。」

2)PROBE(Prospective, Randomized,Open,Blind-Endopint)試験はネタバレによる情報バイアスに注意

3)エンドポイントの改ざん、改変ー水増し注意報

4)複合エンドポイントでは各要素もチェックーお取り商法に注意ー

5)二次エンドポイントはオマケー朝三暮れ四に注意

6)後つけ解析は”後出しジャンケン”

7)サブグループ解析もオマケ

8)値引き率と値引き額は違う―針小棒大のグラフに注意

9)メタアナリシスは必ずしもレベルが高くないー羊頭猪肉に注意ー

10)傾向スコアマッチング―リアルワールドデータ=幻影?おおはし

投稿者: 大橋医院

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile