2019.11.01更新

<日曜大工>

私は医師である。いいわけだが、月曜から土曜の外来、往診が終わると、完全にグロッキーである。

ゆえに、日曜の私は、顔を洗い、おトイレに入り用を足した後は、新聞を読み、ひげもいい加減にそり、寝間着のまま書斎に入る。おおはし

日曜日は、一週間の出来事をまとめた番組を一つ見て、将棋番組をたまに見て、最近は、購入したばかりの「コンバット」を夢中で見ている。

一万円以上購入した。森繁久彌への尊敬は続行中である。午前11時ごろになると、パソコンでYouTubeで、女子のLPGAが鑑賞できる。WOWOWをはじめ、

TVの書斎の8Kテレビは、午後2時か3時ごろ放送開始である。私は女子プロゴルフの試合に夢中である。18歳から20歳代の、スタイルの良い綺麗なお嬢さんたちが、

へそ出しティーショットを見事に決め、超ミニスカートでグリン上でしゃがんだり立ったりするものだから、放送事故でスカートの中が見えないか、よだれを流している。

こんなきれいな美女の集団がゴルフをやっているので、スケベ爺になっている。全英オープンに勝利した渋野日向子には猛烈なファンである。YouTubeで、あるいはWebで、

彼女の情報は頭にすべて入っている。すなわち、日曜の私はだらしなく書斎に引きこもりである。それに対して、家内は朝から晩まで、掃除、洗濯、料理、日曜大工など

働きづめである。ひげ面の寝間着のままで、TVを見ながら、鼻の下を伸ばし、「がんばれ、渋野」と言っていると、家内の怒りは爆発する。「こんな日曜大工は

男のするものよ!」最近は、ろくに口もきいてくれない、険悪なムードである。私は日曜は、だらしなく過ごしたいのである。

投稿者: 大橋医院

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile