大橋院長の為になるブログ

2019.08.11更新

昭和38年の松竹映画。当時、デジタル合成は無い。この作品は岩下志麻が双生児の姉妹を演じると同時に

千年の歴史を持つ京都が主人公であると中村登監督は考えた。祭りも全てセット撮影で、室町筋の呉服問屋

のシーンもセット撮影である。それにしても岩下志麻の綺麗なこと、しかも双子でよくCGもなく演じきったと感動します。おおはし

京都の移りゆく季節の美しさにも見とれてしまいます。

投稿者: 大橋医院

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook
doctorsfile